Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Flattery has a bad name. It’s associated with saying something upbeat but untrue in

    お世辞にも悪い名前がついています。それは、何か明るくても真実ではないことを言うことから連想されます。

  • order to hoodwink its unsuspecting target for low personal gain. In Aesop's famous

    低い個人的利益のために 疑いのないターゲットを騙すためにイソップの有名な

  • fable, The Fox and the Crow, an ugly crow has found a piece of cheese and retired to

    狐とカラスの寓話「醜いカラスはチーズの欠片を見つけて引退した

  • a branch to eat it. A sly fox, wanting it for himself, flatters the crow, calling it

    それを食べるための枝。狡猾なキツネは、自分のためにそれを欲しがり、それを呼んで、カラスに媚びる。

  • beautiful and wondering whether its voice will be as sweet as its appearance. The crow

    その声は見た目と同じくらい甘いものになるのだろうか。カラスの

  • lets out a horrific screeching sound and the cheese drops straight into the fox’s gaping

    恐ろしい悲鳴を上げる音を出すことができ、チーズはまっすぐにキツネの隙間にドロップします。

  • expectant mocking jaw. But there’s another form of flattery with more valuable and ethical

    期待してあざ笑う顎。しかしもっと価値のある倫理的なお世辞の別の形があります

  • ambitions. Parents of small children invariably discover its useswhich deserve to be

    野望。小さな子供たちの親は、必ずその用途を発見します。

  • better known and practiced around all age groups. Let’s imagine that a child isn’t

    よりよく知られており、どの年齢層でも実践されています。子どもが

  • yet entirely kind to their brother, or good at drawing, or a perfect cook or helpful around

    弟にも絵にも料理にも料理人にも役に立つ

  • the housebut the parent declares that they are so as to encourage and make more

    家 - しかし、親は彼らを奨励し、より多くのことを作るように、彼らはそうであることを宣言します。

  • concrete what is as yet only tentative and fragile in their ambivalent nature. The child

    その両義的な性質の中で、まだ暫定的で脆いものしかないものを具体的に。子供の

  • is being helped to end up as some of the things he or she has already been described as being. In

    が助けられているのは、彼または彼女がすでに説明されているいくつかのものとして終わるためです。で

  • 1956, the Brazilian architect Oscar Niemeyer was invited to create a new capital city for

    1956年、ブラジルの建築家オスカー・ニーマイヤーが、ブラジルの新首都を建設するために招かれました。

  • his nation: Brasilia. Brazil is a country of frenetic economic activity, of rainforest

    彼の国ブラジリアブラジルは 熱狂的な経済活動の国です 熱帯雨林の

  • and Amazonian villages, favelas, soccer, beaches and intense disagreement about political priorities

    とアマゾンの村々、ファベラス、サッカー、ビーチ、政治的優先順位についての激しい意見の相違...。

  • none of which is apparent from contemplation of the beautiful, serene, futuristic rational

    どれもこれも、美しく、穏やかで、未来的な合理的なものを思い浮かべているだけでは明らかではありません。

  • architecture of Brasilia. One day, the buildings propose, Brazil will be a place where rationality

    ブラジリアの建築。ある日、建物が提案するのは、ブラジルは合理性を

  • is powerful; where order and harmony reign; where elegance is normal. There will be no

    秩序と調和があり、優雅さが普通であるところには、力強さがあります。そこには

  • more corruption or chaos. In offices, efficient secretaries will type up judicious briefing

    より多くの腐敗や混乱を招くことになります。オフィスでは、効率的な秘書は、賢明なブリーフィングをタイプします。

  • notes; the filing systems will be perfectnothing will get lost, overlooked, neglected

    メモ帳、ファイリングシステムは完璧なものになります。

  • or mislaid; negotiations will take place in an atmosphere of impersonal wisdom. The country

    交渉は非人情な知恵の雰囲気の中で行われることになります。国の

  • will be perfectly managed. Oscar Niemeyer’s capital is an essay in flattery. It hints

    は完璧に管理されているでしょう。オスカー・ニーマイヤーの資本は お世辞のエッセイですそれはほのめかし

  • that certain desirable qualities which are as yet only very latent in Brazil could one day be central

    ブラジルにはまだ非常に潜在的に存在するある種の望ましい資質が、いつの日か中心的な存在になる可能性がある。

  • to the country and its governing class. Shortly after the capital buildings were completed,

    国とその統治階級に首都の建物が完成して間もなく

  • a journalist asked Niemeyer why he had designed a capital that was so dramatically unlike

    ジャーナリストがニーマイヤーに、なぜ劇的に違う首都をデザインしたのかと尋ねた。

  • the country it was meant to represent. ‘It won’t be one day,’ said Niemeyerwith

    その国を代表するものであることを意味していた。とニーマイヤーは言った。

  • a wry smile. Brazilians continue to wait for that day. And the finest buildings of Brasilia continue

    微笑みを浮かべながらブラジル人はその日を待ち続けますそして、ブラジリアの最高級の建物は続きます

  • to inspire. We need flattery because we so badly need to be guided to develop beyond

    鼓舞するために。私たちはお世辞を必要としています なぜなら、私たちはとてもひどく、その先の発展に導かれる必要があるからです。

  • what we are right now. We need other people’s belief in us to bolster our capacities for

    今の私たちが何であるかを私たちは、私たちの能力を強化するために、他の人の信念が必要です。

  • reform and growth. We need a chance to grow into the person we have flatteringly been

    改革と成長。お世辞にも今までの自分に成長するチャンスが必要です

  • described as already being. Consider a painting by Velázquez, The Surrender of Breda. There’s

    すでに存在していると記述されています。ベラスケスの絵画「ブレダの降伏」を考えてみましょうそこには

  • been a battle between Spain and the Netherlands. Spain has won. The picture shows the Spanish

    スペインとオランダの戦いがありましたスペインが勝利しました。写真はスペインの

  • general, Spinola receiving the key to the city of Breda from the representative of the

    将軍、代表からブレダ市の鍵を受け取るスピノラ

  • defeated Dutch forces, Justin of Nassau. What’s striking is how cordial everything is. Historians

    ナッソーのジャスティンがオランダ軍を倒しました印象的なのは 何もかもが和気あいあいとしていることです歴史家は

  • report that both sides behaved extremely well. There was no recrimination or wanton bloodshed.

    双方の行動は非常に良好だったと報告しています逆襲も流血もありませんでした

  • The painting is a memorial to unusually noble conduct. But it’s not a comprehensive or

    絵は異常に高貴な行為を記念したものです。しかし、それは包括的なものではなく

  • accurate account of war or sieges; just as Brasilia is not a completely accurate presentation

    ブラジリアが完全に正確なプレゼンテーションではないのと同じように、戦争や包囲の正確な説明

  • of what Brazil is like. Instead, each of these works presents an ideal in the hope of generating

    ブラジルとはどのようなものなのか。その代わりに、これらの作品は、それぞれが理想を提示して、ブラジルとはどのようなものか、ということを

  • a subsequent reality. We should learn to be gentler on flattery and the energy it can

    それに続く現実。私たちは、お世辞とそれができるエネルギーを優しくすることを学ぶべきです。

  • lend us to move towards greater generosity, intelligence and wisdom. We should use its

    より大きな寛大さ、知性、知恵に向かって移動するために私たちを貸してください。私たちはその

  • benign power in order to bring about a world where well more often be able simply to

    私たちがより多くの場合、単に

  • praise one another, and no longer merely just to flatter.

    互いに褒め合い、もはや単にお世辞を言うだけではない。

  • We believe in making the world a more emotionally intelligent place

    私たちは、世界をより感情的で知的な場所にすることを信じています。

  • and to that end we have now also published some extraordinary books.

    そして、そのために、今、私たちはまた、いくつかの特別な本を出版しています。

  • As well as other merchandise that reinforces some of the other themes illustrated in our videos.

    また、動画で紹介されているテーマを補強するグッズもあります。

  • Please click on the link below to see more.

    下記のリンクをクリックして詳細をご覧ください。

Flattery has a bad name. It’s associated with saying something upbeat but untrue in

お世辞にも悪い名前がついています。それは、何か明るくても真実ではないことを言うことから連想されます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ブラジル 世辞 カラス 首都 スペイン 建物

お世辞の重要性

  • 18928 1770
    韓澐 に公開 2017 年 06 月 07 日
動画の中の単語