Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Namaskar.

    (ヒンディー語) こんにちは

  • I'm a movie star, I'm 51 years of age,

    私は映画スターで51歳です

  • and I don't use Botox as yet.

    ボトックスはまだやっていません

  • (Laughter)

    (笑)

  • So I'm clean, but I do behave like you saw like a 21-year-old in my movies.

    薬はやっていませんが ご存知のように 映画では21才の若造のように振舞っています

  • Yeah, I do that.

    そうなんです

  • I sell dreams, and I peddle love to millions of people back home in India

    私は故郷インドの 何百万という人々に 夢を売り 愛を売り歩いています

  • who assume that I'm the best lover in the world.

    彼らは 私が世界で最高の恋人だと 思ってくれています

  • (Laughter)

    (笑)

  • If you don't tell anyone, I'm going to tell you I'm not,

    誰にも言わないなら 実の姿は違うと打ち明けますが

  • but I never let that assumption go away.

    妄想はそのままにしておきます

  • (Laughter)

    (笑)

  • I've also been made to understand

    あなた方の多くは 私の映画を見ていないと

  • there are lots of you here who haven't seen my work,

    釘を刺されました

  • and I feel really sad for you.

    かわいそうに

  • (Laughter)

    (笑)

  • (Applause)

    (拍手)

  • That doesn't take away from the fact that I'm completely self-obsessed,

    それでも私が映画スターらしく とことん自惚れきっているのは

  • as a movie star should be.

    変わりませんよ

  • (Laughter)

    (笑)

  • That's when my friends, Chris and Juliet called me here

    友人のクリスとジュリエットが 招待してくれたのは

  • to speak about the future "you."

    「未来のあなた」(Future You) について 話して欲しいということでしたが

  • Naturally, it follows I'm going to speak about the present me.

    当然ながら私は 現在の自分について話します

  • (Laughter)

    (笑)

  • Because I truly believe that humanity is a lot like me.

    なぜなら 人類は私にすごく 似ていると思うからです

  • (Laughter)

    (笑)

  • It is. It is.

    ええ そうなんです

  • It's an aging movie star,

    人類は老いつつある 映画スターです

  • grappling with all the newness around itself,

    身の周りのあらゆる 新しいものに取り組んで

  • wondering whether it got it right in the first place,

    そもそも ちゃんと分かっているのか 疑問に思いながら

  • and still trying to find a way

    まだそれでも輝き続けられるよう

  • to keep on shining regardless.

    道を見つけようとしています

  • I was born in a refugee colony in the capital city of India, New Delhi.

    私はインドの首都ニューデリーの 難民居留地で生まれました

  • And my father was a freedom fighter.

    父はインド独立のために 戦う戦士でした

  • My mother was, well, just a fighter like mothers are.

    母は「母親」という「戦士」でした

  • And much like the original homo sapiens,

    そして祖先のホモサピエンスのように

  • we struggled to survive.

    私たちは苦労して生き延びました

  • When I was in my early 20s,

    20代前半までに

  • I lost both my parents,

    私は両親をどちらも なくしました

  • which I must admit seems a bit careless of me now,

    「なくす」なんて少し不注意に 聞こえそうですが

  • but --

    でも—

  • (Laughter)

    (笑)

  • I do remember the night my father died,

    父が亡くなった夜を よく覚えています

  • and I remember the driver of a neighbor who was driving us to the hospital.

    病院まで乗せて行ってくれた 近所の運転手のことも

  • He mumbled something about "dead people don't tip so well"

    彼は「死人はチップをはずまないからな」 とか呟いて

  • and walked away into the dark.

    暗闇へと消えて行きました

  • And I was only 14 then,

    私は当時まだ14才でしたが

  • and I put my father's dead body in the back seat of the car,

    車の後部座席に 父の遺体を乗せ

  • and my mother besides me,

    隣に母を乗せると

  • I started driving back from the hospital to the house.

    病院から家へと 車で走り始めました

  • And in the middle of her quiet crying, my mother looked at me and she said,

    静かに泣いていた母が ふと私を見て言いました

  • "Son, when did you learn to drive?"

    「あなた いつ運転を覚えたの?」

  • And I thought about it and realized, and I said to my mom,

    言われてから気付いて こう答えました

  • "Just now, Mom."

    「たった今だよ お母さん」

  • (Laughter)

    (笑)

  • So from that night onwards,

    その夜から

  • much akin to humanity in its adolescence,

    青年期の人類のような

  • I learned the crude tools of survival.

    荒っぽい生存の術を学びました

  • And the framework of life was very, very simple then, to be honest.

    当時の人生の枠組みは 正直なところ非常に単純なものでした

  • You know, you just ate what you got

    ただ手に入るものを食べ

  • and did whatever you were told to do.

    言われたことは 何でもやりました

  • I thought celiac was a vegetable,

    私は「セリアック(病)」は 野菜だと思っていました

  • and vegan, of course, was Mr. Spock's lost comrade in "Star Trek."

    「ヴィーガン」はもちろんスター・トレックで Mr.スポックが失った仲間の名だと

  • (Laughter)

    (笑)

  • You married the first girl that you dated,

    初めて付き合った女性と結婚し

  • and you were a techie if you could fix the carburetor in your car.

    車のキャブレターを直せたら 技術屋と言われたものです

  • I really thought that gay was a sophisticated English word for happy.

    「ゲイ」は英語で「幸せ」を意味する 洒落た言葉だと思っていました

  • And Lesbian, of course, was the capital of Portugal, as you all know.

    「レズビアン」は当然 ポルトガルの首都のことだと

  • (Laughter)

    (笑)

  • Where was I?

    何の話でしたっけ?

  • We relied on systems

    前の世代が私たちを守るために

  • created through the toil and sacrifice of generations before

    苦労と犠牲を払って築いた

  • to protect us,

    システムに私たちは依存し

  • and we felt that governments actually worked for our betterment.

    政府は実際に自分たちのために 働いてくれていると感じていました

  • Science was simple and logical,

    科学はシンプルで論理的

  • Apple was still then just a fruit

    アップルは その頃はまだ ただの果物で

  • owned by Eve first and then Newton,

    最初にイブ それからニュートンが手にして

  • not by Steve Jobs, until then.

    まだスティーブ・ジョブズのものでは ありませんでした

  • And "Eureka!" was what you screamed

    そして「ユーリカ!」というのは

  • when you wanted to run naked on the streets.

    裸で路上を走りたくなったときに 叫ぶ言葉でした

  • You went wherever life took you for work,

    仕事のためなら どこへでも行ったものです

  • and people were mostly welcoming of you.

    そして たいていは歓迎されました

  • Migration was a term then

    マイグレーション (渡り/移民) という言葉は

  • still reserved for Siberian trains, not human beings.

    まだ人間ではなく シベリアのツルのためのものでした

  • Most importantly, you were who you were

    最も重要なのは 自分は自分であり

  • and you said what you thought.

    自分の考えを述べていた ということです

  • Then in my late 20s,

    20代後半で

  • I shifted to the sprawling metropolis of Mumbai,

    私は広大な大都市 ムンバイに移り住み

  • and my framework,

    私の枠組みも

  • like the newly industrialized aspirational humanity,

    工業化されたばかりで やる気に溢れた人類のように

  • began to alter.

    変化を始めました

  • In the urban rush for a new, more embellished survival,

    都会の忙しさの中で 新しい飾られた生き延び方を身につけ

  • things started to look a little different.

    物事の見え方は 少し変わってきました

  • I met people who had descended from all over the world,

    私は世界中から来た人々に 出会いました

  • faces, races, genders, money-lenders.

    様々な顔・人種・性別 金貸し業者たち

  • Definitions became more and more fluid.

    物事の定義は より流動的になっていきました

  • Work began to define you at that time

    その頃 仕事が人を 定義するようになりました

  • in an overwhelmingly equalizing manner,

    圧倒的な平均化の圧力によって

  • and all the systems started to feel less reliable to me,

    そしてシステムは 信頼性に欠けると感じ始めました

  • almost too thick to hold on

    人類の多様性に対応するには

  • to the diversity of mankind

    鈍重過ぎたのです

  • and the human need to progress and grow.

    それに人間は進歩し成長する 必要があります

  • Ideas were flowing with more freedom and speed.

    アイデアはより自由に より速く流れていました

  • And I experienced the miracle of human innovation and cooperation,

    私は奇跡を経験しました

  • and my own creativity,

    人間の革新と協力 そして自分の創造性の奇跡を

  • when supported by the resourcefulness of this collective endeavor,

    周囲の皆の努力と機知に支えられ

  • catapulted me into superstardom.

    スターダムへと 押し上げられました

  • I started to feel that I had arrived,

    自分の時代が来たと感じました

  • and generally, by the time I was 40, I was really, really flying.

    40の頃には 概ね成功続きでした

  • I was all over the place.

    私の姿はどこにでもありました

  • You know? I'd done 50 films by then

    それまでに50本の映画に出て

  • and 200 songs,

    200曲を歌い

  • and I'd been knighted by the Malaysians.

    マレーシアからは ナイトの称号を授与され

  • I had been given the highest civil honor by the French government,

    フランス政府に 最高市民栄誉を贈られました

  • the title of which for the life of me I can't pronounce even until now.

    その名は いまだ うまく発音できませんが

  • (Laughter)

    (笑)

  • I'm sorry, France, and thank you, France, for doing that.

    失礼しました フランスのご厚意に感謝しています

  • But much bigger than that, I got to meet Angelina Jolie --

    しかし それよりもっとすごかったのは アンジェリーナ・ジョリーに会えたことです

  • (Laughter)

    (笑)

  • for two and a half seconds.

    2.5秒くらい

  • (Laughter)

    (笑)

  • And I'm sure she also remembers that encounter somewhere.

    彼女も私との邂逅を 覚えていることでしょう

  • OK, maybe not.

    まあ 覚えてないかも

  • And I sat next to Hannah Montana on a round dinner table

    それから円卓でハンナ・モンタナの 隣に座りました

  • with her back towards me most of the time.

    ほとんどの間 彼女は私に背中を向けていましたけど

  • Like I said, I was flying, from Miley to Jolie,

    私は快進撃でした マイリーからジョリーへと

  • and humanity was soaring with me.

    人類は 私と一緒に 舞い上がっていました

  • We were both pretty much flying off the handle, actually.

    我々はどちらも ほとんど制御を失って飛んでいました

  • And then you all know what happened.

    そして皆さん ご存知の通り

  • The internet happened.

    インターネットが現れました

  • I was in my late 40s,

    40代後半になり

  • and I started tweeting like a canary in a birdcage

    私は鳥かごのカナリアみたいに ツイートし始めました

  • and assuming that, you know, people who peered into my world

    自分で奇跡だと思う 私の世界を

  • would admire it

    のぞき見た人々が

  • for the miracle I believed it to be.

    賞賛するだろうと 思ったんです

  • But something else awaited me and humanity.

    しかし何か別のものが 待ち受けていました

  • You know, we had expected an expansion of ideas and dreams

    より繋がった世界で アイデアや夢が育つだろうと

  • with the enhanced connectivity of the world.

    我々は予想していました

  • We had not bargained for the village-like enclosure of thought,

    こんな事は予想してませんでした

  • of judgment, of definition

    ムラのような狭窄な思考や 批判やレッテル貼りが

  • that flowed from the same place

    自由や革命が起こる その同じ場所から

  • that freedom and revolution was taking place in.

    流れ出てくるなんて

  • Everything I said took a new meaning.

    私の発言すべてに 別の意味が付け加えられました

  • Everything I did -- good, bad, ugly --

    私がやった あらゆる 良いこと、悪いこと、醜いこと

  • was there for the world to comment upon and judge.

    その全てに世界中がコメントし 批判しました

  • As a matter of fact, everything I didn't say or do also

    実際のところ私が 言いも行いもしなかったことも

  • met with the same fate.

    同じように批判されました

  • Four years ago,

    4年前

  • my lovely wife Gauri and me decided to have a third child.

    私の美しい妻ガウリーと私は 3人目の子供を持つことにしました

  • It was claimed on the net

    ネット上で その子が

  • that he was the love child

    当時15歳だった長男の

  • of our first child

    私生児だという

  • who was 15 years old.

    デマが流れました

  • Apparently, he had sown his wild oats with a girl

    話によると 彼はルーマニアで 車を運転中に

  • while driving her car in Romania.

    女の子と愛の種を 蒔いたそうです

  • And yeah, there was a fake video to go with it.

    そして偽のビデオ映像まで 作られました

  • And we were so disturbed as a family.

    私たち家族は心底困惑しました

  • My son, who is 19 now,

    今19の息子は

  • even now when you say "hello" to him,

    今でも 会うと

  • he just turns around and says,

    背を向けてこう言うんです

  • "But bro, I didn't even have a European driving license."

    「オレはヨーロッパの運転免許だって 持ってなかったんだぜ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • Yeah.

    ええ

  • In this new world,

    この新しい世界で

  • slowly, reality became virtual and virtual became real,

    ゆっくりと現実には仮想となり 仮想は現実になりました

  • and I started to feel

    そして私は 思い通りの自分でいることも

  • that I could not be who I wanted to be or say what I actually thought,

    自分の考えを述べることも できないと感じ始めました

  • and humanity at this time

    この時点で人類は

  • completely identified with me.

    完全に私と同じでした

  • I think both of us were going through our midlife crisis,

    私達はどちらも 中年の危機だったんでしょう

  • and humanity, like me, was becoming an overexposed prima donna.

    そして人類は私のように 露出し過ぎのプリマドンナになっていきました

  • I started to sell everything,

    私はあらゆる商品の 顔になりました

  • from hair oil to diesel generators.

    ヘアオイルから ディーゼル発電機まで

  • Humanity was buying everything

    人類はあらゆるものを 売買していました

  • from crude oil to nuclear reactors.

    原油から原子炉まで

  • You know, I even tried to get into a skintight superhero suit

    私も「生まれ変わろう」として

  • to reinvent myself.

    ピチピチのヒーロースーツを 着ようとしてみたんですよ

  • I must admit I failed miserably.

    それで惨めに失敗したと認めます

  • And just an aside I want to say on behalf of all the Batmen, Spider-Men

    でも 言わせてください

  • and Supermen of the world,

    世界のバットマンやスパイダーマンや スーパーマンたちに代わって —

  • you have to commend them,

    彼らは讃えられるべきです

  • because it really hurts in the crotch, that superhero suit.

    ヒーロースーツを着ると 股間が本当に痛くなるんですから

  • (Laughter)

    (笑)

  • Yeah, I'm being honest. I need to tell you this here.

    正直な気持ちです どうしてもここで伝えなければ

  • Really.

    そして偶然私は 新しいダンスを発明しました

  • And accidentally, I happened to even invent a new dance form

    自分でそうとは気付かずに

  • which I didn't realize, and it became a rage.

    そして それが 大ブームになったんです

  • So if it's all right,

    だから 良かったら

  • and you've seen a bit of me, so I'm quite shameless, I'll show you.

    もうおわかりのように 私は恥ずかしがったりしないタチなので

  • It was called the Lungi dance.

    ルンギーダンスです

  • So if it's all right, I'll just show you. I'm talented otherwise.

    良かったら 今ご披露しましょう 私はなかなか上手いんですよ

  • (Cheers)

    (歓声)

  • So it went something like this.

    こんな感じです

  • Lungi dance. Lungi dance. Lungi dance. Lungi dance.

    ルンギーダンス ルンギーダンス ルンギーダンス ルンギーダンス

  • Lungi dance. Lungi dance. Lungi dance. Lungi dance.

    ルンギーダンス ルンギーダンス ルンギーダンス ルンギーダンス

  • Lungi dance. Lungi dance. Lungi dance. Lungi.

    ルンギーダンス ルンギーダンス ルンギーダンス ルンギー

  • That's it. It became a rage.

    こうです 大ブームになりました

  • (Cheers)

    (歓声)

  • It really did.

    本当になったんです

  • Like you notice, nobody could make any sense of what was happening except me,

    私以外誰も何が起こっているのか 分かっていませんでした

  • and I didn't give a damn, really,

    そして私は気にもしませんでした

  • because the whole world, and whole humanity,

    なぜなら 全世界 全人類が 私と同じくらい

  • seemed as confused and lost as I was.

    混乱し 道を見失っているように 見えたからです

  • I didn't give up then.

    でも私はあきらめませんでした

  • I even tried to reconstruct my identity on the social media

    皆のようにSNS上の イメージを

  • like everyone else does.

    作り変えようとすらしました

  • I thought if I put on philosophical tweets out there

    哲学的なツイートをすれば

  • people will think I'm with it,

    私が知的だと人々が思うだろうと 考えました

  • but some of the responses I got from those tweets

    でも そういうツイートに対する 反応には

  • were extremely confusing acronyms which I didn't understand. You know?

    意味不明な略語がありました

  • ROFL, LOL.

    ROFLとか LOLとか(「笑」の意味)

  • "Adidas," somebody wrote back to one of my more thought-provoking tweets

    示唆に富む私のツイートに 誰かが「ADIDAS」とコメントしました

  • and I was wondering why would you name a sneaker,

    私はどういう意味だ?と訝りました

  • I mean, why would you write back the name of a sneaker to me?

    スニーカーのブランド名がどうしたって?

  • And I asked my 16-year-old daughter, and she enlightened me.

    私の16歳の娘に聞くと こう教えてくれました

  • "Adidas" now means "All day I dream about sex."

    ADIDASは「一日中セックスを夢見てる」 の略なんだと

  • (Laughter)

    (笑)

  • Really.

    本当ですよ

  • I didn't know if you know that.

    知っていました?

  • So I wrote back, "WTF" in bold to Mr. Adidas,

    だから私はアディダス氏に 太字で「WTF」と返しました

  • thanking secretly that some acronyms and things won't change at all.

    意味がそのままの略語も あることに感謝しつつ

  • WTF.

    WTF(なんだってんだ)

  • But here we are.

    しかし私たちはここにいます

  • I am 51 years old, like I told you,

    先ほど言ったように 私は51歳です

  • and mind-numbing acronyms notwithstanding,

    そして退屈でつまらない 略語にもかかわらず

  • I just want to tell you

    皆さんに伝えたいんです

  • if there has been a momentous time for humanity to exist,

    人類の存在にとって 重要な時期があるとしたら

  • it is now,

    それは今だということを

  • because the present you is brave.

    今の人類は勇敢です

  • The present you is hopeful.

    今の人類は希望を持っていて

  • The present you is innovative and resourceful,

    今の人類は革新的で機知に富み

  • and of course, the present you is annoyingly indefinable.

    そしてもちろん今の人類は 苛立たしいほど漠然としています

  • And in this spell-binding,

    そしてこの魔法のように魅惑的な

  • imperfect moment of existence,

    存在の未完成な瞬間に

  • feeling a little brave just before I came here,

    私はここに来る直前に 少し勇気を感じ

  • I decided to take a good, hard look at my face.

    自分の顔をよく 見てみることにしました

  • And I realized that I'm beginning to look more and more

    そしてだんだん自分が 似てきたことに気付きました

  • like the wax statue of me at Madame Tussaud's.

    マダム・タッソー館の 私の蝋人形に

  • (Laughter)

    (笑)

  • Yeah, and in that moment of realization,

    そう気付いた瞬間に

  • I asked the most central and pertinent question to humanity and me:

    人類と私にとって 最も核心に迫ることを問いました

  • Do I need to fix my face?

    自分は整形すべきなのか?

  • Really. I'm an actor, like I told you,

    真剣です 私は俳優ですから

  • a modern expression of human creativity.

    人間の創造性の現代的表現です

  • The land I come from

    私がやって来た国は