Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 1796, Thomas Jefferson received a box of bones he couldn't identify.

    1796年、トーマス・ジェファーソンは身元のわからない遺骨の箱を受け取りました。

  • A long, sharp claw reminded him of a lion,

    長く鋭い爪はライオンを連想させた。

  • but the arm bones suggested a larger animal,

    しかし、腕の骨はより大きな動物を示唆していた。

  • one about three meters long.

    3メートルほどの長さのものがあります。

  • Thinking it might be huge unknown species of North American lion,

    北米ライオンの巨大な未知の種かもしれないと思っています。

  • Jefferson warned explorers Lewis and Clark

    ジェファーソンは探検家ルイスとクラークに警告を発した

  • to keep an eye out for this mysterious predator.

    この謎の捕食者から目を離さないように

  • But Jefferson's box of bones didn't come from a lion.

    でもジェファーソンの骨の箱はライオンからじゃないわ

  • They came from an extinct giant sloth.

    彼らは絶滅した巨大ナマケモノから来ました。

  • Prehistoric ground sloths first appeared around 35 million years ago.

    先史時代の地上ナマケモノが最初に現れたのは約3500万年前。

  • Dozens of species lived across North, Central and South America,

    数十種の種が北、中央、南アメリカに住んでいました。

  • alongside other ancient creatures like mastodons

    マストドンなどの古代生物と並んで

  • and giant armadillos.

    とジャイアントアルマジロ。

  • Some ground sloths, like the megalonychidae, were cat-sized,

    メガロニーチ科のような地上ナマケモノの中には猫サイズのものもいました。

  • but many were massive.

    しかし、多くの人は大規模なものでした。

  • Jefferson's sloth, Megalonyx, weighed about a ton,

    ジェファーソンのナマケモノ、メガロニクスの重さは約1トン。

  • and that was small compared to megatherium,

    とメガテリウムに比べて小さかった。

  • which could reach six metric tons, as much as an elephant.

    象と同じくらいの6トンに達することができました。

  • They ambled through the forests and savannas using their strong arms

    彼らは強い腕を使って森や南蛮を闊歩した。

  • and sharp claws

    鋭利な爪

  • to uproot plants and climb trees,

    を使って植物を根こそぎ、木に登っていきます。

  • grazing on grasses, leaves, and prehistoric avocados.

    草むら、葉っぱ、先史時代の<a href="#post_comment_1">アボカド<i class="icon-star"></i></a>に草を食む。

  • In fact, we might not have avocados today if not for the giant sloths.

    実際、巨大ナマケモノがいなければ、今日のアボカドはなかったかもしれません。

  • Smaller animals couldn't swallow the avocado's huge seed,

    小動物はアボカドの巨大な種を飲み込むことができませんでした。

  • but the sloths could,

    でもナマケモノにはできた

  • and they spread avocado trees far and wide.

    と、アボカドの木を遠くまで広げてくれました。

  • Ground sloths flourished for millions of years,

    地上ナマケモノは何百万年も前から繁栄していました。

  • but around 10,000 years ago, they started disappearing

    が、1万年前頃から消え始めました。

  • along with the Western Hemisphere's other giant mammals.

    西半球の他の巨大哺乳類と並んで

  • Researchers think that ground sloths could have been pushed out

    研究者は、地上のナマケモノが押し出された可能性があると考えています。

  • by an oncoming ice age,

    氷河期の到来によって

  • or competition with other species, maybe humans,

    あるいは他の種族との競争、もしかしたら人間かもしれません。

  • who arrived in the region around the time most of the sloths went extinct.

    ナマケモノが絶滅した頃にこの地域にやってきた人たちです。

  • Some of the smaller sloths did survive and migrated to the treetops.

    小さいナマケモノの中には生き残ったものもいて、梢に移動してきました。

  • Today, there are six species left living in the rainforest canopies of Central and South America.

    現在、中南米の熱帯雨林<<a href="#post_comment_2">canopies<<i class="icon-star"></i></a>には6種が残っています。

  • Hanging out in the trees is a good way to avoid predators,

    木にぶら下がっているのは捕食者を避けるための良い方法です。

  • and there are plenty of leaves to eat.

    と食べられる葉っぱがたくさんあります。

  • But this diet has its drawbacks.

    しかし、このダイエットには欠点があります。

  • Animals extract energy from food and use that energy to move around,

    動物は食べ物からエネルギーを取り出し、そのエネルギーを使って動き回ります。

  • maintain their body temperature,

    体温を維持する。

  • keep their organs working,

    臓器の働きを維持するために

  • and all the other activities necessary for survival.

    と、生きていくために必要なすべての活動をしています。

  • But leaves don't contain much energy,

    しかし、葉っぱにはあまりエネルギーが入っていません。

  • and that which they do have is tough to extract.

    そして、彼らが持っているものを抽出するのは難しい。

  • Most herbivores supplement a leafy diet with higher energy foods

    ほとんどの<a href="#post_comment_3">草食動物<i class="icon-star"></i>は、より高いエネルギーの食品で葉物の食事を補っています。

  • like fruit and seeds.

    果物や種のように

  • But sloths, especially three-toed sloths, rely on leaves almost exclusively.

    しかし、ナマケモノ、特に三本足のナマケモノは、ほとんど<a href="#post_comment_4">排他的に<i class="icon-star"></i>葉に頼っています。

  • They've evolved finely tuned strategies for coping with this restricted diet.

    彼らは、この制限された食事に対処するために、細かく調整された戦略を進化させてきました。

  • First, they extract as much energy from their food as possible.

    まず、彼らは食べ物からできるだけ多くのエネルギーを抽出します。

  • Sloths have a multi-chambered stomach that takes up a third of their body,

    ナマケモノは、体の3分の1を占める多房性の胃を持っています。

  • and depending on the species,

    と種によって異なります。

  • they can spend five to seven days, or even weeks, processing a meal.

    5日から7日、あるいは数週間かけて食事の処理をすることもあります。

  • The other piece of the puzzle is to use as little energy as possible.

    もう一つのピースは、できるだけエネルギーを使わないようにすることです。

  • One way sloths do this is, of course, by not moving very much.

    ナマケモノがこれを行う方法の一つは、もちろん、あまり動かないことです。

  • They spend most of their time eating, resting, or sleeping.

    彼らはほとんどの時間を食べたり、休んだり、寝たりして過ごしています。

  • They descend from the canopy just once a week for a bathroom break.

    週に一度だけトイレ休憩のために天蓋から降りてくる。

  • When sloths do move, it's not very fast.

    ナマケモノが動く時は、あまり速くない。

  • It would take a sloth about five minutes to cross an average neighborhood street.

    近所の平均的な通りを渡るにはナマケモノでも5分くらいかかるだろう。

  • This unhurried approach to life means that sloths don't need very much muscle.

    この淡々とした生活<a href="#post_comment_5">アプローチ<i class="icon-star"></i>は、ナマケモノがあまり筋肉を必要としないことを意味しています。

  • In fact, they have about 30% less muscle mass than other animals their size.

    実際には、他の動物の体格に比べて筋肉量が約30%も減っています。

  • Sloths also use less energy to keep themselves warm

    ナマケモノはまた、自分自身を暖かく保つために、より少ないエネルギーを使用しています。

  • because their body temperature can fluctuate by about five degrees Celsius,

    なぜなら、体温は5℃程度の変動があるからです。

  • less than a cold-blooded reptile, but more than most mammals.

    冷血爬虫類よりは少ないが、ほとんどの哺乳類よりは多い。

  • These physical and behavioral adaptations minimize the sloth's energy expenditure,

    これらの物理的・行動的適応は、ナマケモノのエネルギー消費を最小限に抑えます。

  • or metabolic rate.

    または代謝率。

  • Three-toed sloths have the slowest metabolism of any mammal.

    三つ足のナマケモノは、任意の哺乳類の最も遅い代謝を持っています。

  • The giant panda is second slowest,

    ジャイアントパンダは2番目に遅い。

  • and two-toed sloths come in third.

    と2本足のナマケモノが3位に入っています。

  • Moving slowly has allowed sloths to thrive in their treetop habitat.

    ゆっくりと移動することで、ナマケモノは梢の生息地で成長することができました。

  • But it's also made the sloths themselves a great habitat for other organisms,

    しかし、それはナマケモノ自体を他の生物の絶好の生息地にしてしまったことにもなります。

  • including algae, which provides a little extra camouflage, and maybe even a snack.

    少し余分な<a href="#post_comment_6">カモフラージュ<i class="icon-star"></i></a>を提供する藻類を含む、そして多分スナックも。

  • Sloths may not be giant anymore,

    ナマケモノはもう巨人ではないかもしれません。

  • but that doesn't make them any less remarkable.

    でも、だからといって目立たなくなるわけではありません。

In 1796, Thomas Jefferson received a box of bones he couldn't identify.

1796年、トーマス・ジェファーソンは身元のわからない遺骨の箱を受け取りました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ナマケモノ ジェファーソン エネルギー アボカド 動物

TED-ED】ナマケモノはなぜそんなに遅いのか?- ケニー・クーガン

  • 5583 209
    Anita Lin に公開 2017 年 04 月 25 日
動画の中の単語