Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • There are some very strong reasons why partners breaking up generally try to remain friends.

    付き合っていた 2 人が別れることになった時に、友人として関係を維持させようとするのには確固たる理由があるものです。

  • To the person beinghowever nicelyrejected,

    サヨナラを言われた(つまり捨てられた)側にしてみれば、

  • the promise of friendship can feel like an emotionally-reassuring consolation prize.

    友だちとして続くということは、気持ちの面では何となく折り合いがつけやすいものです。

  • We may no longer be able to share their bed, have children with them or end our days in their company,

    一緒のベッドで寝たり子どもをもうけたり、臨終の際に横にいてくれることは無いけれども、少なくとも

  • but at least something can be rescued from the ashes: we will continue to be able to call them when we like,

    終わってしまった関係から何か救い出すことはできるわけで、好きな時に電話をしたり

  • share our fears and go to the movies together.

    心配事を相談したり、映画を一緒に観に行く事も出来ます。

  • To the person performinghowever nicelythe execution, the promise of friendship is equally attractive.

    一方で、サヨナラを言った(つまり捨てた)側にとっては友だちでいるということは同じく都合のいい幕の引き方です。確かに相手と別れたいとは思っていても

  • We may be itching to eject the partner but we are notfor that matterdevoid of feeling.

    感情的な面では辛い事であるのには変わりはなく、センチメンタルな気持ちに流されて

  • We are, as we might say in sentimental moments, extremely fond of the soon-to-be ex.

    今まで一緒にいた相手の事をとても愛おしく思うこともあるでしょう。

  • We just don’t want to end our time on earth with them, let alone reject all sexual possibilities in their name.

    ただ単に、自分が死ぬときにはこの人にそばにいて欲しいということは無くなって、性的関係を持つ可能性も全くあり得なくなるのです。

  • Furthermore, we are deeply attached to the idea that were not monsters.

    さらに、自分はモンスターのような人間だとは思いたくないもので、

  • And as we know, nice people always try to be friends with their exes.

    良い人というのは、いつも昔の恋人と友だちとして上手くやっていると思うものです。この考え方は賢く聞こえるかもしれませんが、

  • The arguments may sound wise but, from close up, they are deeply fraught and in their own way, a catastrophe for both sides.

    よくよく考えてみるとかなりの危険をはらんでいて、どちらにとっても壊滅的な結果をもたらすものです。

  • For the rejected party, the step from lover to friend is an eternally humiliating demotion.

    捨てられた側にとっては、恋人から友だちに格下げされたということは侮辱以外の何物でもなく

  • To go from the idea of a joint life-long future to a dinner every second Thursday is, to put it mildly, a come down.

    一生を共に過ごそうとしていた関係から、2 週間に 1 回だけ木曜日に食事をする間柄になるというのは、やわらかく言っても「落ちぶれた」ことになります。

  • Worse, every sighting of the ex is guaranteed to re-ignite hope and then further insult.

    さらにひどいのは、元恋人の姿を見かけるたびによりを戻せるかと期待してしまいそれが叶わずにまた心が痛むことになるのです。

  • One isn't acquiring a friend, more an unwitting torturer.

    これでは、相手は友だちというよりは本人に自覚症状の無い拷問人の様なものです。

  • As for the executing party, the ex is a constant reminder of guilt and ruthlessness.

    また捨てた側にとっては、元恋人の存在というのは常に罪悪感と自分の冷酷さを思い起こさせるものです。

  • One can't even relax into being kind, lest one's intentions be misread and,

    優しくし過ぎて勘違いされても困るので気を使いますし、

  • after a few drinks, they burst into tears or attempt to make a move.

    少し飲んだら相手が泣き出したり、ヨリを戻そうと仕掛けてきたりしかねません。

  • The idea of trying to be friends constitutes a touching attempt to honour the best sides of a relationship

    友だちとして関係を続けようとする行為は、これまで 2 人が過ごしてきた

  • in which two people invested heavily.

    親密で素敵な時間を大切にしようとする涙ぐましい気持ちから生まれます。

  • Lovers can't, so the thought goes simply vanish from each other's lives after all that; a friendship is invoked to memorialise an episode of genuine importance.

    恋が終わると、お互いへの思いは自分の人生から消え去ってしまうことになります。そこで、友だちとして関係を続けることで、大切にすべき思い出を心に留めておこうとするわけです。

  • But, looked at more dispassionately, friendship isn't in any real sense faithful to love.

    ところが、もっと冷静になって考えてみるとここでの友情というのは、2人の愛に対して本当の意味で誠実とは言えません。

  • Friendship with an ex

    元恋人との友だち関係というのは

  • does a grave disservice both to the memory of the relationship at its height and the merits of intimate friendship.

    付き合いをしていた時の素敵な思い出だけでなく、本当の意味での友情が与えてくれる効果に対しても大きなダメージを与えるものです。

  • It's at once a betrayal of everything a good relationship was and a slight on the ideals of friendship,

    ハッキリ言って、それまでの良い恋愛関係に対する裏切りの行為ですし、友情というものの本質に対しても失礼なことです。

  • which shouldn't be built out of the remnants of another, more ardent condition.

    友情というものは残骸の上に築き上げられるものではなく、本来は熱い関係の真っただ中にあって成長していくものなのです。

  • What we should replace love with isn't friendship but that far more honest state: civil distance.

    愛情の代わりには友情が来るべきではなく、自分の心に正直になって、円満にお互いから距離を取ることが必要です。

  • That and a real assurance that the relationship, in its best and most enduring light,

    そうすることによって、それまでの恋愛関係の中で過ごした最高の日々や素敵な思い出が

  • will always live on in the one place it can safely always do so: memory.

    記憶の中に安全にしっかりと留められて、お互いの心の中で生き続けていけるのです。

There are some very strong reasons why partners breaking up generally try to remain friends.

付き合っていた 2 人が別れることになった時に、友人として関係を維持させようとするのには確固たる理由があるものです。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 友だち 友情 恋人 関係 捨て 思い出

元彼は友達になれるのか? (Can Exes Be Friends?)

  • 21298 2099
    李晟睿 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語