Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • - Imagine being confined

    3メートル四方の部屋に 完全に隔離されたと想像してください

  • to a 10-by-10-foot room in complete isolation.

    時計も 電話も 本もなく

  • No timekeeping devices, no phones, no books,

    書く物も 窓もありません

  • nothing to write on, no windows.

    心理学者によると

  • [dramatic music]

    このような部屋では3日未満で 脳にダメージが起こり得るそうです

  • ♪ ♪

    私がこの部屋で過ごすのは

  • Psychologists say that fewer than three days

    3日間です

  • in a room like this can lead to brain damage.

    明らかに彼は苦しみの境にいる

  • I will be staying in this room

    街中で人に囲まれていても

  • for three days.

    孤独や退屈を感じるときがあります

  • ♪ ♪

    頭脳は飢えたスポンジのように

  • - Clearly, he is on the border of misery.

    常に情報を吸収します

  • [electronic music]

    刺激を求めるのです

  • ♪ ♪

    本や映画 スマホや友人や家族

  • - Even in a city surrounded by people,

    何千という刺激が

  • it's possible to feel lonely

    常に頭に入ってきます

  • or bored.

    しかしそれらがすべて途絶えたら?

  • Your brain is like a hungry sponge.

    「隔離」

  • It's constantly absorbing information.

    退屈とは何でしょう?

  • It thrives when stimulated.

    「嫌悪」を軽くした感情だと考えられています

  • Between smartphones and books

    これはロバート・プラッチク考案の 感情の輪です

  • and movies and friends and family,

    「退屈」は「嫌悪」や「憎悪」と 同じ基本感情の上にありますね

  • thousands of sensations

    程度は違っても同じ感情なのです

  • are constantly going into our heads.

    私たちは退屈すると 刺激のない状況から抜け出そうとします

  • But what if it all got cut off?

    なぜなら多様性と刺激が

  • [dramatic music]

    まさしく頭脳の細胞の成長...

  • ♪ ♪

    神経発生を促すからです

  • What is boredom?

    私たちが今 ここでこうしているのは

  • Well, it's believed to be an emotion

    退屈が私たちを

  • that's a less intense form of disgust.

    より偉大なチャレンジへと

  • A visual representation of emotions

    より大きい複雑な頭脳へと 導くからなのです

  • developed by Robert Plutchik

    では 普段感じている社会的交流の感覚が 奪われたらどうなるでしょう?

  • shows them all on a wheel.

    「実験 1 苦痛 vs 退屈」

  • Notice that boredom shares a spoke

    ハーバード大学とバージニア大学の 画期的な研究で

  • with disgust and loathing.

    学生達は15分の退屈よりも 肉体的な苦痛を選ぶことがわかりました

  • They are different intensities of the same emotion.

    人がどれだけの時間 退屈に耐えられるかを知るため

  • You see, boredom pushes us away from low-stimulus situations

    何も知らない被験者に

  • because variety and stimulation

    定性調査だと言って参加してもらいました

  • literally lead to neurogenesis--

    まず刺激を与えることから始めました

  • brain-cell growth.

    とても不快な刺激です

  • We are here today doing what we do

    痛い!

  • because boredom has guided us

    どうしたの?

  • toward greater and greater challenges

    ショックを感じた

  • and bigger and more complex brains.

    触ってみて

  • So what is it like to be deprived

    うっ

  • of the sensations and social interactions

    ショックが来た

  • so many of us take for granted?

    - ほんと? - ああ

  • ♪ ♪

    嫌がっているね

  • A landmark study at Harvard and Virginia Universities

    偽のテストは続きます

  • found that students prefer to experience physical pain

    ではショックボタンから始めましょう

  • over 15 minutes of boredom.

    もう一度同じ体験したいですか?

  • To demonstrate the surprising lengths

    2度としたくない

  • people will go to to avoid boredom,

    なぜ?

  • we brought in an unsuspecting subject

    ショックが来たから

  • for what he believes to be a focus group.

    まだ 腕に感じている

  • We begin by introducing a set of stimuli,

    実はこれからが 本当のテスト

  • one of which is very unpleasant.

    退屈のテストです

  • [device buzzes] - Oh, shit.

    この部屋で30分過ごしてもらいます

  • - What? - Shocked the shit out of me.

    椅子に座っていてください

  • Touch it.

    気が向いたら 電気ショックの ボタンを押してください

  • [device buzzes] - [grunts]

    - はい - 押さなくても

  • It did shock me. - No, it didn't.

    さあ本番だ

  • Did it really? - Yeah, it did.

    [経過時間]

  • - He doesn't like it. - That really shocked me.

    退屈と痛いショック この2つしかなかったら

  • - Our fake focus test continues.

    被験者はどちらを選ぶでしょう?

  • - So let's start with the shock button.

    彼はボタンを見てもいません

  • Jamison, would you choose to experience this again?

    [経過時間:18~22秒]

  • - I don't want to do that again.

    1分も経たないうち

  • - Why wouldn't you?

    すでに落ち着きがなくなっています

  • - 'Cause it shocked me,

    [経過時間:33~35秒]

  • and I can still feel it going down my forearm.

    残り約29分のところで

  • - Now it's time for Jamison's true test--

    何も刺激がない部屋で

  • the test of boredom.

    ショックボタンを押したい誘惑で

  • - You will be in the room for 30 minutes.

    彼の頭はいっぱいです

  • Please remain in your chair.

    [経過時間:45~48秒]

  • Feel free to re-experience the electric-shock button...

    数分前に彼が言ったことを覚えていますか

  • - Okay. Okay. - Or not.

    2度としたくない

  • - All right, the moment of truth.

    彼は刺激を求めて あのボタンに触るでしょうか?

  • [door closes]

    [経過時間:1分48秒]

  • When the only two options are boredom or painful shock,

    ちょうど1分57秒を過ぎたとき

  • which will our subject choose?

    彼の思いは 「2度としたくない」から

  • He's not even looking at the button.

    「退屈だからショックを感じてみよう」 に変わりました

  • Oh.

    時には どんな刺激でも

  • It hasn't even been a minute yet,

    何もないよりマシだと感じられるのです

  • and already Jamison is restless.

    彼は退屈が嫌いですが

  • [pensive music]

    もう一度触らずにいられるでしょうか?

  • With 29 minutes to go

    [経過時間:6分54秒]

  • and no other stimulation in the room,

    私たちは社会的動物です

  • the shock button is a tempting object

    他の人であろうと

  • to occupy Jamison's mind.

    バレーボールでも電気ショックでも

  • ♪ ♪

    必要とあらば 仲良くなろうとするのです

  • Remember what Jamison said a few minutes ago.

    こんにちは マイケルです

  • - I don't want to do that again.

    - 今日はありがとう - はい

  • - But will he desire stimulation so strongly,

    この部屋で何してたか 教えて下さい

  • he just goes ahead and pushes that button?

    ボタンのある この部屋に座ってました

  • ♪ ♪

    もう押したくないと言ったのに

  • [device buzzes] - [grunts]

    2度も押した

  • - It took exactly one minute and 57 seconds of boredom

    なぜ?

  • for Jamison's mind to go from, "Never again,"

    この部屋で退屈だったからかな

  • to "Sure, I'll give myself an electric shock

    - そうですか - はい

  • to relieve boredom."

    - 痛かった? - はい

  • Sometimes stimulation, any stimulation

    仮説では

  • is perceived as better than none at all.

    非常に不快な刺激の他に何もなかったら

  • This guy doesn't like being bored.

    不快であっても人は進んで受け入れます

  • Can he resist touching it a second time?

    僕もその一人ってわけだ

  • [dramatic music]

    私たちは退屈をとても嫌います

  • ♪ ♪

    時には肉体的な苦痛の方を好みます

  • [device buzzes] - [grunts, laughing]

    しかし 最も退屈と思われる環境に 自らの身を置くことは

  • - We're social animals.

    ときに有益です

  • Whether it's another human

    それは感覚遮断と言われています

  • or a volleyball or an electric-shock button,

    「実験 2 感覚遮断」

  • you'll make friends with whatever you need to.

    心理学者は感覚遮断の実験を 1930年代から行っています

  • Jamison? I'm Michael.

    冷戦中

  • Thanks for coming in today. - Sure.

    軍は感覚遮断を使い 訓練や尋問を行っていました

  • - So tell me a little bit

    1970年代にはレクリエーションとして

  • about what you've been up to here in this room.

    遮音・遮光の浮揚タンクで

  • - I've been sitting in this room with a button.

    体温と同じ温度の塩水に 浮かぶことが行われるようになりました

  • - Yeah. - And despite saying

    「浮揚研究室」

  • I didn't want to press it again, I pressed it twice.

    これから地下の浮揚研究室に行きます

  • - Why?

    この会社は感覚遮断を提供しています

  • - I was just bored in this room, I suppose, so...

    これは私の3日間隔離に向けた 訓練のようなもので

  • - Really? - Yeah.

    専門家からアドバイスを貰います

  • - Did that hurt? - Yes.

    やあ ドミニク

  • - The hypothesis is that when left alone

    マイケル 元気か

  • with a very negative stimulus,

    ドミニク・モナハンは

  • people will go ahead an re-experience it

    『ロード・オブ・ザ・リング』や TVドラマ『ロスト』で有名です

  • just because it's something to do.

    君は今回が初めてだよね

  • - I'm one of them. - [laughs]

    初めてで少し不安だ

  • We dislike being bored so much,

    刺激なしで一人でいたことがない

  • sometimes physical pain is preferable.

    浮揚で気に入ってるのは 他に何も起こらないことだ

  • But intentionally putting yourself

    何も見えず

  • into what would seem to be

    何も聞こえず 何もできない

  • the most boring environment possible

    自分を見るしかない

  • can be useful.

    恐怖を感じる人もいる

  • It's called sensory deprivation.

    何時間も鏡を見てるようだから

  • ♪ ♪

    この浮揚タンクは

  • Psychologists have conducted experiments

    隔離室に入る準備には良いけど

  • in sensory deprivation since the 1930s.

    自分の安全圏から抜け出すことを 彼自身が受け入れる必要もあると思う

  • During the Cold War,

    思考を失うのも たまには良い

  • the military used sensory deprivation

    さあ覗いてみよう

  • for both training and interrogation.

    これがその部屋です

  • In the 1970s, the activity became recreational,

    ここで1時間浮揚します

  • with soundproof, lightproof flotation tanks

    一人きりで何もすることなく 自分の思いに耳を傾けます

  • that keep you buoyant with salt water

    成功したらまた会いましょう

  • that is the same temperature as your body.

    思考を失うのも たまには良い

  • ♪ ♪

    制御を握るのが自分であることを 思い出さなくてはならない

  • All right, so I'm on my way to a subterranean float lab.

    - やあ - ドミニク

  • This company sells sensory deprivation.

    - どうだった? - とてもよかった

  • This will be sort of a training session

    - そう? - 座ろうか

  • for my three days in isolation,

    そうしよう

  • and I'm getting guidance from an expert.

    横になって 最初に思ったのは

  • Hey, Dominic. How are you?

    「これが浮揚か」という感じ

  • - Hey. What's up, Michael?

    それから…

  • - You know Dominic Monaghan

    仕事のこととかを考え始めたんだけど

  • from "Lord of the Rings" and the TV series "Lost."

    でもある時点で...

  • - Now, this is your first time, right?

    夢のようだった

  • - This is my first time.

    でも目は開いていた

  • I'm a little nervous.

    半分夢のような感じで

  • I've never been alone without any stimulation.

    眠りか目覚めの直前みたいだった

  • - One of my favorite things about floating is,

    そこが面白くなるときだよ

  • there's nothing else going on.

    君は脳を自由にさせてるんだ

  • - Okay. - You can't see anything.

    君はただ空間に浮いていて

  • You can't hear anything. You can't do anything.

    このプールの上に 浮いている原子に過ぎない

  • You just have to look at you.

    この体験が終わったら

  • And for some people, that's scary.

    いよいよ次は隔離室だね

  • It's like looking in a mirror for hours.

    浮揚はいくらか役立ったと思う?

  • This flotation tank is a really good way

    それとも妨げだった?

  • of getting him prepped for the isolation chamber,

    浮揚で...

  • but I also think he needs to be okay with the fact

    これからに不安が募った

  • that it's gonna put him outside of his comfort zone.

    3日間は1時間とはかなり違うからね

  • The mind is a good thing to lose every so often.

    隔離を学ぶために 隔離を選ぶ人もいます

  • - All right, let's take a peek.

    惑星探査の計画の準備で

  • ♪ ♪

    ちょっとした問題に行き当たりました

  • Oh. So this is the room.

    宇宙空間の物質は

  • This is where I will be floating for the next hour,

    遥か彼方にあります

  • alone with nothing to do but listen to my thoughts.

    太陽系の範囲内でも

  • ♪ ♪

    火星の旅でさえ 片道何か月もかかります

  • I'll see you on the other side.

    他の人から離れて 狭い宇宙船で過ごすには

  • ♪ ♪

    非常に長い期間です

  • - The mind is a good thing to lose every so often.

    このような旅に備え

  • You have to remind fear that you're in the driver's seat."

    地球上で何人かに 極限状況の実験が行われました

  • - Hey. - Hey, Dominic.

    1989年 あるイタリア人の インテリアデザイナーがいました

  • - How was it? - It was really good.

    名前はステファニア・フォリーニ

  • - Yeah? - Can we sit down?

    彼女はNASAの実験に志願し

  • - Yeah, let's do it.

    宇宙旅行に関連した 隔離の影響の調査を手伝いました

  • - My initial thought when I laid down was,

    彼女が130日間一人で過ごしたのは

  • "Wow, this is buoyant."

    アクリルガラスの部屋で

  • And then I just...

    ニューメキシコ州の 30フィート地下の洞窟の中です

  • started thinking about errands and tasks,

    時間を示す物や 昼夜を示す物は何もなく

  • but at some point...

    彼女は体調を崩し

  • well, it was like dreams.

    生理がなくなり

  • - Uh-huh.

    睡眠パターンは著しく変わりました

  • - But my eyes were open.

    20~25時間継続して 起きているようになり

  • Like, it was sort of like half-dreams you have

    睡眠は10時間ほどで

  • either when you're about to fall asleep

    最終的に洞窟から出たとき

  • or when you're waking up.

    自分が地下で過ごした時間を 実際の半分だと誤解していました

  • - That's when it gets interesting.

    彼女の体験は過酷でしたが

  • You're allowing your brain to be free.

    少なくとも読む本がありました

  • You're just floating in space.

    私の行く隔離室には

  • You're just atoms that are on the top of this pool,

    白い壁しかありません

  • floating in space.

    一人の時間 なんて素晴らしい

  • So now you've done this,

    他の全てから逃れて

  • and you're doing this isolation booth.

    リラックスする…

  • Do you think that that was in some way helpful

    社会からの消滅

  • or a hindrance?

    黙殺

  • - It made me more...

    独房監禁

  • unhappy about what's coming up.

    孤独がいつも良いとは限りません

  • 72 hours is quite a bit different than one hour.

    隔離が自発的でない場合は どうなるでしょう?

  • ♪ ♪

    ウィリアムは 独房監禁を肌で体験した人です

  • Some people choose isolation

    人生のどれだけを 刑務所で過ごしました?

  • to learn about isolation.

    たぶん16年

  • As we prepare to explore other planets,

    人生の半分だね

  • we're faced with a little issue.

    実際に僕の人生の半分だ

  • Stuff in outer space is really,

    18歳のとき銀行強盗で刑務所行きになった

  • really far apart.

    ここだ...

  • Within our own solar system,

    これが僕の家だった 約2年間出たり入ったり

  • even a trip to Mars would take months

    穴だ

  • in each direction.

    連続して最大どのくらい?

  • That's a long time to spend cut off from the rest of humanity,

    全部で5か月くらい

  • stuck in a tiny spaceship.

    本当に驚くことに

  • To get ready for those journeys, we have subjected some people

    これは牢屋の檻よりもっと過酷な感じがする

  • to extreme conditions here on Earth.

    檻もなく光も景色も入ってこない

  • In 1989, a young Italian interior designer

    全然

  • named Stefania Follini

    マットレスはあった?

  • volunteered for a NASA experiment

    それだけあった

  • to help study the effects of isolation

    この部屋にはそれしかなかった

  • associated with space travel.

    マットレスだけで

  • She spent 130 days alone

    それ以外は何もない

  • in a plexiglass cell

    この電灯は常に点いたまま

  • in a cave 30 feet underground in New Mexico.

    だから…

  • In the absence of timepieces and any sign of day or night,

    - あの電灯が常に点いてる? - そう

  • Ms. Follini's body was thrown out of wack.

    - 夜でも? - 夜でも

  • Her menstrual cycle stopped,

    いつも点いてる

  • and her sleep-wake cycle changed radically.

    ここで思いに耽るだけ

  • She tended to stay away for 20 to 25 hours at a time,

    それだけ

  • sleeping about 10 hours.

    座ったら...

  • When she finally emerged,

    この隅に座ったら...

  • she mistakenly believed

    隅に向かって それとも外向き?

  • she'd only been underground about half as long

    外向きで

  • as she actually had.

    よく座ったきりで

  • As difficult as Stefania's experience was,

    呼吸に集中したものだよ

  • at least she had books to read.

    どっちつかずの状況で

  • In my isolation chamber,

    いつ扉が開くかわからない

  • I will only have white walls to stare at.

    この同じ小さな箱で 連続何年も服役した奴らもいる

  • ♪ ♪

    影響は?

  • Alone time-- what a pleasure.

    精神的に一生の傷が残った

  • Checking out, getting away from it all,

    - 本当? - 本当