Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One of the key desires of love

    恋愛の重要な願望の一つ

  • is the wish to help another person

    は人助けの願い

  • but an intention doesn't always or automatically translate

    とは限らない

  • into a ready capacity for true assistance.

    真の援助のための準備ができている能力に

  • Picture a five-year-old

    5歳児の絵を描く

  • who's stumbled into his parents bedroom

    親の寝室に転がり込んだ男

  • and surprised his mother crying

    と母親を驚かせ、泣きながら

  • She's normally so strong and ready with help for him

    彼女は普段はとても強くて、彼のために助けを持って準備ができています。

  • Now he longs to do something to staunch the tears but he's at sea

    今や彼は涙を止めるために何かをしたいと思っているが、彼は海の上にいる

  • The sobs might be about the mortgage,

    嗚咽は住宅ローンのことかもしれません。

  • a turbulent time at work, or

    仕事の激動の時期や

  • an argument with her partner

    相方との口喧嘩

  • But all these aren't for a child to grasp

    しかし、これらはすべて子供が把握するためのものではありません。

  • He sweetly suggest a glass of water

    彼は甘く水のグラスを提案する

  • and pipes up that he might run downstairs to get Knitted Rabbit

    と彼はニットラビットを取得するために下に走るかもしれないとパイプアップ

  • The impulse to help floats

    助けたいという衝動に駆られて浮く

  • logically free of any actual ability to do so

    筋が通っていない

  • Two people can long to be supportive and generous towards one another

    互いに支え合うことに憧れを抱く

  • and yet lack all the skills to deliver on their good intentions,

    とはいえ、彼らの善意を実現するためのすべてのスキルを欠いています。

  • and therefore end up feeling isolated, resentful, and unloved

    そのために、孤立した、恨み深い、愛されていないと感じるようになってしまう

  • We cause ourselves trouble because we're too slow to recognize an odd, largely unmentioned phenomenon:

    奇妙な、大きくは言及されていない現象を認識するのが遅すぎて、私たち自身に迷惑をかけてしまうのです。

  • how varied and particular our notions of help can be.

    援助の概念がどれほど多様で特殊なものであるかを示しています。

  • We take our own preferred style of being soothed as the natural starting point for how to soothe others.

    私たちは、人をなだめる方法の自然な出発点として、自分の好きなスタイルでなだめるようにしています。

  • But when we're wrong and our partner's original distress is compounded by their sense of having been ignored or insulted.

    しかし、私たちが間違っていて、パートナーの本来の苦悩が、無視されたり、侮辱されたりしたという感覚によって、さらに悪化してしまうのです。

  • We take them to be ungrateful and cruel and vow never to attempt to be kind again.

    私たちは彼らを恩知らずで残酷な存在とみなし、二度と親切にしようとしないことを誓います。

  • An urgent task is therefore to try to understand the particular way in which we, and our partner, need love to be delivered in order to feel that it is real.

    緊急の課題は、それゆえに、私たちと私たちのパートナーが、愛が本物であると感じるためには、愛が届けられることを必要とする特定の方法を理解しようとすることです。

  • We might be types who, when we're sad or in difficulties, need first and foremost to speak.

    私たちは、悲しい時や困難な時に、まず第一に話す必要があるタイプかもしれません。

  • What we say may not be entirely sequential

    言っていることが完全に順不同とは限らない

  • We might go back over things a few times and omit to cap our stories with neat endings.

    私たちは、何度か物事を見直すかもしれないし、きちんとした結末で話をまとめるのを省略するかもしれません。

  • But that might not matter because what we want above all from a partner when we're suffering

    しかし、それは問題ではないかもしれません。私たちが悩んでいるときに何よりもパートナーに求めるものだからです。

  • is that they sit with us, at length, and listen

    彼らは私たちと一緒に長く座って聞いてくれます

  • We want them to signal their engagement with their eyes but not with their mouths,

    目では婚約の合図をしてもらいたいが、口ではなく、目で合図をしてもらいたい。

  • to register our anger, to observe our disappointment,

    怒りを登録したり、失望を観察したり。

  • and at most, at opportune moments to prompt us with a "Go on…" or a small supportive sound.

    と、ほとんどの場合、タイミングよく、"Go on... "または小さな支援音で私たちを促すために。

  • Yet what we absolutely don't want: answers, solutions or analyses,

    しかし、私たちが絶対に欲しがっていないものは、答えや解決策、分析です。

  • for them to open their wallets, to give us a plan, or to rush to fill in our silences

    彼らが財布を開くために、私たちに計画を与えるために、または私たちの沈黙を埋めるために急ぐために

  • We want them to sit listening because the real problem we need assistance with

    私たちが援助を必要とする本当の問題なので、彼らに聞いてもらいたいのです。

  • isn't so much the specific issue we are mentioning

    というよりも

  • (the parking ticket, the in-laws, the delayed delivery)

    駐車券、義理の親、遅配

  • It's the overarching sense that most people we encounter

    それは、私たちが遭遇するほとんどの人が

  • can't really be bothered to take the time to imagine themselves correctly into our lives

    自分たちの生活の中に自分たちの姿を思い浮かべる時間がない

  • Perhaps there was a history to this:

    おそらくこれには歴史があったのでしょう。

  • our parents might have been practically minded, busy and successful

    親は実利的に忙しく成功していたかもしれない

  • but somehow rather callous and distracted

    然しながらも、どこか無愛想で気が散る

  • in the way they sought always and immediately to push our difficulties out of the way with logic.

    彼らは常に、すぐに、論理的に私たちの困難を押しのけようとしていました。

  • Now we feel how an immediate "solution" can be an excuse for not listening to the problem.

    即座の「解決策」が、いかに問題を聞かない言い訳になるかを、今、感じています。

  • That's why just being heard feels like the quintessence of love

    だからこそ、聞いているだけで愛の真髄を感じてしまう

  • We might almost deliberately take our time,

    ほとんどわざと時間をかけているのかもしれません。

  • go back over points our partner

    パートナーのポイントを超えて戻る

  • go back over points our partner had thought were finished

    相方が思っていたことをやり直す

  • and re-explore a jagged bit of our story, not to mislead,

    と、誤解を招かないように、ギザギザを再探索してみましょう。

  • but because such rehearsals

    しかし、そのようなリハーサルは

  • create the backdrop for the only style of help we crave and trust:

    私たちが切望し、信頼する唯一の助けのスタイルの背景を作成します。

  • receptive, quiet attention.

    包容力のある、静かな注意力。

  • Then again, at another end of the spectrum,

    そしてまた別の端っこで

  • love might not feel real

    惚れ惚れする

  • unless it's accompanied by precise and concrete solutions

    正確で具体的な解決策がなければ

  • Vague sympathy is worthless

    曖昧な同情は無用の長物

  • We might want to hear a flow of ideas as to what we should do next,

    次に何をすべきかという流れを聞いてみたいと思うかもしれません。

  • what sort of strategy we should deploy,

    どのような戦略をとるべきか

  • whom we might call, and how we can get answers.

    誰に電話したらいいのか、どうやって答えを得るのか。

  • It's all very well for someone to say they feel our pain;

    私たちの痛みを感じていると言ってくれる人がいるのはとてもいいことです。

  • we would prefer a plan.

    プランがいいですね。

  • Love is a sheet of paper with a list of bullet points in your partner's handwriting.

    恋愛とは、相手の筆跡を箇条書きにした紙のことです。

  • In addition,

    おまけに

  • we might not be averse to evidence that our partner has spent some money on our problems,

    相手が自分たちの問題にお金を使ってくれているという証拠に嫌悪感を抱くことはないかもしれません。

  • time isn't a currency we respect.

    時間は我々が尊敬する通貨ではない

  • We might want them to pay for an accountant or a lawyer

    会計士や弁護士にお金を払ってもらいたいのかもしれません。

  • or offer an evening in an expensive restaurant.

    または高価なレストランで夜を提供します。

  • After an economically fragile childhood, to feel really helped, we might long for evidence of financial outlay;

    経済的に脆弱な子供時代を過ごした後、本当に助けられていると感じるためには、経済的な支出の証拠が欲しいと思うかもしれません。

  • we can't be reassured just by what someone says

    口先だけでは安心できない

  • We've built up a residual suspicion and distrust around lone verbal offerings

    孤独な言葉での供養をめぐる疑惑と不信感が残っている

  • We remember how nice it was

    私たちは、それがいかに素敵だったかを覚えています。

  • when an elderly relative unexpectedly gave us a very well-chosen present when we were nine and in hospital after a bad fall.

    私たちが9歳のとき、ひどい転倒をして入院していたときに、年配の親戚が思いがけず、とてもよく選んだプレゼントをくれたことがありました。

  • They never said very much to us

    彼らは私たちにあまり言ってくれませんでした

  • (perhaps they were rather shy)

    渋い

  • but this gesture truly touched us

    しかし、その仕草には心を打たれました

  • We felt sure of that kindness, as if for the first time,

    その優しさを初めて確信したような気がしました。

  • when we learnt just how much the present had cost.

    プレゼントにどれだけの費用がかかったかを学んだ時に

  • Differently again, when we divulge our agonies,

    苦悩を打ち明けると、また違ってくる。

  • our priority may just be to hear that everything will eventually be okay

    聞えて暮らそうと思えば大丈夫

  • We don't mind a little bit of exaggeration.

    多少の誇張は気にしません。

  • Despair strikes us as cheap, reasons to give up are always obvious

    絶望は安いものとして私たちを襲う、あきらめる理由は常に明らかである

  • For us, love is a species of hope

    私たちにとって愛は希望の種

  • Or, alternatively, it's hope that may be enraging.

    あるいは、交互に、うらやましいかもしれないのは希望です。

  • What calms us down is a quiet walk around the prospect of catastrophe.

    私たちを落ち着かせてくれるのは、カタストロフィーの見通しの周りを静かに歩くことです。

  • We don't want to be alone in our fears

    恐怖の中で一人になりたくない

  • We long for someone to explore the grimmest possibilities with bleak sangfroid:

    ブリークサングフロイドでグリムの可能性を探ってくれる人を切望しています。

  • to mention prison, insolvency, front page headlines and the grave

    刑務所、債務超過、一面の見出しと墓場を言及するために

  • Only when our partner is ready to match our most forbidding analyses

    パートナーが私たちの最も禁断の分析を一致させる準備ができているときにのみ

  • can we be reassured we're not in the hands of a callous sentimentalist,

    無慈悲なセンチメンタリストの手に落ちていないと安心できるのか?

  • rather someone honest enough to see the dangers and to worry about them as much as we do

    むしろ我々と同じように危険を察知して心配してくれる正直者

  • and perhaps stick with us while we serve out the prison sentence.

    懲役刑を執行している間は、私たちと一緒にいるかもしれない。

  • A cuddle can sound to some like a petty response to bad news,

    抱っこは、悪いニュースへの些細な反応のように聞こえるかもしれません。

  • but for us it can be the most reliable evidence of heartfelt love.

    しかし、私たちにとっては、それは心からの愛の最も信頼できる証拠になります。

  • To help our minds, we need someone first to reassure our bodies,

    心を助けるためには、まず体を安心させる人が必要です。

  • to hold us tightly and quietly while we close our eyes in pain and surrender to their firm embrace.

    痛みの中で目を閉じ、彼らの固い抱擁に身を委ねる間、私たちをしっかりと静かに抱きしめるために。

  • Help in adulthood may for others be associated with the gift of insight,

    成人期のヘルプは、他の人のために洞察力の贈り物に関連付けられている可能性があります。

  • but for us, it is touch that soothes.

    しかし、私たちにとっては、癒されるのはタッチなのです。

  • We're picking up on memories of early childhood.

    幼児期の思い出をピックアップしています。

  • Wise parents know that a distressed child doesn't need a lesson or a lecture;

    賢明な親は、悩んでいる子供に授業や講義は必要ないことを知っています。

  • they should be laid down on the bed, held, and their head stroked by a giant, soft adult hand.

    ベッドに寝かされ、抱かれ、巨大で柔らかい大人の手で頭を撫でられる。

  • The misfortune lies in how easily we can irritate with the wrong offer of love

    不幸は、私たちが間違った愛の申し出でいかに簡単にイライラさせることができるかにあります。

  • and in turn, how quickly we can be offended when our efforts at loving go unappreciated

    愛することの努力が評価されずに行くときに、順番に、どのように迅速に私たちは怒らせることができます。

  • Recognizing that there are different styles of help, at least alerts us to the severe risks of misunderstanding.

    ヘルプの異なるスタイルがあることを認識し、少なくとも誤解の深刻なリスクに私たちを警告します。

  • Instead of getting annoyed at our lover's inept and sometimes wildly misdirected efforts,

    恋人の下手な努力や、時には乱暴な方向転換をした努力にイライラするのではなく。

  • we can grasp, perhaps for the first time,

    私たちは、おそらく初めて把握することができます。

  • the basic truth that these blundering companions are in fact attempting to be nice

    凡庸な仲間は実はいい子にしようとしているという基本的な真実

  • In turn, the clearest clue of the kind of help our partner wants is the help they offer us.

    順番に言うと、パートナーが求める助けの種類の明確な手掛かりは、彼らが私たちに提供してくれる助けです。

  • It seems love can't remain at the level of intentions alone:

    愛は意思だけでは残せないレベルのようです。

  • it must involve constant strenuous efforts to translate our wishes

    願い事を翻訳するには努力が必要

  • into interventions truly aligned with the psychology and history of another human being.

    他の人間の心理学と歴史に真に沿った介入へと発展させています。

One of the key desires of love

恋愛の重要な願望の一つ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 パートナー しれ 助け 援助 努力 安心

私たちが愛する人を助ける方法

  • 8737 1128
    clara.english.0001 に公開 2017 年 03 月 06 日
動画の中の単語