Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Mastering any physical skill, be it performing a pirouette, playing an instrument, or throwing a baseball, takes practice.

    身体的スキルを身につけるには―それがつま先でクルクル回ることであれ、楽器の演奏であれ、野球ボールを投げることであれ、練習が必要です。

  • Practice is the repetition of an action with the goal of improvement, and it helps us perform with more ease, speed, and confidence.

    練習とは、上達を目標としてある行為を繰り返すことで、それによりより容易に、素早く、自信を持って行うことができるようになります。

  • So what does practice do in our brains to make us better at things?

    練習すると、脳内で何が起こり、私たちは上達するのでしょうか?

  • Our brains have two kinds of neural tissue: grey matter and white matter.

    私たちの脳には2種類の神経細胞、灰白質と白質があります。

  • The grey matter processes information in the brain, directing signals and sensory stimuli to nerve cells, while white matter is mostly made up of fatty tissue and nerve fibers.

    灰白質は脳内で情報を処理し、信号や感覚刺激を神経細胞に向かわせます。白質は主に、脂肪組織と神経繊維でできています。

  • In order for our bodies to move, information needs to travel from the brain's grey matter, down the spinal cord, through a chain of nerve fibers called axons to our muscles.

    私たちの体が動くためには、情報が脳の灰白質から脊髄を通り、軸索と呼ばれる神経細胞の束を経由して、筋肉へと移動する必要があります。

  • So how does practice or repetition affect the inner workings of our brains?

    練習や繰り返す行為は、私たちの脳内の働きにどう影響するのでしょうか?

  • The axons that exist in the white matter are wrapped with a fatty substance called myelin.

    白質に存在する軸索は、ミエリンと呼ばれる脂肪組織に覆われています。

  • And it's this myelin covering, or sheath, that seems to change with practice.

    このミエリンというカバー、またはミエリン鞘が、練習と共に変わるようです。

  • Myelin is similar to insulation on electrical cables.

    ミエリンは、電線の絶縁カバーに似ています。

  • It prevents energy loss from electrical signals that the brain uses, moving them more efficiently along neural pathways.

    脳が用いる電気信号からのエネルギー損失を防ぎ、神経経路を伝ってより効率的に、信号を移動させます。

  • Some recent studies in mice suggest that the repetition of a physical motion increases the layers of myelin sheath that insulates the axons.

    ネズミを用いた最近の研究によると、身体動作を繰り返すことで、軸索を覆っているミエリン鞘の層が増えることが分かっています。

  • And the more layers, the greater the insulation around the axon chains, forming a sort of superhighway for information connecting your brain to your muscles.

    層が増えると、軸索の束を覆う絶縁体が大きくなり、脳と筋肉をつなぐ情報のスーパーハイウェイのようなものが形成されます。

  • So while many athletes and performers attribute their successes to muscle memory, muscles themselves don't really have memory.

    アスリートやパフォーマーの多くは、マッスルメモリーによって成功を得たと言いますが、筋肉自体には記憶力はありません。

  • Rather, it may be the myelination of neural pathways that gives these athletes and performers their edge with faster and more efficient neural pathways.

    むしろ、神経経路がミエリン化することで、より速く効率的な神経経路へと強化されているのかもしれません。

  • There are many theories that attempt to quantify the number of hours, days, and even years of practice that it takes to master a skill.

    あるスキルを習得するうえで必要な練習量にかかる時間、日数、さらに年数を数値化しようとする学説はいくつもあります。

  • While we don't yet have a magic number, we do know that mastery isn't simply about the amount of hours of practice.

    未だマジックナンバーはありませんが、単純に一定時間練習したからといって、何かに熟練できるわけではないことは分かりますね。

  • It's also the quality and effectiveness of that practice.

    練習の質や効率も関連しています。

  • Effective practice is consistent, intensely focused, and targets content or weaknesses that lie at the edge of one's current abilities.

    効果的な練習とは一貫性があり、極度に集中できていて、練習内容や、現在の能力の限界部分にある弱みに、照準を当てることができているものです。

  • So if effective practice is the key, how can we get the most out of our practice time?

    効果的な練習が鍵となるなら、練習時間を最大限活用するにはどうしたら良いのでしょうか?

  • Try these tips.

    これらのコツを試してみてください。

  • Focus on the task at hand.

    目の前にあるタスクに集中すること。

  • Minimize potential distractions by turning off the computer or TV and putting your cell phone on airplane mode.

    コンピューターやテレビの電源を切り、携帯電話を機内モードに設定して、気が散る可能性を最小限にしましょう。

  • In one study, researchers observed 260 students studying.

    ある研究では、260人の学生が勉強している様子を観察しました。

  • On average, those students were able to stay on task for only six minutes at a time.

    被験者の学生は平均して、一度にたった6分間しかタスクに向かうことができませんでした。

  • Laptops, smartphones, and particularly Facebook were the root of most distractions.

    ノートパソコン、スマートフォン、特にフェイスブックが、集中を途切れさせる要素の大半の根本にありました。

  • Start out slowly or in slow-motion.

    ゆっくり、スローモーションから始めましょう。

  • Coordination is built with repetitions, whether correct or incorrect.

    正しかろうと正しくなかろうと、繰り返すことで調整できるようになります。

  • If you gradually increase the speed of the quality repetitons, you have a better chance of doing them correctly.

    良質な内容を繰り返し、徐々にスピードを上げていけば、正しくできる可能性も上がります。

  • Next, frequent repetitions with allotted breaks are common practice habits of elite performers.

    また、エリートパフォーマーに共通する練習習慣として、小休憩を挟みながら頻繁に繰り返しを行うことが挙げられます。

  • Studies have shown that many top athletes, musicians, and dancers spend 50-60 hours per week on activities related to their craft.

    研究によると、多くのトップアスリート、音楽家、ダンサーは、自らの専門技能に関連した活動を、週に50~60時間行うことが分かっています。

  • Many divide their time used for effective practice into multiple daily practice sessions of limited duration.

    彼らの多くは、効果的な練習に充てる時間を分割し、限られた時間内で複数回の練習セッションを設けています。

  • And finally, practice in your brain in vivid detail.

    最後に、脳内ではっきりと詳細なイメージをしながら練習しましょう。

  • It's a bit surprising, but a number of studies suggest that once a physical motion has been established, it can be reinforced just by imagining it.

    実は驚いたことに、数多くの研究で、一度身体動作を確立したら、それを強化するためには、イメージするだけで良いのだと示されています。

  • In one study, 144 basketball players were divided into two groups.

    ある研究では、144人のバスケットボール選手を2グループに分けました。

  • Group A physically practiced one-handed free throws while Group B only mentally practiced them.

    グループAは片手のフリースローを練習し、グループBは心の中でイメージするだけでした。

  • When they were tested at the end of the two week experiment, the intermediate and experienced players in both groups had improved by nearly the same amount.

    2週間の実験を経てテストを行ったところ、中級および上級の選手たちは、いずれのグループでも、ほぼ同程度に上達していました。

  • As scientists get closer to unraveling the secrets of our brains, our understanding of effective practice will only improve.

    科学者が脳の秘密の解明に近づくにつれ、効果的な練習に対する私たちの理解度は、向上する一方でしょう。

  • In the meantime, effective practice is the best way we have of pushing our individual limits, achieving new heights, and maximizing our potential.

    その間、自分のリミットを押し上げ、新たな高みに到達し、可能性を最大限に引き出すために私たちがとれる最善の方法は、効果的な練習を行うことなのです。

Mastering any physical skill, be it performing a pirouette, playing an instrument, or throwing a baseball, takes practice.

身体的スキルを身につけるには―それがつま先でクルクル回ることであれ、楽器の演奏であれ、野球ボールを投げることであれ、練習が必要です。

字幕と単語

B1 中級 日本語 練習 ミエリン 軸索 神経 灰白 脳内

【TED-Ed】なんでも効果的に練習する方法 (【TED-Ed】How to practice effectively...for just about anything - Annie Bosler and Don Greene)

  • 171394 9930
    LTC   に公開 2017 年 02 月 28 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す