Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • [Moment of Tangency.]

    接触の瞬間。

  • You and I have never met many times before.

    あなたと私は、これまで何度も会ったことがありません。

  • Our paths might have crossed once or twice online, or passing in the street.

    私たちの道は、オンラインで1、2回、もしくは道ですれ違って交差した可能性があります。

  • We might have lived in the same neighborhood all our lives.

    私たちは生涯、同じエリアに住んでいたかもしれません。

  • But against incredible odds, we just happen to miss each other.

    しかし、信じられないほどの確率に反し、私たちはたまたまお互いに会ったことがありません。

  • It's a big world after all.

    結局のところ、世界は広いのです。

  • Our days must be filled with these chance encounters, that for a million tiny reasons, never actually take place.

    私たちの日々は、これらの偶然の出会いで満たされるべきです。しかしそれは、百万の小さな理由により、実際には決して起こりません。

  • Accidental strangers, who just happen to miss their cue, who share everything in common, except for time and place.

    たまたますれ違ってしまった、偶然の見知らぬ人。時間と場所を除いてすべてを共有しているような。

  • For years, their stories might have been happening in parallel, harmonizing from somewhere across the world.

    何年もの間、彼らの物語は、世界中のどこかから調和して、並行して起こっていたかもしれません。

  • But neither has any idea that the other even exists.

    しかしどちらも、もう一方が存在することすら考えていません。

  • If two lines are truly parallel, it means they'll never actually meet.

    2本の線が本当に平行であるなら、それらが実際に出会うことは決してないことを意味します。

  • It's hard not to wonder where they are right now, veering away on a tangent in some paralleling universe.

    いくつかの平行な宇宙の接線で遠ざかっている彼らが、今どこにいるのか思わないでいるのは難しいでしょう。

  • Hard not to glance at a stranger in a crowd, and imagine the life you might have shared if things had been different.

    群衆の中の見知らぬ人をチラ見しないようにするのは難しいです。そして何かが違っていれば、その人と共有したかもしれない人生を想像しないでいることも。

  • And feel a pang of missed connection as you carry on your separate ways.

    そして、別々の道を続けた場合に、逃した接触に対しての苦痛を感じないでいることも。

  • Leaving nothing but an echo of something that might have been.

    起こり得たかもかもしれない何かのエコーだけを残します。

  • You never know how many things had to happen exactly right for you to meet the one you love.

    愛する人に出会うために、正確に正しく起こらなければならなかったことがいくつあるかを、誰も知りません。

  • You never know how easily fate might have tipped you onto some other course, meeting some other person, who would feel like a soulmate.

    運命が他のコースにあなたを傾け、ソウルメイトのように感じる他の人に会うことが、どれほど簡単であったかは、誰にもわからないのです。

  • Maybe you'd still be telling your friends it was always meant to be.

    おそらく、友達たちに「これはいつも運命だった」と話しているでしょう。

  • Or maybe you'd look back at your life and realize, it was nothing personal, it's all just a coincidence.

    あるいは、自分の人生を振り返って気付くかもしれません。それは個人的なことではなく、すべて偶然だったと。

  • You never know.

    誰にもわかりません。

[Moment of Tangency.]

接触の瞬間。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 しれ 会う 運命 ソウル 人生 出会い

偶然の瞬間。あったかもしれないことを垣間見る

  • 32403 3093
    Colleen Jao   に公開 2017 年 02 月 17 日
動画の中の単語