Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Overcoming bad inner voices

    悪い内なる声の克服

  • We don't often think about it, and may never discuss it with others at all, but pretty much everyone has voices in their heads.

    私たちはそれについて考えることはあまりありませんし、他人と議論することは全くないかもしれませんが、かなりの人が頭の中で声を上げています。

  • A murmuring stream of thoughts that run along inside our minds most of the time.

    私たちの心の中では、ほとんどの場合、思考の流れのつぶやきが流れています。

  • Sometimes, the inner voice is encouraging, calling for you to run those final few yards, "You're nearly there, keep going! Keep going!"

    時々 内なる声が励ましてくれます 最後の数ヤードを走れと 呼びかけてくれます "あと少しだ 頑張れ!走れ!"

  • Or urging you to calm down because you know it will all be okay in the end.

    もしくは冷静になるように促しているのは、最終的には大丈夫だろうと知っているからだ。

  • But sometimes...

    でも時々...

  • ...the inner voice is simply not very nice at all.

    ...内なる声は、単純に全然いいものではありません。

  • It is defeatist and punitive, panic-ridden and humiliating.

    それは敗北主義であり、懲罰的であり、パニックに陥り、屈辱的である。

  • It doesn't represent anything like our best insights or most mature capacities.

    それは私たちの最高の洞察力や成熟した能力を表すものではありません。

  • It's not the voice of our better nature.

    より良い自然の声ではありません。

  • We find ourselves saying, "You disgust me," "Things always go to shit with you," or "You useless little idiot."

    私たちは自分自身を見つける "あなたは私をうんざりさせる" "物事はいつもあなたと一緒にクソになる" または "この役立たずの小さなバカ "と言っています。

  • Where do inner voices come from?

    内なる声はどこから来るのか?

  • An inner voice always used to be an outer voice.

    内なる声は常に外なる声であった。

  • We absorb the tone of others: a harassed or angry parent, the menacing threats of an elder sibling keen to put us down, the words of a schoolyard bully, or a teacher who seemed impossible to please.

    嫌がらせを受けたり怒ったりしている親、私たちを追い詰めようとしている年上の兄弟の威嚇、校庭のいじめっ子の言葉、喜ばせることが不可能なように見えた先生など、私たちは他人の口調を吸収しています。

  • We internalized the unhelpful voices, because at certain key moments in the past they sounded compelling.

    役に立たない声を内在化させたのは、過去のある重要な瞬間に説得力のある声が聞こえてきたからだ。

  • The authority figures repeated their messages over and over, until they got lodged in our own way of thinking.

    権威者たちは、自分たちの考え方に陥るまで、何度も何度もメッセージを繰り返していました。

  • Part of achieving happiness and maturity involves altering our inner voices

    幸福と成熟を達成するための一部は、私たちの内側の声を変更することが含まれます。

  • which means encountering equally convincing and confident, but also helpful and constructive varieties of voices over long periods

    ばんごん

  • and taking care to internalize them.

    と内面化に気を配っています。

  • They might be the voices of a friend, a therapist or an author.

    友人やセラピスト、作家の声かもしれません。

  • We need to hear them often enough and around tricky enough issues that they come to feel normal and natural responses, so that eventually,

    私たちは、それらを十分に頻繁に聞く必要がありますし、彼らは通常の自然な反応を感じるようになることを十分にトリッキーな問題の周りに、そのように、最終的には。

  • They come to feel like things we are saying to ourselves.

    彼らは、私たちが自分自身に言っていることのように感じるようになってきます。

  • They become our own thoughts.

    それが自分の思考になってしまうのです。

  • The best sort of inner voice speaks to us in a gentle, kind and unhurried way.

    内なる声の最高の種類は、優しく、優しく、慌てずに語りかけてくれます。

  • It should feel as if a sympathetic arm were being put around our shoulder

    肩に腕を回されているような感覚になるはずです。

  • by someone who had lived long and seen a great many sad things, but wasn't embittered or panicked by them.

    長い間生きてきて、多くの悲しいことを見てきたが、それに動揺したり、パニックになったりしなかった人によって。

  • In certain states of humiliation around work, in many of us, there is a mocking and contemptuous voice inside one's head.

    仕事の周りの屈辱の特定の状態では、私たちの多くは、頭の中であざ笑うような、侮蔑するような声が頭の中にあります。

  • It suggests that love, respect, and kindness only ever come via worldly success and competence.

    それは、愛、尊敬、優しさは、世俗的な成功と能力を介してのみ来ることを示唆しています。

  • Our failure: not being able to make a public speech, taking time to learn to drive a car, not being especially brilliant at sales, rightly debars us from love and appreciation.

    私たちの失敗:人前でスピーチをすることができない、車を運転することを学ぶのに時間がかかる、販売で特に優秀ではない、当然のことながら愛と感謝から私たちを剥奪します。

  • We need to incorporate a voice that separates out achievement from love,

    達成感と愛を切り離す声を取り入れる必要があります。

  • that reminds us that we may be worthy of affection, even if we fail, and that being a winner is only one part, and not necessarily the most important part, of one's identity.

    失敗しても愛情に値するかもしれないということを思い出させてくれますし、勝者であることは自分のアイデンティティの一部分に過ぎず、必ずしも最も重要な部分ではないということを思い出させてくれます。

  • This is, traditionally, the voice of the mother,

    これは伝統的に、母親の声です。

  • but it might also be the voice of a lover, a poet we like, or a nine year old child chatting to his or her mom or dad about stress at the office.

    でも、それは恋人の声かもしれないし、好きな詩人の声かもしれないし、9歳の子供が会社でのストレスをママやパパに話しているのかもしれない。

  • It is the voice of a person who loves you for being you, outside of achievement.

    達成感以外では、あなたがあなたであることを愛している人の声です。

  • Many of us grew up around nervous people: people who lost their tempers the moment the parking ticket couldn't be found,

    私たちの多くは神経質な人々の周りに育った:駐車場のチケットが見つからなかった瞬間にテンパってしまった人たち。

  • and who were knocked off course by relatively minor administrative hurdles, like the electricity bill.

    そして、電気代のような比較的小さな行政のハードルで道を踏み外してしまった人たち。

  • These people had no faith in themselves, and therefore, without necessarily wanting to do us harm, couldn't have much faith in our abilities either.

    これらの人々は自分自身を信頼していなかったので、必ずしも我々に危害を加えようとはせずとも、我々の能力を信頼することはできませんでした。

  • Every time we faced an exam, they got more alarmed than we did.

    試験に直面するたびに、彼らは私たちよりも警戒していました。

  • They always asked multiple times if we had enough to wear when we went outside, they worried about our friends and our teachers.

    外に出ると必ず何度も何度も聞かれ、お友達や先生のことを心配してくれていました。

  • They were sure the holiday was going to turn into a disaster.

    連休が災難になると確信していたようです。

  • Now, these voices have become our own,

    今では、これらの声は自分たちのものになっています。

  • and cloud our capacity to take an accurate measurement of what we are capable of.

    と、私たちの能力を正確に測定するための能力をクラウド化しています。

  • We have internalized voices of irrational fear and fragility.

    私たちは、非合理的な恐怖と脆さの声を内在化させてきた。

  • At such moments, we need an alternative voice that can pause our runaway fears

    そのような時、私たちは暴走する恐怖を一時停止することができる代替の声を必要としています。

  • and remind us of the strength we have latent within us, which the currents of panic have hidden from us.

    そして、パニックの流れが私たちから隠してきた、私たちの中に潜んでいる力を思い出させてくれます。

  • Our heads are large, cavernous spaces.

    私たちの頭は大きくて穴場的な空間です。

  • They contain the voices of all the people we have ever known.

    私たちがこれまでに知っているすべての人々の声が含まれています。

  • We should learn to mute the unhelpful ones, and focus on the voices we really need to guide us through the thickets of life.

    私たちは、役に立たないものをミュートすることを学ぶべきであり、我々は本当に人生の雑木林を介して私たちを導くために必要な声に焦点を当てています。

  • We humbly offer this voice, as one of the more helpful ones we might take on board.

    私たちは、この声を謙虚に、私たちが乗っているかもしれないより有用なものの一つとして提供しています。

  • [Outro video, left side] From a young age, we're taught it's a terrible thing.

    幼い頃から、私たちはそれが恐ろしいことだと教えられてきた。

  • So when we feel it, as we all do, we are inclined not to examine it, we just feel---

    だから、私たちがそれを感じるとき、私たちは皆がそうであるように、私たちはそれを調べることはありませんが、私たちはただ感じています...

  • [Outro video, right side, man] ---Regional Italian. Whatever that means. *Chuckle*

    [アウトロ・ビデオ、右側] ---地方のイタリア語。何を意味するかは知らんが*Chuckle*

  • [Woman] It got some amazing reviews online.

    女】ネットですごい評判だったよ。

Overcoming bad inner voices

悪い内なる声の克服

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 能力 パニック しれ 達成 走れ 流れ

悪い内なる声の克服

  • 13620 2222
    Kristi Yang に公開 2017 年 02 月 17 日
動画の中の単語