Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • You should try.

    やってみたら。

  • No.

    いや。

  • C'mon, Stella.

    ねえ、ステラ。

  • - Stella... Listen... - Try, try, try, try...

    ―ステラ…―いけ、いけ、いけ、いけ…

  • - I can't... I can't sing like that. - What's your song?

    ―いいかい、僕はできないよ。そんな風に歌えないよ。―あなたの歌は何?

  • -But... - La la la la la... come on!

    ラララララ…ね。

  • - Well, there you go. - That was...

    ほら

  • The First Lady was pretty good.

    ファーストレディーはかなり上手いよ。

  • Hi President Obama and Michelle, it's Seble from Brooklyn.

    こんにちは、オバマ大統領、ミシェル。私はブルックリンのセブルです。

  • Are you going to have a big party before you leave office?

    退任前には、大きなパーティーをするんですか?

  • If so, could I come?

    それなら、私も行っても良いですか?

  • Seble, we are gonna have a big party before we leave office.

    セブル、退任前には、大きいパーティーをするよ。

  • But I will be honest with you, it's gonna be after your bed time.

    でも正直に言おう。パーティーは君が寝た後なんだ。

  • It's gonna be kind of a grown-up party.

    それに大人のパーティーになるんだよ。

  • But, if you want to come and see some of the Christmas decorations, we'll see if we can be in touch.

    でもクリスマスのデコレーションを見に来たいなら、調整できるか考えてみよう。

  • Hi President Obama and Mrs. Obama.

    こんにちは、オバマ大統領、それからミセス・オバマ。

  • My name is Amira, and I'm 5 years old.

    私はアミラ、5歳です。

  • What advice do you give to 5-year-old girls who want to be President of the United States?

    アメリカの大統領になりたいっていう5歳の女の子に、どんなアドバイスをしますか?

  • Oh, well, Amira, I think that the most important thing is for you to work hard, and to study in school, and to care about people, and start helping them now.

    おお、アミラ。一番大事なのは、一生懸命頑張って、学校で勉強して他人のことを思いやることだよ。人助けは今から始めるんだ。

  • You don't have to be president to help people.

    大統領じゃなくても人を助けられるよ。

  • 5 years old, or 6 years old, or 7 years old...

    5歳、6歳、7歳…

  • You can be helpful to your mom and dad, you can be helpful to your teachers, you can be helpful to your classmates and your friends.

    お母さんやお父さんを助けてあげられる。先生の役に立ってあげたりクラスメートや友達を助けてあげたりね。

  • And as you get older, you can find other ways to be helpful to people.

    大きくなるにつれて、人を助ける他の方法を見つければいいんだ。

  • And if you are caring about other people and treating them well, then you may end up being president someday.

    他人を思いやって親切にしてあげればいつか大統領になっているかもしれないよ。

  • And if you don't end up being a president, it's because you'll find other ways where you can do great things.

    大統領にならなかったとしてもそれは、素晴らしい行いをする、別の方法を見つけるからだよ。

  • Hi President Obama and Mrs. Obama,

    こんにちは、オバマ大統領、ミセス・オバマ。

  • My name is Jacob, and I'm 5 years old, and I want to know, who tells more jokes?

    僕はジェイコブです。5歳です。僕が知りたいのはジョークを多く言うのはどっちですか?

  • Oh, gosh... The President tells more bad jokes.

    あら。大統領の方がたくさんジョークを言うのよ。

  • I will say this, Jacob, Michelle is actually funnier than me, mainly because she teases me but I can't tease her.

    でもね、ジェイコブ。実は僕より、ミシェルの方が面白いんだ。主な理由は、ミシェルは僕をからかうけれど、僕はミシェルをからかえないから。

  • I think that's fair.

    それは当然よ。

  • So, she makes a lot of fun of my ears.

    ミシェルは僕の耳についてたくさんからかうし。

  • Oh, they're so big.

    すごく大きいのよ。

  • She talks about how gray my hair's become.

    僕に白髪がどれだけ増えたか言うし。

  • So white.

    すごく白いわよね。

  • She talks about how slow I talk.

    僕の話すスピードが遅いことについても言うし。

  • Ugh, god, he's slow.

    ああ、遅いわね。

  • I can't say anything about her, 'cause she gets mad.

    僕は、ミシェルが腹を立てるようなことは何も言えない。

  • Nope, you can't.

    ええ、言えないわよ。

  • So, I guess she's funnier.

    だから、ミシェルの方が面白いと思うんだ。

  • Alright, you can answer.

    よし、君が答えて。

  • I am Absalon, and I am 8 years old.

    僕はアブサロン、8歳です。

  • Barack Obama, you've been my president for my whole life, and Michelle, will you be my president in 4 to 8 years?

    バラク・オバマさん、あなたは僕が生きている間ずっと大統領です。ミシェルさん、4年から8年後、僕の大統領になってくれますか?

  • Oh, my goodness.

    あらまあ。

  • I think that might have been prompted.

    この子たち、セリフを覚えてるんじゃないかな。

  • Absalon, how are you, sweetie?

    ああ、アブサロン。元気かしら?

  • No, I'm not gonna run for president, but what I wanna make sure you do is that you go to school, you get good grades, because we're looking to you to possibly be a president one day, too.

    私は大統領選には出馬しないけれど、心に留めておいてほしいのは、学校に行って、良い成績をとることよ。だって、いつかあなたが大統領になるかもしれないって私たちは思ってるんだから。

  • But you can't do that if you don't study, and do your homework, and listen to your parents.

    でも勉強や宿題をしなかったり、親の言うことを聞かなかったりすると、大統領にはなれないわ。

  • But, we are out.

    でも私たちは、さらば、よ。

  • And laugh at your dad's jokes; I think that's very important to being a future president.

    それから、お父さんがジョークを言ったら笑うんだよ。将来大統領になるには、大事なことだ。

  • Hi, I'm Jonathan, this is Scrabble.

    こんにちは、ジョナサンです。これは犬のスクラブル。

  • We want to know what was the naughtiest thing your dogs have ever done in the White House?

    僕たちが聞きたいのは、あなた方の犬がホワイトハウスでした一番の粗相は何でしたか?

  • Ah, that's easy.

    これは簡単だ。

  • Well, you tell it, 'cause you're always mad at Sunny.

    あなたいつもサニーを怒ってるんだから、あなたが話してよね。

  • So, Sunny... is a wonderful dog.

    サニーは素晴らしい犬なんだ。

  • Sunny is our younger dog.

    僕たちの飼い犬の年下の方でね。

  • But there have been times where she just decided that the area near the Lincoln Bedroom and my office at the other end of the hall from her crate...

    でもサニーが、リンカーンベッドルームの辺りと僕のオフィス、つまりサニーのケージの反対側のスペースが外なんだと決めつけたことが何度かあってね。

  • is included in being outside when it comes to pooping.

    ウンチに関して、の話だけど。

  • Which is not true.

    でも、そこは外じゃない。

  • It's still the inside...

    まだ建物の中だ。

  • - But she didn't always understand that... - Seems so faraway...

    でもサニーは、それを常に理解できているわけではなくて… 遠くに見えるのよ…

  • But she does know that she...

    でもサニーはちゃんと分かってるんだ…

  • She knows she's doing something wrong because, like, she'll just run and sneak.

    サニーは、自分が間違ったことをしているのは分かってるんだ。だって、走って隠れるからね。

  • She sneaks.

    隠れるんだよ。

  • And sometimes I'll be in my office, and I'm doing my work, and I'll see this, like scurrying...

    時々僕は自分のオフィスで仕事をしていて、すると小走りしてるのが見えて…

  • and I've got to get up and run before she does her thing, 'cause if I'm too late, then there's a little gift that she leaves.

    そうすると、サニーがしちゃう前に、僕は立ち上がって走るんだ。だって遅すぎたら小さな…プレゼントをサニーが残して行っちゃうからね。

  • She hasn't done that in a while.

    ここしばらくはしてないんだけど。

  • She's gotten much better.

    すごく良い子になったよ。

  • She's gotten... better but...

    良くなってきてはいるんだけど…

  • She doesn't do that as often; she's a grown up.

    前ほどには頻繁にしないでしょう。成長したのよ。

  • - Terrible. - She's not a puppy anymore.

    ―最悪だよ。ーもう子犬じゃないんだから。

  • It's disgusting.

    汚いったら。

  • Hi, my name is Tula, I'm four and three-quarters.

    こんにちは、トゥラです。4歳と9か月です。

  • Do you guys ever have bad dreams?

    悪い夢を見たことはありますか?

  • Oh, yeah, yeah, we have bad dreams all the time.

    ええ、いつも悪夢を見ているわよ。

  • You know, one of my worst dreammy recurring dream is that I procrastinated too much in college and I'm behind on exams.

    私が見た最悪の夢の1つは、何回も見ているんだけど、大学でやらなきゃいけないことを先延ばししすぎて、試験に遅れるっていう夢。

  • You still have those dreams?

    その夢、今でも見ているの?

  • - I still have that dream! - Wow!

    ―今も見るのよ!―へえ。

  • I have to wake myself... I'm sorry, Tula, I didn't... I'm losing myself in horror of that dream.

    自分で自分を起こさなきゃいけないの…その夢を…ごめんなさい、あの夢のことを考えると怖くて、自分を見失っちゃうのよ。

  • But, yeah, I still have bad dreams.

    ええ、悪い夢を今でも見るわ。

  • And sometimes when I have a bad dream, I just have to wake up and get up.

    時には、悪夢を見ると、ただ目を覚まして起き上がらなきゃだめなの。

  • What about you?

    あなたはどう?見ないね。

  • - I actually don't have bad dreams too much. - Oh, come on!

    ―僕は、そんなに悪い夢は見ないんだ。―え、本当に?

  • No, I don't, 'cause when I go to sleep, I'm so tired...

    だって寝る時にはすごく疲れているから。

  • You don't do anything.

    あなた何もしてないじゃない。

  • He does snore.

    彼はいびきをかくのよ。

  • I snore.

    うん、かくね。

  • She's told... she told people earlier on about that. That's okay.

    僕のいびきについて、ミシェルは他人に話してたけど、まあいいんだ。

  • She can do that.

    ミシェルなら許す。

  • - I can't tell people about her stuff. - You can't. No, you can't.

    ―僕はミシェルのことについて人に言っちゃいけないんだ。―だめよ、だめ。

  • - Let's see what Stella wants to know. - It works differently.

    ―ステラは何を知りたいのかしら。 ―違うルールがあるんだね。

  • President Obama, my name is Stella.

    オバマ大統領、私はステラです。

  • I'm 5 years old.

    5歳です。

  • This is my song.

    これは私の歌。

  • La la la la la. What's yours?

    ラララララ。あなたの歌は?

  • Yeah, what's yours?

    そうよ、あなたの歌は?

  • Stella, I... I can't perform like that.

    ステラ、僕は…僕は君みたいにパフォーマンスできないよ。

  • Uhh, you clearly have some talent.

    うーん。君には明らかに、才能があるね。

  • But you should try.

    でもやってみたら。

  • No.

    ―いや。

  • C'mon, Stella.

    ―ねえ、ステラ。

  • - Stella... Listen... - Try, try, try, try...

    いけ、いけ、いけ、いけ。

  • - I can't... I can't sing like that. - What's your song?

    ―いいかい、僕はできないよ。そんな風に歌えないよ。―あなたの歌は何?

  • -But... - La la la la la... come on!

    ラララララ。ね。

  • - Well, there you go. - That was...

    ほら!

  • The First Lady was pretty good

    ファーストレディーはかなり上手いよ。

  • Yeah, yeah.

    ええ、ええ。

  • You've got talent, keep on working on it.

    君には才能がある。磨き続けるんだよ。

  • The air guitar thing I especially like.

    特にエアギターが気に入ったな。

  • Ask your parents if... maybe you can find a real guitar at some point, 'cause I think you're going places.

    お父さん、お母さんに…いつか本物のギターを自分で見つけられるかもしれないね。君はいろんなところに行くだろうから。5歳です。

  • - Thank you guys. - Was that it? - That's it.

    ―みんなありがとう。―これで終わり?―そうだよ。

You should try.

やってみたら。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ミシェル サニー 大統領 ステラ オバマ 歌え

オバマ夫妻に質問してみた(President Obama & Michelle Obama Answer Kids' Adorable Questions | PEN | Entertainment Weekly)

  • 133533 5903
    Sabrina Hsu に公開 2018 年 11 月 23 日
動画の中の単語