Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hey potty mouths, I'm Trace and this is a freaking DNews Short.

    やぁ、口が悪い人たち、僕はトレースそしてDNewsチャンネルへようこそ。

  • We've talked before about the history of swearing and how it can relieve physical pain.

    以前、歴史とどのように痛みを和らげるかについて検証しました。

  • But now new research published in the journal Social Psychological and Personality Science

    でも、新しい研究結果が社会心理学と人格科学のマガジンで発表されました。

  • found that people who swear more are associated with higher levels of honesty and integrity!

    それは人々は下品な言葉を使うことと誠実さが関係があるという内容です。

  • F*** yeah!

    ふぁっ***いえーい!(下品な言葉)

  • I'm super honest!

    私はとっても正直だ!

  • Since swearing is a form of self-expression, the researchers say, "those who do it more are

    悪態をつくことは自己表現の一種だと言われているので研究者たちは「悪態をつく人たちは

  • portraying themselves more honestly than those who refrain."

    我慢している人よりも正直である。」と言っています。

  • So, if you swear like a sailor (and I know I do), you're probably more honest than

    もしあなたが悪態をつきまくっているとしたら(私はそうですが)

  • people who swear less or don't at all!

    悪態をつかない人よりも誠実さに勝るということです。

  • In the study, 276 participants told researchers how much they swear in their daily lives.

    実験では、276人の被験者が日常生活で用いる下品な言葉の頻度を研究者に報告しました。

  • They were given a questionnaire which assesses a person's honesty using what they

    被験者は一枚の誠実さを測定する「嘘のスケール」と呼ばれる質疑応答用紙

  • call a “Lie Scale.”

    を渡されます。

  • By comparing those results with the person's level of swearing, the researchers found out that

    これらの結果と頻度を比べた所

  • swearing was associated with higher levels of honesty.

    誠実さと下品な言葉を使うことには関連性があることが判明しました。

  • In another part of the study, the researchers analyzed over 73,000 Facebook statuses from

    以上のフェイスブックの投稿を分析

  • people in the United States.

    しました。

  • The statuses were run through software that was programmed to find swear words and also words

    それらの投稿は下品な言葉を洗い出せるよう設定したプログラムを使い、その他にも、

  • that indicate deception.

    欺きを指す言葉も見つけ出しました。

  • Once again, those who swore more tended to also be those who told the truth.

    同じように、下品な言葉使う人ほど真実を言う傾向が出ました。

  • And there are other studies that may back these findings.

    また、この結果を裏付けるような他の研究結果もありました。

  • For example, in criminal cases, innocent suspects were more likely to curse than guilty suspects

    例えば、犯罪において、無罪の容疑者は実際に犯罪を犯している人よりも告発を否定するときに

  • when denying accusations!

    容疑を否認する時に悪態をつく傾向にありました。

  • Plus, people who swear during jury testimonies are perceived to be more credible.

    加えて、法廷で行う証言の最中に悪態をつく人はより信用できると認められました。

  • So the next time your mom yells at you for swearing, just say you were being honest!

    だから、今度お母さんがあなたが悪態をつくことにガミガミ言うならば、ただ正直になろうとしているだけだと言い張って下さい!

  • Science says that's ok.

    科学がそれでよいと言っています。

  • See how it goes.

    どんな結果になるか見てみましょう。

  • Speaking of lying, is it ever ok to lie?

    嘘をつくことといえば、嘘をつくことは永遠に許されることでしょうか?

  • Check out this video to find out.

    このビデオをみて、解決してみて下さい。

  • What do you think about these new findings?

    これらの新しい研究結果についてどう思いますか?

  • Do you think people who are swearing are more honest?

    悪態をつく人はより誠実だと思いますか?

  • Let us know down in the fricken comments and make sure you subscribe so you get more DNews.

    下のコメント欄で私たちにあなたの意見を教えて下さい、そしてこのチャンネルをクリックしてもっといろんな情報を吸収して下さい。

Hey potty mouths, I'm Trace and this is a freaking DNews Short.

やぁ、口が悪い人たち、僕はトレースそしてDNewsチャンネルへようこそ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 悪態 誠実 言葉 結果 研究 容疑

口が悪い人と友達になるメリットとは(Why You Should Be Friends With People Who Curse)

  • 55313 2793
    Leo に公開 2019 年 05 月 06 日
動画の中の単語