Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The story of the path to coldness in love is well known:

    恋愛の冷たさへの道のりの話はよく知られています。

  • we start off full of affection for one another

    愛想を尽かす

  • and then, with time, feelings fade.

    そして、時間が経つにつれて、感情が薄れていく。

  • We start prioritizing work,

    仕事の優先順位付けを始めます。

  • we check our phones while they're speaking,

    彼らが話している間に電話をチェックしています。

  • we don't especially want to hear how their day went.

    彼らの一日がどうだったかは特に聞きたくない。

  • There's a popular surface explanation for this kind of emotional frost:

    この手の感情的な霜の説明はよくある表面上の説明がある。

  • that people naturally get bored of one another in the same way as they get bored with everything else:

    人は何事にも飽きるのと同じように、自然とお互いに飽きてしまうのだとか。

  • the gadget that once seemed so amazing,

    かつてはすごそうだった<a href="#post_comment_1">ガジェット<i class="icon-star"></i>。

  • the film they used to love.

    彼らが愛していた映画

  • Going cold is, in this story, simply the unavoidable consequence of familiarity.

    風邪をひくことは、この物語では、単に親しみやすさの避けられない結果でしかない。

  • But there's another explanation, dark at first,

    しかし、別の説明があって、最初は暗い。

  • but in the end, more hopeful.

    が、最終的にはもっと希望が持てるようになりました。

  • The loss of interest isn't either natural, or inevitable.

    利権がなくなるのは自然なことでも、避けられないことでもありません。

  • The boredom is something at once more complicated and more active -

    退屈さは、より複雑で、より活発な何かである-。

  • It exists, because we felt hurt by, angry with or scared of our partner

    それは、私たちは私たちのパートナーによって傷ついたり、怒ったり、怖がったりしたので、存在しています。

  • and because we haven't found a cathartic way to tell ourselves, or them, about it.

    それを自分自身や彼らに伝えるカタルシス的な方法を見つけられなかったからだ。

  • Tuning out isn't inevitable, it's a symptom of disavowed emotional distress,

    チューニングアウトは必然ではなく、感情を否定される症状です。

  • it's a way of coping.

    それが対処法だ

  • We're internally numbed, not just a touch bored.

    私たちは内部的に<a href="#post_comment_2">numbed<i class="icon-star"></i>で、退屈しているだけではありません。

  • This can sound strange, after all we might have no active sense

    これは奇妙に聞こえるかもしれません、すべての後に、私たちはアクティブな感覚を持っていないかもしれません。

  • that our partner has been hurting, angrying or frightening us.

    パートナーが私たちを傷つけたり、怒らせたり、怖がらせたりしていることを

  • The idea appears laughable or extreme;

    笑えるような、あるいは極端な発想に見える。

  • it makes our partners sound like monsters or ourselves like weaklings,

    パートナーが怪物のように聞こえたり、自分自身が弱虫のように聞こえたりする。

  • neither of which is true.

    どちらも真実ではありません。

  • But the self that loves within a relationship is not the normal, adult self we know from other zones of our lives.

    しかし、関係性の中で愛する自分は、私たちが人生の他のゾーンから知っている普通の大人の自分ではありません。

  • We may mostly be hugely resourceful and resilient, but the person who loves is an infinitely more vulnerable being.

    私たちは大抵の場合、臨機応変で回復力のある人かもしれませんが、愛する人は<a href="#post_comment_3">限りなく<i class="icon-star"></i>より脆弱な存在です。

  • We should imagine it like a smaller, younger, more defenceless version of ourselves

    より小さく、より若く、より無防備なバージョンの自分自身を想像してみましょう。

  • that lives in our heads and is no tougher and not much wiser than we were as babies,

    私たちの頭の中に住んでいて、赤ちゃんの頃の私たちよりもタフではないし、あまり賢くもない。

  • which is when so many of our needs for and ideas about love were formed.

    それは、愛についての私たちのニーズやアイデアの多くが形成されたときです。

  • It's this vulnerable self that continues to direct our hearts even if we're 6'2" with a pointy beard.

    それは、たとえ6フィート2インチでとんがりひげを生やしていても、私たちの心を指示し続けるこの脆弱な自己なのです。

  • The loving self has a gossamer thin ego.

    愛する自己は、<a href="#post_comment_4">ego<i class="icon-star"></i>のゴッサリとした薄さを持っています。

  • It gets hurt, frightened and upset with desperate ease.

    傷つき、怯え、必死になって動揺する。

  • You can deeply distress it by interrupting it during the story it's telling you about the sandwich it had for lunch,

    それが昼食に持っていたサンドイッチについて話している間にそれを中断することによって、あなたはそれを深く苦しめることができます。

  • by not asking it enough about the little spot it got on it's arm yesterday,

    昨日腕についた小さな斑点のことを十分に聞かなかったことで

  • by preferring a book to cuddling,

    抱っこよりも本を好むことで

  • or being a bit tricky about which channel it should watch on TV.

    または、テレビでどのチャンネルを見るべきかについて少し引っかかることがあります。

  • Of course, these are, by ordinary adult standards, tiny slights;

    もちろん、これらは、普通の大人の基準では、ちっぽけな不注意です。

  • but we don't love by adult standards.

    でも、大人の基準では愛せません。

  • These small arrows are enough to wound the self that loves to it's tender, emotional core.

    これらの小さな矢は、それを愛する自分自身を柔らかく、感情的なコアに傷付けるのに十分です。

  • Ideally, of course, the small self would at once point out what's happenned,

    理想的なのは、もちろん、小さな自分が一度に何が起こったかを指摘することです。

  • It would carefully explain that it'd been frustrated and hurt,

    イライラして傷ついていたことを丁寧に説明してくれる。

  • it's voice would be measured, undefensive and charming,

    その声は控えめで、無防備で魅力的だ。

  • but mostly it just stays silent.

    しかし、ほとんどの場合は沈黙しているだけです。

  • That's forgiveable - it doesn't properly understand what's wrong,

    それは許せる~何が悪いのかをきちんと理解していない。

  • it just knows it's in pain

    痛いほどわかる

  • and it's driven by an instinct to withdraw and protect itself

    撤退して自分の身を守るための本能に駆られている

  • which translates into behaviour that looks pretty cold.

    これは、かなり冷たく見える行動に変換されます。

  • If the adult self had to give voice to the loving self's upset, it could sound and feel absurd,

    大人の自己は、愛する自己の動揺に声を与えなければならなかった場合、それは音と不条理を感じることができます。

  • which is partly why it doesn't.

    それがそうならない理由の一端です。

  • There can be something especially humiliating in having to say:

    言わなければならないことには、特に屈辱的なことがあるかもしれません。

  • 'I don't feel you took enough interest in the details of my lunch break.'

    "私の昼休みのことに興味を持ってくれたとは 思えない

  • or 'I'm 45 years old but not capable of sharing a TV remote control'.

    とか『45歳だけどテレビのリモコンを共有する能力がない』とか。

  • These truly are small issues for an adult to dwell on,

    これは本当に大人が考えるには小さな問題です。

  • but the parts of us that make themselves vulnerable in love don't obey the ordinary adult rules.

    でも、恋愛で自分を弱くしてしまう部分は、普通の大人のルールには従わないんですよね。

  • The consequence is that the loving self dries up, it doesn't want to have sex,

    その結果、愛すべき自分が干上がってしまい、セックスをしたくなくなってしまうのです。

  • it gets sarcastic and irritable,

    それは<a href="#post_comment_5">嫌味<i class="icon-star"></i>とイライラしてしまいます。

  • but it doesn't even know why it's like this.

    が、なぜこうなっているのかもわからない。

  • It isn't putting on an act, it's confused.

    演技をしているのではなく、混乱しているのです。

  • To learn to cope, we need a prominent mutual awareness and forgiveness of this dynamic of sensitivity and distress

    対処することを学ぶために、私たちは、感度と苦痛のこのダイナミックの顕著な相互の意識と許しが必要です。

  • and a commitment to decode it when disengagement and indifference descend.

    と、離脱と無関心が降臨したときにそれを解読しようとする決意。

  • We have to create a forum in which so-called minor, love-sucking hurts can safely be aired without the other dismissing,

    いわゆるマイナーで愛のある痛い目にあっても、相手が解任しなくても安全に放送できるような場を作らないといけませんね。

  • as they always so easily can, the issues at stake as childish or imagined.

    彼らはいつもそう簡単にできるように、子供じみた、または想像したように、問題が絡んでいます。

  • The touchiness of the loving self is ridiculous, if judged by the more robust standards of the rest of life,

    愛する自分の触感は、人生の残りの部分のより強固な基準で判断される場合は、ばかげている。

  • but this is not the rest of life.

    しかし、これは残りの人生ではありません。

  • When we've gone cold, we may not truly have lost interest in our partners,

    冷めてしまった時には、本当にパートナーへの関心が薄れているとは限りません。

  • we might just need an opportunity to imagine that we are quietly really rather hurt and furious with them

    案ずるに憚らず

  • and we should have access to a safe forum

    安全なフォーラムにアクセスできるようにしましょう

  • in which our tender but critical feelings can be aired, purged and understood without risk of humiliation

    痛恨の感情を吐露して、恥をかかずに浄化し、理解する場所

The story of the path to coldness in love is well known:

恋愛の冷たさへの道のりの話はよく知られています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 愛する 大人 パートナー 感情 自己 自身

パートナーに冷たい態度をとる理由

  • 82821 5500
    Kristi Yang に公開 2017 年 01 月 09 日
動画の中の単語