Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • When I was six years old,

    6歳のとき

  • I received my gifts.

    私は贈り物を受け取りました

  • My first grade teacher had this brilliant idea.

    1年生の担任の先生が すばらしいアイデアを思いついて

  • She wanted us to experience receiving gifts

    先生は私たちに 贈り物をもらうだけではなく

  • but also learning the virtue of complimenting each other.

    互いに褒め合う美徳を学ぶことも 体験させたいと考えました

  • So she had all of us come to the front of the classroom,

    先生はクラス全員を 教室の前の方に来させ

  • and she bought all of us gifts and stacked them in the corner.

    買っておいた全員分の贈り物を 教室の隅に積み上げました

  • And she said,

    そして先生は言いました

  • "Why don't we just stand here and compliment each other?

    「ここに立って お互いに褒め合いましょう

  • If you hear your name called,

    褒められた人は

  • go and pick up your gift and sit down."

    贈り物を取って席に戻ってください」

  • What a wonderful idea, right?

    すばらしい考えでしょう?

  • What could go wrong?

    問題なんて起きっこないと

  • (Laughter)

    (笑)

  • Well, there were 40 of us to start with,

    最初40人いました

  • and every time I heard someone's name called,

    誰かの名前が上がるたびに

  • I would give out the heartiest cheer.

    私は心から応援しました

  • And then there were 20 people left,

    そして残り20人となり

  • and 10 people left,

    10人となり

  • and five left ...

    5人となり

  • and three left.

    そして3人が残りました

  • And I was one of them.

    私はそのうちの1人でした

  • And the compliments stopped.

    そして褒め言葉が止みました

  • Well, at that moment, I was crying.

    その時点で 私は泣いていました

  • And the teacher was freaking out.

    先生も慌て始めました

  • She was like, "Hey, would anyone say anything nice about these people?"

    「この子たちに何か良いことを 言ってあげる人いないの?」

  • (Laughter)

    (笑)

  • "No one? OK, why don't you go get your gift and sit down.

    「誰もいないの?だったら 贈り物を取って席に戻りなさい

  • So behave next year --

    来年は良い子にして

  • someone might say something nice about you."

    褒めてもらえるようになりなさい」と

  • (Laughter)

    (笑)

  • Well, as I'm describing this you,

    私の話を聞いて

  • you probably know I remember this really well.

    私がこのことを すごくよく覚えているのが おわかりでしょう

  • (Laughter)

    (笑)

  • But I don't know who felt worse that day.

    でも 気まずい思いをしたのは どっちでしょう?

  • Was it me or the teacher?

    私か先生か?

  • She must have realized that she turned a team-building event

    先生は 気づいたはずです チーム作りのために行った自分の行為が

  • into a public roast for three six-year-olds.

    6歳児を公開処刑する 羽目になったとね

  • And without the humor.

    笑える要素なしにです

  • You know, when you see people get roasted on TV,

    テレビで誰かが こき下ろされるのを見ますよね

  • it was funny.

    それは愉快です

  • There was nothing funny about that day.

    その日の出来事に 愉快な要素は皆無でした

  • So that was one version of me,

    それが私の一面をなしており

  • and I would die to avoid being in that situation again --

    そして私は死んでも 同じ目には2度と遭いたくない —

  • to get rejected in public again.

    2度と公けの場で 拒絶されたくない と思いました

  • That's one version.

    それが一面です

  • Then fast-forward eight years.

    8年ほど早送りしましょう

  • Bill Gates came to my hometown --

    ビル・ゲイツが

  • Beijing, China --

    私の住んでいた北京にやってきて

  • to speak,

    スピーチをしました

  • and I saw his message.

    私はゲイツのメッセージを聞き

  • I fell in love with that guy.

    この人物に惚れ込みました

  • I thought, wow, I know what I want to do now.

    私は やったね 夢ができたと思いました

  • That night I wrote a letter to my family

    その夜 私は家族に手紙を書いて

  • telling them: "By age 25,

    伝えました

  • I will build the biggest company in the world,

    「25歳までに世界一大きな会社を作って

  • and that company will buy Microsoft."

    マイクロソフト社を買収する」と

  • (Laughter)

    (笑)

  • I totally embraced this idea of conquering the world --

    世界征服という考えに

  • domination, right?

    私は取り憑かれました

  • And I didn't make this up, I did write that letter.

    作り話じゃなく 実際に手紙も書きました

  • And here it is --

    これがその手紙です

  • (Laughter)

    (笑)

  • You don't have to read this through --

    全部読まなくてもいいですよ

  • (Laughter)

    (笑)

  • This is also bad handwriting, but I did highlight some key words.

    ひどい字だし

  • You get the idea.

    キーワードをマークしたので わかっていただけるかと思います

  • (Laughter)

    (笑)

  • So ...

    だから —

  • that was another version of me:

    それが 私のもう1つの面です

  • one who will conquer the world.

    世界征服を企てる者です

  • Well, then two years later,

    それから 2年後

  • I was presented with the opportunity to come to the United States.

    アメリカに来る機会が与えられて

  • I jumped on it,

    私はそれに飛びつきました

  • because that was where Bill Gates lived, right?

    だってそこは ビル・ゲイツの住む国ですからね

  • (Laughter)

    (笑)

  • I thought that was the start of my entrepreneur journey.

    私はそれを自分の起業家人生の 始まりだと思っていました

  • Then, fast-forward another 14 years.

    それから さらに14年早送りして

  • I was 30.

    私は30歳になっていました

  • Nope, I didn't build that company.

    私は そんな会社を 築き上げてはおらず

  • I didn't even start.

    起業すらしていませんでした

  • I was actually a marketing manager for a Fortune 500 company.

    実際には マーケティング・マネージャーとして フォーチュン500企業で働いていました

  • And I felt I was stuck;

    私は行き詰まりを感じ

  • I was stagnant.

    どんよりしていました

  • Why is that?

    何故でしょう?

  • Where is that 14-year-old who wrote that letter?

    14歳で この手紙を書いた人物は どこへ行ってしまったのか?

  • It's not because he didn't try.

    やってみようとしなかった からではありません

  • It's because every time I had a new idea,

    新しいアイデアが浮かぶたび —

  • every time I wanted to try something new,

    新しいことをやってみたいと思たびに

  • even at work --

    また職場においても

  • I wanted to make a proposal,

    提案がしたいと思ったとき

  • I wanted to speak up in front of people in a group --

    グループの人たちの前で 発言したいと思ったとき

  • I felt there was this constant battle

    常に葛藤を感じていました

  • between the 14-year-old and the six-year-old.

    14歳の私と 6歳の私との間の葛藤です

  • One wanted to conquer the world --

    1人の私が 世界征服を望み

  • make a difference --

    世界を変えたいと考え

  • another was afraid of rejection.

    もう1人の私が 拒絶に恐れをなすのです

  • And every time that six-year-old won.

    そして その度に6歳の私が勝つのでした

  • And this fear even persisted after I started my own company.

    そして 自分の会社を始めた後も この恐怖心はついて回りました

  • I mean, I started my own company when I was 30 --

    私が自分の会社を始めたのは 30歳のときでした

  • if you want to be Bill Gates,

    ビル・ゲイツになりたければ

  • you've got to start sooner or later, right?

    遅かれ早かれ 始めなきゃいけません

  • When I was an entrepreneur,

    起業したとき

  • I was presented with an investment opportunity,

    投資を受けられるチャンスが めぐってきましたが

  • and then I was turned down.

    却下されました

  • And that rejection hurt me.

    拒絶されて 私は傷つきました

  • It hurt me so bad that I wanted to quit right there.

    あまりにも傷が大きくて 即座にやめたくなりました

  • But then I thought,

    でも そこでこう思いました

  • hey, would Bill Gates quit after a simple investment rejection?

    「1回出資を断られたくらいで ビル・ゲイツは諦めようと思ったか?

  • Would any successful entrepreneur quit like that?

    成功した起業家で こんなことでやめた人がいたか?

  • No way.

    そんなはずはない」

  • And this is where it clicked for me.

    ここで パッとひらめいたんです

  • OK, I can build a better company.

    自分には もっと良い会社を作れるし

  • I can build a better team or better product,

    もっと良いチームや製品だって 作れるけれど

  • but one thing for sure:

    でも 1つ確かなことがある

  • I've got to be a better leader.

    自分は もっと良いリーダーに なる必要がある

  • I've got to be a better person.

    もっと良い人間になる必要がある

  • I cannot let that six-year-old keep dictating my life anymore.

    これ以上自分の人生を 6歳児の自分に振り回される訳にはいかない

  • I have to put him back in his place.

    6歳の自分に退場願わねばなりません

  • So this is where I went online and looked for help.

    そこで 私は インターネットに助言を求めました

  • Google was my friend.

    Googleは私の友達です

  • (Laughter)

    (笑)

  • I searched, "How do I overcome the fear of rejection?"

    私が検索したのは 「拒絶への恐怖を克服する方法」でした

  • I came up with a bunch of psychology articles

    ヒットしたのは 沢山の心理学の記事で

  • about where the fear and pain are coming from.

    恐怖心や苦痛の原因について 書かれていました

  • Then I came up with a bunch of "rah-rah" inspirational articles

    それから 沢山の脳天気で スピリチャルな記事もヒットし

  • about "Don't take it personally, just overcome it."

    「拒絶を個人的に受け取らず 乗り越えなさい」と書かれていました

  • Who doesn't know that?

    言われなくたってわかります

  • (Laughter)

    (笑)

  • But why was I still so scared?

    でも だったら何故それほど怖いのか?

  • Then I found this website by luck.

    それから偶然このサイトを見つけました

  • It's called rejectiontherapy.com.

    題して「拒絶セラピー・ドットコム」 (rejectiontherapy.com)

  • (Laughter)

    (笑)

  • "Rejection Therapy" was this game invented by this Canadian entrepreneur.

    「拒絶セラピー」は カナダ人起業家が発明したゲームです

  • His name is Jason Comely.

    彼の名はジェイソン・コームリーです

  • And basically the idea is for 30 days you go out and look for rejection,

    基本的なアイデアは 30日間 出かけて行って 自ら拒絶を求め

  • and every day get rejected at something,

    毎日 何かで拒絶されることを通じて

  • and then by the end, you desensitize yourself from the pain.

    最終的には拒絶の痛みに対する 免疫をつけるというものです

  • And I loved that idea.

    そのアイデアが気に入りました

  • (Laughter)

    (笑)

  • I said, "You know what? I'm going to do this.

    「そうだ これをやってやろう

  • And I'll feel myself getting rejected 100 days."

    100日間拒絶される気分を 味わってみせる」

  • And I came up with my own rejection ideas,

    拒絶されるネタを 考え出して

  • and I made a video blog out of it.

    それから 動画ブログを作りました

  • And so here's what I did.

    これが 私のやったことです

  • This is what the blog looked like.

    ブログの体裁はこんな感じで

  • Day One ...

    1日目・・・

  • (Laughter)

    (笑)

  • Borrow 100 dollars from a stranger.

    「初対面の人から100ドル借りる」

  • So this is where I went to where I was working.

    それはこんな感じでした

  • I came downstairs

    階下へ行くと

  • and I saw this big guy sitting behind a desk.

    体格の良い男性が デスクにいるのが見えました

  • He looked like a security guard.

    警備員のようないでたちです

  • So I just approached him.

    私は 彼に近づいて行きました

  • And I was just walking

    歩いていただけですが

  • and that was the longest walk of my life --

    人生で一番長い道のりでした

  • hair on the back of my neck standing up,

    首元で後ろ髪が逆立ち

  • I was sweating and my heart was pounding.

    汗が出て 心臓がバクバクしました

  • And I got there and said,

    たどり着くと 言いました

  • "Hey, sir, can I borrow 100 dollars from you?"

    「こんにちは 100ドル貸してもらえませんか?」

  • (Laughter)

    (笑)

  • And he looked up, he's like, "No."

    すると彼は 見上げて「まさか」と言います

  • "Why?"

    「なんでまた?」

  • And I just said, "No? I'm sorry."

    で 私は言いました 「ダメですか? ならいいです」

  • Then I turned around, and I just ran.

    回れ右して 逃げ出しました

  • (Laughter)

    (笑)

  • I felt so embarrassed.

    ものすごく恥ずかしかったです

  • But because I filmed myself --

    でも 自分の姿を動画に撮っていたので

  • so that night I was watching myself getting rejected,

    その夜 拒絶されている自分の姿を見ました

  • I just saw how scared I was.

    自分の恐怖感の大きさが 分かりました

  • I looked like this kid in "The Sixth Sense."

    まるで 映画『シックス・センス』に 出てくる あの子供です

  • I saw dead people.

    「死んだ人が見えるんだ」みたいな

  • (Laughter)

    (笑)

  • But then I saw this guy.

    でも それから相手の男性を見ると

  • You know, he wasn't that menacing.

    別に威圧的ではありません

  • He was a chubby, loveable guy,

    彼は 太めの感じが良い人でした

  • and he even asked me, "Why?"

    しかも 彼は 「なんで?」って 聞いてくれたんです

  • In fact, he invited me to explain myself.

    つまり 私に説明の機会をくれた訳です

  • And I could've said many things.

    私は 色々言えたはずなのに

  • I could've explained, I could've negotiated.

    説明することも 交渉することだってできたのに

  • I didn't do any of that.

    何もしませんでした

  • All I did was run.

    やったのは 逃げることだけです

  • I felt, wow, this is like a microcosm of my life.

    「すげえ 俺の人生の縮図みたいだ」と 思いました

  • Every time I felt the slightest rejection,

    ちょっとでも 拒絶されそうだと感じるたびに

  • I would just run as fast as I could.

    私は 速攻で逃げていたんです

  • And you know what?

    で どうしたと思います?

  • The next day, no matter what happens,

    次の日は 何が起きても

  • I'm not going to run.

    もう逃げない

  • I'll stay engaged.

    とどまろうと決めました

  • Day Two: Request a "burger refill."

    2日目 「ハンバーガーの 無料のお代わりをリクエスト」

  • (Laughter)

    (笑)

  • It's when I went to a burger joint,

    ハンバーガー店に行ったときのことです

  • I finished lunch, and I went to the cashier and said,

    お昼ごはんを食べ終えると カウンターへ行ってこう言いました

  • "Hi, can I get a burger refill?"

    「ハンバーガーの無料お代わり お願いできますか?」

  • (Laughter)

    (笑)

  • He was all confused, like, "What's a burger refill?"

    店員は 困惑して 「ハンバーガーの無料お代わりって?」

  • (Laughter)

    (笑)

  • I said, "Well, it's just like a drink refill but with a burger."

    「ドリンクお代わり無料の ハンバーガー版みたいなやつです」と言うと

  • And he said, "Sorry, we don't do burger refill, man."

    店員は 「すいませんが バーガーの無料お代わりはやっていません」

  • (Laughter)

    (笑)

  • So this is where rejection happened and I could have run, but I stayed.

    拒絶されて いつもなら逃げ出す場面ですが 私はとどまりました

  • I said, "Well, I love your burgers,

    そして言いました 「ここのバーガー大好きだし

  • I love your joint,

    お店も大好きだけど

  • and if you guys do a burger refill,

    ハンバーガーに無料お代わりがあったら

  • I will love you guys more."

    もっと好きになるんだけど」

  • (Laughter)

    (笑)

  • And he said, "Well, OK, I'll tell my manager about it,

    すると店員が言いました 「では店長に伝えておきます

  • and maybe we'll do it, but sorry, we can't do this today."

    実現されるかもしれませんが 今日はお出しできません」

  • Then I left.

    で 私はそこを立ち去りました

  • And by the way,

    ちなみに

  • I don't think they've ever done burger refill.

    ハンバーガーの無料お代わりが 実現したとは思いません

  • (Laughter)

    (笑)

  • I think they're still there.

    お店は元のままでしょう

  • But the life and death feeling I was feeling the first time

    でも 私が 最初に感じた 生きるか死ぬかみたいな危機感は

  • was no longer there,

    もうありませんでした

  • just because I stayed engaged --

    そこにとどまって話し続け

  • because I didn't run.

    逃げるのをやめただけで です

  • I said, "Wow, great, I'm already learning things.

    私は思いました「おおすごい もう教訓が得られた

  • Great."

    いいね」と

  • And then Day Three: Getting Olympic Doughnuts.

    そして3日目 「オリンピックのドーナツを買う」

  • This is where my life was turned upside down.

    ここで 私の人生が ひっくり返りました

  • I went to a Krispy Kreme.

    クリスピー・クリームのお店に行きました

  • It's a doughnut shop

    ドーナツ屋さんで

  • in mainly the Southeastern part of the United States.

    主に アメリカの南東部にある チェーン店です

  • I'm sure they have some here, too.

    ここにも 何店舗かあるはずです

  • And I went in,

    お店に入って

  • I said, "Can you make me doughnuts that look like Olympic symbols?

    言いました「五輪マークの形をした ドーナツが欲しいんですが

  • Basically, you interlink five doughnuts together ... "

    つまり 5つのドーナツを つなげたやつです・・・」

  • I mean there's no way they could say yes, right?

    そんなの取り合うわけない と思うでしょ?

  • The doughnut maker took me so seriously.

    ところが そのドーナツ屋さんは 真剣に受け止めたんです

  • (Laughter)

    (笑)

  • So she put out paper,

    紙を取り出して

  • started jotting down the colors and the rings,

    色と輪っかを書き出し

  • and is like, "How can I make this?"

    「どうしたらこれを 作れるかしら?」と

  • And then 15 minutes later,

    そして 15分後

  • she came out with a box that looked like Olympic rings.

    五輪の形をしたドーナツの箱を 持って出てきたんです

  • And I was so touched.

    私はとても感動しました

  • I just couldn't believe it.

    にわかには信じられませんでした

  • And that video got over five million views on Youtube.

    このときの動画はユーチューブで 500万回以上見られました

  • The world couldn't believe that either.

    世界中のみんなも信じられなかったんです

  • (Laughter)

    (笑)

  • You know, because of that I was in newspapers,

    これがきっかけで 私は新聞に載り

  • in talk shows, in everything.

    トークショーなんかにも出演して

  • And I became famous.

    有名になりました