Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Throughout our lives, we spend a lot of time and even more money engineering pleasant experiences.

    私たちの生活の中で、私たちは多くの時間とさらに多くのお金のエンジニアリング楽しい経験を費やしています。

  • We book airline tickets, visit beaches, admire glaciers, say hello to penguins, watch elephants drinking,

    航空券を予約したり、ビーチを訪れたり、氷河を鑑賞したり、ペンギンに挨拶したり、象が飲んでいるのを見たり。

  • and so on.

    といったようなことを言っています。

  • In all this, the emphasis is almost always on the experience itself,

    これらすべてにおいて、強調されるのは、ほとんどの場合、経験そのものである。

  • which lasts a certain amount of time and then is over.

    が一定時間続いて終わりです。

  • The idea of making a big deal of revisiting an experience in memory sounds a little strange or simply sad.

    記憶の中の体験を再訪することを大騒ぎするというのは、ちょっと変な感じというか、単純に悲しい感じがします。

  • We are not assiduous or devoted cultivators of our past experiences

    私たちは、過去の経験を大切にしたり、献身的に育てたりする人ではありません。

  • We shove all the nice things that have happened to us at the back of the cupboard of our minds

    私たちは、私たちに起こったすべての素敵なことを心の食器棚の奥に押し込んでいます。

  • and don't particularly expect to see them ever again.

    そして、二度と彼らに会うことを特に期待しないでください。

  • They happen, and then we're done with them.

    それが起きて、それで終わりだ。

  • They do sometimes come back to us, unbidden.

    禁じられずに戻ってくることもあります。

  • We may be on a boring train ride to work but suddenly, an image of a beach at dusk comes to life.

    退屈な電車通勤をしていても、突然、夕暮れの浜辺のイメージが浮かびます。

  • Or, while we're having a bath we remember climbing a flower-covered mountain with a friend a decade before.

    あるいは、お風呂に入っている間に、十数年前に友人と花に覆われた山に登ったことを思い出す。

  • But little attention tends to get paid to such moments.

    しかし、そのような瞬間にはほとんど注意が払われない傾向があります。

  • We don't engineer regular encounters with them.

    彼らとの定期的な出会いを エンジニアはしない

  • We may feel we have to dismiss them as daydreaming or thinking about nothing.

    白昼夢を見ていたり、何も考えていなかったりして、却下しなければならないと感じることがあります。

  • But what if we were to alter the hierarchy of prestige a little,

    しかし、威信のヒエラルキーを少し変えたらどうだろう。

  • and argue that regular immersion in our memories is a critical part of what can sustain and console us.

    そして、私たちの記憶に定期的に浸ることが、私たちを支え、慰めてくれるものの重要な部分であると主張しています。

  • And not least, is perhaps the cheapest and most flexible form of entertainment.

    そして、少なくとも、おそらく最も安く、最も柔軟なエンターテイメントの形です。

  • We should learn, regularly, to travel around our minds and think it almost as prestigious to sit at home

    私たちは定期的に学び、心の中を旅することを学び、家に座っているのと同じくらい格調高いと考えるべきです。

  • and reflect on a trip we once took to an island as to trek to this island encased in our cumbersome bodies.

    そして、私たちがかつて行った島への旅を振り返って、私たちの面倒な体に包まれたこの島へのトレッキングをするように。

  • In our neglect of our memories, we are spoiled children who squeeze only a portion of the pleasure from our experiences,

    思い出をないがしろにしている私たちは、経験から得た喜びの一部だけを搾り取る甘やかされた子供です。

  • and then toss them aside to seek new thrills.

    そして、新しいスリルを求めるために、それらを脇に投げ捨てます。

  • Part of why we feel the need for so many new experiences may simply be

    私たちが多くの新しい経験の必要性を感じている理由の一部は、単純に次のようなことかもしれません。

  • that we're so bad at absorbing the ones we've had.

    今までのものを吸収するのが下手くそなので

  • To help us focus more on our memories, we need nothing technical.

    より記憶を集中させるためには、技術的なことは何も必要ありません。

  • We certainly don't need a camera.

    確かにカメラは必要ありません。

  • There is a camera in our minds already that is always on. It takes everything we've ever seen.

    私たちの心の中にはすでにカメラがあり、それは常にオンになっています。今まで見てきたものを全て撮影しています

  • Huge chunks of experience are still there in our heads, intact and vivid, just waiting for us to ask ourselves

    膨大な経験の塊が頭の中に残っていて、無傷で生き生きとしていて、私たちが自問自答するのを待っているだけなのです。

  • leading questions like, 'Where did we go after we landed?' or, 'What was the first breakfast like?'

    着陸してどこに行ったのか」「最初の朝食は何だったのか」などの質問をリードしています。

  • When we can't sleep, when there is no wifi, we should always think of going on memory journeys.

    眠れないとき、wifiがないときは、常に思い出の旅に出ようと考えています。

  • Our experiences have not disappeared just because they're no longer unfolding right in-front of our eyes.

    私たちの経験は、目の前で繰り広げられることがなくなったからといって、消えてしまったわけではありません。

  • We can remain in touch with so much of what made them pleasurable, simply through the art of evocation.

    私たちは、単に喚起の芸術を通して、それらを楽しいものにしたものの多くとの接触を維持することができます。

  • We talk endlessly of virtual reality, yet we don't need gadgets

    バーチャルリアリティの話は尽きないが、ガジェットは必要ない

  • we have the finest virtual reality machines already in our own heads.

    私たちの頭の中にはすでに最高級のバーチャルリアリティマシンがあります。

  • We can, right now, shut our eyes and travel into and linger amongst the very best and most consoling

    今すぐにでも、目を閉じて、旅をして、最高の慰めの中に身を置くことができます。

  • and life-enhancing bits of our past.

    そして、私たちの過去の人生を豊かにする断片。

Throughout our lives, we spend a lot of time and even more money engineering pleasant experiences.

私たちの生活の中で、私たちは多くの時間とさらに多くのお金のエンジニアリング楽しい経験を費やしています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 経験 定期 バーチャル 記憶 慰め 思い出

頭の中で旅をする方法

  • 10771 1339
    TingYu Yan に公開 2017 年 01 月 08 日
動画の中の単語