Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A rich man lives in a big city near the sea. He has got three daughters and three sons.

    海の近くの大都会に住むお金持ちの男性。彼には3人の娘と3人の息子がいます。

  • One daughter is called 'Beauty' because she is very beautiful.

    一人の娘は、とても美しいので 'Beauty' と呼ばれています。

  • The other two daughters are called Rosalind and Hortensia.

    他の二人の娘はロザリンドとホルテンシアと呼ばれています。

  • They are lazy and unfriendly. They like going out and having fun.

    怠け者でモテない。彼らは外出して楽しむのが好きです。

  • They both want to find a rich husband. They do not like Beauty because she is beautiful.

    二人とも金持ちの夫を見つけたいと思っている。二人は美人だからといってビューティーが好きではありません。

  • Beauty has got long red hair. She is kind and friendly.

    ビューティーは赤毛のロングヘアーをしています。彼女は親切でフレンドリーです。

  • She likes staying at home and reading books. She also likes playing the piano.

    家にこもって本を読むのが好きなようです。また、ピアノを弾くことも好きだそうです。

  • Beauty's father is a merchant. One day he loses all his money because his

    美女の父親は商人。ある日、彼はすべてのお金を失ってしまいました。

  • ship is lost at sea. 'My dear children,' he says sadly, 'I haven't

    舟は海で失われた。

  • got much money. We're poor. We must leave this big house and

    大金を手に入れた貧乏なんだこの大きな家を出て

  • go and live in the country.' 'Oh, dear!' say the two sisters. 'We're poor

    私たちは貧しいのです。

  • - this is terrible!' 'What bad luck!' say the three brothers.

    - これはひどい! ' 'なんて不運なんだ! 'と三兄弟は言います。

  • 'We have to work now,' says Beauty's father. 'Work?' say the two sisters. 'No, we don't

    私たちは今すぐに仕事をしなければならないと言っています。

  • want to work! And we don't want to live in the country.' They start to cry.

    働きたい!そして、私たちは国に住みたくないのです。

  • Beauty is sad but she says, 'Let's not cry! We can work and be happy without money.'

    美人は悲しいけど、泣くのはやめよう!と言っています。お金がなくても仕事をして幸せになれる。

  • The family goes to the country and lives in a small house.

    家族で田舎に行き、小さな家に住んでいます。

  • Beauty gets up at four o'clock every morning to clean the house and cook.

    ビューティーは毎朝4時に起きて、家の掃除と料理をします。

  • Then she washes the family's clothes in the river.

    そして、彼女は家族の服を川で洗う。

  • The three brothers work in the country. Rosalind and Hortensia do not work.

    三兄弟は田舎で働いています。ロザリンドとホルテンシアは働いていません。

  • They do nothing all day. They sleep all morning and walk in the woods

    彼らは一日中何もしない。朝はずっと寝ていて 森の中を歩いている

  • in the afternoon. 'I'm unhappy,' says Rosalind. 'I don't like

    私は不幸なのよ,とロザリンドは言う。

  • the country because there's nothing to do.' 'We can't go to the theatre and wear nice

    何もすることがないので、劇場に行って素敵な服を着ることができません。

  • clothes,' says Hortensia. 'And we haven't got any friends.'

    私たちには友達がいないのよ。

  • 'Look at Beauty,' says Rosalind angrily. 'She works and she's happy in this terrible place.'

  • Beauty's father says, 'Dear Beauty, you work a lot and you're always happy. You're a wonderful

    ビューティのお父さんが言うには、「親愛なるビューティ、君はよく働いていて、いつも幸せだ。あなたは素晴らしい

  • daughter.' A year later Beauty's father gets an important

    1年後、ビューティの父親は重要な仕事を得る。

  • letter. He calls his six children and says, 'Listen

    手紙。彼は6人の子供たちに電話をかけ、こう言います。

  • to this letter:' You ship is here.

    この手紙に:'あなたの船はここにあります。

  • It is not lost at sea! Please come to the port.

    海で迷うことはありません!港に来てください。

  • Everyone is happy. 'This is wonderful news!' say the three sons.

    みんな喜んでいます 'これは素晴らしいニュースです! '3人の息子たちは言います。

  • 'Yes,' says their father, 'the ship with my goods is in the port.'

    かれらの父は,「私の荷物を積んだ船は,港にある」と言っている。

  • 'We're rich again!' says Rosalind. 'We can buy beautiful clothes.'

    私たちは再び金持ちになったのです。

  • 'We can go back to our big house in the city,' says Hortensia.

    私たちは街の大きな家に戻ることができます。

  • 'I must go to the port today,' says her father happily.

    私は今日、港に行かなければならないのですが、彼女の父親は嬉しそうに言っています。

  • 'Oh, father,' says Hortensia, 'bring me some new clothes and new hats.'

    ああ,お父さん,新しい服と新しい帽子を持ってきてね。

  • 'Yes,' says Rosalind, 'and some new shoes and jewels.'

    ロザリンドが言うには、新しい靴と宝石もある。

  • Beauty's father looks at her and says, 'What do you want, Beauty?'

    美女の父親は彼女を見て言った。

  • 'Please don't spend your money, father,' says Beauty. 'Just bring me a rose.'

    お金を使わないでください、お父さん、と美は言う。

  • Beauty's father gets to the port and finds his ship.

    ビューティーの父は港に取得し、彼の船を見つける。

  • But there are no goods on it - it is empty! 'What bad luck!' he says angrily. 'I must

    しかし、その上には何の品物もありません。

  • go home and tell the children the bad news.' On the way home he crosses a big forest. It

    家に帰り、子供たちに悪い知らせを伝えます。それは

  • is snowing and windy. He is lost. 'Where am I?' he thinks. 'Where can I go?

    雪が降っていて風が強いです彼は迷子になっています 'ここはどこだろう?

  • I'm very cold and tired.' He hears some wolves and he is afraid.

    私は非常に寒くて疲れています ' 彼は何匹かの狼の声を聞いて、彼は恐れています。

  • Suddenly he sees a big castle in the forest. And there are lights in the windows.

    突然、彼は森の中にある大きなお城を見ました。そして、窓には明かりが灯っています。

  • 'Oh, good!' he thinks. 'Perhaps the people in the castle can help me.'

    'よかった!と彼は思う。 'もしかしたら、城の人たちが私を助けてくれるかもしれない。

  • He takes his horse to the stable near the castle.

    彼は馬を城の近くの馬小屋に連れて行きます。

  • He knocks on the big door of the castle but no one answers.

    彼は城の大きな扉をノックするが、誰も答えない。

  • He waits outside the door. Then he opens the door and goes inside.

    彼はドアの外で待っています。そしてドアを開けて中に入る。

  • He sees a big hall with a fireplace. There is a long table with a lot of food on it.

    彼は暖炉のある大きなホールを見る。そこには長いテーブルがあり、たくさんの食べ物が置かれています。

  • He is cold and sits near the fireplace. 'How strange,' he thinks, 'there's no one

    彼は寒くて暖炉の近くに座っています。

  • here.' He is hungry and sits down at the table and

    ここでは、お腹が空いているので、テーブルに座って

  • starts to eat. Then he is sleepy. He finds a warm, comfortable

    が食べ始める。それから彼は眠い。彼は暖かくて快適な

  • bed and falls asleep. The next morning he finds some new clothes

    ベッドで眠りにつく。翌朝、彼はいくつかの新しい服を見つけた。

  • near his bed. 'How nice! New clothes!' he thinks. 'A kind

    ベッドの近くで。新しい服!と彼は思う。

  • person lives in this castle.' He looks out of the window and is surprised.

    この城には人が住んでいます ' 彼は窓の外を見て驚きました。

  • 'It's not snowing and it's a beautiful day!' he thinks. 'And there are flowers in the garden.'

    雪が降っていないし、いい天気だ!と彼は思います。

  • He gets dressed and goes to the hall. There are biscuits, chocolate and milk on the long

    服を着てホールへ。ビスケット、チョコレート、牛乳が置いてあります。

  • table. He sits down and says, 'Thank you for this

    テーブルに座っています。彼は座って言っています 'ありがとうございます

  • lovely breakfast.' He looks round but sees no one.

    周りを見回しても誰もいない。

  • He eats and decides to go home. He goes to the stable and gets his horse. In the garden

    彼は食べて家に帰ることにしました。馬小屋に行って馬を手に入れました。庭では

  • he sees some roses. 'Beauty wants a rose,' he thinks. He takes

    彼はいくつかのバラを見た。彼は

  • a lovely one. Suddenly he hears a terrible noise. He turns

    可愛いやつだ突然 彼は恐ろしい音を聞きました彼は振り返る

  • round and sees an ugly monster. CHAPTER THREE - The Beast

    醜い怪物を見た。第三章 野獣

  • 'You're a bad man!' cries the Beast angrily. 'You come to my castle and I save your life.

    あなたは悪い人だ!」と獣は怒って叫びます。

  • You eat here and you sleep here. And then you take one of my beautiful roses.

    ここで食べてここで寝るそして、あなたは私の美しい薔薇の一輪を手にする。

  • For this you must die!' Beauty's father starts to cry. Oh, sir, I'm

    このためには、あなたは死ななければならない!」と、美の父は泣き出します。ああ、先生、私は

  • sorry! You're very kind. Please don't be angry with me. This rose is

    ごめんねあなたはとても親切ですね。怒らないでくださいね。このバラは

  • for one of my daughters.' 'My name is not "sir'' - it is Beast. Please

    私の娘のために。私の名前は "ビースト "です。お願いします

  • call me by my name. You talk about your daughters. Then one of

    私の名前で呼んで娘さんの話をしていたそして、そのうちの一人が

  • your daughters must die in your place.' 'Oh, no!' says Beauty's father. 'They're young

    あなたの娘たちは,あなたの代わりに死ななければならない。

  • and they don't want to die.' 'Then you must come back here and die,' says

    かれらは死にたくないのである。

  • the Beast. 'I can wait three months. Do you agree to come back?'

    私は3ヶ月待つことができます戻ってくることに同意しますか?

  • Beauty's father agrees to come back. 'My daughters must not die,' he thinks. 'I

    美女の父は戻ってくることに同意したが、娘たちが死んではいけないと考えている。

  • want to go home and see my children for the last time.'

    家に帰って最後に子供たちに会いたい

  • Before Beauty's father leaves the castle the Beast talks to him.

    美女の父親が城を出る前に、獣が彼に話しかける。

  • 'I'm not had,' says the Beast. 'Go back to your bedroom. There is a big chest there.

    私は何も持っていないと野獣は言う。 寝室に戻りなさい。そこには大きなタンスがある。

  • Fill it with everything you want and it is yours.'

    欲しいものをすべて詰め込んで、それはあなたのものです。

  • Beauty's father fills the chest with a lot of gold.

    美女の父は箪笥にたくさんの金貨を入れています。

  • Then he gets on his horse and goes home. When he is at home he gives the rose to Beauty.

    そして彼は馬に乗って家に帰ります家に帰ると、彼は美に薔薇を贈ります。

  • 'Take this rose, Beauty,' he says sadly. 'Let me tell you about my terrible adventure.'

    このバラを持って、ビューティ、彼は悲しそうに言っています。

  • He tells his children about the empty ship in the port, the castle in the forest and

    港の空っぽの船、森の中のお城のことを子供たちに語り

  • the Beast. Rosalind and Hortensia are angry with Beauty.

    ザ・ビーストロザリンドとホルテンシアはビューティに怒っています。

  • They say, 'Father must die because you like roses, Beauty!'

    彼らは言う '父は死ななければならない あなたはバラが好きだから 美しさ! &#39

  • 'No,' says Beauty, 'father is not going to die. I'm going to the Beast's castle!'

    いや,父上は死なないと言っている。私は野獣の城に行くのよ。

  • 'No, dear sister,' say her three brothers. 'We're going to his castle and we're going

    私たちは,彼の城に行って,彼の城に行くのです。

  • to kill him!' 'No, that's not possible,' says their father.

    殺すことはできません。

  • 'The Beast is very big and strong. I'm old - I must go and die.

    '野獣はとても大きくて強い。私は年老いた - 私は行って死ななければならない。

  • But Beauty does not agree. She decides to go to the Beast's castle.

    しかし、ビューティは同意しません。彼女は獣の城に行くことにしました。

  • 'No, father,' she says, 'you must not go. I want to go!'

    あなたは行ってはいけないと言っています。私は行きたいの。

  • 'Never, my dear Beauty!' says her father. 'I'm not afraid,' says Beauty. 'You must live

    私は恐れていないわ。

  • and look after my brothers and sisters. They need you.'

    私の兄弟姉妹の世話をしてくれ彼らはあなたを必要としています

  • Beauty's father thinks for a moment. Then he says sadly, 'Alright, Beauty. You can go.'

    ビューティーの父は一瞬考えます。それから彼は悲しそうに言いました。行っていいよ。

  • Beauty's brothers are very sad, but Hortensia and Rosalind are not.

    美女の兄弟はとても悲しんでいますが、ホルテンシアとロザリンドはそうではありません。

  • The next morning Beauty and her father go to the Beast's castle.

    翌朝、美女と父親は野獣の城へ。

  • Inside the castle they see a long table with a lot of good food on it.

    城の中に入ると、長いテーブルの上に美味しい料理がたくさん置かれているのが見えます。

  • Beauty and her father are not hungry, but they sit down and eat. Suddenly they hear

    美女と父親はお腹が空いていないのに、座って食事をしています。突然、彼らの耳には

  • a loud noise. 'What's that terrible noise?' asks Beauty.

    と大きな音がします。

  • 'The Beast is coming,' says her father. Beauty sees the Beast's ugly face and she

    野獣が来ていると、彼女の父親は言います。美女は野獣の醜い顔を見て、彼女は

  • is terrified 'Oh, this Beast is really terrible!' she thinks.

    は怯えています 'ああ、このビーストは本当に恐ろしい!と彼女は思っています。

  • The Beast looks at her and says, 'You're a brave girl.'

    野獣は彼女を見て言った、あなたは勇敢な女の子だ。

  • 'I'm very sorry about the rose from your garden...,' says Beauty quietly.

    お庭の薔薇のことは大変申し訳ありませんでした...'と、ビューティは静かに言っています。

  • The Beast looks at Beauty's father and says, 'You must go away tomorrow. And don't come

    野獣はビューティの父親を見て言った。そして、来ないでください。

  • back! Do you understand?' Beauty's father looks at the Beast and then

    戻れ!ビューティーの父は野獣を見てから

  • at his daughter. 'Oh, Beauty,' he says, 'please go home! Let

    彼は娘に向かって、「ああ、美しさ、家に帰ってください」と言っている。帰りましょう

  • me stay here!' 'No, father,' says Beauty. 'We must be brave.

    私はここにいてもいいのよ。

  • We're both tired - let's go and sleep now. Tomorrow morning you can go home to my brothers

    二人とも疲れたから、もう寝よう。明日の朝には、私の兄弟のところに帰れます。

  • and sisters.' That night Beauty has a dream. In her dream

    その夜 美女は夢を見た彼女の夢の中で

  • a good fairy says, 'You're a good girl, Beauty. And you've got

    良い妖精が言うには、「あなたは良い子ね、ビューティ」と。そして、あなたは

  • a kind heart. You want to save your father's life. You're

    優しい心を持った父親の命を救いたいと思っている。あなたは

  • going to be very happy one day.' CHAPTER FOUR - Life at the Castle

    第4章 お城での生活

  • The next morning Beauty's father leaves the castle. He is crying.

    翌朝、ビューティの父は城を出て行きます。彼は泣いています。

  • 'Don't cry, father,' says Beauty. 'Remember, I love you.'

    泣かないで、お父さん、と美が言っています。

  • 'Goodbye, dear Beauty,' says her father. Beauty is terrified. 'The Beast is going to

    さようなら、親愛なるビューティ、と彼女の父親は言う。ビューティーは怯えている。

  • eat me tonight,' she thinks. 'I want to enjoy my last day. I'm going to

    今夜は私を食べたいと思っています。私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は

  • visit the garden of the castle.' She goes to see the big garden and she is

    お城の庭を見に行く ' 彼女は大きな庭を見に行き、彼女は

  • surprised. It is a beautiful garden with a lot of lovely flowers.

    びっくりしました。可愛いお花がたくさん咲いていて、とても綺麗なお庭です。

  • Then she goes to see the big castle. She looks in all the rooms.

    そして、彼女は大きなお城を見に行きます。彼女はすべての部屋を見ています。

  • On one door she sees this sign: BEAUTY'S ROOM She opens the door and sees a lovely room.

    あるドアにはこんな看板が。BEAUTY ROOM 彼女はドアを開けると、素敵な部屋を見ました。

  • There is a nice bed and a mirror on the wall. Beauty looks round and thinks, 'There's a

    素敵なベッドがあり、壁には鏡があります。美しさは周りを見回して考えています。

  • piano and a lot of books for me. How strange! Perhaps the Beast doesn't want

    ピアノと私のためのたくさんの本。何と奇妙なことでしょう。恐らく野獣は

  • to eat me tonight.' She takes a book and starts to read it. Suddenly

    彼女は本を手に取って読み始めました。突然

  • she sees these words on the pages: Welcome, Beauty! You're the queen here. Tell

    彼女はページに書かれた言葉を見たようこそ、ビューティ!あなたはここの女王よ伝えてください

  • me everything you want. 'I only want to see my poor father,' says

    私は哀れな父に会いたいだけです。

  • Beauty. Suddenly she sees her father in the mirror

    美しさ突然 鏡に映った父親を見て

  • on the wall. He is very sad. She also sees her home and

    壁の上で彼はとても悲しんでいます。また、彼女は自分の家を見て

  • Hortensia and Rosalind. They are happy without Beauty.

    ホルテンシアとロザリンド美しさがなくても二人は幸せです。

  • 'The Beast is kind to me,' she thinks. 'Why am I afraid of him?'

    野獣は私に親切だと思っている。

  • At 12 o'clock she has lunch. After lunch she goes to her room.

    12時、彼女は昼食をとる。昼食後、彼女は自分の部屋に行く。

  • 'What a beautiful piano!' thinks Beauty. 'I want to play it.'

    なんと美しいピアノでしょうか。

  • She plays some wonderful music on the piano. Then she looks at all the books in her room.

    彼女はピアノで素敵な音楽を奏でます。そして、彼女は自分の部屋にあるすべての本を見ています。

  • Some of them have got pictures and others have not.

    写真を持っている人もいれば、持っていない人もいます。

  • She takes a book about flowers and looks at the pictures of different flowers.

    彼女は花の本を手に取り、いろいろな花の写真を見ています。

  • Then she sees pictures of roses of all colours.

    そして、彼女はあらゆる色のバラの写真を見ます。

  • 'Now I want to go to the garden and look at the lovely roses,' she thinks.

    私は今、私は庭に行って、美しいバラを見たいと思っています。

  • She goes to the garden and stays there all afternoon. She looks at the flowers and feels

    彼女は庭に行き、午後はずっとそこにいる。彼女は花を見て感じた

  • happy. At dinner time she sits down at the long table

    うれしそうにしている。夕食時、彼女は長いテーブルに座っています。

  • and then she hears the Beast coming. She is terrified.

    彼女は野獣が来るのを聞きました彼女は怯えていました

  • 'Beauty, can I sit here with you?' asks the Beast.

    美女さん、ここに座ってもいいですか?

  • 'You're the lord of the castle,' says Beauty. 'And you're the queen,' says the Beast. 'Can

    あなたは城の主であると美が言う。

  • I ask you a question?' 'Yes, of course,' says Beauty quietly.

    質問してもいいですか? ''もちろんですよ、とビューティは静かに言います。

  • 'Am I very ugly?' asks the Beast. Beauty does not know what to say. She looks

    私はとても醜いですか?美しさは何を言っていいかわかりません。彼女の顔は

  • at him and thinks for a moment. 'Well, yes you are!' says Beauty. 'But you're

    と言って,しばらく考えた。

  • kind and polite.' The Beast looks at Beauty and smiles. 'You're

    野獣はビューティを見て微笑む。

  • right, I'm terribly ugly but I'm kind. This is your home now, Beauty. Please don't

    そう、私はひどく醜いけど、優しいのよここがあなたの家よ、ビューティお願いだから

  • be sad!' 'Some men are handsome but they're not kind,'

    悲しくなる!」 ལ 「ハンサムだけど優しくない男もいる。

  • says Beauty. 'I prefer you because you've got a good heart.

    私はあなたが良い心を持っているので、あなたの方が好きです。

  • 'Thank you, Beauty,' says the Beast. Now Beauty is not afraid of the Beast and

    ありがとう、ビューティ、と野獣は言う。美女は野獣を恐れていない。

  • she eats a big dinner. The Beast looks at her and asks a question.

    彼女は大きな夕食を食べています野獣は彼女を見て質問をします

  • Do you want to marry me, Beauty?' What a question! Beauty is terrified.

    私と結婚したいですか、ビューティ?ビューティーは怯えている。

  • 'What can I say?' thinks Beauty. She is silent for a moment and then she says,

    何と言えばいいのでしょうか?彼女は一瞬黙っていて、それから言います。

  • 'No, I'm sorry I don't want to marry you.' The Beast is angry and Beauty is afraid.

    いいえ、ごめんなさい、あなたとは結婚したくありません。

  • Then he goes out of the room and says, 'Goodbye, Beauty.'

    そして、彼は部屋を出て行き 'Goodbye, Beauty.

  • CHAPTER FIVE - The Magic Ring Beauty spends three months at the beautiful

    第五章 魔法の指輪のような美しさで三ヶ月を過ごす

  • castle. Every day she reads books and plays the piano.

    お城に住んでいます。毎日本を読んだり、ピアノを弾いたり。

  • She walks everywhere in the big garden. She likes the tall trees and the flowers of different

    彼女は広い庭をどこまでも歩き回っています。背の高い木や様々な花々が好きなのです。

  • colours. She puts beautiful flowers in the rooms of

    の色を使っています。彼女は美しい花を

  • the castle. Sometimes she makes perfume from the flowers.

    お城の中で花から香水を作ることもある

  • But the days are long and she is often lonely. Beauty often thinks about her father, her

    しかし、日が長く、彼女は孤独になることが多い。美しさはしばしば彼女の父のことを考えます

  • sisters and her brothers. 'I want to see my father again,' she thinks

    姉と弟に会いたいと思っている。

  • sadly. 'And I want to see my home again too.' The Beast goes to see her every evening at

    悲しいことに、私もまた家に戻りたいと思っています。

  • dinner time, at nine o'clock. They talk about interesting things and are

    夕食の時間、9時。おもしろい話をしたり

  • happy together. Beauty is not afraid of his ugly face now.

    一緒にいて幸せ美人は今、彼の醜い顔を恐れていません。

  • Every evening the Beast asks Beauty the same question:

    毎晩、野獣はビューティに同じ質問をする

  • 'Beauty, do you want to marry me?' And every evening Beauty answers, 'No.'

    ビューティー、あなたは私と結婚したいですか?

  • One day Beauty says, 'Why do you ask me the same question every evening?'

    ある日のビューティは言う 'なぜ毎晩同じ質問をするの?

  • 'Because I hope to hear a different answer,' says the Beast.

    それはあなたがたが,それを見た時には,あなたがたが,それを見たことがないからである。

  • 'I'm sorry, I don't want to marry you,' says Beauty.

    申し訳ありませんが、私はあなたと結婚したいとは思っていません ལとビューティは言います。

  • The Beast is very sad. 'But I'm always going to be your friend,'

    野獣はとても悲しいです 'しかし、私はいつでもあなたの友達になります '。

  • she says. 'You're a wonderful friend,' says the Beast.

    あなたは素晴らしい友人ですね。

  • 'And you are too,' says Beauty smiling. 'I know I'm terribly ugly,' says the Beast.

    あなたもそうだよ。

  • 'But I love you a lot. I'm very happy with you. Please, don't leave me!'

    'でも、私はあなたのことをとても愛しています。あなたと一緒にいてとても幸せです。お願いだから、私のそばを離れないで! &#3939

  • Beauty's face becomes red and she is quiet for a moment.

    美女の顔が赤くなり、一瞬静かになる。

  • 'In the mirror of my room,' says Beauty, 'I see my poor father.

    私の部屋の鏡には、可哀想な父が写っていると美は言う。

  • He's sad and lonely. He thinks I'm dead. My sisters are married and my brothers are away.

    彼は悲しんで寂しがっている。彼は私が死んだと思っている。私の妹たちは結婚していて、私の兄弟は離れています。

  • I want to see my father for the last time. Can I go and see him, please?'

    最後に父に会いたいんだ会いに行ってもいいですか?

  • 'Yes, you can go and see your father,' says the Beast. 'But I'm going to be very sad without

    あなたの父に会いに行ってもいいよ,と野獣は言う。

  • you.' 'Oh, thank you!' says Beauty happily. 'Please

    ありがとうございます。

  • don't be sad, Beast. I'm going to come back in a week.'

    悲しまないで ビースト1週間後に戻ってくるよ

  • 'Alright,' says the Beast. 'You can visit your father tomorrow morning. But remember,

    分かった、と野獣は言う。だが覚えておいてくれ。

  • you must come back in a week. Before you come back put this ring on a table

    あなたは一週間後に戻ってくる必要があります。戻ってくる前に この指輪をテーブルの上に置いてください

  • near your bed. It's a magic ring. Goodbye, Beauty.'

    ベッドのそばに魔法の指輪ですさようなら、ビューティ

  • CHAPTER SIX - The Sisters' Plan The next morning Beauty wakes up in her bedroom

    第六章 姉妹の計画 翌朝、美は寝室で目を覚ます。

  • in her father's house. She gets up and goes downstairs.

    父親の家で彼女は立ち上がって 階段を下りていきます

  • When her father sees her he cries, 'Beauty, is that you? How wonderful! My daughter is

    彼女の父親が彼女を見たとき、彼は泣いた。何と素晴らしいことでしょう!私の娘は

  • well and she's here!' Beauty is very happy and hugs her father.

    元気で、彼女はここにいます! ' ビューティーは非常に満足して、彼女のお父さんを抱きしめています。

  • 'Get dressed quickly and then tell me about the Beast!' says her father happily.

    あなたは、あなたがあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあなたのためにあ

  • She goes to her room and finds a chest full of beautiful clothes. 'This is a present from

    彼女は自分の部屋に行き、美しい服でいっぱいのタンスを見つけました。

  • the Beast!' says Beauty to her father. He's very nice and gives me presents every

    野獣よ!」と美は父親に言います。彼はとてもいい人で、私にプレゼントをくれるの。

  • day.' She chooses some lovely clothes. 'I want to give these lovely clothes to Rosalind

    彼女はいくつかの素敵な服を選んでいます。

  • and Hortensia,' she says. When she says this the chest disappears!

    とホルテンシアは言います。彼女がこれを言うと、箪笥は消えてしまいます

  • 'The Beast is watching you,' says Beauty's father. 'These beautiful clothes are for you

    この美しい服はあなたのためのものです。

  • and not for your sisters.' Suddenly the chest comes back again.

    と、姉妹のためではなく。 ' 突然、また胸が張ってきた。

  • That morning Rosalind and Hortensia come to visit their sister. They are both very unhappy.

    その朝、ロザリンドとホルテンシアが妹を訪ねてきました。彼らは両方とも非常に不幸です。

  • 'Oh, Beauty,' says Rosalind, 'I'm unhappy.' 'Why are you unhappy, Rosalind?' asks Beauty.

    と、ロザリンドは言う。

  • 'Oh, it's a long story,' says Rosalind. 'Please tell me,' says Beauty.

    話すと長くなるわよ」とロザリンドが言うと、「教えてちょうだい」とビューティが言う。

  • 'My husband is handsome and he spends all day in front of a mirror. He never looks at

    私の夫はハンサムで、一日中鏡の前で過ごしています。彼は決して

  • me or talks to me.' 'Oh, dear, that's a big problem,' says Beauty.

    私に話しかけたり、私に話しかけたり。

  • Hortensia says, 'My husband is very clever, but he doesn't like anyone, and no one likes

    私の夫はとても賢いのですが、誰も好きになれず、誰も好きになれないのです。

  • him.' 'I can never invite my friends to lunch or

    友達をランチに誘うこともできないし

  • dinner because he doesn't like them.' 'We've got a lot of problems with our husbands,'

    旦那が好きではないからといって、夕食を食べることはありません。

  • they say. 'My poor sisters!' says Beauty. 'I'm very

    と言うのである。

  • sorry.' 'Tell us about the Beast,' says Hortensia.

    申し訳ありません。

  • Oh, the Beast is not a bad man,' says Beauty. 'He's very kind. I live in his beautiful castle

    ああ、野獣は悪い人ではないとビューティは言う。私は彼の美しい城に住んでいます。

  • and I'm the queen. I don't work. I read, play the piano and walk

    私は女王です働いていません。本を読んだり、ピアノを弾いたり、歩いたり

  • in the garden. Every evening the Beast comes to see me at

    庭で毎晩、野獣が私に会いに来て

  • dinner and we talk about a lot of things. It's wonderful.'

    夕食を食べながら、いろいろな話をしています。素晴らしいわ

  • The two sisters are very angry and they go to the garden.

    姉妹は怒り心頭で庭に出ます。

  • 'Beauty wears lovely clothes and shoes,' says Rosalind. 'She's like a queen.

  • She's very happy. Why is she lucky? And why are we unlucky?'

    彼女はとても幸せです。なぜ彼女は幸運なのか?なぜ我々は不幸なのか?

  • 'You're right, Rosalind,' says Hortensia. 'We're not very lucky.

    あなたの言うとおりだよ,ロザリンド.

  • But maybe we can be lucky! Beauty has to return to the Beast in a week, or he's going to get

    でも、もしかしたらラッキーなこともあるかもしれない!美女は一週間以内に野獣の元に戻らなければならない または彼は得るつもりだ

  • angry and eat her!' 'Then we must keep her here,' says Rosalind.

    怒りにまかせて,彼女を食べよう。

  • 'Then the Beast is going to get angry.' During the week the two sisters are kind to

    その週の間、二人の姉妹は親切にしています。

  • Beauty. They talk and laugh with her. They walk together in the country. Beauty

    美人さん。二人は彼女と話をして笑う。二人は一緒に田舎を歩きますビューティー

  • is happy with her sisters. 'Rosalind and Hortensia love me,' she thinks.

    ロザリンドとホルテンシアは私を愛していると思っている。

  • 'They're good sisters and I love them a lot.' At the end of the week Beauty says, 'I must

    彼女たちは良い姉妹で、私は彼女たちをとても愛しています。

  • go back to the Beast's castle.' But her sisters start to cry.

    獣の城に戻ります。

  • 'Oh, Beauty,' says Rosalind, 'please stay with us another week. We need you.'

    ロザリンドが言うには、「あと1週間は一緒にいてください。私たちはあなたを必要としています。

  • 'Yes, Beauty,' says Hortensia, 'please don't leave us. We have fun with you and we love

    そうですね、ビューティさん 'はホルテンシアさんが言っていますが、私たちを見捨てないでくださいね。私たちはあなたと一緒に楽しんでいます。

  • you.' 'Yes,' says Rosalind, 'stay with us! We can

    と,ロザリンドは言う。私たちは

  • do a lot of things together.' Beauty does not know what to do. She decides

    ビューティーは何をしたらいいのかわからない。彼女は決めた

  • to stay another week. CHAPTER SEVEN - The Dream

    もう一週間滞在することになった第七章 夢

  • The<