Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 1

    第1章

  • It is a truth universally acknowledged, that a single man in possession of a good

    それは良いの所持でその一人の男、普遍的に認めて真実です。

  • fortune, must be in want of a wife.

    幸運は、妻の希望になっている必要があります。

  • However little known the feelings or views of such a man may be on his first entering

    しかし、あまり知られていないような人間の感情や景色が入る彼の最初の上にある可能性があります

  • a neighbourhood, this truth is so well fixed in the minds of the surrounding

    近所には、この真実は非常によく、周囲の心の中で固定されています

  • families, that he is considered the

    彼が考えられている家族、

  • rightful property of some one or other of their daughters.

    いくつかのいずれかまたはそれらの娘の他の正当な財産。

  • "My dear Mr. Bennet," said his lady to him one day, "have you heard that Netherfield

    "私の親愛なるミスターベネットは、"彼の女性は、Netherfieldと聞いている"、ある日彼に言った、

  • Park is let at last?"

    公園は最後に聞かせて?"

  • Mr. Bennet replied that he had not. "But it is," returned she; "for Mrs. Long

    ミスターベネットは彼がしていなかったと答えた。 "しかし、それは、さ"彼女を返しました。"ミセスロング用

  • has just been here, and she told me all about it."

    ちょうどここにいた、と彼女はすべてそれについて話してくれたしています。"

  • Mr. Bennet made no answer.

    ミスターベネットは答えが行われません。

  • "Do you not want to know who has taken it?" cried his wife impatiently.

    "あなたがそれを撮影しているかを知るにしますか?"妻がイライラして叫んだ。

  • "You want to tell me, and I have no objection to hearing it."

    "あなたは私をお伝えしたい、と私はそれを聞きに異論はない。"

  • This was invitation enough.

    これは十分な招待状だった。

  • "Why, my dear, you must know, Mrs. Long says that Netherfield is taken by a young

    "なぜ、私の愛する、あなたが知っている必要があります、夫人はロングNetherfieldが若者によって取られていることだ

  • man of large fortune from the north of England; that he came down on Monday in a

    イングランドの北からの大幸運の男、彼はに月曜日に降りてき

  • chaise and four to see the place, and was

    長椅子と4つの場所を参照してください、とされていた

  • so much delighted with it, that he agreed with Mr. Morris immediately; that he is to

    そんなに彼はすぐに氏モリスと合意したこと、それを喜んで、彼がすることを

  • take possession before Michaelmas, and some of his servants are to be in the house by

    ミカエルの前に所有権を取る、と彼の使用人の一部がが家にあることです。

  • the end of next week."

    来週の終わり。"

  • "What is his name?" "Bingley."

    "彼の名前は何ですか?""Bingley。"

  • "Is he married or single?" "Oh! Single, my dear, to be sure!

    "彼は既婚または単一のですか?""ああ!単一の、私の愛する、確かに!

  • A single man of large fortune; four or five thousand a year.

    大幸運の独身男性、四、五千年。

  • What a fine thing for our girls!" "How so?

    何が私達の女の子のための素晴らしい事!""どうやって?

  • How can it affect them?"

    それはどのようにそれらに影響を与えることができますか?"

  • "My dear Mr. Bennet," replied his wife, "how can you be so tiresome!

    "私の親愛なるミスターベネットは、"彼の妻は、どのようにそう退屈することができる"と答えた!

  • You must know that I am thinking of his marrying one of them."

    私はそれらの彼の結婚いずれか考えていることを知っている必要があります。"

  • "Is that his design in settling here?"

    "ここにセトリングで彼のデザインのことですか?"

  • "Design! Nonsense, how can you talk so!

    "デザイン!ナンセンス、どのようにそのように話すことができます!

  • But it is very likely that he may fall in love with one of them, and therefore you

    しかし、それは彼がそれらのいずれかと恋に落ちる可能性があることは非常に可能性がありますので、お客様

  • must visit him as soon as he comes."

    とすぐに彼が来ると、彼を訪問しなければならない。"

  • "I see no occasion for that.

    "私はそのためには機会を見ない。

  • You and the girls may go, or you may send them by themselves, which perhaps will be

    おそらく先となる、あなたと女の子は行くことや、自分自身でそれらを送信する場合があります

  • still better, for as you are as handsome as any of them, Mr. Bingley may like you the

    あなたがそれらのいずれかのようにハンサムなので、氏Bingleyはあなたのようなことができるため、まだ良い

  • best of the party."

    パーティの最高の。"

  • "My dear, you flatter me. I certainly have had my share of beauty,

    "親愛なる、あなたは私を平坦。私は確かに、美しさの私の分け前があった

  • but I do not pretend to be anything extraordinary now.

    しかし私は今何も異常なふりをするつもりはありません。

  • When a woman has five grown-up daughters, she ought to give over thinking of her own

    女性は5つの大人の娘を持つとき、彼女は自分の思考を介して提供するはずである

  • beauty." "In such cases, a woman has not often much

    美しさ。""そのようなケースでは、女性はあまり頻繁ではない持っています

  • beauty to think of."

    考えるのが美。"

  • "But, my dear, you must indeed go and see Mr. Bingley when he comes into the

    彼が入って来るとき"しかし、私の愛する、あなたは実際に行くとミスターBingleyを参照してくださいする必要があります

  • neighbourhood." "It is more than I engage for, I assure

    私は確実に近く。""それは、私が従事するよりもです。

  • you."

    あなた。"

  • "But consider your daughters. Only think what an establishment it would

    "しかし、あなたの娘を検討してください。唯一の確立はそれが何だと思う

  • be for one of them.

    そのうちの一つのためになる。

  • Sir William and Lady Lucas are determined to go, merely on that account, for in

    ウィリアムとレディルーカスはのために、単にそのアカウントに、行くことを決意する

  • general, you know, they visit no newcomers.

    一般的に、あなたが知っている、彼らは新規参入者を訪問しない。

  • Indeed you must go, for it will be impossible for us to visit him if you do

    確かにあなたが行く必要があります、あなたがどうか私たちに彼を訪問することが不可能になるために

  • not." "You are over-scrupulous, surely.

    ではないが。""あなたは確かに、煩いです。

  • I dare say Mr. Bingley will be very glad to see you; and I will send a few lines by you

    私は氏Bingleyがあなたを見ることは非常に喜んでいるでしょう言ってみます、と私はあなたによって数行を送る

  • to assure him of my hearty consent to his marrying whichever he chooses of the girls;

    彼の彼が女の子を選ぶ方と結婚するために私の心のこもった同意の彼を保証する。

  • though I must throw in a good word for my little Lizzy."

    しかし私は少しリジーのための良い単語にスローする必要があります。"

  • "I desire you will do no such thing.

    "私はあなたがそのようなこともしないだろうと願っています。

  • Lizzy is not a bit better than the others; and I am sure she is not half so handsome

    リジーは、他より少し優れているわけではないが、と私は彼女の半分そうハンサムではない確信している

  • as Jane, nor half so good-humoured as Lydia.

    ジェーンとして、またhalfリディアほど上機嫌な。

  • But you are always giving her the preference."

    しかし、あなたは常に彼女の優先順位を与えている。"

  • "They have none of them much to recommend them," replied he; "they are all silly and

    "彼らはそれらを推薦する多くのそれらのどれを持っていない"と彼は答えた。"彼らはすべて愚かであり、

  • ignorant like other girls; but Lizzy has something more of quickness than her

    他の女の子のような無知な、しかし、リジーは彼女よりも速さの何かを持っています

  • sisters."

    姉妹。"

  • "Mr. Bennet, how can you abuse your own children in such a way?

    "氏ベネット、どのような方法であなた自身の子供を濫用することができますか?

  • You take delight in vexing me. You have no compassion for my poor nerves."

    あなたは私厄介なのを楽しみにしてください。あなたは私の貧しい人々の神経には同情を持っていない。"

  • "You mistake me, my dear.

    "あなたは私、私の愛すると間違える。

  • I have a high respect for your nerves. They are my old friends.

    私はあなたの神経のための高い敬意を持っている。彼らは私の古い友人です。

  • I have heard you mention them with consideration these last twenty years at

    私はこれらの過去20年間であなたが考慮して、それらを言及聞いたことがある

  • least."

    最低。"

  • "Ah, you do not know what I suffer." "But I hope you will get over it, and live

    "ああ、あなたは私が苦しむのかわからない""しかし、私はあなたがそれを乗り越えることを期待、と住んでいる

  • to see many young men of four thousand a year come into the neighbourhood."

    4000年の多くの若者が近所に来て確認します。"

  • "It will be no use to us, if twenty such should come, since you will not visit

    twentyなどが来る必要があるかどうかを訪問しないので、"それは、、私たちには使用できなくなります

  • them." "Depend upon it, my dear, that when there

    それらの。""時があること、私の愛する、それに依存する

  • are twenty, I will visit them all."

    twentyである、私はそれらすべてを訪問する。"

  • Mr. Bennet was so odd a mixture of quick parts, sarcastic humour, reserve, and

    ミスターベネットは素早く部品、皮肉なユーモア、準備金のように奇妙な混合物であり、

  • caprice, that the experience of three-and- twenty years had been insufficient to make

    カプリスは、三と、20年の経験では、作るには不十分されていたこと

  • his wife understand his character.

    彼の妻は彼の性格を理解する。

  • Her mind was less difficult to develop. She was a woman of mean understanding,

    彼女の心は、開発するために少ないことは困難でした。彼女は、平均値の理解の女性だった

  • little information, and uncertain temper. When she was discontented, she fancied

    少し情報、および不確実な気性。彼女が不満だったときに、彼女は架空の

  • herself nervous.

    神経質な彼女。

  • The business of her life was to get her daughters married; its solace was visiting

    彼女の人生のビジネスは、彼女の娘が結婚することだった、その慰めは訪れていた

  • and news.

    とのニュース。

  • >

    >

  • CHAPTER 2

    第2章

  • Mr. Bennet was among the earliest of those who waited on Mr. Bingley.

    ミスターベネット氏Bingleyに待っていた人たちの初期の間にあった。

  • He had always intended to visit him, though to the last always assuring his wife that

    彼はいつも奥さんいつもそれを保証する最後にも、彼を訪問することを意図していた

  • he should not go; and till the evening after the visit was paid she had no

    彼が行くことはいけない、そして訪問が支払われた後に夕方まで彼女は何を持っていた

  • knowledge of it.

    それの知識。

  • It was then disclosed in the following manner.

    その後、次のように開示されている。

  • Observing his second daughter employed in trimming a hat, he suddenly addressed her

    帽子をトリミングで採用さ彼の次女を観察し、彼は突然彼女を取り上げ

  • with:

    付:

  • "I hope Mr. Bingley will like it, Lizzy." "We are not in a way to know what Mr.

    "私はリジー、氏Bingleyはそれを好むことを願っています。""我々は、何氏は知っている方法ではない

  • Bingley likes," said her mother resentfully, "since we are not to visit."

    Bingleyは、我々が訪問するわけではないので、"彼女の母は怒って言った、"好き。"

  • "But you forget, mamma," said Elizabeth, "that we shall meet him at the assemblies,

    "しかし、あなたは、ママを忘れて、"エリザベスは、我々は、アセンブリで彼を満足すること"と言った。

  • and that Mrs. Long promised to introduce him."

    とその夫人はロング彼を紹介すると約束した。"

  • "I do not believe Mrs. Long will do any such thing.

    "私は夫人ロングはそのようなことをするとは思えない。

  • She has two nieces of her own. She is a selfish, hypocritical woman, and I

    彼女は自身の2つの姪があります。彼女は利己的、偽善的な女性であり、そして私

  • have no opinion of her."

    彼女のない意見を持っていない。"

  • "No more have I," said Mr. Bennet; "and I am glad to find that you do not depend on

    "これ以上私が持っていない、"ミスターベネットは言った、"そして私はあなたに依存しないことを見つけて嬉しい

  • her serving you."

    彼女のお客様にサービスを提供しています。"

  • Mrs. Bennet deigned not to make any reply, but, unable to contain herself, began

    ミセスベネットは、すべての応答をしないようdeigned、しかし、彼女自身を含むことができない、始めました

  • scolding one of her daughters. "Don't keep coughing so, Kitty, for

    彼女の娘のいずれかを叱る。 "のために、キティ、その咳を維持しないでください

  • Heaven's sake!

    天国の酒!

  • Have a little compassion on my nerves. You tear them to pieces."

    私の神経に少し同情している。あなたがバラバラにそれらを引き裂く。"

  • "Kitty has no discretion in her coughs," said her father; "she times them ill."

    "キティは彼女の咳には裁量がない、"彼女の父は言った、"病気の彼女は時間それらを。"

  • "I do not cough for my own amusement," replied Kitty fretfully.

    "私は自分の娯楽のため咳をしていない、"キティがイライラして答えた。

  • "When is your next ball to be, Lizzy?" "To-morrow fortnight."

    "ときにあなたの次のボールは、リジーとなる?""明日に二週間。"

  • "Aye, so it is," cried her mother, "and Mrs. Long does not come back till the day

    "エイ、そうそれは、"、彼女の母を叫んだ"と夫人は、長い一日まで戻って来るとは限りません

  • before; so it will be impossible for her to introduce him, for she will not know him

    前に、彼女は彼を知ることがのためにので、彼女は彼を導入することは不可能になります

  • herself."

    彼女自身。"

  • "Then, my dear, you may have the advantage of your friend, and introduce Mr. Bingley

    "それから、私の愛するは、あなたの友人の利点を持っている、と氏Bingleyを導入してもよい

  • to her."

    彼女に。"

  • "Impossible, Mr. Bennet, impossible, when I am not acquainted with him myself; how can

    "私は彼に自分と知り合いではない午前不可能インポッシブル、ミスターベネット、、、どのようにすることができます

  • you be so teasing?" "I honour your circumspection.

    そのようにいじめになる?""私は名誉ご用心を。

  • A fortnight's acquaintance is certainly very little.

    二週間の知人は確かに非常に少ないです。

  • One cannot know what a man really is by the end of a fortnight.

    一つは、人間が実際に2週間の終わりまでに何であるかを知ることができない。

  • But if we do not venture somebody else will; and after all, Mrs. Long and her

    しかし、我々は冒険しない場合は他の誰かになります、そしてすべての後、夫人ロングと彼女の

  • daughters must stand their chance; and, therefore, as she will think it an act of

    彼女はそれの行為と思いますので、したがって、そして、娘は自分のチャンスを立っている必要があります

  • kindness, if you decline the office, I will take it on myself."

    親切は、あなたがオフィスを拒否した場合、私は自分自身でそれを取るだろう。"

  • The girls stared at their father. Mrs. Bennet said only, "Nonsense,

    女の子は自分の父を見つめていた。ミセスベネットは、ナンセンス"、だけだ

  • nonsense!"

    ナンセンス!"

  • "What can be the meaning of that emphatic exclamation?" cried he.

    "その強調感嘆の意味することができますか?"と彼は叫んだ。

  • "Do you consider the forms of introduction, and the stress that is laid on them, as

    "あなたは、導入の形態、およびそれらの上に置かれているストレス、などを考慮に入れておいてください

  • nonsense?

    ナンセンス?

  • I cannot quite agree with you there. What say you, Mary?

    私はかなりそこにあなたと同意することはできません。あなたはメアリー、何言う?

  • For you are a young lady of deep reflection, I know, and read great books

    あなたが深い反射の若い女性であるために、私は知っている、と偉大な本を読んで

  • and make extracts."

    と抽出を行います。"

  • Mary wished to say something sensible, but knew not how.

    メアリーは、賢明な何かを言うことを望んだが、どのようにではない知っていた。

  • "While Mary is adjusting her ideas," he continued, "let us return to Mr. Bingley."

    "メアリーは、彼女の考えを調整している間、"彼は"私たちはミスターBingleyに戻るまで放置します。"、続けて

  • "I am sick of Mr. Bingley," cried his wife.

    "私は氏Bingleyの病気です、"彼の妻は叫んだ。

  • "I am sorry to hear that; but why did not you tell me that before?

    "私はそれを聞いて申し訳ありません、しかし、なぜあなたは私をその前に言わなかった?

  • If I had known as much this morning I certainly would not have called on him.

    私は今朝として知られていた場合、私は確かに彼に呼ばれることはなかっただろう。

  • It is very unlucky; but as I have actually paid the visit, we cannot escape the

    それは非常に不運ですが、私が実際に訪問を支払っているとして、我々は逃れることはできない

  • acquaintance now."

    今知人。"

  • The astonishment of the ladies was just what he wished; that of Mrs. Bennet perhaps

    女性の驚きは、彼が望んだものばかりだった。夫人ベネットのことかもしれない

  • surpassing the rest; though, when the first tumult of joy was over, she began to

    残りを上回って、しかし、喜びの最初の騒ぎが終わると、彼女が始めた

  • declare that it was what she had expected all the while.

    それは彼女がすべての時間を予想していたものであったことを宣言。

  • "How good it was in you, my dear Mr. Bennet!

    "それは、あなたに私の親愛なるミスターベネットでしたどのように良い!

  • But I knew I should persuade you at last.

    しかし、私は最後にあなたを説得する必要があります知っていた。

  • I was sure you loved your girls too well to neglect such an acquaintance.

    私はあなたがそのような知人をおろそかにあまりにもあなたの女の子を愛して確信していた。

  • Well, how pleased I am! and it is such a good joke, too, that you should have gone

    よく、私はどのように満足!そしてそれはあなたが行っている必要があることを、あまりにも、このような良いジョークです

  • this morning and never said a word about it till now."

    今朝、今までそれについて一言も言わなかった。"

  • "Now, Kitty, you may cough as much as you choose," said Mr. Bennet; and, as he spoke,

    、彼が話したように、そして、"今、キティは、あなたが選択すると同じくらいの咳が、"ミスターベネットは言った

  • he left the room, fatigued with the raptures of his wife.

    彼は彼の妻の歓喜と疲労、部屋を去った。

  • "What an excellent father you have, girls!" said she, when the door was shut.

    ドアがシャットダウンされたときに"あなたの持っている優秀な父、女の子は!"と彼女は言った。

  • "I do not know how you will ever make him amends for his kindness; or me, either, for

    ため、どちらか、または私、"私はあなたが今まで彼が彼の優しさ償いようになりますかわからない

  • that matter.

    そのことについて。

  • At our time of life it is not so pleasant, I can tell you, to be making new

    それはそう快適ではない私たちの生活の時に、私は新しいことする、ことを伝えることができます

  • acquaintances every day; but for your sakes, we would do anything.

    知人は、毎日、しかし、あなたの日本酒のために、我々は何を行うだろう。

  • Lydia, my love, though you are the youngest, I dare say Mr. Bingley will dance

    あなたが最年少であるけれども、私は氏Bingleyが踊ると言うあえてリディア、私の愛、

  • with you at the next ball."

    次のボールで、あなたと。"

  • "Oh!" said Lydia stoutly, "I am not afraid; for though I am the youngest, I'm the

    私は最年少ですが、私はよのために、"!ああ"リディア頑強、私は恐れてはいないです"と言った。

  • tallest."

    最も高い。"

  • The rest of the evening was spent in conjecturing how soon he would return Mr.

    夜の残りの部分は彼が氏を返すという方法早くconje​​cturingに費やされた

  • Bennet's visit, and determining when they should ask him to dinner.

    ベネットの訪問、そして彼らは夕食に彼に依頼する時期を決定する。

  • >

    >

  • CHAPTER 3

    第3章

  • Not all that Mrs. Bennet, however, with the assistance of her five daughters, could ask

    全てその夫人ベネットは、しかし、彼女の5人の娘の協力を得て、頼むことができるではない

  • on the subject, was sufficient to draw from her husband any satisfactory description of

    被写体に、夫からの任意の満足のいく説明を描画するのに十分であった

  • Mr. Bingley.

    氏Bingley。

  • They attacked him in various ways--with barefaced questions, ingenious

    彼らはさまざまな方法で彼を攻撃した - ひげのない質問で、独創的な

  • suppositions, and distant surmises; but he eluded the skill of them all, and they were

    の仮定、および遠いsurmisesが、彼はすべてのそれらのスキルを逃れた、と彼らはいた

  • at last obliged to accept the second-hand

    最後に第二の手を受け入れることが義務付け

  • intelligence of their neighbour, Lady Lucas.

    彼らの隣人、レディルーカスの知性。

  • Her report was highly favourable. Sir William had been delighted with him.

    彼女のレポートは非​​常に良好であった。ウィリアム卿は、彼と一緒に喜んでいた。

  • He was quite young, wonderfully handsome, extremely agreeable, and, to crown the

    彼は非常に快適な、驚くほどハンサム、かなり若かった、と、冠に

  • whole, he meant to be at the next assembly with a large party.

    全体、彼は大きなパーティで、次のアセンブリにすることを意図。

  • Nothing could be more delightful!

    何ももっと楽しいですができなかった!

  • To be fond of dancing was a certain step towards falling in love; and very lively

    非常に生き生きして、ダンスが好きになることは、恋に落ちるに向かって特定の一歩でした

  • hopes of Mr. Bingley's heart were entertained.

    氏Bingleyの心の希望は承りれました。

  • "If I can but see one of my daughters happily settled at Netherfield," said Mrs.

    "私はしかし、喜んでNetherfieldで定住私の娘のいずれかを参照できる場合は、"夫人は言った

  • Bennet to her husband, "and all the others equally well married, I shall have nothing

    夫にベネット、"と同様に結婚し、他のすべては、私は何があってはならない

  • to wish for."

    を願って。"

  • In a few days Mr. Bingley returned Mr. Bennet's visit, and sat about ten minutes

    数日後に氏Bingley氏はベネットの訪問を返され、約10分座っていた

  • with him in his library.

    彼彼の図書館にある。

  • He had entertained hopes of being admitted to a sight of the young ladies, of whose

    彼は、そのうち、若い女性の姿を認めているの希望を楽しませていた

  • beauty he had heard much; but he saw only the father.

    美しさは彼がずっと聞いていたが、彼は父を見た。

  • The ladies were somewhat more fortunate, for they had the advantage of ascertaining

    彼らは確かめるの利点を持っていたために女性は、多少幸運だった

  • from an upper window that he wore a blue coat, and rode a black horse.

    彼は青いコートを着て、黒馬に乗っている上部の窓から。

  • An invitation to dinner was soon afterwards dispatched; and already had Mrs. Bennet

    ディナーへの招待は、その後すぐに派遣され、そして既に夫人ベネットを持っていた

  • planned the courses that were to do credit to her housekeeping, when an answer arrived

    答えは到着したとき、彼女のハウスキーピングにクレジットを行うにあったコースを計画し

  • which deferred it all.

    これはそれをすべて延期。

  • Mr. Bingley was obliged to be in town the following day, and, consequently, unable to

    氏Bingleyが町に翌日になる義務、および、その結果、できませんでした

  • accept the honour of their invitation, etc. Mrs. Bennet was quite disconcerted.

    彼らの招待状の名誉を受け入れる、などミセスベネットは、かなり辟易した。

  • She could not imagine what business he could have in town so soon after his

    彼女は彼がこんなに早く彼の後に町で持つことができるものをビジネス想像できませんでした

  • arrival in Hertfordshire; and she began to fear that he might be always flying about

    ハートフォードシャー州に到着、と彼女は彼が常に飛び交ってすることを憂慮し始めた

  • from one place to another, and never settled at Netherfield as he ought to be.

    ある場所から別の場所へ、と彼はあるべき姿としてNetherfieldに落ち着くことはありません。

  • Lady Lucas quieted her fears a little by starting the idea of his being gone to

    レディルーカスは彼女が彼に行っているのアイデアを開始することで少し恐れて静かに

  • London only to get a large party for the ball; and a report soon followed that Mr.

    ロンドン唯一のボールのための大規模なパーティーを得るために、そしてすぐにその氏に続くレポート

  • Bingley was to bring twelve ladies and seven gentlemen with him to the assembly.

    Bingleyは、アセンブリに12の女性と彼の持つ7つの紳士をもたらすことでした。

  • The girls grieved over such a number of ladies, but were comforted the day before

    女の子は女性のような数以上の悲しみましたが、一日前に慰められた

  • the ball by hearing, that instead of twelve he brought only six with him from London--

    代わりに十二、彼はロンドンから彼と一緒に6人だけを持って聞いて、ボール、 -

  • his five sisters and a cousin.

    彼の5人の姉妹といとこ。

  • And when the party entered the assembly room it consisted of only five altogether--

    と当事者が集会室に入ったときには完全に5つだけで構成されて -

  • Mr. Bingley, his two sisters, the husband of the eldest, and another young man.

    氏Bingley、彼の姉妹、長女の夫、そして別の若い男。

  • Mr. Bingley was good-looking and gentlemanlike; he had a pleasant

    氏Bingleyは格好良いし、紳士的なだ、彼は楽しいしていた

  • countenance, and easy, unaffected manners. His sisters were fine women, with an air of

    表情、そして簡単に、影響を受けないマナー。彼の姉妹はの空気と、素晴らしい女性であった

  • decided fashion.

    ファッションを決めた。

  • His brother-in-law, Mr. Hurst, merely looked the gentleman; but his friend Mr.

    彼の義理の兄弟、氏ハーストは、単に紳士に見えた、しかし彼の友人さん

  • Darcy soon drew the attention of the room by his fine, tall person, handsome

    ダーシーは間もなくハンサム、彼の素晴らしい、背の高い人で部屋の注目を集めました

  • features, noble mien, and the report which

    機能、高貴な物腰、およびレポート

  • was in general circulation within five minutes after his entrance, of his having

    彼の代わり、彼の入場後、5分以内に一般に流通していた

  • ten thousand a year.

    1万年。

  • The gentlemen pronounced him to be a fine figure of a man, the ladies declared he was

    紳士は彼は立派な体格の男であることが顕著に、女性は彼は宣言した

  • much handsomer than Mr. Bingley, and he was looked at with great admiration for about

    あまり氏Bingleyよりhandsomer、と彼は約のための絶賛と思われていた

  • half the evening, till his manners gave a

    half夕方、彼のマナーが与えたまで

  • disgust which turned the tide of his popularity; for he was discovered to be

    彼はであることが発見されたため、彼の人気の潮を回した嫌悪

  • proud; to be above his company, and above being pleased; and not all his large estate

    誇りに思って、彼の会社の上であるために、そして上記喜んでさ、およびすべての彼の大規模な不動産

  • in Derbyshire could then save him from

    ダービーシャー州にしてから彼を救うことができる

  • having a most forbidding, disagreeable countenance, and being unworthy to be

    であることが最も近づきがたい、嫌な表情を持つ、とされ値しない

  • compared with his friend.

    彼の友人と比較。

  • Mr. Bingley had soon made himself acquainted with all the principal people in

    氏Bingleyはすぐに自身があるすべての主要な人と知り合いに作った

  • the room; he was lively and unreserved, danced every dance, was angry that the ball

    部屋、彼は生き生きとして予約されていないだが、すべてのダンスを踊った、怒っていたそのボール

  • closed so early, and talked of giving one himself at Netherfield.

    こんなに早く閉じられ、そしてNetherfieldに一つの彼自身を与えても話しました。

  • Such amiable qualities must speak for themselves.

    そのような和やかな資質は彼ら自身のために話す必要があります。

  • What a contrast between him and his friend!

    何が彼と彼の友人との間のコントラスト!

  • Mr. Darcy danced only once with Mrs. Hurst and once with Miss Bingley, declined being

    ミスターダーシーは、夫人ハーストとし、一回ミスBingleyで一度だけ踊ったという減少

  • introduced to any other lady, and spent the rest of the evening in walking about the

    他の女性に紹介され、約歩くの夜の残りを過ごした

  • room, speaking occasionally to one of his own party.

    部屋、彼自身の政党の一つに時折話す。

  • His character was decided.

    彼の性格が決定されました。

  • He was the proudest, most disagreeable man in the world, and everybody hoped that he

    彼は世界で最も誇り、最も嫌いな人だった、と誰もが彼が期待

  • would never come there again.

    再びそこに来ることはない。

  • Amongst the most violent against him was Mrs. Bennet, whose dislike of his general

    彼に対する最も激しい中でも、その嫌いな彼の一般的なの夫人ベネットは、いた