Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We start off in life being very interested in pleasure and fun. In our earliest years,

    私たちは、喜びや楽しみに非常に興味を持って人生をスタートさせます。私たちの早い時期には

  • we do little but hunt out situations that will amuse us, pursuing our hedonistic goals

    享楽主義

  • with the help of puddles, crayons, balls, teddies, computers and bits and pieces we

    水たまり、クレヨン、ボール、テディ、コンピュータ、ビット&ピースの助けを借りて、私たちは

  • find in the kitchen drawers. As soon as anything gets frustrating or boring, we simply give

    キッチンの引き出しの中にある何かがイライラしたり、退屈になったりするとすぐに、私たちは単に

  • up and go in search of new sources of enjoymentand no one appears to mind very much.

    新しい楽しみの源を探しに行く - そして誰もあまり気にしていないように見えます。

  • Then, all of a sudden at the age of 5 or 6, we are introduced to a terrifying new reality:

    そして、5、6歳の時に突然、恐ろしいほどの新しい現実を目の当たりにすることになります。

  • the Rule of Duty. This states that there are some things, indeed many things, that we must

    義務のルールこれは、いくつかのこと、確かに多くのことがあることを述べています。

  • do not because we like or see the point of them, but because other people, very intimidating

    私たちが好きなので、またはそれらのポイントを参照してくださいではなく、他の人々は、非常に威圧的なので

  • authoritative people who may be almost three times our size, expect us to do themin

    私たちのほぼ3倍の大きさかもしれない権威ある人々は、私たちがそれらを行うことを期待しています。

  • order, so the big people sternly explain, that well be able to earn money, buy a

    順番なので、お偉いさんが厳しく説明してくれるので、お金を稼いだり、買ったり

  • house and go on holiday about 30 years from now. It sounds pretty importantsort of.

    家を建てて、30年後くらいに休暇に行く。それはかなり重要なことのようです - ある意味では。

  • Even when were home and start crying and tell our parents that we just don’t want

    家にいても泣き出して親に「いらないだけ」と言っても

  • to do the essay for tomorrow, they may take the side of Duty; and speak to us with anger

    仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝々々々々々々

  • and impatiencebeneath which there is simply a lot of fearabout how people

    と焦り - 人々がどのようにしているかについて、単に多くの恐怖がある下にある。

  • who can’t complete a simple homework assignment on volcanoes (and want to build a treehouse

    火山の簡単な宿題ができない人

  • instead) will never survive in the adult world. Questions of what we actually enjoy doing,

    代わりに)大人の世界では生き残れません。実際に何をするのが楽しいのかという疑問

  • what gives us pleasure, still occasionally matter in childhood, but only a bit. They

    私たちに喜びを与えてくれるものは、子供の頃にはまだ時折問題になりますが、ほんの少しだけです。彼らは

  • become matters increasingly set aside from the day-to-day world of study, reserved for

    勉強離れ

  • holidays and weekends. A basic distinction takes hold: pleasure is for hobbies, pain

    祝日や週末を利用しています。基本的には区別されています: 快楽は趣味のためのものであり 苦痛は趣味のためのものです

  • is for work. It’s no wonder that by the time we finish university, this dichotomy

    は仕事のためにある。大学を卒業する頃には、この二分法は、不思議ではありません。

  • is so entrenched, we usually can’t conceive of asking ourselves too vigorously what we

    がとても定着しているので、私たちは通常、あまりにも精力的に自分自身に尋ねることを考えることができません。

  • might in our hearts want to do with our lives; what it might be fun to do with the years

    心の中では、自分の人生をどうしたいのか、何年もかけて何をするのが楽しいのか、と思っているのかもしれません。

  • that remain. It’s not the way weve learnt to think. The rule of duty has been the governing

    残っていること。考え方を学んできたわけではありません。義務のルールが支配してきたのは

  • ideology for 80% of our time on earthand it’s become our second nature. We are convinced

    地球上での80%の時間のためのイデオロギー - そしてそれは私たちの第二の自然になっています。私たちは確信しています

  • that a good job is meant to be substantially dull, irksome and annoying. Why else would

    良い仕事とは、実質的に鈍く、厄介で迷惑なものであることを意味しています。なぜ他に

  • someone pay us to do it? The dutiful way of thinking has such high prestige, because it

    誰かがお金を払ってやってくれるのか?従順な考え方には、そのような高い威信があります。

  • sounds like a road to safety in a competitive and alarmingly expensive world. But the Rule

    競争の激しい高価な世界での 安全への道のように聞こえますしかし、ルール

  • of Duty is actually no guarantee of true security. Once weve finished our education, it in

    義務を果たしたからといって 真の安全が保証されるわけではありません一旦教育を終えてしまえば、それは

  • fact emerges as a sheer liability masquerading as a virtue. Duty grows positively dangerous.

    義務は美徳を装った無責任なものとして現れます義務は積極的に危険なものになる

  • The reasons are two-fold. Firstly, because success in the modern economy will generally

    その理由は2つあります。第一に、現代経済での成功は、一般的には

  • only go to those who can bring extraordinary dedication and imagination to their labours

    努力と想像力を持った者に与えられる

  • and this is only possible when one is, to a large extent, having fun.

    - これは、ある程度楽しんでいるときにしかできないことです。

  • Only when we are intrinsically

    私たちが本質的に

  • motivated are we capable of generating the very high levels of energy and brainpower

    やる気のある私たちは、エネルギーと脳力の非常に高いレベルを生成することができます。

  • necessary to stand out from the competition. Work that has been produced merely out of duty will be limp and

    競争に打ち勝つために必要なもの。義務のためだけに作られた仕事は、ぐったりとしたものになってしまいます。

  • lacking next to that done out of love. The other thing that happens when our work is

    愛のために行われたものの次に欠けているものですもう一つのことは、私たちの仕事が

  • informed by our own sense of pleasure is that we get more insightful about the pleasures

    私たち自身の快感によって知らされているのは、私たちが快感についてより洞察力を得るということです。

  • of othersthat is, of the clients and customers a business relies upon. We can best

    他者の、つまりビジネスが依存している顧客や顧客のことです。私たちができることは、以下のとおりです。

  • please our audiences when we have mobilised our own feelings of enjoyment. In other words,

    観客を喜ばせるためには、自分の楽しみの感情を動員することが必要です。言い換えれば

  • pleasure isn’t the opposite of work; it’s a key ingredient of successful work. Yet we

    喜びは仕事の反対ではなく、仕事を成功させるための重要な要素です。しかし、私たちは

  • have to recognise that asking ourselves what we might really want to dowithout any

    私たちは本当に何をしたいのかを自分自身に尋ねることを認識する必要があります。

  • immediate or primary consideration for money or reputationgoes against our every,

    お金や評判のための即時または第一の考慮 - 私たちのすべてに反する。

  • educationally-embedded assumption about what could possibly keep us safeand is therefore

    安全を確保するための教育上の思い込み

  • rather scary. It takes immense insight and maturity to stick with the truth: that we

    むしろ怖い。真実に固執するには 洞察力と成熟度が必要です

  • will best serve othersand can make our own greatest contribution to societywhen

    は、他の人に最高のサービスを提供し、自分自身が社会に最大の貢献をすることができるようになります。

  • we bring the most imaginative and most authentically personal sides of our nature into our work.

    私たちは、私たちの本質の最も想像力に富み、真に個人的な側面を仕事に持ち込んでいます。

  • Duty can guarantee us a basic income. Only sincere, pleasure-led work can generate sizeable

    義務は基本的な収入を保証してくれる。誠実で喜びに満ちた仕事をしてこそ、大きな収入を得ることができます。

  • success. When people are suffering under the rule of duty, it can be helpful to take a

    を成功させることができます。義務のルールの下で人が苦しんでいるときに、それが役に立つのは

  • morbid turn and ask them to imagine what they might think of their lives from the vantage

    病的なターンをして、自分の人生を想像してみてください。

  • point of their deathbeds. The thought of death may usefully detach us from prevailing fears

    死の床のポイントである。死を考えることは、私たちを一般的な恐怖から切り離すのに役立つかもしれません。

  • of what others think. The prospect of the end reminds us of an imperative higher still

    他の人が何を考えているのか終わりの見通しは、私たちにさらなる高次の命令を思い出させます。

  • than a duty to society: a duty to ourselves, to our talents, to our interests and our passions.

    社会に対する義務よりも、自分自身に対する義務、才能に対する義務、利益に対する義務、情熱に対する義務です。

  • The death-bed point of view can spur us to perceive the hidden recklessness and danger

    死の床の視点は、隠れた無謀さと危険性を察知するために私たちを駆り立てることができます。

  • within the sensible dutiful path.

    感覚的な忠誠の道の中で。

We start off in life being very interested in pleasure and fun. In our earliest years,

私たちは、喜びや楽しみに非常に興味を持って人生をスタートさせます。私たちの早い時期には

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 義務 仕事 喜び ルール 自身 楽し

忠実であることの危険性

  • 5712 646
    g2 に公開 2016 年 12 月 06 日
動画の中の単語