Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Why we're fated to be lonely (but that's ok)?

    なぜ私たちは孤独な運命にあるのか(でも、それはそれでいいのです)。

  • There are few more shameful confessions to make than that we are lonely.

    私たちが孤独であることよりも恥ずかしい告白はほとんどありません。

  • The basic assumption is that no respectable person could ever feel isolated unless maybe they've just moved country or been widowed.

    基本的な前提として、尊敬できる人が孤立していると感じることはできないということです。

  • Yet in truth a high degree of loneliness is an inexorable part of being a sensitive, intelligent human.

    しかし、実際には、高度な孤独は、敏感で知的な人間であることの避けられない部分です。

  • Its a built-in feature of a complex existence.

    それは複雑な存在の組み込み機能です。

  • There are several big reasons for this.

    これにはいくつかの大きな理由があります。

  • Much of what we need recognized and confirmed by others, a lot of what it would be extremely comforting to share, is going to be disturbing to society at large.

    私たちが他人に認められ、確認される必要があるものの多くは、それを共有することが非常に快適であると思われるものの多くは、社会全体に迷惑をかけようとしています。

  • Many of the ideas in the recesses of our minds are too odd, contrary, subtle, or alarming to be safely revealed to anyone else.

    私たちの心の奥底にあるアイデアの多くは、あまりにも奇妙で、矛盾していて、微妙で、心配になるようなもので、他の誰にも安全に明かすことができません。

  • We face a choice between honesty and acceptability, and understandably, mostly choose the latter.

    私たちは、正直さと受容性の間の選択に直面し、理解できるように、ほとんどの場合、後者を選択します。

  • It takes a lot of energy to listen to another person and enter sympathetically into their experiences.

    他人の話を聞いて、その人の体験に共感的に入っていくのは、かなりのエネルギーを必要とします。

  • We shouldn't blame others for their failure to focus on who we are.

    自分に焦点を当てられなかったからといって、他人のせいにしてはいけない。

  • They may want to meet us, but we should accept the energy with which they would keep the topic of their own lives at the center of the conversation.

    彼らは私たちに会いたいと思っているかもしれませんが、私たちは彼らが自分たちの生活の話題を会話の中心に置いておくようなエネルギーを受け入れるべきです。

  • We must all die alone, which really means that our pain is for us alone to endure.

    私たちは皆一人で死ななければならない、それは本当に私たちの痛みは私たち一人で耐え忍ぶためのものだということを意味しています。

  • Other can throw us words of encouragement, but in every life we are out on the ocean, drowning in the swell, and others, even the nice ones, are standing on the shore, waving cheerily.

    他の人は私たちに励ましの言葉を投げかけることができますが、どのような人生においても、私たちは海の上に出て、うねりに溺れ、他の人は、たとえ良い人であっても、岸に立って、明るく手を振っています。

  • It´s deeply unlikely that we would ever find someone on exactly the same page of the soul as us.

    私たちと全く同じ魂のページにいる人を見つけることができるとは、とても思えません。

  • We would long for utter congruity, but there will be constant dissonance.

    私たちは完全な一致に憧れるだろうが、一定の不協和音があるだろう。

  • Because we appeared on the earth at different times, are the product of different families and experiences, and are not just made of quite the same fabric.

    なぜなら、私たちは異なる時代に地球上に現れ、異なる家族や経験の産物であり、全く同じ生地で作られているわけではないからです。

  • So, they won´t be thinking just the same as us on coming out of the cinema and looking out of the night sky.

    だから、映画館から出てきて夜空を眺めていても、私たちと同じようなことを考えているわけではありません。

  • Just when we want them to say something high-flown and beautiful, they will perhaps be remembering a painfully banal untimely detail from an area of domestic life, or vice versa.

    私たちが何か高飛車で美しいことを言ってほしいと思っているときに、彼らはおそらく、家庭生活の分野から痛いほど平凡な時期尚早の詳細を覚えているだろうし、その逆もまた然りだ。

  • It is almost comic.

    ほとんどコミカルです。

  • We will almost certainly never meet the people best qualified to understand us, but they do exist.

    私たちは、私たちを理解するのに最適な人に出会うことはほぼ確実にありませんが、彼らは存在しています。

  • Probably, they once walked pass us in the street, but neither of us has the slightest idea of the potential for connection.

    おそらく、道ですれ違ったことがあるのだろうが、二人とも接点の可能性を全く考えていない。

  • Or maybe they died in Sydney two weeks ago, or wouldn't be born until the 22nd century.

    あるいは2週間前にシドニーで死んだか、22世紀になるまで生まれなかったのかもしれない。

  • It isn´t a conspiracy.

    陰謀ではありません。

  • We would just have needed a lot more luck.

    もう少し運があればよかったのですが。

  • The problem is sure to get worse.

    問題は確実に悪化する。

  • The more thoughtful and perceptive we are, there will simply be less people like us around.

    私たちがより思慮深く、鋭敏であればあるほど、単純に私たちのような人は少なくなるでしょう。

  • It isn't a romantic myth.

    ロマンチックな神話ではありません。

  • Loneliness trully is a kind of tax we have to pay to atone for certain complexity of mind.

    孤独は本当に我々が心の特定の複雑さを償うために支払わなければならない税のようなものです。

  • The desire to undress someone is, for a long time, far more urgent than the desire for a good conversation.

    誰かに服を脱がせたいという欲求は、長い間、良い会話をしたいという欲求よりも、はるかに切迫したものです。

  • And so, we end up locked in relationships with certain people we don't have much to say to, because we were once fatefully interested in the shape of their nose or the color of their remarkable eyes.

    そして、我々はかつて運命的に彼らの鼻の形や彼らの顕著な目の色に興味を持っていたので、私たちは、私たちに多くを言う必要はありません特定の人々との関係にロックされてしまいます。

  • And yet, despite all of this, we shouldn't be frightened or discomforted by our pervasive loneliness.

    それなのに、このようなことにもかかわらず、私たちは自分の蔓延する孤独に怯えたり、不快感を感じたりしてはいけないのです。

  • At an exasperated moment near the end of his life, the German writer Goethe, who appeared to have had a lot of friends, exploded bitterly: "No one has ever properly understood me. I had never fully understood anyone. No one understands anyone else."

    人生の終盤近くで、多くの友人に恵まれていたように見えたドイツの作家ゲーテは、苛立ちを爆発させた。"誰も私を正しく理解してくれなかった。私は誰も完全に理解したことがない。誰も私以外の誰も理解していない。"

  • It was a helpful outburst from such a great man.

    そんな偉い人からのお言葉、参考になりました。

  • It isn't our fault. A degree of distance and mutual incomprehension isn't a sign that life has gone wrong.

    私たちのせいではありません。ある程度の距離感とお互いの理解力のなさは、人生がうまくいかなくなった証ではありません。

  • It's what we should expect from the very start, and when we do, benefits can follow.

    最初から期待すべきことであり、期待したときにはメリットが後からついてくることもあります。

  • Once we accept loneliness we can get creative, we can start to send out messages in a bottle.

    寂しさを受け入れたら、クリエイティブになれる、瓶の中のメッセージを発信し始めることができます。

  • We can sing, write poetry, produce books and blogs, activities stemming from the realization that people around us won't ever fully get us, but that others separated across time and space, might just.

    私たちは歌うことができます、詩を書く、本やブログを制作し、私たちの周りの人々が完全に私たちを取得することはありませんが、他の人が時間と空間を隔てて、ちょうどかもしれないことを実現することに由来する活動。

  • The history of art is the record of people who couldn't find anyone in the vicinity to talk to.

    芸術の歴史は、近くに話し相手が見つからなかった人たちの記録です。

  • And we can take up the coded offer of their intimacy in, say, the words of a Roman poet who died in 10 B.C. or the lyrics of a singer who described just our blues in a recording from Nashville in 1963.

    そして、私たちは、紀元前10年に死んだローマの詩人の言葉や、1963年にナッシュビルからの録音でちょうど私たちのブルースを説明した歌手の歌詞で、彼らの親密さのコード化されたオファーを取ることができます。

  • Loneliness makes us more capable of true intimacy if ever better opportunities do come along.

    孤独は私たちをより多くの真の親密さを作ることができるようになります。

  • It heightens the conversation we have with ourselves.

    それは自分自身との会話を高めてくれます。

  • It gives us a character.

    キャラを出してくれます。

  • We don't repeat what everyone else thinks, we develop a point of view.

    みんなが思っていることを繰り返すのではなく、視点を養う。

  • We might be isolated for now, but we'll be capable of far closer, more interesting bonds with anyone we do eventually locate.

    今のところは孤立しているかもしれないが、最終的には誰かを見つけることができれば、より親密で興味深い絆を築けるだろう。

  • Loneliness renders us elegant and strangely alluring.

    孤独は私たちをエレガントに、そして不思議と魅力的にしてくれます。

  • It suggests there's more about us to understand than the normal patterns of social intercourse can accommodate, which is something we can take pride in.

    通常の社交界のパターンよりも 理解すべきことがあることを示唆している それは我々が誇りを持てることでもある

  • A sense of isolation truly is, as we suspect, but usually prevent ourselves from feeling, from fear of arrogance, a sign of depth.

    分離の感覚は、私たちが疑うように、本当にありますが、通常は傲慢の恐怖から、深さの兆候を感じてから自分自身を防ぐことができます。

  • When we admit our loneliness, we are signing up to a club that includes the people we know from the paintings of Edward Hooper, the poems of Baudelaire, the songs of Leonard Cohen.

    孤独を認めるということは、エドワード・フーパーの絵画、ボードレールの詩、レナード・コーエンの歌など、知っている人を含むクラブに入会しているということです。

  • Lonely, we enter a long and grand tradition.

    孤独な私たちは、長く壮大な伝統の中に入ります。

  • We find ourselves surprisingly in great company.

    私たちは、意外にも素晴らしい仲間がいることに気がつきます。

  • Enduring loneliness is almost invariably better than suffering the compromises of false community.

    孤独に耐えることは、偽りの共同体の妥協に苦しむよりも、ほぼ確実に良いことです。

  • Loneliness is simply a price we may have to pay for holding onto a sincere, ambitious view of what companionship must and could be.

    孤独とは、交友関係がどうあるべきか、どうあるべきかという真摯で野心的な見方にしがみつくために、私たちが払わなければならない代償に過ぎないのです。

Why we're fated to be lonely (but that's ok)?

なぜ私たちは孤独な運命にあるのか(でも、それはそれでいいのです)。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 孤独 理解 親密 確実 他人 多く

孤独を運命づけられている理由

  • 41606 3136
    Grovyle に公開 2016 年 11 月 23 日
動画の中の単語