Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Probably a lot of you know the story of the two salesmen

    皆さんの多くは、1900年代にアフリカに行った

  • who went down to Africa in the 1900s.

    靴のセールスマンの話を知っているでしょう

  • They were sent down to find if there was any opportunity

    そこで靴が売れる見込みがあるかどうか調べるために

  • for selling shoes,

    送り込まれたのです

  • and they wrote telegrams back to Manchester.

    彼らからマンチェスターの事務所に電報が返ってきました

  • And one of them wrote,

    彼らの一人はこう書きました:「状況ハ絶望的 中止セヨ

  • "Situation hopeless. Stop. They don't wear shoes."

    誰モ靴ヲ履イテオラズ」

  • And the other one wrote,

    もう一人は書きました:「素晴ラシキ商機ナリ

  • "Glorious opportunity. They don't have any shoes yet."

    マダ 誰モ靴ヲ履イテオラズ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • Now, there's a similar situation in the classical music world,

    クラシック音楽の世界も同じような状況にあります なぜなら

  • because there are some people who think that classical music is dying.

    一方にはクラシック音楽は—

  • And there are some of us who think you ain't seen nothing yet.

    死にかけていると思っている人がいて

  • And rather than go into statistics and trends,

    他方では、まだまだこれからだと思っている人がいるからです

  • and tell you about all the orchestras that are closing,

    そこで、閉鎖しかかっているオーケストラの数や

  • and the record companies that are folding,

    商売をたたもうとしているレコード会社などの

  • I thought we should do an experiment tonight.

    統計の話はやめて

  • Actually, it's not really an experiment, because I know the outcome.

    今晩は実験をしてみようと思います 実験です

  • (Laughter)

    私は結果を知っているので、実験とは言えないかもしれませんが

  • But it's like an experiment.

    まあ実験みたいなものです

  • Now, before we start --

    (笑)

  • (Laughter)

    でもそれを始める前に

  • Before we start, I need to do two things.

    まず、7歳の子どもがピアノを弾いたらどんな感じかを

  • One is I want to remind you of what a seven-year-old child

    思い出してもらおうと思います

  • sounds like when he plays the piano.

    お宅にはこんな子どもがいて

  • Maybe you have this child at home.

    こんな感じかもしれません

  • He sounds something like this.

    (ピアノ)

  • (Music)

    心当たりがある人もいますよね

  • (Music ends)

    さて、彼がそれから一年練習して8歳になると

  • I see some of you recognize this child.

    こんな感じでしょう

  • Now, if he practices for a year and takes lessons, he's now eight

    (ピアノ)

  • and he sounds like this.

    彼があと一年練習しレッスンすると、9歳の彼は;

  • (Music)

    (ピアノ)

  • (Music ends)

    さらに一年練習して10歳になると;

  • He practices for another year and takes lessons -- he's nine.

    (ピアノ)

  • (Music)

    ここでだいたい—

  • (Music ends)

    皆あきらめます(笑)

  • Then he practices for another year and takes lessons -- now he's 10.

    (拍手)

  • (Music)

    彼がもし、もう一年頑張っていたら

  • (Music ends)

    こんな感じだったかもしれません;

  • At that point, they usually give up.

    (ピアノ)

  • (Laughter)

    さて、彼に起きたのは、皆さんの思っているようなことではなくて

  • (Applause)

    つまり彼が突然情熱的になって、熱心になったとか、

  • Now, if you'd waited for one more year, you would have heard this.

    没頭したとか、いい先生についたとか、思春期とかそういうことではなくて

  • (Music)

    本当の理由はリズムを取るのが減ったからです

  • (Music ends)

    つまり、最初に弾いた時は

  • Now, what happened was not maybe what you thought,

    それぞれの音符にアクセントがありました

  • which is, he suddenly became passionate, engaged,

    (ピアノ)

  • involved, got a new teacher, he hit puberty, or whatever it is.

    二回目の時は一つおきにアクセント

  • What actually happened was the impulses were reduced.

    (ピアノ)

  • You see, the first time, he was playing with an impulse on every note.

    私の頭を見ればわかりますよね

  • (Music)

    (笑)

  • And the second, with an impulse every other note.

    9歳、9歳の時には

  • (Music)

    4拍に一回

  • You can see it by looking at my head.

    (ピアノ)

  • (Laughter)

    10歳だと8拍に一回

  • The nine-year-old put an impulse on every four notes.

    (ピアノ)

  • (Music)

    11歳だと楽句全体で一回になります

  • The 10-year-old, on every eight notes.

    (ピアノ)

  • (Music)

    私は―なんで自分がこんな姿勢になるかわからない

  • And the 11-year-old, one impulse on the whole phrase.

    (笑)

  • (Music)

    別に肩を寄せようとか、身体を動かそうとか思ってはいない

  • I don't know how we got into this position.

    いや、音楽がそうさせるわけで

  • (Laughter)

    だからそれを「お尻一つ」奏法と呼んでいます

  • I didn't say, "I'm going to move my shoulder over, move my body."

    (ピアノ)

  • No, the music pushed me over,

    反対側のお尻でもいいんです

  • which is why I call it one-buttock playing.

    (ピアノ)

  • (Music)

    私が若いピアニストとやっているプレゼンテーションを

  • It can be the other buttock.

    見ていた人がいて

  • (Music)

    彼はオハイオにある会社の社長さんだったんですが

  • You know, a gentleman was once watching a presentation I was doing,

    私がその若いピアニストとやっていて言いました:

  • when I was working with a young pianist.

    「お尻二つで演奏しているからいけないんだ」

  • He was the president of a corporation in Ohio.

    「お尻一つにしなさい」と

  • I was working with this young pianist, and said,

    彼が弾いている時にこう押したわけです

  • "The trouble with you is you're a two-buttock player.

    そうしたら演奏が突然良くなって 空に舞った

  • You should be a one-buttock player."

    その違いを聞いていた人たちから驚きの声が上がりました

  • I moved his body while he was playing.

    しばらくして その紳士から手紙をもらいました:

  • And suddenly, the music took off. It took flight.

    「私は感激しました

  • The audience gasped when they heard the difference.

    帰ってから、会社のみんなにも

  • Then I got a letter from this gentleman.

    『お尻一つ』でやらせることにしました」

  • He said, "I was so moved.

    (笑)

  • I went back and I transformed my entire company

    もう一つやっておきたいのは、皆さんに、自分自身を知ってほしい

  • into a one-buttock company."

    たしか1600人いるんですよね

  • (Laughter)

    私の計算では、おそらくこのうち45人は

  • Now, the other thing I wanted to do is to tell you about you.

    クラシック音楽に絶対的な情熱がある

  • There are 1,600 people, I believe.

    クラシックを深く愛している FMラジオは常にクラシックチャンネルだし

  • My estimation is that probably 45 of you

    車にはCDがあって、音楽会も聴きに行く

  • are absolutely passionate about classical music.

    子どもにも楽器を習わせ

  • You adore classical music. Your FM is always on that classical dial.

    クラシック音楽無しの人生なんて考えられない

  • You have CDs in your car, and you go to the symphony,

    これが第一のグループ:非常に少数です

  • your children are playing instruments.

    そして他に、もっと大きなグループがあって

  • You can't imagine your life without classical music.

    クラシック音楽なんて気にかけない

  • That's the first group, quite small.

    (笑)

  • Then there's another bigger group.

    長い一日を終えて家に帰った

  • The people who don't mind classical music.

    ワイン片手に、脚を台に載せて

  • (Laughter)

    BGMがヴィヴァルディでも別に悪くはない

  • You know, you've come home from a long day,

    (笑)

  • and you take a glass of wine, and you put your feet up.

    これが二番目のグループ

  • A little Vivaldi in the background doesn't do any harm.

    三番目は

  • That's the second group.

    クラシック音楽は全く聞かない

  • Now comes the third group:

    全然接点がない

  • people who never listen to classical music.

    空港の副流煙みたいなもので

  • It's just simply not part of your life.

    (笑)

  • You might hear it like second-hand smoke at the airport ...

    大講堂に入る時は

  • (Laughter)

    「アイーダ」の行進曲でもいいが、そうでもなければまったく耳にしない

  • -- and maybe a little bit of a march from "Aida"

    それがおそらく一番大きなグループです

  • when you come into the hall.

    そしてさらに非常に小さなグループがある

  • But otherwise, you never hear it.

    それは自分たちが「音痴だ」と思っている人たちです

  • That's probably the largest group.

    びっくりするくらいの人が自分を音痴だと思っています

  • And then there's a very small group.

    「うちの主人は音痴なんですよ」という女性は多い

  • These are the people who think they're tone-deaf.

    (笑)

  • Amazing number of people think they're tone-deaf.

    実際は音痴などあり得ない 誰も音痴ではないんです

  • Actually, I hear a lot, "My husband is tone-deaf."

    もし音痴なら、マニュアル車の

  • (Laughter)

    ギアチェンジもできない

  • Actually, you cannot be tone-deaf.

    テキサスの人間とローマの人間の

  • Nobody is tone-deaf.

    区別もできないんです

  • If you were tone-deaf, you couldn't change the gears

    そして電話 電話です お母さんが電話してきて

  • on your car, in a stick shift car.

    彼女が「もしもし」という

  • You couldn't tell the difference between

    あなたにはそれが誰だかわかるし、機嫌がいいか悪いかもわかる

  • somebody from Texas and somebody from Rome.

    あなたの耳は素晴らしい 誰の耳もみな素晴らしい

  • And the telephone. The telephone.

    つまり誰も音痴ではないのです

  • If your mother calls

    でも、私はこのまま放っておくわけにいかないんです

  • on the miserable telephone, she calls and says, "Hello,"

    こういう風にクラシック音楽を理解し、

  • you not only know who it is, you know what mood she's in.

    愛し、情熱を傾けている人たちと

  • You have a fantastic ear. Everybody has a fantastic ear.

    それに全く関係がない人たちの隔たりをそのままにしておくのは

  • So nobody is tone-deaf.

    音痴の人というのは、もうここにはいない

  • But I tell you what.

    しかし、ここにいる三つのグループの人たちだけでも、互いにかけ離れている

  • It doesn't work for me to go on with this thing,

    だから、私はここにいる全ての人たち、

  • with such a wide gulf between those who understand,

    一階から一番上の席まで、それに他にも見ている人たちが

  • love and are passionate about classical music,

    クラシック音楽を愛し理解するようにせずにはいられないのです

  • and those who have no relationship to it at all.

    それをこれからやろうと思います

  • The tone-deaf people, they're no longer here.

    それができるということを私自身が露ほども疑っていないのは、

  • But even between those three categories,

    私の顔を見ればわかりますよね?

  • it's too wide a gulf.

    リーダーの特徴の一つは、指導を受けている人たちが

  • So I'm not going to go on until every single person in this room,

    リーダーのどんな夢でも実現する能力があると

  • downstairs and in Aspen, and everybody else looking,

    信じて疑わないことです

  • will come to love and understand classical music.

    キング牧師は言うでしょうか?「私には夢がある

  • So that's what we're going to do.

    もっとも、みんな乗ってくれるかわかんないけど…」

  • Now, you notice that there is not the slightest doubt in my mind

    (笑)

  • that this is going to work, if you look at my face, right?

    オーケー それじゃショパンをやってみましょう

  • It's one of the characteristics of a leader that he not doubt

    これは美しいショパンの前奏曲で、知っている人もいるでしょう

  • for one moment the capacity of the people he's leading

    (音楽)

  • to realize whatever he's dreaming.

    今この部屋で起こったことを私がどう思ったかわかります?

  • Imagine if Martin Luther King had said, "I have a dream.

    私が弾き始めたら、思ったでしょ:「おおなんて美しい響きだ」

  • Of course, I'm not sure they'll be up to it."

    (音楽)

  • (Laughter)

    「来年の夏休みは

  • All right. So I'm going to take a piece of Chopin.

    別なところに行きたいわ」

  • This is a beautiful prelude by Chopin.

    (笑)

  • Some of you will know it.

    可笑しいですよね でしょ? こういう考えを

  • (Music)

    どこからか思いつくなんて

  • Do you know what I think probably happened here?

    そしてもちろん

  • When I started, you thought, "How beautiful that sounds."

    (拍手)

  • (Music)

    もちろん、曲が長くて、その日疲れていたら

  • "I don't think we should go to the same place

    居眠りだってするかもしれません

  • for our summer holidays next year."

    すると相方が横っ腹をつついて言う:

  • (Laughter)

    「起きなさい!ゲージュツのわかんない人ね!」それでもっとひどくなる

  • It's funny, isn't it?

    でも、クラシック音楽を聞いてて眠くなるのは

  • It's funny how those thoughts kind of waft into your head.

    自分じゃなく演奏家のせいだって考えたことありませんか?

  • And of course --

    誰か、私が演奏している時に

  • (Applause)

    「なんでこいつはこんなにリズムをとっているんだ?」って思いましたか?

  • Of course, if the piece is long and you've had a long day,

    私が弾きながら頭を動かしていたら皆さんそう思ったでしょう

  • you might actually drift off.

    (音楽)

  • Then your companion will dig you in the ribs

    そしてこれから一生ずっと、クラシック音楽を聞くたびに

  • and say, "Wake up! It's culture!" And then you feel even worse.

    こういうリズムが聞こえるか、わかるようになるでしょう

  • (Laughter)

    実際はどうなっているか見てみましょう

  • But has it ever occurred to you that the reason you feel sleepy

    これは「シ」です 「シ」 上の音は「ド」です

  • in classical music is not because of you, but because of us?

    そして「ド」の役割は「シ」を悲しく響かせることです

  • Did anybody think while I was playing,

    (笑)

  • "Why is he using so many impulses?"

    作曲家は知ってるんです 悲しい曲にしたいなら

  • If I'd done this with my head you certainly would have thought it.

    シとドを弾くんです

  • (Music)

    (音楽)

  • (Music ends)

    基本的にはシ、哀しみのシ

  • And for the rest of your life, every time you hear classical music,

    (笑)

  • you'll always be able to know if you hear those impulses.

    さて、そこからラ、ソ、ファと下りていく

  • So let's see what's really going on here.

    つまりシ、ラ、ソ、ファ、そしてシラソファっていくと

  • We have a B. This is a B.

    次は何が来ます? ほら、まぐれだっていいんだから

  • The next note is a C.

    もう一度やりますよ

  • And the job of the C is to make the B sad.

    おおTED合唱団!(笑)

  • And it does, doesn't it?

    つまりだれも音痴ではないんです わかる? 誰も

  • (Laughter)

    バングラデシュの村から

  • Composers know that.

    中国の村落まで 誰でもわかっている

  • If they want sad music, they just play those two notes.

    ラ、ラ、ラ、ラ―ラ――― だれでも次は「ミ」だってわかってるんです

  • (Music)

    さて、ショパンは「ミ」には行きたくなかった

  • But basically, it's just a B, with four sads.

    なぜって? だって終わっちゃうんだもん 「ハムレット」みたいに

  • (Laughter)

    ハムレット覚えてます? 第一幕第五場:

  • Now, it goes down to A.

    叔父が父王を殺したのを知る

  • Now to G.

    彼は叔父に近づき

  • And then to F.

    殺す直前で思いとどまる

  • So we have B, A, G, F.

    そしてまた近づき、もう少しで殺すところまで行く

  • And if we have B, A, G, F,

    ずっと後ろの席に座っている批評家達は

  • what do we expect next?

    何か書かなきゃいけないのでこう言う:「ハムレットは先延ばし屋だ」

  • (Music)

    (笑)

  • That might have been a fluke.

    それか「ハムレットはエディプスコンプレックスだ」

  • Let's try it again.

    ちがう でないと劇が終わっちゃうじゃないか ばかばかしい

  • (Music)

    だからシェイクスピアは「ハムレット」にいろいろ詰め込んだんです

  • Oh, the TED choir.

    つまりオフィーリアが発狂し、劇中劇があり、

  • (Laughter)

    ヨリックの骸骨やら、墓掘りやら…

  • And you notice nobody is tone-deaf, right?

    要するに引き延ばしで―第五幕になってようやく殺せる

  • Nobody is.

    ショパンも同じです 彼もミにたどり着きそうになり言うのです:

  • You know, every village in Bangladesh

    「ふむ、いっかい戻ってまたやってみよう」

  • and every hamlet in China -- everybody knows:

    でもう一度やる

  • da, da, da, da -- da.

    そして興奮する

  • Everybody knows, who's expecting that E.

    興奮は別に気にしなくてもいいです

  • Chopin didn't want to reach the E there,

    そしてファのシャープにたどり着き、最後にミに落ち着く

  • because what will have happened?

    でも和音が違う だって彼が探していた和音は

  • It will be over, like Hamlet. Do you remember?

    これで、でも代わりに…

  • Act One, scene three,

    これは偽終止といって、騙すからそういいます

  • he finds out his uncle killed his father.

    自分の生徒には言ってます:「偽終止を使う時は、

  • He keeps on going up to his uncle and almost killing him.

    眉をつり上げるんだ そうするとみんなわかるから」

  • And then he backs away, he goes up to him again, almost kills him.

    (笑)

  • The critics sitting in the back row there,

    (拍手)

  • they have to have an opinion, so they say, "Hamlet is a procrastinator."

    でしょ? それで彼はミにたどり着いたが、和音が違う

  • Or they say, "Hamlet has an Oedipus complex."

    ミにいってみる この和音も違う

  • No, otherwise the play would be over, stupid.

    もう一回ミ また和音が違う

  • (Laughter)

    またミ まだ和音が違う

  • That's why Shakespeare puts all that stuff in Hamlet --

    そしてついに…

  • Ophelia going mad, the play within the play,

    一番前の男性で、こうなさいました 「ふぅーっ」って

  • and Yorick's skull, and the gravediggers.

    彼はきっと家に帰って

  • That's in order to delay --

    長い一日、車のエンジンを切って、言う:

  • until Act Five, he can kill him.

    「ああ、帰り着いた」 みんな帰る場所がどこか知ってます

  • It's the same with the Chopin.

    だからこれは遠くから家に帰ってくる曲なんです

  • He's just about to reach the E,

    この後、通しでお聞かせします

  • and he says, "Oops, better go back up and do it again."

    そしてシドシドシドシ…

  • So he does it again.

    下がってラ、ソ、ファ、

  • Now, he gets excited.

    もうミはすぐそこ でもそれじゃ終わっちゃう

  • (Music)

    でまたシへ上る 興奮する ファのシャープ、ミにいく

  • That's excitement, don't worry about it.

    でも和音が違う 違うんだ そうじゃない

  • Now, he gets to F-sharp, and finally he goes down to E,

    そしてついにミ おかえりなさい

  • but it's the wrong chord --

    そしてごらんのとおり、「お尻一つ」の演奏です

  • because the chord he's looking for is this one,

    (笑)

  • and instead he does ...

    なぜなら、シからミに行くのに

  • Now, we call that a deceptive cadence,

    途中の一つ一つの音について考えるのをやめて

  • because it deceives us.

    長い、長いシからミへの流れを考えはじめるからです

  • I tell my students, "If you have a deceptive cadence,

    南アフリカにいるとしましょう 南アフリカに行ったら

  • raise your eyebrows, and everybody will know."

    ネルソン・マンデラの牢獄の27年を考えないわけにはいかない

  • (Laughter)

    彼は何を思っていたか? 昼飯のことか?

  • (Applause)

    いや違う 彼は南アフリカのビジョンについて考え

  • Right.

    人間について考えた それがつまり―

  • He gets to E, but it's the wrong chord.

    ビジョンの話で、長い線の話です

  • Now, he tries E again.

    野を飛ぶ鳥が

  • That chord doesn't work.

    地上にある垣根を気にしないように

  • Now, he tries the E again. That chord doesn't work.

    それでシからミへのつながりを追いかけてみます

  • Now, he tries E again, and that doesn't work.

    そして私がもう一度通して弾く前にお願いがあります