Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Adam Ruins Everything

    全てを台無しにする男、アダム

  • Hey, Vanessa! 35k a year! Not bad!

    おー、バネッサ!年間 35,000ドル!悪くないね!

  • Megan? Woo, 70k, good going!

    メーガンは?おーっ、70,000 か、おめでとう!

  • Bob, six figures, very impressive

    ボブは 6 桁に乗ってるね、なかなかスゴイじゃん。

  • And Charles! $6... dollars? You only make $6 a year?

    それからチャールズ!ろ…6 ドル?年間たったの 6 ドルしかもらってないの?

  • Asking for a raise is mean...

    給料上げてくれなんて、失礼で頼めないよ…

  • STOP THIS RIGHT NOW ADAM! You can't discuss salaries openly like this!

    アダム!そんな事は今すぐやめてくれ!他人の給料に関してこんなにオープンに話しちゃダメだよ!

  • Why not?

    なんで?

  • Because it's... illegal.

    だって…それって違法なんだ。

  • No. It definitely isn't.

    いやー、そんな事は絶対ないでしょ。

  • The right to show your salary is protected by the National Labor Relations Act.

    給与額情報を他者と共有する権利は、全国労働関係法によって保護されています。

  • Employees have the right to engage in... urgh, man this comic is boring.

    従業員が関与する権利を持つ対象は… あー、このマンガってつまんなすぎる。

  • You get the idea.

    言いたいことは分かるでしょ。

  • And being public with your salary actually benefits you.

    そして、自分の給料に関して公にすることは自身にとってもプラスになるんです。

  • So, without further ado...

    というわけで、早速行ってみましょう…

  • NO! I mean, even if it's legal, it makes me really uncomfortable.

    やめてよ!だって、合法だとしても、私は絶対気分が悪いもん。

  • Exactly. Americans have an enormous taboo against talking about money.

    そうなんだよ。アメリカ人ってお金のことを話すのはとってもタブー視するんだ。

  • Most people would rather discuss about their sex lives than their salaries.

    大抵の人は、給料の話をするくらいなら自分の性生活の話をするでしょ。

  • It's the only way I enjoy fingers during intercourse.

    指はそうやって動かすのが最高なんだよ。

  • Aww, fascinating.

    へぇ、なるほどね。

  • Say, how much money do you make?

    じゃあ、給料どれくらいもらってんの?

  • (slap) HOW DARE YOU!

    (ひっぱたく)何てこと聞くんだ!

  • Oh god!

    ぐぁー、痛ェー!

  • But all that taboo does, is take power away from the employee, and give it to the company.

    でもそういったタブーがもたらすのといったら、従業員の権力を失わせて会社側に全権が移動してしまうことぐらいしかないんだよ。

  • But if people know how much money I make, they'll resent me!

    でも私がいくら稼いでいるか知ったら、皆、私に対して腹を立てるもん!

  • I mean, they'll know that I'm filthy, stinky... middle class!

    だってホラ、私って、ずるくて金に汚い…中流階級の人間だもん!

  • No they won't. They'll resent the company!

    そんなことはないんだよ。会社に対して怒りの矛先は向くんだ!

  • Look, here's what you think will happen if you share your salary.

    あのね、皆は自分の給料の額を公表したらこういう感じになると思ってんの。

  • I make 85k a year.

    オレ、年収は 85,000 ドル。

  • You dickhead.

    ふざけんなよ、テメー。

  • You should make less money!

    そんなに稼いじゃダメだ!

  • And here's what would actually happen.

    そして、実際に起こるのはこちら。

  • I make 85k a year.

    オレ、年収は 85,000 ドル。

  • You dickhead. I should make more money.

    ふざけんなよ、テメー。オレだってそれぐらいもらえるべきだろ。

  • Bosses like Benny love it when you keep your salary a secret.

    ベニーみたいな経営者にとっては、従業員が給料を秘密にし合うと好都合なんだよ。

  • Because it tilts paying negotiations in their favor.

    だって、そうすると給料交渉の際に会社側に有利にはたらくから。

  • It's a concept called information asymmetry.

    これは情報の非対称性、って呼ばれるやつで、

  • If you don't know what the going rate is for your salary, it's easier for the company to rip you off.

    自分の職種の一般平均給与額を知らなければ、会社に都合のいい額で働かされてしまう可能性が高くなるんだよ。

  • I can only offer you $100 a day.

    私からは 1 日 100 ドルしか払えないんだ。

  • I Guess that's what everyone here makes.

    まあ、他の皆がもらってる額もそれぐらいなんでしょうね。

  • And this perpetuates the pay gap.

    そして、こういった状況だと給料格差が無くなることはないんだよ。

  • For instance, African American women makes 64 cents for every dollar the average white guy makes.

    例えば、アフリカ系アメリカ人の女性は一般の白人男性に比べて給料は 64 %分しかもらえていないんだ。

  • I can only offer you $64 dollars a day.

    私からは 1 日 64 ドルしか払えないんだ。

  • I guess that's what everybody here makes.

    まあ、他の皆がもらってる額もそれぐらいなんでしょうね。

  • The bottom line is, if you don't have all the information, you can get scammed, big time!

    根本的には、こちらが十分な情報を持っていないと、かなりの損をすることになるってこと!

  • We can only offer you $6 dollars a year.

    私からは年間 6 ドルしか払えないんだ。

  • I guess that's what everyone here makes...?

    まあ、他の皆がもらってる額もそれぐらいなんでしょうね…?

  • ha

    ハハッ

  • Buddy, how do you survive?

    お前さ、どうやって生活できるんだよ?

  • I live here...

    ここに住んでるんだ…

  • Discussing your salary with your co-workers is your right as an employee.

    自分の給料について同僚と相談をするのは、従業員としての皆の権利なんだよ。

  • When you let these guys stop you from doing it, you push your own wages down.

    こいつらにそれを阻止されているうちは、自分自身の給料が低く抑えられたままなんだ。

  • Which means you're spending more years of your life slaving away in a job that doesn't pay you what you're really worth.

    ということは、人生の長い時間を本来受けるべき額の報酬を得られずに安くこき使われていることになる、というわけだよ。

  • You're right!

    その通りだわ!

  • All of this is a waste of time.

    これって何もかも時間の無駄だったのね。

  • Hahahaha you're saying all of these people are wasted, and it's not even 5 o'clock.

    ハハハハハ、ここにいる全員が酔っぱらてるっていうけど、まだ 5 時にもなってないのに。

  • That's a joke.

    これ、ジョークなんだけど。

  • Stop trying to lighten the mood with your fantastic boss humor.

    雰囲気を和らげようとして、くだらないボス・ジョークをかましてごまかさないでよ。

  • This is all your fault.

    全部、アンタのせいなんだから。

  • My name is Shanan Monroe, and I make 30k a year.

    私はシェイナン・モンロー、年収は 30,000 ドル。

  • My name is Becca Neeson, and I make 40k a year.

    私はベッカ・ニーソン、年収は 40,000 ドル。

  • My name is Charles Wicked, I make $6 a year, and I demand a raise!

    私はチャールズ・ウィケッド、年収は 6 ドル、従って昇給を要求する!

  • ... please?

    …いいですか?

  • I want a raise too!

    オレも昇給を求める!

  • Revolution!

    革命を!

  • MORE MONEY! MORE MONEY!

    給料アップ!給料アップ!

  • Yes! Share your salaries with the world!

    そうそう!自分の給料を周りに伝えるんだ!

  • Negotiate! For better wages!

    交渉をして!好条件を勝ち取れ!

  • You can achieve informational symmetry!

    情報の対象性は達成できるんだ!

  • For knowledge is power!

    知識は力なり!

  • Stop right there.

    そこまでだ。

  • Everybody loved me.

    皆、私の事を慕ってくれていた。

  • I WAS A GOOD BOSS.

    私は、良い経営者と思われていたんだ。

  • And you destroyed everything Adam.

    でもアダム、お前のせいで全てが台無しになったんだよ。

  • Now you pay.

    責任を取ってもらおうか。

  • Don't do it Benny. I bruise easily.

    ベニー、やめてくれ。オレ、アザができやすい体質なんだ。

Adam Ruins Everything

全てを台無しにする男、アダム

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 給料 年収 ドル 従業 アダム 払え

同僚と給料の話をするのはアリ? (Adam Ruins Everything - Why You Should Tell Coworkers Your Salary)

  • 38253 1750
    Kristi Yang   に公開 2019 年 06 月 26 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す