Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Johnny and his girlfriend Rachel weren't getting on well after two years together.

    ジョニーとその彼女レイチェルは 2 年間交際するも、仲がうまくいっていませんでした。

  • There were lots of arguments, sometimes quite stormy ones.

    口喧嘩を頻繁にし、時にはそれがひどく激しくなることもありました。

  • When one night, Johnny smashed his fist through the kitchen door.

    ある夜、ジョニーはキッチンのドアをぶち破りました。

  • A friend suggested, he might try therapy.

    友達は彼に心理療法を試してみるように勧めました。

  • It felt odd at first to be in a room with a stranger, who wanted nothing more than to listen to him closely.

    彼の言うことにじっと耳を傾けたがる一人の見知らぬ人と同じ部屋にいることに対して最初は違和感を覚えました。

  • She asked what fights between him and Rachel were about.

    セラピストは彼とレイチェルは何について喧嘩をするか尋ねました。

  • "Oh, this and that." Said Johnny.

    「いろいろです。」とジョニーは言いました。

  • Was there anything else he was sad about in his relationship?

    二人の関係で何か悲しいと思うことは他にありませんか?

  • "Sad" was a useful word to use.

    「悲しい」は便利な言葉です。

  • It made Johnny feel that his anger wasn't some kind of horrible madness, which was the vibe he tended to get from all other observers.

    ジョニーは怒りはひどい狂気などではないと思わされました。彼は日頃周囲の人々からそのような空気を感じていたのです。

  • His anger was coming from a place of weakness and inadequacy, which, crucially, a therapist could understand.

    彼の怒りは弱さや力不足から来ていました。重要なことに、それをセラピストはわかってあげることができました。

  • And not immediately judge him for.

    それも彼の行為からそのまま判断しませんでした。

  • There was a lot of sadness around sex.

    性行為に関して大きな悲しみが潜んでいました。

  • Johnny and Rachel had been going for months without too much of it.

    ジョニーとレイチェルは性行為の頻度が少ない状態が数ヶ月続いていました。

  • Johnny would try sliding a hand over gently, but Rachel would subtly ignore him, pretending to fall asleep.

    ジョニーは優しく手を滑らせるも、レイチェルは彼を無視し、寝ているフリをしました。

  • The rejection was silently killing Johnny, and was at the root of his increasing coldness and snappiness with Rachel.

    この拒絶はジョニーを心の中で痛めつけ、これは彼のレイチェルに対する冷淡さとキレやすさの根源にありました。

  • "That must feel pretty painful to be turned down," said the therapist,

    「拒絶されるのはかなり辛いはずですね」とセラピストは言いました。

  • in such a sympathetic way, that Johnny, who is an ex-marine, felt tears welling up.

    親身になって聞いてくれることに、元海軍のジョニーは涙が込み上げるのを感じました。

  • Johnny began talking of his childhood.

    ジョニーは彼の子供時代について話し始めました。

  • He'd grown up in Texas and had never known his father.

    彼はテキサスで育ち、父を見たことがありません。

  • His mother had been beautiful, volatile, and an alcoholic.

    彼の母は美しく、気まぐれで、アルコール依存症でした。

  • He always had a sense that he was a burden to her.

    彼はいつも自分のことが母の負担であると感じていました。

  • He'd been a chubby boy, slow at school, shy at home.

    彼はぽっちゃり太っていて、学校の成績は悪く、家では恥ずかしがり屋でした。

  • When he was fourteen, she'd left him in the care of her sister, and had gone to live with a lover in Chicago.

    彼が 14 歳の時、母は彼を姉妹の元に置き去り、シカゴにいる愛人のところへ移り住みました。

  • Johnny and his mother rarely saw each other now.

    今ジョニーは母と会うことはほとんどありません。

  • Beneath Johnny's outward strength, not far beneath, was a sense he was unacceptable to the core of his being, unable to sustain even his own mother's interest.

    ジョニーの外面的な強さのすぐ下には、母の関心さえ長続きさせることができなかった自分は心の奥底まで受け入れられない存在であると感じていました。

  • The feeling of self-loathing and shame was easy to reawaken.

    自己嫌悪と恥は容易に呼び覚まされます。

  • And Rachel's sexual disinterest played right into it.

    レイチェルの性的無関心はそれをちょうど助長してしまったのです。

  • The problem was that Johnny wasn't good at translating his hurt into anything another person could understand.

    問題はジョニーが彼の心の苦痛を他人が理解することができる行為にうまく置き換えれなかったことです。

  • Let alone sympathize with him for.

    他人はましてや彼に同情することはできませんでした。

  • We tend not to be endeared by people who'd call us rude words and break furniture, however vulnerable they might be feeling inside.

    失礼な言葉をかけたり、家具を壊したりするような人は、心の中でどんなに無防備に感じていようが、自分のことを慕ってくれていないと私たちに思わせてしまいます。

  • Rachel had come to see her boyfriend as a bully, not a hurt, lost boy,

    レイチェルは彼のことを弱い者いじめをする人として見るようになりました。心が傷つき迷った男の子ではなく。

  • Though that was, beneath it all, perhaps precisely what he was.

    しかし心の奥では、彼はまさしくそうであったかもしれません。

  • The therapist suggested something as basic as it was brilliant.

    セラピストはある簡単かつ非常に役立つ提案を出しました。

  • Rather than trying and failing to have sex.

    性行為を試みて失敗するより、

  • Johnny should tell Rachel a little bit more about what it felt like to be him, when his hand laid rejected, untouched by her in the bed.

    ジョニーは彼の手がレイチェルに触られることなく拒絶された時にどう感じたかを彼女に話すべきだと提案しました。

  • Most importantly, he had to stay calm when he explained himself to her.

    最も大事なことは、彼が彼女に説明するときは落ち着きを保つことです。

  • On the basis that, unlike when he'd been young, he now had agency, and choice, and a possibility of maturity.

    それに基づくと、若い頃とは違い、彼は主体性、選択、それから成熟の可能性が生まれます。

  • Put like this, Rachel understood at once.

    このような言い方をすると、レイチェルはすぐに彼を理解しました。

  • She didn't have some macho guy at her hands; she was picking up on echoes of a lost, scared boy, whom she actually cried for when it was explained to her like this.

    彼女の傍らにはある一人のマッチョな男がいるわけではなく、迷って怯えた男の子の面影を感じ取り、このような言い方で説明された時は彼女は彼のために泣きました。

  • It wasn't that Johnny and Rachel immediately had sex all the time.

    ジョニーとレイチェルはその後すぐに性行為の頻度が増えたわけではありませんでした。

  • Rachel's job often left her not in the mood.

    レイチェルは仕事の後、その気になれないことが多かったのです。

  • But the meaning of lack of sex changed between them.

    彼らの関係において性行為の欠如が示す意味が変わりました。

  • Rachel understood how Johnny might interpret her tiredness, and took steps to reassure him of her basic love for him.

    レイチェルはジョニーが彼女の疲労をどう受けとるかもしれないかを理解し、彼に対する根底的な愛を示して安心させてあげるための措置を取りました。

  • Johnny better understood why rejection had a habit of stirring up such uncontrollable hurt in him.

    ジョニーは拒絶がなぜ彼の心の中で制御不能な苦痛を掻き立てる傾向にあるのかをより理解しました。

  • Johnny gradually lost the old sense of helplessness.

    ジョニーは長年悩まされた無力感は徐々になくなりました。

  • "She isn't my mother, and I'm not a little boy at her mercy,"

    「彼女は自分の母ではなく、自分は彼女に振り回される男の子でもない。」

  • he stated one day in therapy,

    心理療法で彼はこう述べました。

  • and it felt like the most obvious and momentous of points.

    彼は最も明らかで重要な点であるように感じました。

  • Johnny took on board what belonged to the past and what belonged to now.

    ジョニーは何が過去に属し、何が現在に属すかをわきまえました。

  • The therapy lasted over a year.

    心理療法は 1 年以上続きました。

  • Johnny and Rachel are going to be married soon.

    ジョニーとレイチェルはもうすぐ結婚します。

  • The School of Life offers therapy in person or over Skype.

    The School of Life は Skype を通して心理療法を提供しています。

  • Click here for details.

    詳細はここをクリックしてください。

Johnny and his girlfriend Rachel weren't getting on well after two years together.

ジョニーとその彼女レイチェルは 2 年間交際するも、仲がうまくいっていませんでした。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ジョニー レイチェル 行為 セラピスト 療法 感じ

性的拒絶 (Sexual Rejection)

  • 45165 2419
    Tim に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語