Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In 1997, JK Rowling published Harry Potter and the Philosopher's stone.

    1997年に、J・K・ローリングはハリー・ポッターと賢者の石を出版しました。

  • But most of her audience didn't actually read that book.

    しかし彼女の読者の大部分は実際にその本を読んだことがありません。

  • They read Harry Potter and the Sorcerer's stone.

    彼らはハリー・ポッターと魔法使いの石を読んでいました。

  • Or Harry Potter A L'Ecole des Sorciers.

    つまりハリー・ポッターと魔法使いの石のフランス語版

  • Harry Potter va Sang-e Jadu.

    ハリー・ポッターと魔法使いの石のペルシア語版

  • Harry Potter y la Piedra Filosofal.

    ハリー・ポッターと魔法使いの石のスペイン語版です。

  • The bewitching Harry Potter books have reached readers in over 200 territories in over 60 languages.

    魅惑的なハリー・ポッターの本は60を超える言語に訳され、200を超える国々に読者がいます。

  • The authorized translations came from separate publishing houses with little oversight from the author.

    著者の許可を得た翻訳家たちは著者からほとんど監視されずに別々の出版社から雇われていました。

  • So translators were not only tasked with adapting the text from English into their target languages and cultures.

    そのため、翻訳家たちは英語の原文を対象となる言語と文化に脚色するだけではなく、

  • But also making assumptions about Rowling's intentions and translating the spirit of her approach.

    ローリング氏の意図を憶測し、彼女の本へのアプローチの仕方の精神を翻訳しようとしました。

  • Their task was particularly challenging because the Harry Potter series is filled with invented words, alliteration, wordplay, and British cultural references.

    翻訳家たちの仕事はとても挑戦的なものとなりました、その理由はハリー・ポッター・シリーズは多くの架空の言葉、頭韻法、しゃれ、イギリス文化関連で満ち溢れていたからです。

  • The main characters' first names: Harry, Hermione, and Ron mostly stayed the same across languages.

    主要人物の下の名前は、ハリー、ハーマイオニー、ロンとほぼ他の言語でもそのままでしたが、

  • With small changes to accommodate different alphabets and phonetics.

    アルファベットや発音は多少変更されました。

  • That's easy enough for conventional names like Harry Potter.

    ハリー・ポッターといった慣用名は簡単でした。

  • But many of the other proper names in the book carry loaded meaningsmeanings that would be lost if it's not translated.

    しかし本の中の固有名詞の多くはいろんな意味を含んでいてー翻訳されない場合は意味合いが失われてしまうほどでした。

  • Take Severus Snape. The name invokes severity and sounds like "snake".

    セブルス・スネイプを例にあげます。この名前は厳格さと“蛇”という音感を思い起こさせます。

  • So the Italian translator made the jump and named him Severus Pitonwhich is basically python.

    そのためイタリア語の翻訳家は飛躍して、彼をサベルス・ピトンーつまりパイソン、ニシキヘビと呼びました。

  • In French, he's Severus Rogue which means Severus "Arrogance", as you can tell, both solutions sacrificed Rowling's alliteration.

    フランス語では彼はセヴェルー・ローグで、意味合いはセヴェルス"傲慢"です。ご覧のとおり、どちらの翻訳でもローリング氏の頭韻法をいかせませんでした。

  • The name "Hogwarts" combines two English words, but because the name stayed the same in most languages, those connotations were lost for those readers.

    “ホグワーツ”という名前は2つの英語の言葉が合わさっていて、ほとんどの言語で名前はそのままでしたが、この言外の意味合いが失われてしまいました。

  • In an attempt to preserve Rowling's approach to the school's name, the French translator used "Poudlard".

    ローリング氏の学校名へのアプローチの仕方を守るため、フランス語の翻訳家は“プーラー”という言葉を使いました。

  • "Pou du lard" means lice of bacon or fat.

    “プー・ドゥ・ラー”とはシラミ、ベーコン、脂肪という意味があります。

  • The Hungarian version went with "Roxfort" a mix of the British university Oxford and Roquefort—a well known blue cheese.

    ハンガリー語版は“ロックスフォート”で、これはイギリスの大学のオックスフォードと有名なブルーチーズのロックフォールをかけています。

  • The house names and founders, also experienced unique changes in some of the target languages.

    屋号や創設者の名前も翻訳された言語では独特な変更がなされました。

  • In Catalan the names became: Nícanor Griffindor, Sírpentin Slytherin, Mari Pau Ravenclaw, and Horténsia Hufflepuff.

    カタロニア語では名前はこう変更されました:ニケノー・グリフィンドー、サルペンティン・スリセリン、マリ・パウ・レイヴェンクロー、オテンシア・ハッフルパフなどです。

  • There is a ton of word play that happens in the Harry Potter books as well.

    その上、ハリー・ポッターの本には、すごい量のダジャレもあります。

  • The famous Diagon Alley, a play on the word "diagonally" and the infamous Knockturn Alley from "nocturnally".

    有名なダイアゴン・アレーは""diagonally(斜めに)"に由来され、悪名高きノックターン・アレーは""nocturnally(夜間に)"に由来しています。

  • This type of pun is a real puzzle for translators, and most dropped it in favor of literal translations.

    こういったタイプのダジャレは翻訳家たちにとっては当惑でしかなく、ほとんどの人たちが言葉通りの翻訳を採用してしまいました。

  • The Spanish translator was able to at least rhyme with "callejón diagon".

    スペイン語の翻訳家は少なくとも“カエホン・ダィアゴン”と韻を踏むことができました。

  • And translators had several approaches to Quidditch, an invented game made from the invented words Quaffle, Bludger, and Snitch

    つまり架空の言葉のクォフル、ブラッジャー、スニッチからできた架空のゲームであるクィディッチにはいろんな手法が取られました。

  • The 3 types of balls used in the game.

    この3つは試合で使われる3つのボールのことですが。

  • In Spanish, the words were not changed. The French translator kept the word Quidditch but changed the names of the balls.

    スペイン語では、言葉は変更されませんでした。フランス語の翻訳家はクィディッチは変更しませんでしたが、ボールの名前を変更しました。

  • And others changed the game's name altogether.

    そして他の言語の翻訳家たちは試合の名前をすべて変更してしまいました。

  • In Dutch, quidditch is "Zwerkbal".

    オランダ語では、クィディッチは“ゼアックボ”です。

  • In Norwegian, it's "Rumpeldunk".

    ノルウェー語では、“ランペルダンク"です。

  • OWLS and NEWTS, standardized tests in the wizarding world, weren't always able to retain their animal acronyms.

    OWLSやNEWTSは魔法の世界での標準テストのことですが、頭文字で動物の名前を作る事をすべての言語ではできませんでした。

  • But in Swedish their implied meanings remained while the wording was changed.

    でもスウェーデン語では言葉自体は変りましたが、意味合いを保つことができました。

  • OWLs became Grund Examen i Trollkonst or G.E.T meaning goat in Swedish.

    OWLsはグルンド・エグザミン・イ・トロルコンストつまりG.E.Tとなり、意味はスウェーデン語でヤギです。

  • And NEWTs were changed to Fruktansvärt Utmattande Trollkarls Test or F.U.T.T. derived from "futtig" meaning measly or mean.

    そしてNEWTsはフルックタンゼベート・ウットゥマタンデ・トロルクルス・テストつまりF.U.T.T.に変更され、この音感はフッティグ、つまりみみっちい、とか卑劣なという意味合いです。

  • The infamous anagram of Tom Marvolo Riddle's name was altered by many translators to achieve the same revelation of "I Am Lord Voldemort".

    トム・マールヴォロ・リドルの名前は悪名高きつづり換えの名前ですが、多くの翻訳家によって“私がヴォルデモート卿である”と暴露するように変更されました。

  • In Danish, Tom is named "Romeo G. Detlev Jr".

    デンマーク語ではトムは"ロメオ・G・デル・ユニア"と変えられました。

  • And in French he is "Tom Elvis Jedusor", which was extra clever because "Jeu du sort" means "fate riddle".

    フランス語では“トム・エルヴィス・ジュデソー”となりましたが、これは非常に賢いネーミングで"ジュ・デ・ソー"には“運命の謎”という意味があります。

  • Culturally, the Harry Potter series is unmistakably British but translating that for a global group of readers wasn't easy.

    文化的に間違いなくハリポッター・シリーズはイギリスそのものでありますが、世界中の読者への翻訳は簡単ではありませんでした。

  • Some food items were changed to make them seem less foreign for the target country.

    いくつかの食べ物はその国であまり外国的ではないものへと変更されました。

  • Sherbet lemons, a popular candy item in Britain, became krembo, a chocolate covered sweet from Israel.

    シャーベット・レモンはイギリスでは人気のあるキャンディーですが、イスラエルではクレンボと呼ばれるチョコで覆われたお菓子に変更されました。

  • Crisps became chips in the US and in the Arabic version, bacon became eggs.

    ポテトチップスはアメリカではチップスと変更され、アラビア語版ではベーコンは卵へと変更されました。

  • Sometimes a foreign setting undergoes translation too.

    時には外国語での舞台が置き換えられることもあります。

  • For the Ukrainian translation, the atmosphere of an English boarding school was swapped out for an orphanage.

    ウクライナ語の翻訳には、イギリスの寄宿舎の雰囲気は孤児院へと入れ替わりました。

  • In the books and films, Hagrid has a provincial west country accent.

    本と映画ではハグリッドはイギリス西部の地方の訛りがあります。

  • Hagrid: "No? Blimey Harry, didn't you ever wonder where your mum and dad learned it all?".

    ハグリッドが言います、「んでねぇって? 何てこった、ハリー、おめのママやパパがどさで習ったかば知りたぐねの?」

  • "You're a wizard, Harry.".

    「ハリー、おめは魔法使いだ」

  • For the Japanese translations, it was replicated by usinghoku dialect, which is a pastoral accent from northeastern Japan.

    日本語版の翻訳では、日本の東北地方のいなか訛りである東北訛りを使って再現されています。

  • Other translators chose to have Hagrid simply speak more informally, while others dropped his accent entirely.

    他の国の翻訳家たちはハグリッドが単純にくだけた感じでしゃべるのを選び、一方では彼の訛りを完全に無くしたりしました。

  • Despite translators' best efforts to remain true to the text some things still were lost in translation.

    原文に忠実であろうとする翻訳家たちの懸命なる努力にも関わらず、一部はやはり翻訳の段階で意味が失われてしまいました。

  • In the mainland Chinese editions of Harry Potter there were footnotes to explain puns and cultural references.

    ハリー・ポッターの中国本土版ではだじゃれや文化関連を説明する補足説明があります。

  • The Spanish translator sometimes used italics to signal an invented word with no translation.

    スペイン語の翻訳家はときにイタリック体を使って、翻訳せずに架空の言葉を指し示すようにしています。

  • But in the end, it doesn't matter if you're reading Harry Potter and Philosopher's Stone or the many translations of it.

    しかし結局は、ハリー・ポッターと賢者の石を読んでいようが、翻訳版を読んでいようが問題ではありません。

  • One thing that always seems to translate...

    常にひとつ翻訳されうることは

  • Is the love fans around the world share for tales of...

    世界中のファンがこの物語を愛をもって共有するということ

  • "The Boy Who Lived".

    "生き残った男の子"という物語を。

In 1997, JK Rowling published Harry Potter and the Philosopher's stone.

1997年に、J・K・ローリングはハリー・ポッターと賢者の石を出版しました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

C1 上級 日本語 ハリー 翻訳 変更 魔法使い 名前 意味合い

ハリー・ポッターとその翻訳者の悪夢 (Harry Potter and the translator's nightmare)

  • 31920 1414
    Sh, Gang (Aaron)   に公開 2018 年 06 月 22 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す