Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Somewhere, hidden among-st thorny brambles, is a little kingdom of elves and fairies.

    どこかに、とげのある茂みの間に隠れて、エルフと妖精の小さな王国があります。

  • Everyone who lives here is very, very small.

    ここに住んでいる人は皆、とてもとても小さいです。

  • I’m Ben Elf. [blow horns] woof woof

    ベン・エルフだ[ホルンを吹いて] ウーッ ウーッ ウーッ

  • And I’m Princess Holly.

    私はホリー姫です

  • Come on, let’s play!

    さあ、遊びましょう!

  • Wait for us!

    待ってろ!

  • Today’s adventure starts at the little castle.

    今日の冒険は小さなお城から始まります。

  • This is a perfect day for a royal fairy picnic.

    王室御用達の妖精のピクニックにはもってこいの一日です。

  • Good idea, Queen Thistle.

    いい考えだ、女王アザミ

  • Hooray! I love picnics!

    万歳!ピクニック大好き!

  • Nanny Plum, prepare the royal picnic basket.

    ナニープラム、王室のピクニックバスケットを用意して。

  • Yes, your Majesty, and will we be having magic jelly for pudding?

    はい 陛下 プリンには魔法のゼリーを?

  • Err….maybe we should give the magic jelly a miss this year?

    えーと...今年は魔法のゼリーは見送った方がいいのかな?

  • But we always have magic jelly at the royal picnic.

    でも、ロイヤルピクニックではいつも魔法のゼリーを食べています。

  • Well, if you promise not to flood the entire kingdom with jelly, like last year.

    去年のように王国全体にゼリーを 撒き散らさないと約束してくれればね

  • Trust me, your Majesty. Nothing will go wrong this time.

    信じてください 陛下今回は何も問題ありません

  • Mummy, can Ben come on the picnic?

    ママ、ベンもピクニックに行ける?

  • But, Holly, Ben is an elf.

    でも、ホリー、ベンはエルフだよ。

  • And this is a royal FAIRY picnic.

    そして、こちらは王道のFAIRYピクニック。

  • Please can Ben come!? He’s my best friend.

    ベンが来てくれる?彼は親友なの

  • Well, I suppose, as he’s your best friend.

    彼はあなたの親友だからね

  • Hooray! I’ll ring him.

    やったー!彼に電話してみる

  • Hello? Mrs Elf speaking.

    もしもし?エルフさんです

  • Hello, Mrs Elf. Can I speak to Ben, please?

    こんにちは エルフさんベンと話せますか?

  • Righto. Ben, it’s Princess Holly.

    そうだなベン ホリー姫だ

  • Hi, Holly

    やあ ホリー

  • Hi, Ben. Would you like to come on the royal fairy picnic today?

    こんにちは、ベン。今日は王室の妖精のピクニックに来ませんか?

  • Yes, please!

    はい、お願いします!

  • Good! Come to the castle as quick as you can.

    いいぞ!早くお城に来てください。

  • Mom, I’ve been invited on the royal fairy picnic.

    ママ、王室の妖精のピクニックに招待されたの。

  • How lovely! Youll need plenty of food, so you have enough food to share. What would you like?

    なんて素敵なんでしょう。沢山の食べ物が必要になるので、おすそ分けできるくらいの量が必要になります。何がいいですか?

  • Umpies, cheese and some fruit, please?

    えーと...パイとチーズとフルーツをお願いします

  • I’ll put in a whole strawberry. Then you have enough to everyone.

    いちごを丸ごと一個入れる。そうすれば、みんなに十分な量が入る。

  • Thanks mum.

    ママ、ありがとう。

  • Bye! See you later.

    (美月)バイバイ!またね

  • Look everyone, its Ben.

    みんな見て ベンよ

  • Hello, everyone.

    皆さん、こんにちは。

  • This should be fun. Weve never had an elf before on our royal picnic before.

    楽しそうだな王室のピクニックでエルフを使ったのは初めてです。

  • Thank for inviting me. That looks heavy. Can I help you carry it?

    招待してくれてありがとう重そうだなお持ちしましょうか?

  • Oh, thanks, Ben.

    ありがとう ベン

  • Oh. But it’s really light.

    あー。でも、本当に軽いんですよ。

  • It’s a magic basket. Don’t worry, Ben. Youll see.

    魔法のバスケットだ 心配するな ベン 今にわかる

  • Look! It’s Gaston the Ladybird.

    見ろ テントウムシのガストンだ

  • Hi, Gaston. Daddy can Gaston join our picnic?

    こんにちは、ガストン。パパ、ガストンもピクニックに参加できる?

  • I’m not sure. What did you say?

    確信が持てません。 何て言ったの?

  • Nanny Plum can speak Ladybird language.

    ナニープラムはてんとう虫語が話せる。

  • Gaston says he would like the pleasure of joining Princess Holly and Ben Elf on the Royal Fairy Picnic. Your Majesty.

    ガストンは、ホリー姫とベン・エルフと一緒に 王室の妖精のピクニックに参加したいと言っています。陛下

  • Very well. It’s just a pity he is a bit smelly. Nanny Plum. Can you translate that?

    非常によくできています。ただ、ちょっと臭いのが残念です。 ナニー・プラム翻訳してくれる?

  • Yes, I can, but I’d rather not.

    はい、できますが、したくありません。

  • Ah, here we are, the royal picnic spot.

    ああ、来たぞ!王室御用達のピクニックスポット。

  • Hooray!!

    万歳!

  • What’s this?

    これは何ですか?

  • It’s food for the picnic.

    ピクニック用の食べ物です。

  • You mean you actually bring food with you to a picnic?

    実際にピクニックに食べ物を持っていくってこと?

  • Err..Yes?

    えーと...はい?

  • It’s probably some strange elf custom, Your Majesty.

    奇妙なエルフの習慣でしょう 陛下

  • How charming.

    なんて魅力的なんでしょう。

  • I’ve got plenty of food for everyone.

    みんなの分もたっぷりあるからね。

  • Thanks, Ben, but fairies don’t eat elf food. We have our own special fairy food.

    ありがとう、ベン、でも妖精は妖精の食べ物を食べないわ。私たちは、私たちの特別な妖精の食べ物を持っています。

  • Here it is.

    ここにあります。

  • Oh, but the basket is empty. Youve forgotten your food.

    あ、でもカゴが空っぽ。食べ物を忘れている。

  • Silly Ben, it isn’t empty. It’s a magic picnic basket.

    ベン、空じゃないわよ。魔法のピクニックバスケットだよ

  • It can give as anything we want.

    それは私たちが望むものとして与えることができます。

  • Let’s start with the drinks. I feel like some sparkling fairy juice. Magic basket, oh, so old, let’s have fairy juice, sparkling and cold.

    まずは飲み物から。スパークリングした妖精ジュースが飲みたい気分だ魔法のカゴ、ああ、懐かしい!妖精ジュース、スパークリングで冷えたのを飲もう。

  • Yes, young elf, it is rather impressive.

    はい、若きエルフ、それはかなり印象的です。

  • Ben, perhaps you would like to choose the drinks for the children.

    ベン 子供たちのために飲み物を選んでくれないか?

  • It can be anything you like.

    好きなもので構いません。

  • Anything? Can I really ask for anything.

    何でもいいですか?本当に何かお願いしてもいいですか?

  • Yes, anything at all.

    はい、何でもいいです。

  • OK. Lemonade, please.

    いいわよレモネードを

  • Isn’t that a bit boring and ordinary?

    普通につまらなくないですか?

  • Elves like lemonade, and I‘m an elf.

    エルフはレモネードが好きで、私はエルフです。

  • But, Ben, you can choose you like in the whole wide world.

    でも、ベン、あなたは全世界で好きなものを選ぶことができます。

  • In that case, lemonade with a dollop of ice-cream.

    その場合は、アイスクリームのドロッとしたレモネード。

  • Are you sure you wouldn’t like something more exotic?

    もっとエキゾチックなものがいいんじゃないの?

  • OK, lemonade with two dollops of ice-cream.

    レモネードにアイスクリームを2つ入れて

  • Good choice Ben. Magic basket, please, lemonade with lots of ice cream.

    いい選択だ ベン魔法のバスケットをお願い レモネードにアイスクリームをたくさん添えて

  • Hurray! Thanks, Holly.

    万歳!ありがとう ホリー

  • Don’t forget Gaston.

    ガストンを忘れるな

  • What do ladybird like to drink?

    テントウムシは何を飲むのが好き?

  • They like smelly things.

    彼らは臭いものが好きなんだ

  • That’s right. By a ladybird’s growl, may the next drink be foull.

    その通りです。テントウムシのうなり声で、次の一杯がフールでありますように。

  • Nanny, youve made it too stinky, even for Gaston.

    奈々さん、ガストンにしても胡散臭くしすぎですよ。

  • Nonsense! Ladybirds love rotten cabbage juice.

    ナンセンス!てんとう虫は腐ったキャベツの汁が大好きです。

  • Now, for the main course. Magic basket, please, make as sandwiches with ham and cheese.

    さて、メインディッシュです。マジックバスケットをお願いします、ハムとチーズのサンドイッチにしてください。

  • And, now full pudding.

    そして、今度はフルプリン。

  • Hurray! Magic jelly.

    万歳!魔法のゼリー。

  • Nanny Plum, please don’t make too much this time.

    梅奈々さん、今回はあまり作らないでくださいね。

  • We don’t want a repeat of last year’s jelly flood.

    去年のようなゼリー状の洪水はごめんだ。

  • What happened?

    何があったの?

  • Holly, Daisy and Poopy always help me make the pudding.

    ホリー、デイジー、プーピーはいつもプリン作りを手伝ってくれます。

  • But last year we made bit too much and we

    でも去年はちょっと作りすぎて...

  • Flooded the whole kingdom with jelly.

    王国中をゼリーで埋め尽くした

  • I remember the jelly flood. Was that you?

    ゼリーの洪水を覚えているあなただったの?

  • Yes, that was us.

    そう、それは私たちでした。

  • It was rather spectacular.

    どちらかというと壮観でした。

  • But it’s not going to happen again. Is it Nanny Plum?

    でも、もう二度とないですよね。奈々梅かな?

  • Don’t worry, Your Majesty. Weve been practising safe new words that keeps the quantity down. Come along, girls.

    ご心配なく、陛下。安全な言葉の練習をしていますので、量を抑えられます。一緒に来なさい、お嬢さんたち。

  • Can I help too?

    私も手伝いましょうか?

  • Yes, Ben. Children, repeat after me. Magic basket, please, jelly, jelly, but not a lot.

    はい、ベン 子供たち、私の後を繰り返して魔法のバスケットをお願い ゼリー、ゼリー、ゼリー、でもたくさんじゃないよ

  • Magic basket, please, jelly, jelly, but not a lot. Hurray!

    マジックバスケットをお願いします!ゼリー、ゼリー、ゼリー、でもたくさんではありません。ばんざーい!

  • Theyre a bit small?

    ちょっと小さいかな?

  • They are quite little, aren’t they?

    かなり小さいですよね。

  • Yes. Well need more.

    そうだなもっと必要だ

  • OK. Let’s try this. Basket, basket, more, more, more.

    いいですよ。これをやってみよう。かご、かご、もっと、もっと、もっと、もっと。

  • Basket, Basket, more, more, more.

    バスケット、バスケット、もっと、もっと、もっと、もっと。

  • Phew! From a moment there, I thought we were going to have another jelly flood.

    ふーっ!そこから一瞬、またゼリーの洪水が起きるのかと思った。

  • Jelly flood, jelly flood, jelly flood.

    ゼリーフラッド、ゼリーフラッド、ゼリーフラッド。

  • Nanny, there’s too much jelly.

    奈々さん、ゼリーが多すぎます。

  • Stop it, Nanny!

    やめて、おばあちゃん!

  • Shasam, shasing. Magic pudding, shrink, shrink, shrink.

    シャサム、シャシング。魔法のプリン、シュリンク、シュリンク、シュリンク。

  • Nanny, try a stronger spell!

    おばあちゃん、もっと強いおまじないを試してみて!

  • I could use the stop magic spell, but that’s only for Royal emergencies.

    停止魔法の呪文は使えるけど、それはロイヤルの緊急時にしか使えないからね。

  • I declare this a royal emergency!

    これを緊急事態と宣言する!

  • Thunder and lightning north winds blow. Magic spells, away you go.

    雷と稲妻の北風が吹く。魔法の呪文、離れて行く。

  • It worked! Huray!

    うまくいった!ハーイ!

  • Nanny! Where’s our food?

    おばあちゃん!(南上)ご飯は?

  • Sorry, I had to stop all the magic. And that included our magic picnic.

    ごめんね、魔法を止めてしまって。魔法のピクニックも含めてね

  • That’s strange. My food is still here.

    変だな私の食べ物が残っている。

  • That’s because it wasn’t made by magic.

    それは魔法で作られたものではないからです。

  • And, luckily I’ve enough for everyone.

    幸いなことに、私は皆の分を持っています。

  • Thank you, Ben.

    ありがとう ベン

  • But, Nanny, you said fairies don’t eat elf food?

    でも、おばあちゃん、妖精はエルフの食べ物を食べないって言ってたよね?

  • yes. Thank you for reminding me, Princess Holly.

    そうですね思い出させてくれてありがとう、ホリー姫。

  • We can have a nice time without a picnic? Let’s sit and anjoy the view.

    ピクニックなしで楽しい時間を過ごせるかな?座って景色を楽しみましょう。

  • Yummy!

    美味しい!

  • I’m a bit hungry

    ちょっとお腹が空いた

  • Me too. I don’t believe I’ve ever eaten elf food before.

    私もよエルフの食べ物を食べたことがあるとは思えない。

  • Would you like try some, King Thistle?

    試してみますか、キング・アザミ?

  • Oh! Thank you, Ben. Yum, yum!

    ありがとう ベン美味しい!

  • Elf food is delicious.

    エルフの料理は美味しいです。

  • It’s really is. Nanny Plum, you must try some.

    本当にそうなんですよ。奈々梅、ぜひ食べてみてくださいね。

  • Very well, your Majesty. Seeing seeing as it’s a Royal command.

    よろしい、陛下王室の命令だからな

  • And here is another Royal command. When you have a fairy picnic, always take an elf.

    そして、ここにもう一つの王室の命令があります。妖精のピクニックをするときは、必ずエルフを連れて行ってください。

Somewhere, hidden among-st thorny brambles, is a little kingdom of elves and fairies.

どこかに、とげのある茂みの間に隠れて、エルフと妖精の小さな王国があります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ゼリー ピクニック ベン エルフ 妖精 魔法

ベン&ホリーのリトルキングダム - ロイヤルフェアリーピクニック

  • 1290 115
    光合作用 に公開 2016 年 10 月 09 日
動画の中の単語