Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • All right.

    よし。

  • Thank you very much for having me.

    招いてくれてありがとうございます。

  • This is the first time I've ever spoken at a TED Conference.

    TED 講演会で話すのはこれが初めてです。

  • So, you know, you guys have the good taste of inviting me.

    私を招くなんて、センスがありますね。

  • I had never passed anybody else's standard to be invited.

    これまで誰からも招かれたことがなかったので、

  • So, I'm flattered.

    嬉しいです。

  • And perhaps we can make a little history today, right?

    今日のことはひょっとすると歴史に残るかもしれませんね。

  • So, a little bit about my background.

    私の背景について簡単に。

  • I worked for Apple from 1983 to 1987

    私は 1983 年から 1987 年まで Apple で働きました。

  • I was Apple's software evangelist.

    私は Apple のソフトウェア・エバンジェリストです。

  • My job was to convince people to write Macintosh software.

    私の仕事は人々に Macintosh のソフトウェアを開発するように説得することでした。

  • How many of you use Macs in this audience?

    聴衆の中でマックを使っている人はどれだけいますか?

  • I love to see that. (Laughter)

    この光景が見れて嬉しいです。(聴衆の笑い)

  • Yeah.

    うん。

  • And the rest of you what? Are you oppressed? I mean what --

    残りの皆さんは?抑圧されてるの?だって...

  • (Laughter)

    (聴衆の笑い)

  • So, I worked for Apple,

    私は Apple で働き、

  • I started some software companies,

    ソフトウェア企業を数社立ち上げ、

  • and I became a writer and a speaker.

    それから作家とスピーカーになりました。

  • I returned to Apple as Apple's chief evangelist.

    そしてエバンジェリスト最高責任者として Apple に戻りました。

  • This is in the 1995 time frame.

    これは 1995 年のことです。

  • And I had a great time with Apple not very long ago,

    私は Apple で働いてすごく楽しかったです。つい最近、

  • as we all know, Steve Jobs passed away.

    皆さんご存知のように、スティーブ・ジョブズは亡くなりました。

  • And I worked for him twice.

    私は彼の下で 2 回働きました。

  • One of the few people who survived working for him twice.

    彼の下で働いて生き残った数少ない人の中の 1 人です。

  • And he had a monumental effect on my life.

    彼は私の人生に非常に大きな影響を与えました。

  • As well as really the Valley and probably the world, truly the world.

    シリコンバレーと、おそらく真の意味での世界と同様に。

  • I think you'd have to rank him with Walt Disney and Edison and Steve Jobs.

    スティーブ・ジョブズは、ウォルト・ディズニー、エジソンと肩を並べていると思います。

  • I mean, who are truly visionaries.

    彼らは真の意味でビジョンを持った人たちです。

  • You'll hear lots of people throw the "V" word around

    皆さんは頭文字が V の言葉(vision)の言葉をやたらと口にしますが、

  • and there are I think in my estimation really three people who qualify,

    私からすると、3 人がそれにふさわしいです。

  • and it would be Edison, Disney and Jobs.

    エジソン、ディズニー、ジョブズです。

  • So, I created this presentation right after he passed away

    彼が亡くなった直後にこのプレゼンを作りました。

  • because I wanted to get on paper, get onto PowerPoint, get into the world,

    書き留めて、PowerPoint にまとめて、世界に広めたかったからです。

  • what I personally learned from Steve Jobs.

    スティーブ・ジョブズからじきじきに学んだことを。

  • I'm not sure he intended to teach me this,

    彼はこれを私に教えるつもりだったのかわかりませんが、

  • but this is what I learned from Steve Jobs.

    スティーブ・ジョブズから学んだことについて話します。

  • And so, I would like his memory to live on forever

    そうすることで、彼の記憶が永遠と生き続け、

  • and forever to influence people.

    永遠と人々の心を動かしてほしいです。

  • So, the first thing that I learned from Steve Jobs is that

    スティーブ・ジョブズから学んだ最初のことは、

  • "Experts pretty much are clueless."

    「専門家はほとんど何も知らない。」

  • And this is a very important lesson for you

    これは大事な教訓です。

  • because there's a temptation to default to, shall I say, older people,

    なぜなら、諦めて先輩のところに行きたいという誘惑があります。

  • people with big titles, people who have declared themselves experts,

    大きな肩書きのある人々、自分を専門家と名乗る人々、

  • and if there's anything that Apple has proven,

    Apple が証明したことが 1 つあるとすれば、

  • is that the experts are often wrong.

    それは専門家はよく間違っているということです。

  • And so, as you go through your life,

    人生を歩む上で、

  • you start your companies, and you start your careers,

    企業を立ち上げ、キャリアを始め、

  • and you try to change the world.

    世界を変えようとする。

  • I want you to learn to ignore experts.

    私は皆さんに専門家を無視することを身につけてほしいです。

  • This maybe contrary to what you've been taught

    これは皆さんが教えられたことに反するかもしれませんが、

  • but experts usually define things within some established limits

    専門家は通常すでに確立された境界の中で物事を定義づけます。

  • and I think you should break those limits.

    私はその境界を打ち破るべきだと思います。

  • So, I view what I call bozosity --

    私は bozosity (造語:「バカ度」)と呼びますが、

  • I view bozosity as somewhat like the flu

    私は「バカ度」をインフルエンザのようなもので、

  • where it can be something that you can be inoculated to.

    予防接種ができると考えます。

  • So, how do you fight the flu?

    では、どうやってインフルエンザと闘いますか?

  • You get a little bit of flu, so that when you encounter big flu,

    少しだけインフルエンザを体内に取り込んで、ひどいインフルエンザに出会ったとき、

  • you've already built up resistance.

    すでに抗体力ができています。

  • So, I'm gonna inoculate you to bozosity

    皆さんに「バカ度」の予防接種をしますね。

  • so that when you encounter big bozosity,

    これで大きな大きな「バカ度」に遭遇したとき、

  • you will have already built up resistance.

    すでに抗体力ができていることになります。

  • So, let me show you some bozosity of experts.

    専門家たちの「バカ度」を皆さんにお見せしましょう。

  • First thing.

    まず 1 人目。

  • 1943, Thomas Watson, Chairman of IBM says,

    1943 年、IBM 取締役会長のトマス・ワトソンはこう言いました、

  • "There is a world market for maybe 5 computers."

    「コンピューターの市場は世界におそらく 5 台ほどしかない。」

  • I have 5 Macintoshes in my house.

    私は家に Macintosh が 5 台あります。

  • (Laughter)

    (聴衆の笑い)

  • I have all the computers he anticipated in the world.

    私は彼が世界で見込んだ数だけのコンピューターを持っています。

  • If you were Steve Jobs or Steve Wozniak or Bill Gates and you listened to this,

    もしあなたがスティーブ・ジョブズやスティーブ・ウォズニアックやビル・ゲイツで、これを真面目に受け止めたら、

  • where would we be today? Next example.

    私たちの世界はどうなっていたのでしょうか?次の例。

  • "This telephone has too many shortcomings

    「電話は欠点が多すぎて、

  • to be seriously considered as a means of communication.

    伝達手段として真剣に考慮できない。

  • The device is inherently of no value to us."

    この機器は私たちにとって本質的な価値はない。」

  • (Laughter)

    (聴衆の笑い)

  • Western Union memo, 1876.

    Western Union のメモ、1876年。

  • Oops!

    やっちゃった!

  • You know, Western Union should be PayPal today.

    Western Union は今日の PayPal であるはずです。

  • It's not. It's very hard to go from telegraph to Internet,

    でもそうではありません。電信からインターネットに移ることは非常に難しいです。

  • if you write off telephone in the middle.

    真ん中の電話を無価値とみなすと。

  • You know what I am saying, it's just too big of chasm to cross.

    言っていることがわかりますか?渡るには大きすぎる溝です。

  • The last example is from our friends at DEC. Ken Olsen, founder of DEC,

    最後の例は皆さんおなじみの DEC、DEC創設者ケン・オルセンです。

  • great company, great entrepreneur.

    立派な企業、立派な起業家です。

  • "There is no reason why anyone would want a computer in their home."

    「誰も家にコンピューターを欲しがるはずがない。」

  • (Laughter)

    (聴衆の笑い)

  • If you wanted to run something at home

    家で少しな何か確かめたかったら、

  • you would just have to instead go back to your office and run a DEC minicomputer.

    オフィスに戻って、DEC のミニコンピュータを起動する必要があります。

  • Three examples of bozosity,

    「バカ度」の 3 つの例です。

  • and not from, you know, total people that you wouldn't expect.

    彼らは皆さんが期待するような人たちではありません。

  • These are all people you would expect.

    彼らはまさしく皆さんが期待するような人たちです。

  • Founder of IBM.

    IBM 創設者。

  • Founder of DEC.

    DEC 創設者。

  • You know, Western Union, hugely successful company back then.

    Western Union は当時非常に成功した企業でした。

  • You need to learn to ignore experts.

    皆さんは専門家を無視することを身につける必要があります。

  • Next thing you need to do is to understand that

    次にする必要があることは、

  • "Customers cannot tell you what they need."

    「お客さんは何が必要か知らない。」ということを理解することです。

  • They could tell you that "I want bigger, faster, cheaper status quo."

    お客さんは「今よりもっと大きくて、速くて、安いもの」と言うこともあります。

  • That's what they usually will tell you.

    お客さんは通常そう言うでしょう。

  • You really can't ask them about a revolution

    お客さんに革命について聞くことはできません。

  • because they can only define things, they can only describe things

    なぜなら、すでに持っている製品やサービスの観点からしか

  • in terms of products or services that they already have.

    物事を定義づけたり、言い表すことができません。

  • Bigger, faster, cheaper status quo.

    今よりもっと大きくて、速くて、安いもの。

  • If you truly want to change the world,

    世界を本当に変えたいなら、

  • you need to ignore your customers.

    お客さんを無視する必要があります。

  • And you need to jump curves. Let's talk about this.

    カーブを飛び越える必要があります。これについて説明しましょう。

  • This is the Macintosh 128K.

    これは Macintosh 128K です。

  • I promise you nobody in the world was asking for this computer in 1984.

    1984 年にこのコンピューターを求めていた人は世界にいなかったはずです。  

  • No one said, "Give us a cheap little graphic toy, 128k of RAM,

    誰も、「安くて小さいグラフィックおもちゃで、メモリが 128kで、

  • no software," thanks to my efforts.

    (私のおかげで)ソフトウェアもないものがほしい。」と言いませんでした。

  • That's what we did.

    私たちはまさしくそれを作りました。

  • Totally unexpected.

    全く予期してないことです。

  • Nobody was asking for it.

    誰もそんなものを求めていませんでした。

  • It's because Steve Jobs, using the "V" word,

    それはスティーブ・ジョブズが、ここで頭文字が V の言葉を使いますが、

  • had a vision for what the future would be.

    未来の姿へのビジョンを持っていたからです。

  • This is his vision - graphical user interface.

    このビジョンは、グラフィカル・ユーザ・インターフェースです。

  • Next thing I learned from Steve Jobs is,

    次にスティーブ・ジョブズから学んだことは、

  • "You need to jump to the next curve,"

    「次の(革新の)カーブに飛び移らなければならない。」

  • rather than duking it out on the same curve

    同じカーブで生き残りをかけて競争するより、

  • trying to do something 10% better

    10 % 良くなることをしようとする。

  • you need to get to the next curve.

    次のカーブに乗らなければならない。

  • Don't stay on the same curve.

    同じカーブに止まってはいけない。

  • Great example - 1900s, Ice 1.0.

    非常に良い例として、1900 年代、Ice 1.0。

  • There was an ice harvesting industry in the United States.

    当時アメリカでは採氷業がありました。

  • This meant that Baba and Junior would go to a frozen lake

    当時、ババと彼の息子は凍った湖または

  • or frozen pond and cut a block of ice.

    凍った池に行き、氷の塊を切り出していました。

  • 9 million pounds of ice were harvested in 1900.

    1900 年は、900 万ポンド(約 4100 トン)も採氷しています。

  • Ice 2.0.

    Ice 2.0。

  • Ice 2.0 was ice factory.

    氷 2.0 は氷工場でした。

  • Now, you froze water, any city, any time of year.

    水を凍らせます。どこでも、いつでも。

  • Major breakthrough.

    大躍進です。

  • So much better.

    採氷よりはるかにいいです。

  • They didn't have to be cold city.

    寒い都市でなくてもいいし、

  • They didn't have to be cold time of year.

    寒い季節でなくても構いませんでした。

  • Ice 3.0. the refrigerator curve.

    Ice 3.0、冷蔵庫のカーブです。

  • Now, it wasn't about the ice factory with the iceman delivering ice to your house.

    氷配達員が氷を家まで配達してくれる氷工場ではなくなりました。

  • Now, you had your own personal ice factory.

    家に自分だけの氷工場ができたのです。

  • Your own PC, your own "Personal Chiller."

    自分の PC、自分の「パーソナル・チラー」です。

  • (Laughter)

    (聴衆の笑い)

  • The great innovation occurs when you are not staying on the same curve.

    偉大な革新は同じカーブに止まらないときに起きます。

  • Don't do a better ice harvester.

    より優れた採氷ではダメ。

  • Don't add horses to the sleight.

    ソリに馬を加えるだけではダメ。

  • Don't have a bigger sharper saw.

    より大きくて鋭いノコギリではダメ。

  • If you are an ice factory,

    氷工場なら、

  • don’t have more ice factories,

    氷工場を増やすのではなく、

  • don't build better ice factories,

    氷工場を改良するのではなく、

  • don't have better icemen delivering ice

    氷を配達する配達員の技術を改良するのではなく、

  • you wanna get to the next curve.

    次の新しいカーブに乗るのです。

  • If you were a printer company,

    プリンター企業なら、

  • although many of you are too young to understand this,

    皆さんの多くは理解するには若すぎるかもしれませんが、

  • there used to be this thing called daisy wheel printer

    昔デイジーホイールプリンターというものがありました。

  • and had this little ball in this, ball rotated and struck the paper.

    その中には小さな玉があり、その玉は回転して紙を突きました。

  • If you were a daisy wheel printer company

    もしデイジーホイールプリンター企業で、

  • and your idea of innovation was,

    革新のアイディアが

  • "Well, let's introduce more typefaces in larger sizes,"

    「もっと多くのフォントを大きなサイズで導入しよう」であったら、

  • that's not innovation.

    それは革新ではありません。

  • Innovation occurs when you go from daisy wheel printer to laser printer.

    革新はデイジーホイールプリンターからレーザープリンターに移る時に起こります。

  • Jump to the next curve.

    次のカーブに飛び移るのです。

  • Next thing that I learned is,

    次に学んだことは、

  • "The biggest challenges beget the best work in people."

    「最大の課題は人々の最高の仕事を生む。」

  • I think one of the reasons why we did such great work at Macintosh division

    Macintosh 部門で素晴らしい結果を出せた理由の 1 つは、

  • is because Steve had such great expectations of us.

    スティーブが私たちに対して大きな期待を持っていたからです。

  • And, you know, we try to rise to his expectations.

    そして、私たちは彼の期待に応えようとしました。

  • This is an ad that shows some of the --

    この広告では、

  • shall I say, youthful exuberance of Apple.

    Apple の若い活力が見ることができます。

  • When IBM entered the computer business, Apple ran this ad

    IBM がコンピューター業界に参入した時、Apple はこの広告を出して、

  • welcoming IBM to the computer business.

    IBM のコンピューター業界参入を歓迎しました。

  • We were throwing down the gauntlet.

    私たちは IBM に挑戦したのです。

  • Welcome IBM, you huge successful East Coast mainframe computer company.

    ようこそ IBM、大きくて成功した東海岸のメインフレームコンピューター企業よ。

  • Welcome to the personal computer business.

    パーソナルコンピューター業界へようこそ。

  • Welcome to Vietnam.

    ベトナムへようこそ。

  • (Laughter)

    (聴衆の笑い)

  • Next thing I learned from Steve is that "Design counts."

    次にスティーブ・ジョブズから学んだことは「デザインは大事」ということです。

  • Many people can say that they appreciate design.

    多くの人はデザインを大事にすると言うことができます。

  • Many companies say that.

    多くの企業もそう言います。

  • But truly, how many companies care about design?

    しかし、どれだけの企業がデザインを重視するでしょうか?

  • Apple is one of the few, truly cares.

    Apple はデザインを重視する数少ない企業です。

  • And you know what, not everybody in the customer base

    顧客基盤が皆

  • truly cares about design.

    本当にデザインを重視するとは限りません。

  • To this day, 95% of the world doesn't use a Macintosh, only 5% does.

    今日、世界の 95% が Macintosh を使いません。5% の人だけ使っています。

  • But they are people who really care about design and they count.

    しかし、デザインを本当に重視する人がいて、彼らは大事です。

  • Design counts.

    デザインは大事。

  • This is a Mac Book Air.

    こちらは Mac Book Air です。

  • Thin, beautiful, design counts.

    薄くて、美しい。デザインは大事です。

  • You have one?

    持ってますか?

  • Thin, beautiful, design counts.

    薄くて、美しい。デザインは大事です。

  • Next thing is, when you make a presentation,

    次はプレゼンを作るとき、

  • if you did nothing else but this, [Use big graphics and big fonts] (Laughter)

    これだけしておけば(大きな画像と大きなフォントを使用)、 (聴衆の笑い)

  • you would be better than 9/10 of the presentations in the world.

    世界にある 10 個のプレゼンのうち 9 個より出来が良いことになります。

  • Seriously.

    本当ですよ。

  • Seriously, just do this.

    本当です、これだけをすればいいのです。

  • I'll show you a typical Steve Jobs slide.

    スティーブ・ジョブズの典型的なスライドをお見せします。

  • What a great slide!

    なんていいスライドなんでしょう!

  • Big graphic.

    大きな画像。

  • "The best Windows app ever written: iTunes."

    「これまで開発された中で最も優れた Windows のアプリ、iTunes。」

  • It's a typical Steve Jobs slide.

    スティーブ・ジョブズの典型的なスライドです。

  • You know, any other CEO, there would be a matrix, right?

    他の企業の最高経営責任者だと、行列がありますよね。

  • There would be a 4 column matrix,

    4 列の行列で、

  • and it would have this like checkboxes,

    チェックボックスがあって、

  • and it would be an 8 point font

    8 ポイントのフォントサイズで、

  • and you couldn't read it.

    読めません。

  • The person giving the presentation would not be able to explain it.

    プレゼンをする人はうまく説明することができない。

  • This is the beauty of Steve Jobs.

    これがスティーブ・ジョブズの素晴らしさです。

  • The irony of saying that the best Windows app ever is iTunes from Apple.

    最も優れた Windows のアプリは Apple の iTunes だと言うことの皮肉。

  • Showing the logo of Windows.

    Windows のロゴを見せること。

  • This is a beautiful slide, this encapsulates the Steve Jobs presentation style.

    これは美しいスライドです。スティーブ・ジョブズのプレゼンスタイルをうまく象徴しています。

  • Big graphics.

    大きな画像。

  • Big fonts.

    大きなフォント。

  • The ideal font-size, just for you to know, maybe a rule of thumb --

    理想的なフォントサイズは、皆さんのために教えますが、大ざっぱなやり方かもしれません。

  • The rule of thumb is find out who the oldest person is in the audience,

    その大ざっぱなやり方とは、聴衆で一番年配の人を見つけて、

  • divide his or her age by two.

    彼または彼女の年齢を 2 で割ります。

  • (Laughter) OK?

    (聴衆の笑い)いいですか?

  • So, if you are talking to people of 60 years old, probably 30 points

    60 歳の人たちに話すのであれば、30 ポイントのフォントサイズ。

  • 50 years old, 25 points.

    50 歳なら、25 ポイントのフォントサイズです。

  • Someday, you maybe pitching to a really young VC.

    いつか、とても若いベンチャーキャピタルに売り込むことがあるかもしれません。

  • Let's say, the VC is sixteen years old.

    例えば、16 歳だとします。

  • At that point, God bless you, use the 8 point font.

    その場合は、8 ポイントのフォントサイズをどうぞ頑張って使ってください。

  • (Laughter)

    (聴衆の笑い)

  • But until that time --

    でもそれ以外は、

  • big fonts.

    大きなフォントです。

  • Big fonts.

    大きなフォント。

  • The beauty of a big font is, it makes it so

    大きなフォントの良さは、

  • that you cannot put a lot of text on your presentation.

    プレゼンにたくさんの文章を入れることができないということです。

  • You don't want a lot of text

    たくさんの文章はいりません、

  • because if you put a lot of text, you read the text

    文章をたくさん入れて、文章を読むと、

  • and if you read the text, your audience will be lost.

    文章を読むと、聴衆は関心を失います。

  • Your audience will be lost because they are going to say to themselves,

    聴衆は関心を失います。なぜなら聴衆はこう心の中でつぶやくからです、

  • "This bozo is reading the slide verbatim.

    「このバカはスライドの文字をそのまま読んでいるだけだ。

  • I can read silently to myself faster than this bozo can read it orally to me.

    このバカが口で自分に読み聞かせるより速く自分で黙読することができる。

  • So I will just read ahead." (Laughter)

    先に読んでおこう。」(聴衆の笑い)

  • And you will lose your audience.

    こうして聴衆の関心を失います。

  • Big font.

    大きなフォント。

  • Big graphics.

    大きな画像。

  • Next thing.

    次に学んだこと。

  • "Changing your mind is truly a sign of intelligence."

    「考えが変わることは知性の表れである。」

  • You may think that you should formulate this great thought,

    素晴らしい考えをまとめて、

  • you should use these analytical skills,

    分析能力を使い、