Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Very many of us suffer from a peculiar-sounding problem: an inability properly to inhabit the stretch of time we call "the present".

    不思議に思える問題に、非常に多くの人が苦労する。

  • Maybe we're on a beautiful beach on a sunny day, the sky is azure and the palm trees slender and implausibly delicate, but most of "us" isn't actually here at all.

    「現在」と呼ぶ時間を、適切に生きる能力がない。晴れた日曜日に、ビーチにいて

  • It's somewhere at work or in imaginary discussion with a rival or plotting a new enterprise.

    空は青くて、ヤシの木はすらっと伸び、優雅だ。しかし、「我々」がここに心あらず。

  • Or maybe we're at the birthday of a child: it's enormously significant for her and we love her dearly, but we are elsewhere.

    心は職場のことを考えたり、ライバルや新しい事業の計画を想像している。

  • Our body is rooted in the "now", but our minds are skipping to points in both the future and the past.

    子供の誕生は非常に重要なもので、子供を愛している。しかし、心はどこか他の場所。

  • What is it that makes the present, especially the nicer moments of the present, so difficult to experience properly?

    体は「今」にあるが、心は将来や過去にスキップしている。

  • And why, conversely, can so many events feel easier to enjoy, appreciate and perceive, when they are firmly over?

    現在の良い瞬間でさえ、ちゃんと経験することが難しいのはどうしてなのだろう?

  • One benefit of the past is that it is a dramatically foreshortened, edited version of the present.

    逆に、多くの出来事が終わってみると、楽しみ、感謝し、認識することが容易になるのだろう?

  • Even the best days of our lives contain a range of dull and uncomfortable moments.

    過去の利点は、それが現在を劇的に短縮し、編集したものということにある。

  • But in memory, like skilled editors of hours of raw and often uninspired footage, we can lock on to the most consequential moments; and therefore construct sequences that feel a great deal more meaningful and interesting than the settings that generated them.

    最高の日でさえ、退屈で不快な瞬間をいろいろ含むものだ。

  • Hours of mediocrity can be reduced to five or six perfect images.

    しかし、記憶の中では、退屈な映像でさえ、能力のある編集者が最も重要な瞬間を捉えることができる。

  • Nostalgia is the present enhanced by an editing machine.

    だから、組み立てられた連鎖は、その設定よりも、はるかに意味があり興味深いものだと感じる。

  • Much of what ruins the present is sheer anxiety.

    何時間もの平凡なことが、5枚か6枚の完璧なイメージなる。

  • The present always contains an enormous number of possibilities, some hugely gruesome, which we are constantly aware of.

    ノスタルジアは編集機械によって現在をさらに高めたものだ。

  • Anything could theoretically happen, an earthquake, an aneurysm, a rejectionwhich gives rise to a non-specific anxiety that trails around us most of the time: the simple dread at the unknownness of what is to come.

    現在の崩壊は、不安だ。現在はかなりの数の可能性を含んでいる。ぞっとするようなものもある。

  • But then, of course, only a very limited range of awful things do ever come to pass, and we forget the anxiety at once (or, rather, shift it to the new present).

    地震や動脈瘤、拒否、何でも起こる可能性があるー

  • So when we remember an event, what we leave out of it is how much of that event we actually spent anticipating an appalling future that never came.

    不特定な不安が、私たちを囲んでいることになる。

  • Our bodies further contribute to our distraction from the present.

    次に何が起こるか分からない単純な恐れ。

  • They have their own moods and itineraries.

    しかし、もちろん、恐ろしいと感じることのうち、本当に起こるのはごく限られたもので、不安もすぐに忘れる。(むしろ、新しい現在にシフトする)

  • They might feel tired and timid at just the moment when the landscape around us would demand grandeur and confidence.

    ある出来事を思い出す時、決して起こることのない恐ろしい将来のことを想像していることについては、考えていない。

  • But these dissonant moods also get edited out of memory.

    体も心が現在から気が散る原因となっている。

  • We'll remember the view over the ocean far longer than the slight queasiness which turned us in on ourselves at the time.

    体には、独自の機嫌や計画がある。

  • Our minds are cavernous, chaotic places.

    景色を見て、壮大さや自信を感じる瞬間に、体は疲れていたり、臆病に感じているかもしれない。

  • So much courses through them that has little to do with what is right in front of our eyes.

    しかしこれらの不調和も記憶から編集される。

  • We can end up seeming ungrateful to where are.

    その時にかすかに感じたことよりも、海という景色を思い出す。

  • Someone is telling us an important story, and not from any evil motive, just from the difficulty of having to manage the entity called "I", we digest some regret or other instead.

    我々の心は洞窟のようで、混乱した場所だ。目の前にあることとは関係のないものが行き交っている。

  • We are at a beautiful location, but we can barely take in the vegetation and the extraordinary views.

    今いる場所に感謝できないこともあるだろう。

  • So fixated are we on an event that will only occur in six months' time.

    誰かが重要な話をしていて、悪意から言っているのではなくても、「私」という存在がコントロールできないため、

  • We need to be prepared for the weird way in which we align with the world.

    私たちは後悔したり他の感情になったりする。

  • And not berate ourselves unduly for our difficulties at doing justice to where our bodies and minds happen to be.

    私たちは美しい場所にいるが、植物や素晴らしい景色を取り入れることがほとんどできない。

  • We should be ready for this disloyalty in other people, tooat moments when they look strangely worried at a party we've laid on, or don’t seem to be listening to a story we're telling them.

    6か月以内に起こる出来事だけに固定される。

  • They, too, may just be experiencing some of the major difficulties of being in the present.

    世界と連携する不思議な方法を備えなければならない。

  • Like us, they'll probably enjoy our encounter with us so much more when the present has safely given way to memory.

    我々の心と体がどこにあるのか、評価することに難しさを感じて、過度にせめないようにしよう。

Very many of us suffer from a peculiar-sounding problem: an inability properly to inhabit the stretch of time we call "the present".

不思議に思える問題に、非常に多くの人が苦労する。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 現在 編集 景色 瞬間 出来事 記憶

今を生きるのはなぜ難しいのか? (Why It Is So Hard to Live in the Present)

  • 92800 5605
    韓澐   に公開 2019 年 03 月 04 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す