Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • We typically aim for a particular career because we've been deeply impressed by the exploits of the most accomplished practitioners in the field.

    我々は通常、ある特定の職業を目指す。なぜならその分野で最も成功した人々に強い影響を受けるからだ。

  • We formulate our ambitions by admiring the beautiful structures of the architect tasked with designing the city's new airport, or by following the intrepid trades of the wealthiest Wall Street fund manager, by reading the analyses of the acclaimed literary novelist or sampling the piquant meals in the restaurant of a prize-winning chef.

    都市の新しい空港をデザインする建築家の美しい構造を尊敬したり、ウォールストリートの裕福なファンドマネージャーの大胆なトレードを追ったり、高く評価された文学小説家の分析を読んだり、賞を獲得したシェフのいるレストランでおいしい食事をしたりすることで野心を形成する。

  • We form our career plans on the basis of perfection.

    完璧を基本としてキャリアプランを作る。

  • Then, inspired by the masters, we take our own first steps and the trouble begins.

    そして、師匠から影響を受け、最初の一歩を踏み出して、トラブルが始まる。

  • What we have managed to design or make in our first month of trading, or write in an early short story, or cook for the family, is markedly and absurdly beneath the standard that first sparked our ambitions.

    なんとかデザインしたり、トレードの始めの月にお金を稼いだり、初期の短編小説を書いたり、家族のために料理することは著しく、ばかばかしいほどに、基準以下だと感じる。

  • We, who are so aware of excellence, end up the least able to tolerate mediocrity, which in this case, happens to be our own.

    最高であることを意識しすぎる人々は、凡庸な能力に我慢ができない。この場合は自分たち自身だ。

  • We become stuck in an uncomfortable paradox; our ambitions have been ignited by greatness, but everything we know of ourselves points to congenital ineptitude.

    不快なパラドックスに閉じ込められることになる。野心は偉大さに影響を受けるが、自分自身について知っている全ては生まれつきの愚かさに向いている。

  • We have fallen into what we can term the Perfectionist Trap, defined as a powerful attraction to perfection shorn of any mature or sufficient understanding of what is actually required to attain it. It isn't primarily our fault.

    完璧主義トラップという用語に分類される。成熟やそれを得るために必要となる十分な理解を示す完璧さに強く惹かれることとして定義されている。元々は、我々のせいではない。

  • Without in any way revealing this, or even perhaps being aware of it, our media edits out billions of unremarkable lives and years of failure, rejection, and frustration, even in those who do achieve, in order to serve us up a daily curated selection of peak career moments, which thereby end up seeming not like the violent exceptions they actually are, but like a normal baseline of achievement.

    これが明かされる方法なし、意識することなしでは、何億もの平凡な命や、何年もの失敗や拒否、イライラをメディアは編集し、キャリアの頂点が日常的であるかのように見せられ、それらの成功が当たり前であるかのように見える。

  • It starts to appear as though "everyone" is successful because all those who we happen to hear about really are successesand we have forgotten to imagine the oceans of tears and despair that necessarily surround them.

    皆が成功しているように見え始めるのは、我々がたまたま聞くのが成功だからで、涙の海や彼らを囲む失望を想像することを忘れているからだ。

  • Our perspective is imbalanced because we know our own struggles so well from the inside, and yet are exposed to apparently pain-free narratives of achievement on the outside.

    我々の視点はアンバランスだ。内側である自分自身の努力はよく知っていて、外側の成功は痛みのない話ばかりだからだ。

  • We cannot forgive ourselves the horrors of our early draftslargely because we have not seen the early drafts of those we admire.

    我々は初期段階に対する恐れを許すことができない。尊敬する人々の初期段階を知ることが少ないというのが大きな理由だろう。

  • We need a saner picture of how many difficulties lie behind everything we would wish to emulate.

    似したいと思う全ての陰にはどれほどの困難があるのか、健全な事実を見る必要がある。

  • We should not look, for example, at the masterpieces of art in a museum.

    例えば、美術館で傑作を見るべきではなく、

  • We should go to the studio, and there, see the anguish, wrecked early versions and watermarks on the paper, where the artist broke down and wept.

    スタジオに行って、初期段階で苦悩している紙の水滴をみるべきだ。アーティストが悩み、泣いたところへ。

  • We should focus on how long it took the architect before they received their first proper commissionthey were over 50—we need to dig out the early stories of the writer who now wins prizes and examine more closely how many failures the entrepreneur had to endure.

    建築家が初めて正式な任務を与えられるまでに(50歳以上)どれほど時間がかかったのかに焦点を当てるべきだ。賞を獲得した作家の初期の作品を掘り出してきたり、起業家がどれほどの失敗に耐えてきたのかを研究する必要がある。

  • We need to recognize the legitimate and necessary role of failureallow ourselves to do things quite imperfectly for a very long timeas a price we cannot avoid paying for an opportunity one day, perhaps in many decades, to do something that others will consider a spontaneous success.

    何かをするのに長い間、不十分であることを許さなければならない。失敗が必要であることを認識しなければならない。いつの日かチャンスを逃すことがないように、何年もということもあるかもしれないが、他の人が連続した成功と考えるような何かを成し遂げるために。

We typically aim for a particular career because we've been deeply impressed by the exploits of the most accomplished practitioners in the field.

我々は通常、ある特定の職業を目指す。なぜならその分野で最も成功した人々に強い影響を受けるからだ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 初期 成功 失敗 逃す 認識なけれ 水滴

完璧じゃない自分も受け入れる (The Perfectionist Trap)

  • 153730 13631
    Jane   に公開 2018 年 11 月 20 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す