Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One of the touching signs of the influence of philosophy on everyday life,

    哲学が日常生活に影響を与えているという感動的なサインの一つ。

  • is that people can sometimes be heard to complain that they're

    という愚痴が聞こえてくることがあるということです。

  • going through something what they call an Existential Crisis.

    彼らが実存的危機と呼ぶものを 通過しています

  • "No!"

    "ダメだ!"

  • The phrase maybe used rather casually and vaguely

    このフレーズは、もしかしたら何気なく使っているのかもしれません。

  • but it nevertheless touches on one of the major traditions of European philosophy

    しかし、それにもかかわらず、ヨーロッパ哲学の主要な伝統の一つに触れています。

  • closely associated with the ideas of five philosophers in particular.

    特に5人の哲学者の思想と密接に結びついている。

  • Kierkegarrd, Camus, Nietzsche, Heidegger and Sartre.

    キルケガルド、カミュ、ニーチェ、ハイデガー、サルトル。

  • Though these thinkers disagreed on many things, it is possible via their thought

    これらの思想家たちは、多くのことで意見を異にしていますが、彼らの思想によって可能になりました。

  • to come to a coherent view of what an existential crisis really is,

    実存的な危機とは何かについて首尾一貫した見解を得るために。

  • and when it might therefore be helpful to refer to ourselves as going through one.

    と、それゆえに、1つを通過するように自分自身を参照することが有用であるかもしれないとき。

  • The crisis is marked by five distinctive features

    危機には5つの特徴があります。

  • Firstly, it's a period when a lot that are previously seemed like common sense or normal

    第一に、以前は常識や普通と思われていたことがたくさん出てくる時期です。

  • reveals its contingent, chance, uncanny and relative nature.

    その偶発的、偶然、不気味で相対的な性質を明らかにする。

  • For example, we might start to wonder "Why we live in THIS part of the world rather than ANY other?"

    例えば、"なぜ私たちは他のどこかではなく、この世界のこの部分に住んでいるのだろうか?"と考え始めるかもしれません。

  • "Why we're doing THIS job and NOT something else?"

    "なぜこの仕事をしているのか、他のことをしていないのか?"

  • "Why are we with THIS partner and following THIS set of social norms?"

    "なぜこのパートナーと一緒にいて この社会規範に従っているのか?"

  • In short, we realize rather disturbingly there are far more options beneath the surface than we normally allow ourselves to imagine.

    要するに、私たちは、むしろ不穏なほどに、表面の下には、私たちが通常想像することを許すよりもはるかに多くの選択肢があることに気づくのです。

  • We are more freer than we thought.

    私たちは思った以上に自由なのです。

  • Secondly, this revelation is acutely anxiety inducing.

    第二に、この啓示は急性の不安を誘発する。

  • A recognition of our freedom doesn't bring with it calm; quite the opposite.

    私たちの自由を認識することは、それに冷静さをもたらすものではありません。

  • We recognize we've been deluding ourselves about what HAD to be.

    そうでなければならなかったことについて自分自身を欺いてきたことを認識しています。

  • No one really cares quite as much as we'd thought about what we are and have chosen to do.

    自分たちで考えて選んだことほど、本当に気にしている人はいません。

  • We could change everything around.

    全てを変えられる

  • We come to a disturbing awareness that our ultimate responsibility is to ourselves, not the social world.

    私たちの最終的な責任は、社会の世界ではなく、自分自身にあるという不穏な意識に至ります。

  • Thirdly, we develop a heightened awareness of death.

    第三に、死に対する意識の高揚を図る。

  • Time is short and running out, we need to re-examine our lives,

    時間が短く、時間がなくなってきているので、自分の人生を見つめ直す必要があります。

  • but the clock is ticking ever louder.

    しかし、時計の音はますます大きくなっています。

  • Fourthly, and crucially for all the existential philosophers,

    第四に、そして重要なのは、すべての実存主義的な哲学者のために。

  • we have many choices but are, by the nature of the human condition,

    私たちには多くの選択肢がありますが、人間の状態の性質上、そうです。

  • denied the information we would need to choose with ultimate wisdom or certainty.

    究極の知恵や確信を持って選択するために必要な情報を否定した。

  • We are forced to decide, and can never be assured that we've done so adequately.

    決めざるを得ない状況になっていて、これだけのことをしたからといって安心することはできません。

  • We are steering blind,

    私たちは盲目的に操舵しています。

  • and therefore we can be guaranteed to make a lot of mistakes.

    そのため、多くのミスをすることが保証されています。

  • The condition of mankind is to have to plot our course in the dark without adequate reason or insight.

    人間の条件は、十分な理由や洞察力がないまま、暗闇の中で進路を計画しなければならないことです。

  • This leads to another favorite word for the Existentialists:

    これは、実存主義者のもう一つの好きな言葉につながります。

  • Anxiety.

    不安だ

  • The human condition is to be anxious.

    不安になることが人間の条件です。

  • Not about "this or that" particular thing but as a basic feature of our lives.

    あれやこれや」という特定のものではなく、私たちの生活の基本的な特徴として。

  • Because we must always choose without any security that we've chosen well and without sufficient time to explore the options,

    なぜなら、私たちは常に、私たちがうまく選択したセキュリティなしで、オプションを探索するのに十分な時間がなくても選択しなければならないからです。

  • this can call all sound perilous and dispiriting.

    これは、すべての音の危険な、悲惨な呼び出すことができます。

  • Yet the existential philosophers don't mean to depress us.

    しかし、実存主義的な哲学者たちは、私たちを憂鬱にさせるつもりはない。

  • They want to lend dignity and grandeur to dilemmas which we too often think of as ours alone,

    彼らは、私たちがあまりにも多くの場合、私たちだけのものと考えているジレンマに尊厳と壮大さを与えたいと考えています。

  • and therefore feel ashamed about as some personal curse,

    と、それゆえにいくつかの個人的な呪いとして恥ずかしい思いをしています。

  • when they are in fact fundamental features of the human condition

    然るに人間の本質的な特徴である

  • which will noble us when we considered them with sufficient depth.

    私たちが十分な深さでそれらを考慮したときに私たちを崇高なものになります。

  • The existentialists offer us a useful corrective to a normal pernicious view that

    実存主義者は、以下のような通常の悪質な見解に対して、有用な修正を我々に提供している。

  • intelligent choice might be possible and untragic in structure.

    知的な選択は可能かもしれないし、構造的には悲劇的ではない。

  • An existential approach tempers the modern sentimental notion that perfection is within reach.

    実存主義的なアプローチは、完璧は手の届くところにあるという現代の感傷的な概念を和らげます。

  • That you suffer from the agony of choice isn't some anomaly,

    あなたが選択の苦悩に苦しむのは異常ではありません。

  • it's one of the most predictable and poignant things about being alive.

    それは生きていることの中で最も予測可能で 痛烈なものの一つです。

  • This is a message we benefit from hearing quite often

    これは、私たちがよく耳にすることで得られるメッセージです。

  • because what helps with regret is the knowledge that

    悔しさを癒すのは知識である

  • in fact every life is burdened by it in some shape or form.

    実際には、すべての生活は何らかの形でそれによって負担されています。

  • The regret-free life exists only in movies and songs.

    後悔のない人生は映画や歌の中にしか存在しない。

  • The way to diminish our anxiety and panic

    不安やパニックを軽減する方法

  • is to alleviate the sense that one had the option to choose correctly but failed.

    は、正しく選択する選択肢があったが失敗したという感覚を和らげることです。

  • A degree of disappointment is, as the existentialist philosophers so beautifully admitted,

    ある程度の失望は、実存主義の哲学者たちが見事に認めたように。

  • just simply the human condition.

    ただ単に人間の状態を

One of the touching signs of the influence of philosophy on everyday life,

哲学が日常生活に影響を与えているという感動的なサインの一つ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 選択 哲学 主義 危機 不安 思想

実存的危機とは何か?

動画の中の単語