Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In 1956, during a diplomatic reception in Moscow, Soviet leader Nikita Khrushchev told Western Bloc ambassadors, "My vas pokhoronim!".

    1956 年、モスクワで行われた国交レセプションにおいてソ連のニキータ・フルシチョフ第一書記が西側諸国代表に「My vas pokhoronim!」と告げましたが

  • His interpreter rendered that into English as, "We will bury you!"

    通訳はこれを「お前たちを埋めてやる!」という意味の英語に訳しました。

  • This statement sent shockwaves through the Western world, heightening the tension between the Soviet Union and the US who were in the thick of the Cold War.

    この表現は、米ソ冷戦の緊張感が増していた西側諸国に大きな衝撃をあたえることとなりました。

  • Some believe this incident alone set East/West relations back a decade.

    中には、この出来事のせいで東西緊張の関係が 10 年は逆戻りしたと考える人もいます。

  • As it turns out, Khrushchev's remark was translated a bit too literally .

    実際のところは、フルシチョフ第一書記の言った事は文字通りに捉えられ過ぎて翻訳されてしまったのです。

  • Given the context, his words should have been rendered as, "We will live to see you buried," meaning that Communism would outlast Capitalism, a less threatening comment.

    このケースでは、「皆さんが埋められるのを見るまで生きながらえるでしょう」と表現されたもので、つまりは共産主義が資本主義よりも長生きするといった趣旨の、柔らかめの言い回しだったのです。

  • Though the intended meaning was eventually clarified, the initial impact of Khrushchev's apparent words put the world on a path that could have led to nuclear armageddon.

    本来の意味はその後明らかになりましたが、フルシチョフ第一書記の放った言葉が誤解された最初のインパクトは、ややもすると核戦争を招きかねないほどの強烈なものでした。

  • So now, given the complexities of language and cultural exchange, how does this sort of thing not happen all the time?

    ですから、言語や文化の違いというものは複雑なものだと考える時、しょっちゅうこのような問題が起きていてもおかしくないわけですが、

  • Much of the answer lies with the skill and training of interpreters to overcome language barriers.

    言葉の壁を超えるにあたっては、訓練を積んだ通訳者の技術が大きな役割を果たしています。

  • For most of history, interpretation was mainly done consecutively, with speakers and interpreters making pauses to allow each other to speak.

    これまでの歴史では、長い間通訳は連続的に行われてきており、話し手と通訳者が交替に内容を発言していましたが

  • But after the advent of radio technology, a new simultaneous interpretations system was developed in the wake of World War II.

    通信技術進化に伴って、第二次世界大戦を前にして同時通訳システムが発達しました。

  • In the simultaneous mode, interpreters instantaneously translate a speaker's words into a microphone while he speaks without pauses, those in the audience can choose the language in which they want to follow.

    同時通訳では、話し手が発言しているのを遮ることなくマイクを通してその場で通訳していき、聞き手はどちらの内容を聞きたいかを選ぶことができるのです。

  • On the surface, it all looks seamless, but behind the scenes, human interpreters work incessantly to ensure every idea gets across as intended.

    表面上はスムースに進んでいるように見えますが、その裏では通訳者が絶え間なく話し手の意図する内容が余すことなく伝わるようにと努力しているのです。

  • And that is no easy task.

    そして、これは簡単な事ではありません。

  • It takes about two years of training for already fluent bilingual professionals to expand their vocabulary and master the skills necessary to become a conference interpreter.

    訓練には、すでに両言語が流暢な人が語彙力を拡張するためにおよそ2年間をかけて、会議通訳者として必要なスキルを身に付けていきます。

  • To get used to the unnatural task of speaking while they listen, students shadow speakers and repeat their every word exactly as heard in the same language.

    聞きながら話すという不自然なタスクに慣れるために、学生は話し手が話す内容を一言一句同じ言語で正確に繰り返すという事をします。

  • In time, they begin to paraphrase what is said, making stylistic adjustments as they go.

    次第に、内容を言い換えながらスタイルを必要に応じて変化させていくことができるようになります。

  • At some point, a second language is introduced.

    この辺りで、2 か国語目が取り込まれていきます。

  • Practicing in this way creates new neural pathways in the interpreter's brain, and the constant effort of reformulation gradually becomes second nature.

    このように練習していくことで、通訳者の脳に新しい神経経路が作り出され、それまでは毎回意識して訳していたのが次第に無意識にできるようになってくるのです。

  • Over time and through much hard work, the interpreter masters a vast array of tricks to keep up with speed, deal with challenging terminology, and handle a multitude of foreign accents.

    時間の経過と猛特訓の結果、通訳者はスピードについていくための様々なコツを体得して、難しい専門用語や外国語ならではのアクセントの違いなどにも対処できるようになっていきます。

  • They may resort to acronyms to shorten long names, choose generic terms over specific, or refer to slides and other visual aides.

    長い名前を略したり、特定の単語を一般的な言い回しに変えたり、スライドや視覚に訴える手法を使ったりするのです。

  • They can even leave a term in the original language, while they search for the most accurate equivalent.

    元の言語のままにしておいて、最も正確な似た言葉を見つけ出そうとすることもあります。

  • Interpreters are also skilled at keeping aplomb in the face of chaos.

    通訳者は、カオス的な状況において冷静さを保つことにも長けています。

  • Remember, they have no control over who is going to say what, or how articulate the speaker will sound.

    基本的には、誰が何を言うかをコントロールすることはできませんし、話し手の話し方も選ぶことができません。

  • A curveball can be thrown at any time.

    予期しないことはいつでも起こり得るのです。

  • Also, they often perform to thousands of people and in very intimidating settings, like the UN General Assembly.

    また、国連総会のような緊迫した場面で何千人という人の前で仕事をすることもあります。

  • To keep their emotions in check, they carefully prepare for an assignment, building glossaries in advance, reading voraciously about the subject matter, and reviewing previous talks on the topic.

    感情のブレを抑えこむために、慎重に事前準備を行い、あらかじめ用語を頭に入れておきながら対象となる分野の文献を読み込み、以前の同じトピックにおける発言内容を見返したりするのです。

  • Finally, interpreters work in pairs.

    最後に、通訳者は二人一組で作業に当たります。

  • While one colleague is busy translating incoming speeches in real time, the other gives support by locating documents, looking up words, and tracking down pertinent information.

    1人がリアルタイムで話される内容を翻訳していく中で、もう一人の方は書類の対応箇所を指したり言語を検索したり、関連情報を特定したりしていきます。

  • Because simultaneous interpretation requires intense concentration, every 30 minutes, the pair switches roles.

    流れの中での通訳作業には相当な集中を必要とするため、30 分ごとにお互いの役割を交替します。

  • Success is heavily dependent on skillful collaboration.

    上手くいくかどうかは、スキルを駆使して協力していけるかどうかにかかっているのです。

  • Language is complex, and when abstract or nuanced concepts get lost in translation, the consequences may be catastrophic.

    言語というものは複雑なもので、概要や微妙なコンセプトが訳出されることなく終わってしまうと、それがもたらす結果は大変なものとなりかねません。

  • As Margaret Atwood famously noted, "War is what happens when language fails."

    マーガレット・アトウッドの有名な言葉に「言葉のやり取りに失敗すると戦争が起きる」というのがありますが、

  • Conference interpreters of all people are aware of that and work diligently behind the scenes to make sure it never does.

    会議通訳者は誰でもこの事を良く心得ており、舞台裏で最大限の努力をしながらこのような失敗が起きないように努めているのです。

In 1956, during a diplomatic reception in Moscow, Soviet leader Nikita Khrushchev told Western Bloc ambassadors, "My vas pokhoronim!".

1956 年、モスクワで行われた国交レセプションにおいてソ連のニキータ・フルシチョフ第一書記が西側諸国代表に「My vas pokhoronim!」と告げましたが

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 通訳 話し手 言語 言葉 発言

【TED-Ed】通訳者の頭の中はどうなっているのか?

  • 53160 3561
    Kristi Yang に公開 2021 年 01 月 23 日
動画の中の単語