Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • One is the loneliest number.

    「1って寂しい数字だよね」

  • Hey everyone, Crystal here for DNews.

    みんな、DNewsのクリスタルです。どれだけネットフリックスを見たり、アイスクリームを食べたりするか気にしませんが、

  • I don't care how much Netflix and ice cream you consume,

    長い間1人でいるのは、本当につまらない。

  • being alone for long periods of time just sucks!

    長い間1人でいるのは、本当につまらない。

  • It makes us sad, eats away at our self-esteem and our immune system, makes us more susceptible to chronic diseases, and it might even shorten our lifespan.

    悲しくなるし、自尊心や免疫システムを蝕み、慢性的な病気にかかりやすくなって、寿命を縮めることだってあるかもしれません。

  • But could loneliness actually be a good thing?

    しかし孤独は実際に良いことになりえるのでしょうか?

  • Loneliness is the emotional state that arises from perceived isolation.

    孤独とは孤立感を感じさせられることに起因する感情状態のことです。

  • Like hunger, thirst, and pain, loneliness is an "aversive cue," a negative feeling that we want to move away from.

    空腹や渇き、傷みのように、孤独は「嫌悪の合図」で、避けたいネガティブな感情です。

  • Think of it as an evolutionary mechanism that says, "Hey, you're in danger and your friends could help you."

    それを進化的な構造だと考えて、「ねぇ。あなたは危険な状態で友人が助けてくれるわ」って言うんです。

  • Humans evolved to be social animals; groups provide protection and shared resources that help us survive.

    人間は社交的な動物に進化しました。保護や資源を共有するグループとして生存するために。

  • When it comes to gathering food, building shelters, and defending themselves, communities of humans have a much better chance of survival than individuals do.

    食料を集めるとき、シェルターを作るとき、そして自分自身を守るとき、人間のコミュニティは個人よりもずっと生存率が高くなります。

  • And so, scientists say, we evolved a "need to belong."

    だから科学者たちは、人間は「所属する必要性」を進化させたと言います。

  • In fact, loneliness may have been so important for survival that we evolved a unique set of neurons in our brains dedicated to it.

    実際、人間が生存するために脳の中で独自の神経の集まりを進化させる孤独はとても重要な存在かも知れません。

  • In a paper recently published in the journal, Cell, neuroscientists at MIT identified a region of the mouse brain that is uniquely responsive to isolation.

    ジャーナル『Cell』で最近発行された論文では、MITの神経科学者がネズミの脳の部分で孤立に対して一意的に反応する場所を特定しました。

  • The researchers used a technique called optogenetics, in which light is used to activate or inhibit selected groups of neurons in a modified rodent brain,

    研究者たちは光遺伝学と呼ばれる技術を使いました。光を使って、実験用に変質された齧歯動物の脳にある特定のニューロングループを

  • to manipulate a cluster of dopamine-sensitive neurons in the dorsal raphe nucleus, which is a region of the mouse's brain that's been associated with depression.

    活性化させたり、抑制させたりして。DRN(Dorsal Raphe Nucleus)にあるドーパミンに敏感な神経の塊を操作します。(DRNはネズミの脳の部分で、うつと関連があるとされているところです。)

  • For now, we'll call this special set of cells "loneliness neurons."

    今のところ、この特別な細胞の集まりを「孤独なニューロン」と呼んでいます。

  • In this study, researchers introduced a lonely experimental mouse to a new mouse friend, and observed a significant increase in activity of the "loneliness neurons."

    調査の中で、研究者は孤独な実験用マウスを新しいマウスの友達に紹介しました。そして「孤独なニューロン」の活動がかなり増加したことが観察されました。

  • Then, they gave the mouse a choice between spending time alone or with another mouse, and studied how optogenetic stimulation of the "loneliness neurons" influenced the mouse's choice.

    それからマウスに一人でいるか、他のマウスといるか選択肢を与え、「孤独なニューロン」の光遺伝学の刺激がどのようにマウスの選択に影響したのか研究しました。

  • Activation of those neurons caused the mouse to spend significantly more time with a mousy companion, indicating that when those neurons fire, mice seek out social interaction.

    そのニューロンの活性化でマウスは仲間のマウスとかなりの時間を過ごすようになり、それらのニューロンに火がついたとき、マウスは社会的な交流を求めます。

  • But was the mouse's choice motivated by positive reward or a negative experience?

    しかし前向きな報酬もしくは後ろ向きな経験によって動かされるマウスの選択肢だったのでしょうか?

  • To determine this, scientists let mice roam around in a box that contained two areas.

    これを決めるため、2つのエリアを含む箱の中を歩きまわるよう科学者が設定しました。

  • When the mouse spent time in one area, its "loneliness neurons" were stimulated, and while in the other area, they were not.

    マウスが1つのエリアで過ごしたとき、「孤独のニューロン」は刺激されて、

  • Interestingly, the mice avoided the stimulating area, indicating that the activation didn't make them feel very good.

    別のエリアでは、そうではありませんでした。興味深いことに、マウスは刺激のあるエリアを避けました。

  • This observation led researchers to suggest that activity in this brain region might be connected to a loneliness-like state that motivates mice to seek out social contact to feel better.

    活性化はそのマウスたちにとってあまり良くないと感じたのです。この観察により研究者たちはこの脳の中の部分の活動は孤独のような状態と関連しているのかもしれないと提案しました。それによってマウスは社会の交流を求めるようになります。

  • These findings reinforce the evolutionary view that loneliness is actually a good thing.

    これらの発見は孤独が実際は良いことだという進化的な見方を強化します。

  • Because it encourages us to seek social contact and, in turn, keeps us healthier and safer.

    なぜなら社会とのつながわりを求めるよう促し、代わりに、私たちを健康で安全にするからです。

  • Even just in this study, there's so much more to the story, and if the research is extrapolated to humans,

    この研究だけでも、物語はもっとあって、研究から推定するとしたら

  • it could not only help to explain motivations behind our own feelings and behavior, but also help us study what happens when those things go awry.

    感情や行動の裏にある動機を説明する助けだけでなく、それらが上手くいかなくなったとき何が起こるか研究する助けともなるでしょう。

  • But before we all get too excited, the neuroscientist in me must extend a note of caution:

    でも神経科学者の研究によって私たちがワクワクする前に、注意を喚起しなければなりません。

  • It's important to remember that human brains and mouse brains are similar in some ways, but not the same.

    人間の脳とマウスの脳は似ているところもありますが、

  • And mice do not display identical social behaviors to humans.

    同じではなく、マウスは人間と同一の社会行動を示すことはありません。

  • But for now, since we can't manipulate human brains the way we do with mice, we have to make do with what we learn from rodents,

    しかし今のところは、マウスにしたように人間を操作することはできないので、それで仕方ありません。

  • and hope that somebody gave those lonely mice a hug and some tiny ice cream,

    齧歯動物から学ぶとして、孤独なマウスには誰かがハグして小さなアイスクリームをあげてくれることを願っています。

  • and told them that they're terrific and it's going to be okay,

    彼らに素晴らしいよ、大丈夫だよって伝えてあげてほしい・・・

  • and somebody will love you for who you are, and you will never be lonely again

    誰かありのままの君を愛してくれる人はいるよ。もう二度と寂しくさせないよ。

  • Sorry.

    あっ、失礼しました。

  • If I haven't managed to convince you to stop staring at this screen and seek some social contact,

    あなたがスクリーンをじっと見るのを止めて、社会と交流するように説得できなかったみたいだから、

  • check out this video by Laci on how loneliness can kill you.

    孤独がいかにしてヒトを殺すか、というLaciの動画をチェックしましょう。

  • More people are living alone now, people are working longer and longer hours, they're working remotely, they're traveling far and wide for jobs...

    今一人暮らしの人が増えて、勤務時間もどんどん長くなっています。遠く離れた場所で働き、仕事のために遠方への移動もします。

  • People are using social media more to connect, and folks argue back and forth, is it good, is it bad,

    人々がソーシャルメディアを使って繋がり、これがいいとかあれが悪いとか議論をし、

  • is it bringing us together, tearing us apart... and everyone has different experience. Personally, I found it's good and bad.

    それによって結束したり、仲が引き裂かれたり、人それぞれ異なる経験をします。個人的には、いい面と悪い面があると思います。

  • What about you? How do you deal with loneliness? Subscribe to DNews and let us know in the comments down below. See you next time!

    あなたはどうですか?孤独に打ち勝つ方法はありますか?DNewsにサブスクライブ登録をして下にコメントで教えてね。それではまた次回!

One is the loneliest number.

「1って寂しい数字だよね」

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マウス 孤独 ニューロン dnews 研究 進化

孤独に生きられることが大事。(Why Being Lonely Is Crucial For Survival)

  • 86102 5136
    Vivi Lee に公開 2019 年 01 月 25 日
動画の中の単語