Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We keep track of things.

    私たちは物事を把握しています。

  • The things we've done, the things we need to do, the things we aspire to.

    今までやってきたこと、やるべきこと、目指すもの。

  • There's a lot to keep track of.

    整理しておくべきことがたくさんあります。

  • There are plenty of apps for that, but I needed a system flexible enough to handle whatever I threw at it, and fast enough that it wouldn't get in the way.

    そのためのアプリはたくさんありますが、何を投げても対応できる柔軟性と、邪魔にならないような高速性を備えたシステムが必要でした。

  • Hi, I'm Ryder, and this is a brief updated overview of the Bullet Journal.

    こんにちは、弾丸ジャーナルの概要を簡単に更新したライダーです。

  • It's an analog system that I designed to track the past, organize the present, and plan for the future.

    過去を追跡し、現在を整理し、将来の計画を立てるために設計したアナログシステムです。

  • Does this sound good?

    これはいい音なのかな?

  • Okay, let me show you how to set it up.

    よし、設定の仕方を教えよう。

  • Though this overview features a custom notebook design for Bullet-journaling, the system works just as well in the notebook of your choice.

    この概要では、Bullet-journalingのためのカスタムノートブックのデザインを特徴としていますが、システムはあなたの選択したノートブックでも同様に動作します。

  • To get started, flip to your first blank spread.

    最初の見開きページをめくってみましょう。

  • This will be your index.

    これがあなたのインデックスになります。

  • To set it up, simply title both pages as "Index."

    設定するには、両方のページに "インデックス "というタイトルを付けるだけです。

  • Now, let's set up your Future Log.

    では、フューチャーログを設定してみましょう。

  • To set it up, turn to the next blank spread.

    設定するには、次の空白の見開きをめくってください。

  • Title both pages as "Future Log."

    両方のページのタイトルを "未来ログ "としてください。

  • There are many ways to set this up.

    設定方法はいろいろあります。

  • Here's a simple six-month version.

    こちらは簡単な半年バージョンです。

  • Count the amount of lines on your page.

    ページの行数を数えます。

  • Now divide that number by three.

    その数を3で割って

  • With a ruler, draw a line across the spread.

    定規を使って、スプレッドに線を引く。

  • Add the months to each box.

    各ボックスに月を追加します。

  • When you're done, add your page numbers and add the Future Log back into your index.

    終わったら、ページ番号を追加して、フューチャーログをインデックスに戻します。

  • Okay, turn to your next blank spread.

    次の見開きを見て

  • This will be your "Monthly Log."

    これはあなたの "月間ログ "になります。

  • Add the name of the month on both pages.

    両ページに月名を追加します。

  • The left will be your "Monthly Calendar."

    左側が「月間カレンダー」になります。

  • Write down all the dates of the month, then add the first letter of the days.

    月の日付をすべて書き出して、その日の頭文字を加えます。

  • Okay, that's the calendar.

    よし、カレンダーだ。

  • The right page is your monthly task list.

    右のページは、毎月のタスクリストです。

  • Write down all the things you need to get done this month.

    今月やらなければならないことをすべて書き出してみましょう。

  • Before each task, draw a task bullet, which is just a simple dot.

    各タスクの前に、タスクの箇条書き(単純な点だけ)を描きます。

  • Add the page numbers, and then add this month back into your Index.

    ページ番号を追加して、今月をインデックスに戻します。

  • The Monthly Log provides you with a birds-eye view of everything you need to get done in a month and the time you have to do it in.

    マンスリーログでは、1ヶ月間にやるべきことや時間を鳥瞰的に見ることができます。

  • Okay, lets set up your "Daily Log."

    よし、"日誌 "の設定をしよう

  • Start by entering the days date.

    日にちを入力して開始します。

  • Now you can start adding entries.

    これで、エントリーの追加を開始することができます。

  • Entries are logged using short, bulleted sentences.

    エントリーは、短い箇条書きの文章で記録されます。

  • Each entry goes into one of three categories: tasks, indicated by a dot bullet; events, indicated by a circle bullet; and notes, indicated by the dash bullet.

    各エントリは、次の3つのカテゴリのいずれかに分類されます:タスク(点線で表示)、イベント(丸で表示)、およびメモ(ダッシュで表示)。

  • If a task is really important, place a star to left of it.

    タスクが本当に重要な場合は、その左に星を配置します。

  • This is known as a "Signifier."

    これは "Signifier "と呼ばれています。

  • Signifiers add extra meaning to bullets, in this case, priority.

    記号は弾丸に余分な意味を加えますが、この場合は優先度です。

  • This is known as "Rapid Logging."

    これは "ラピッドロギング "と呼ばれています。

  • It makes capturing and organizing information really fast.

    情報の取り込みや整理が本当に早くなります。

  • Now, we've set up all the core modules for the Bullet Journal.

    これで、Bullet Journalのコアモジュールの設定は完了です。

  • The Index.

    インデックス。

  • The Future Log.

    未来ログ。

  • The Monthly Log and the Daily Log.

    マンスリーログとデイリーログ。

  • Now I'll show you how they all work together.

    では、それらがどのように連携しているのかをお見せしましょう。

  • At the end of each month, set up your next Monthly Log.

    毎月末には、次回のマンスリーログを設定しましょう。

  • Scan your Daily Logs for open tasks.

    デイリーログをスキャンして、開いているタスクを探します。

  • X out the ones you've completed.

    完成したものを×にして

  • Now, take a moment and assess the remaining open tasks.

    さて、少し時間をおいて、残りのオープンタスクを評価してみましょう。

  • Ask yourself, "Is this still worth my time?"

    "これはまだ私の時間の価値があるのか?"と自問自答してみてください。

  • If it's not, strike it out.

    そうでない場合は空振りしてください。

  • If it is worth your time in the short term, turn that entry's task dot into a right arrow, and copy the entry into the new monthly log.

    短期的にあなたの時間の価値がある場合は、そのエントリのタスクのドットを右矢印にして、新しい月次ログにそのエントリをコピーします。

  • If a task is due months from now, turn the task dot into a left arrow, and copy that entry into the corresponding month in the Future Log.

    タスクの期限が今から数ヶ月後の場合は、タスクのドットを左矢印にして、そのエントリを未来ログの対応する月にコピーします。

  • This process in known as Migration.

    このプロセスはマイグレーションとして知られています。

  • Migration will help you weed out distractions.

    移住することで、気が散るものを取り除くことができます。

  • It's designed to help you focus on things that are worth your time.

    自分の時間に見合ったものに集中できるように設計されています。

  • The difference between being busy and being productive.

    忙しいことと生産的なことの違い。

  • Sometimes you'll have related tasks and notes.

    関連するタスクやメモがあることもあるでしょう。

  • To help organize related items, let's create a collection.

    関連するアイテムを整理するために、コレクションを作ってみましょう。

  • First, go to your next blank page, and give it a topic and number the pages.

    まず、次の空白のページに行き、トピックを与え、ページに番号を付けます。

  • Now migrate all the notes and/or tasks into that collection.

    ここで、すべてのノートやタスクをそのコレクションに移行します。

  • Now index that collection for reference later.

    後で参照するために、そのコレクションにインデックスを付けます。

  • Collections are a great way to organize shopping lists, or ongoing projects, or classes.

    コレクションは、買い物リストや進行中のプロジェクト、クラスを整理するのに最適な方法です。

  • Okay, that's it for the basic overview.

    さて、基本的な概要は以上です。

  • For more tips and tricks, please visit bulletjournal dot com.

    その他のヒントは、bulletjournal dot comをご覧ください。

  • Please like and subscribe to this channel.

    このチャンネルに「いいね!」をして購読してください。

  • Thanks for watching!

    ご覧いただきありがとうございます!

We keep track of things.

私たちは物事を把握しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 タスク ページ インデックス 設定 ログ 整理

箇条書き日記の書き方

  • 17954 1097
    張家寧 に公開
動画の中の単語