Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • [Loving and being loved.]

    [愛することと、愛されること]

  • Confusingly, we speak of love as one thing, rather than discerning the two very different varieties that lie beneath the single word.

    「愛」という一単語には、2 つの大きく異なる意味が含まれます。紛らわしいことに、私たちは、その 2 つを言い分けず、1 つの概念として「愛」を語ります。

  • Being loved, and loving.

    その 2 つとは、愛されることと、愛することです。

  • We can only make a relationship work when we're ready to do the latter and are aware of our unnatural, immature fixation on the former.

    「愛する」準備が整い、そして、「愛されること」に対する、不自然で未熟な執着心を認識して初めて、関係は機能します。

  • We start knowing only about being loved.

    私たちは、「愛されること」のみを知っている状態からスタートします。

  • It comes to seem, very wrongly, like the norm.

    大きな間違いなのですが、「愛される」ことを基準のように感じます。

  • To the child, it feels as if the parent is simply spontaneously on hand: to comfort, guide, entertain, feed, clear up, and remain almost always warm and cheerful.

    子どもにとって親というのは、単に、自然に側にいるものなのです―慰め、導き、楽しませ、食事を与えてくれたり、片付けをしてくれ、大半の場合、常に温かく、元気な存在です。

  • Parents don't reveal how often they've bitten their tongue, fought back the tears, and been too tired to take off their clothes after a day of child care.

    ぐっと我慢して涙をこらえたことが何度あったか、1 日子どもの世話をした後で、自分の服も脱げないほど疲れ切ったことが何度あったか―そういったことを、親は明かしません。

  • The relationship is almost always entirely non-reciprocal.

    この関係は、ほとんどの場合、完全に非相互的なのです。

  • The parent loves, but they don't expect the favor to be returned in any significant way.

    親は子どもを愛しますが、その恩返しをしっかりしてもらおうなんて、考えてはいません。

  • The parent doesn't get upset when the child doesn't notice the new haircut, asked [asks] carefully calibrated questions about how the meeting at work went, or suggested [suggests] that they go upstairs and take a nap.

    髪を切ったことに子どもが気づかなくても、仕事での会議がどうだったか、入念に気遣った質問をしなくても、そして「上に行って寝なよ」なんて言わなくても、親は気分を損ねたりはしません。

  • Parent and child may both love, but each party is on a very different end of the axis, unbeknownst to the child.

    親も子どもも、愛を感じているでしょう。子どもは気づいてはいませんが、双方は対極にあるのです。

  • This is why adulthood, when we first say we long for love, what we predominantly mean is that we want to be loved as we are once loved by a parent.

    だから、大人が「愛を求めている」という時、主に意味するのは、「かつて親に愛されたように、愛されたい」ということなのです。

  • We want a recreation in adulthood of what it felt like to be administered to and indulged.

    見守られ、甘やかされるのがどんな感じなのか、大人になって再び味わいたいのです。

  • In a secret part of our minds, we picture someone who will understand our needs, bring us what we want, and be immensely patient and sympathetic to us, act selflessly, and make it all better.

    心の中でこっそり、自分のニーズを分かってくれて、欲しいものを持ってきてくれて、ものすごく我慢強く、同情してくれて、無私無欲に行動してくれて、全てを良くしてくれる誰かをイメージしています。

  • This is, naturally, a disaster; for any relationship to work we need to move firmly out of the child and into the parental position.

    当然、これは大変なことです。どんな人間関係も、子どもの状態をしっかりと抜けだし、大人の立場に移行しなければ機能しません。

  • We need to become someone who can sometimes subordinate their own demands to the needs of another.

    時には、自らの要望よりも、他人の必要を優先させられる人になる必要があります。

  • To be adults in love, we have to learn, perhaps for the very first time, to do something truly remarkable, for a time at least, to put someone else ahead of us.

    愛情を感じられる大人になるには、おそらく初めてのことになるでしょうが、一時的にでも、自分より他人を優先させるという、本当に素晴らしいことができるようにならなければいけません。

  • That's what true, mature love actually is, much to everyone's initial surprise.

    まず驚いたことに、これこそが、真の成熟した愛の意味するところなのです。

[Loving and being loved.]

[愛することと、愛されること]

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 子ども 愛さ 大人 愛する 成熟 我慢

【人生の課題】愛することと愛されること(Loving and Being Loved)

  • 56116 5247
    VoiceTube に公開 2020 年 10 月 22 日
動画の中の単語