Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Sophie: Hello and welcome to 6 Minute English. I'm Sophie.

    ソフィー: こんにちは。私はソフィーです。

  • Neil: And I'm Neil. Here's your coffee, Sophie.

    ニール:そして僕はニール。コーヒーをどうぞ ソフィー

  • Sophie: Neil, remember that staff meeting we had yesterday?

    ソフィーニール、昨日のスタッフミーティングを覚えてる?

  • Why did you agree to having decaf coffee in the kitchen when I know you don't like it... and neither do I!

    なぜキッチンでカフェイン抜きのコーヒーを 飲むことに同意したの? あなたが好きじゃないのを知ってるのに... 私も好きじゃないわ!

  • Neil: I know. It's just that the boss said that decaffeinated coffee

    ニール:知ってるよ。ただ、ボスが言うには、カフェインレスのコーヒーは

  • that's coffee with the caffeine removedwas a good idea, healthier, you know.

    カフェインを除去したコーヒーは、健康に良いアイデアだった。

  • And then everyone else agreed.

    そして、みんなの意見が一致した。

  • And I... I don't know... I just felt uncomfortable disagreeing with everyone.

    そして私は...何か...みんなと意見が合わないことに違和感を感じたんです。

  • Sophie: Well, it's interesting you should say that, Neil.

    ソフィー君がそう言うのは興味深いね、ニール。

  • Groupthink is the subject of today's show.

    今日のテーマはグループシンクです。

  • Groupthink refers to the type of bad decisions we make when we are in a group.

    集団思考とは、集団の中にいるときに行う悪い判断のタイプのことを指します。

  • Decisions that are contrary toor againstwhat we really think.

    私たちが本当に考えていることに反している--あるいは反している--決断。

  • A psychology experiment conducted in the 1950s showed that a lot of people do exactly that

    1950年代に行われた心理学の実験では、多くの人がまさにそのようなことをしていることがわかりました。

  • they submit to the will of the group.

    彼らはグループの意志に従う

  • Neil: But before we hear more about this, now would be a good time for today's quiz question.

    ニール:でもその前に、今日のクイズの質問をするのにはいいタイミングだと思いますよ。

  • And I get to ask you, Sophie!

    そして、私はあなたに尋ねることができます、ソフィー!

  • Sophie: OK. What is it?

    ソフィーOK。それは何ですか?

  • Neil: In which story by Hans Christian Andersen does a young boy dare to tell the truth

    ニール:ハンス・クリスチャン・アンデルセンのどの物語の中で、少年が真実を伝える勇気を持っています。

  • when everyone else goes along with an obvious lie?

    みんなが明らかな嘘をついているのに?

  • Is it... a) The Red Shoes b) The Snow Queen

    それは... a) 赤い靴 b) 雪の女王

  • Or c) The Emperor's New Clothes

    またはC)天皇の新しい服

  • Sophie: OK... I think it's c) The Emperor's New Clothes.

    ソフィーOK・・・私はC)天皇の新しい服だと思います。

  • Neil: Well, we'll find out later on in the show if that's right or not.

    ニール:まあ、それが正しいかどうかは後で番組の中で分かることだけどね。

  • Now, the psychologist Solomon Asch is well known for his conformity experiments from the 1950s.

    さて、心理学者のソロモン・アッシュは、1950年代からの適合実験で知られています。

  • Can you tell us what "conformity" means please, Sophie?

    "適合 "の意味を教えてくれないか ソフィー?

  • Sophie: Conformity means behaviour that is the same as the way most other people behave.

    ソフィー順応性とは、他のほとんどの人の行動と同じように行動することを意味します。

  • Asch's main finding was that group pressure can change a person's opinion, of even obvious facts.

    アッシュの主な発見は、明らかな事実でさえも、集団の圧力が人の意見を変えることができるということでした。

  • Neil: And what did this Asch test involve?

    アッシュテストは何をしていたんですか?

  • Sophie: 123 male participants were shown a card with a line on it, followed by another card with three lines on it.

    ソフィー:123人の男性参加者に、線が書かれたカードを見せ、次に3本の線が書かれた別のカードを見せました。

  • The participants were then asked to say which line matched the line on the first card in length.

    その後、参加者には、どの線が最初のカードの線と長さが一致しているかを言ってもらいました。

  • The right answer was plain to see, but the participants felt pressurized into saying the wrong answer.

    正解は一目瞭然でしたが、参加者は間違った答えを言うことにプレッシャーを感じていました。

  • Neil: Why would they do that?

    ニール:なぜそんなことをするんだ?

  • Sophie: Because the majority of people taking part in the experiment had been told to give the wrong answer.

    ソフィー実験に参加している人の大半は、間違った答えを出すように言われていたからです。

  • Let's hear Professor Nick Chater's explanation.

    ニック・チャター教授の説明を聞いてみましょう。

  • He works at the Warwick Business School here in the UK.

    彼はここイギリスのワーウィックビジネススクールで働いています。

  • Nick Chater: By the time it comes to you a whole list of people have said something plainly wrong

    ニック・チェイターそれがあなたのところに来るまでに、人々のリスト全体が何か明らかに間違ったことを言っています。

  • and you are either going to have to fold and say,

    と畳み掛けるかのどちらかになります。

  • "well, I just agree with them" or you're going to rather uncomfortably say, "well, I think it's one actually".

    "まあ、私は彼らに同意しているだけです" とか、"まあ、私は実際には1つだと思います" とか、むしろ不愉快な言い方をしそうです。

  • And most people, most of the time, tend to fold.

    そして、ほとんどの人は、ほとんどの場合、折れてしまう傾向があります。

  • Neil: Professor Nick Chater. He uses the word fold, which means you give up.

    ニック・チャター教授彼は "折りたたむ "という言葉を使っています。"あきらめる "という意味です。

  • But, Sophie, if people are uncomfortable about supporting the wrong answer,

    しかし、ソフィー、人々が間違った答えを支持することに不快感を持っている場合。

  • or something they don't believe in, why do they do it?

    とか、信じていないことをしている人は、なぜそんなことをするのでしょうか?

  • Sophie: Because even though we feel uncomfortable going along with

    ソフィーなぜなら、私たちは一緒に行く不快感を感じるにもかかわらず

  • or agreeing withsomething we don't believe,

    またはそれに同意している - 信じていないこと。

  • we're even more uncomfortable about disagreeing with the group.

    集団で意見が合わないとさらに不愉快になります。

  • Neil: Well, I didn't realize that people were such sheep. I have a will of steel, Sophie.

    ニール:そうか、人があんなに羊だったとは知らなかったな。私には鋼鉄の意志があるんだよ、ソフィー。

  • Sophie: Is that right? So, your will of steelor strong determination

    ソフィーそうなんですか?ということは、あなたの鋼鉄の意志--あるいは強い決意--が

  • somehow melted away in the staff meeting yesterday, I suppose?

    昨日のスタッフミーティングで何となく溶けたのかな?

  • Neil: Oh well... of course... yes...

    ニール:そうか......そうだな........そうだな。

  • Sophie: Let's move on and consider briefly how social media encourages groupthink.

    ソフィーソーシャルメディアがどのようにしてグループ思考を促すかを簡単に考えてみましょう。

  • Neil: Yes, there's a real danger with something like, for example, the Twitterthe social networking service.

    ニール:そうですね。例えばツイッターのようなソーシャル・ネットワーキング・サービスには本当に危険があります。

  • Because when an opinion on Twitter starts to "trend", it can take on a momentum of its own,

    なぜなら、ツイッターでの意見が「トレンド化」すると、それ自体が勢いに乗ることがあるからです。

  • and people adopt it simply because it's popular, not because they really believe it.

    と、人々は単に人気があるから採用しているのであって、本気で信じているから採用しているわけではありません。

  • Sophie: And momentum means a force that keeps something going once it has started.

    ソフィーモメンタムとは、一度始まったことを継続する力を意味しています。

  • Let's hear from journalist and author, Jon Ronson. He has an interesting opinion about this.

    ジャーナリストで作家のジョン・ロンソン氏の話を聞きましょう。彼はこれについて興味深い意見を持っています。

  • Jon Ronson: One of the ironies here is that on social media we all like to see ourselves as nonconformists

    ジョン・ロンソンここでの皮肉の一つは、ソーシャルメディア上では、私たちは皆、自分たちを非適合者として見たがるということです。

  • but when we all get together in a group

    でも、みんなで集まると

  • what we're doing is using our individual nonconformity to create a more conformist world.

    私たちがしていることは、個人の不適合性を利用して、より適合性の高い世界を作ることです。

  • So if somebody steps out of line, all us nonconformists, in this frightened conformist way, tear them apart.

    だから誰かが一線を越えたら我々非適合者は怯えた適合主義者のように彼らを引き裂いてしまう。

  • It's like we're defining the boundaries of normality by tearing apart the people on the outside.

    外側の人間をズタズタにして規範の境界線を決めてるようなもんだからな

  • Sophie: Jon Ronson. Are you a nonconformist then, Neil

    ソフィージョン・ロンソンあなたは不適合者ですか、ニール?

  • someone who thinks and behaves differently from other people?

    人とは違う考えや行動をする人?

  • Neil: I'm not the type that Jon Ronson is describing

    ニール:僕はジョン・ロンソンが言うようなタイプではありません。

  • one who joins up with other so-called nonconformists to bully people with different views.

    不適合者と呼ばれる人たちと合流して意見の違う人たちをいじめる人

  • Now remember I asked you earlier: In which story by Hans Christian Andersen

    さっき聞いたのを覚えていますか?ハンス・クリスチャン・アンデルセンの どの物語の中で

  • does a young boy dare to tell the truth when everyone else goes along with an obvious lie?

    誰もが明らかな嘘をついている時に、少年は真実を言う勇気があるのだろうか?

  • Is it... a) The Red Shoes, b) The Snow Queen

    それは... a) 赤い靴 b) 雪の女王

  • Or c) The Emperor's New Clothes?

    それともC)天皇陛下の新服?

  • Sophie: I guessed c) The Emperor's New Clothes.

    ソフィー推したのはC)天皇の新しい服。

  • Neil: And you were right, Sophie!

    ニール:そして君は正しかったよ、ソフィー

  • The Emperor's New Clothes is a story by Hans Christian Andersen about two weavers

    皇帝の新しい服」は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの二人の織り手の物語です。

  • who promise an emperor a new suit of clothes that is invisible to those who are stupid or incompetent.

    バカや無能な人には見えない新しい服を天皇に約束する人。

  • No one dares to say that he doesn't see any suit of clothes until a child cries out,

    子供が泣き叫ぶまでスーツを見ないと言う人はあえていません。

  • "But he isn't wearing anything at all!"

    "でも何も着ていない!"

  • Sophie: It's a great storyand a lesson to us all. Now can we hear the words we learned today please?

    ソフィーそれは素晴らしい物語です - そして、私たちすべてのためのレッスン。今、私たちは今日学んだ言葉を聞くことができますか?

  • Neil: They are:

    ニール:そうです。

  • decaffeinated

    カフェインレス

  • groupthink

    集団思考

  • contrary to

    に反して

  • conformity

    適合性

  • fold

    折れ目

  • going along with

    随伴

  • will of steel

    鋼の意志

  • momentum

    勢い

  • nonconformist

    不適合者

  • Sophie: Well, that's the end of today's 6 Minute English. Don't forget to join us again soon!

    ソフィーさて、今日の6分間英語はこれで終わりです。またすぐに参加するのを忘れないでくださいね。

  • Both: Bye.

    両者:さようなら。

Sophie: Hello and welcome to 6 Minute English. I'm Sophie.

ソフィー: こんにちは。私はソフィーです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC ソフィー ニール 適合 天皇 意見

BBC 6 Minute English 2016年4月14日 - Do you think for yourself?

  • 8871 315
    Adam Huang に公開
動画の中の単語