Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Water is virtually everywhere,

    水はどこにでもあります

  • from soil moisture and ice caps,

    土の中の水分や氷河の塊から

  • to the cells inside our own bodies.

    私たちの体の細胞に至るまで

  • Depending on factors like location,

    体位や

  • fat index,

    脂肪指数

  • age,

    年齢

  • and sex,

    性別の要因に基づくと

  • the average human is between 55-60% water.

    平均的に、人の体重の55%から60%は水分です

  • At birth, human babies are even wetter.

    産まれたばかりの赤ちゃんは、さらに水々しく

  • Being 75% water, they are swimmingly similar to fish.

    75%が水分です。これは、ほとんど魚と同じです

  • But their water composition drops to 65% by their first birthday.

    ですが赤ちゃんの体内水分の割合は1歳になる頃には65%にまで落ち込みます

  • So what role does water play in our bodies,

    では、水分は私たちの身体にとってどの様な役割があるのでしょうか

  • and how much do we actually need to drink to stay healthy?

    そして、健康であり続けるためには、どれほどの水分を摂取する必要があるのでしょうか

  • The H20 in our bodies works to cushion and lubricate joints,

    私たちの身体にあるH2Oはクッションと関節を滑らかにする以外に、

  • regulate temperature,

    体温を一定に維持する、

  • and to nourish the brain and spinal cord.

    そして脳と脊髄に養分を与える役割があります

  • Water isn't only in our blood.

    水分は私たちの血液のみにあるというわけではありません

  • An adult's brain and heart are almost three quarters water.

    成人男性の脳と心臓の4分の3は水分です

  • That's roughly equivalent to the amount of moisture in a banana.

    それはおよそバナナの水分に匹敵します

  • Lungs are more similar to an apple at 83%.

    肺は83%が水分で、りんごに匹敵します

  • And even seemingly dry human bones are 31% water.

    一見乾燥したような人間の骨でさえ、31%の水分を含んでいます

  • If we are essentially made of water,

    私たちは水分で成り立ち、

  • and surrounded by water,

    水分に囲まれているのに

  • why do we still need to drink so much?

    なぜさらに水を飲む必要があるのでしょう?

  • Well, each day we lose two to three liters through our sweat,

    私たちは汗や

  • urine,

    尿

  • and bowel movements,

    腸の運動により、毎日2から3リットルの水分を消耗します

  • and even just from breathing.

    そしては呼吸でさえも水分を消耗するのです

  • While these functions are essential to our survival,

    これらの機能は生きていく上で必要な限り

  • we need to compensate for the fluid loss.

    私たちは水分不足を補う必要があります

  • Maintaining a balanced water level is essential to avoid dehydration

    適度な水分を維持することは、脱水や

  • or over-hydration,

    水分の過剰摂取を避けるいう意味でもとても重要です

  • both of which can have devastating effects on overall health.

    脱水と水分の過剰摂取は健康を大きく損なわせます

  • At first detection of low water levels,

    まず水分が少ないと感じるのは、

  • sensory receptors in the brain's hypothalamus

    脳の視床下部という所にある感覚器官が

  • signal the release of antidiuretic hormone.

    抗利尿ホルモン(利尿を妨げる働きをもつホルモン)を放つ信号を発信する時です

  • When it reached the kidneys, it creates aquaporins,

    抗利尿ホルモンが肝臓に達した時、アクアポリンという物を作り出します

  • special channels that enable blood to absorb and retain more water,

    アクアポリンとは、水チャンネルと呼ばれていて、血液により多くの水を吸収し保持させる効果を持つタンパク質です

  • leading to concentrated, dark urine.

    そして、それは尿を濃く、色を暗くさせます

  • Increased dehydration can cause notable drops in energy,

    過度な脱水は、エネルギー

  • mood,

    感情

  • skin moisture,

    肌の潤い

  • and blood pressure,

    そして血圧に悪影響をもたらします

  • as well as signs of cognitive impairment.

    認知症の症状と同じように

  • A dehydrated brain works harder to accomplish the same amount

    脱水状態の脳にとって通常の脳と同じ量の物事を処理するのは

  • as a normal brain,

    困難で

  • and it even temporarily shrinks because of its lack of water.

    一時的にですが脳が縮んでしまいます。水分不足が原因だからです

  • Over-hydration, or hyponatremia,

    水分の過剰摂取、もしくは低ナトリウム血症は

  • is usually caused by overconsumption of water in a short amount of time.

    一般的に短時間の内に水分を過剰消費することにより引き起こされます

  • Athletes are often the victims of over-hydration

    運動選手はしばしば水分の過剰摂取の被害に遭います

  • because of complications in regulating water levels

    なぜなら、体のコンディションがとても重要なスポーツ選手にとって水分調整は

  • in extreme physical conditions.

    (一般人と違い)複雑だからです

  • Whereas the dehydrated brain amps up the production of antidiuretic hormone,

    脱水状態の脳は抗利尿ホルモンの産出を増加させる一方

  • the over-hydrated brain slows, or even stops, releasing it into the blood.

    水分の過剰摂取状態の脳は抗利尿ホルモンを血液に放つのを遅らせ、もしくは止まらせます

  • Sodium electrolytes in the body become diluted,

    身体の中にあるナトリウムイオンは薄められ、

  • causing cells to swell.

    細胞が膨張する原因となります

  • In severe cases,

    ひどい場合ですが、

  • the kidneys can't keep up with the resulting volumes of dilute urine.

    肝臓は薄めれた尿を保てなくなります

  • Water intoxication then occurs,

    そして、水中毒が引き起こされ

  • possibly causing headache,

    恐らく頭痛

  • vomiting,

    吐き気が起き

  • and, in rare instances, seizures or death.

    そして、稀にですが発作や死にまで至ります

  • But that's a pretty extreme situation.

    ですが、それは極めて極端な状況です

  • On a normal, day-to-day basis,

    一般的な、日々の生活で

  • maintaining a well-hydrated system is easy to manage

    適度な水分を得るのは

  • for those of us fortunate enough to have access to clean drinking water.

    幸運にも綺麗な飲み水にありつける私たちにとっては、簡単なことです

  • For a long time, conventional wisdom said that we should drink eight glasses a day.

    長い間、 世間一般の通念は1日に8杯の飲み物を飲むというものでした

  • That estimate has since been fine-tuned.

    その目安は、以来微調整されてきました

  • Now, the consensus is that the amount of water we need to imbibe

    現在、吸収する必要のある水分の量は

  • depends largely on our weight and environment.

    体重と環境に大きくよるというものになりました

  • The recommended daily intake varies from between 2.5-3.7 liters of water for men,

    推奨されている1日の水分摂取量の目安は、男性が2.5リットルから3.7リットル

  • and about 2-2.7 liters for women,

    女性が2リットルから2.7リットルへと変更されました

  • a range that is pushed up or down if we are healthy,

    範囲は、健康度合い

  • active,

    活動頻度

  • old,

    年齢

  • or overheating.

    身体の発熱状態により前後します

  • While water is the healthiest hydrator,

    水はもっとも健康な飲み物ですが

  • other beverages,

    他の飲み物

  • even those with caffeine like coffee or tea,

    コーヒーやお茶の様にカフェインが含まれている飲み物でも

  • replenish fluids as well.

    同様に水分を補充できます

  • And water within food makes up about a fifth of our daily H20 intake.

    食べ物の中にある水分は、1日に必要なH2Oの5分の1を形成します

  • Fruits and vegetables like strawberries,

    いちごの様な果物や

  • cucumbers,

    キュウリの様な野菜は、

  • and even broccoli are over 90% water,

    ブロッコリーでさえも90%もの水分を含んでいます

  • and can supplement liquid intake while providing valuable nutrients and fiber.

    そして水分を補うと同時に価値のある栄養と繊維を一緒に摂取することが出来ます

  • Drinking well might also have various long-term benefits.

    十分に水分を補給をすることで長期間にわたり恩恵を受けることもできます

  • Studies have shown that optimal hydration can lower the chance of stroke,

    研究によると、適度な水分は発作の確率を下げることが出来る他に

  • help manage diabetes,

    糖尿病を煩わない助けにもなり

  • and potentially reduce the risk of certain types of cancer.

    そして、もしかするとある種の癌が発病するリスクを下げることも出来るのです

  • No matter what, getting the right amount of liquid makes a world of difference

    いずれにせよ、適度な水分の摂取はあなたの日々の

  • in how you'll feel,

    感じ方、

  • think,

    考え方、

  • and function day to day.

    そして(身体の)機能に違いをもたらします

Water is virtually everywhere,

水はどこにでもあります

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 水分 摂取 脱水 リットル 過剰

【TED-Ed】もし水を飲まなかったらどうなる? What would happen if you didn’t drink water? - Mia Nacamulli

  • 11727 1242
    Rudy に公開 2018 年 02 月 18 日
動画の中の単語