Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Today I wanted to -- well, this morning --

    翻訳: Kazunori Akashi 校正: Yasushi Aoki

  • I want to talk about the future of human-driven transportation

    今日 お話しするのは

  • about how we can cut congestion, pollution and parking

    人間が運転する交通手段の 未来についてです

  • by getting more people into fewer cars

    より多くの人を より少ない車で運ぶことで

  • and how we can do it with the technology that's in our pockets

    渋滞や公害や駐車場を いかに減らせるか

  • And yes, I'm talking about smartphones ...

    それをみんなのポケットの中にある技術で どう実現するか

  • not self-driving cars

    そう スマートフォンのことです

  • But to get started we've got to go back over 100 years.

    自動運転車ではありません

  • Because it turns out there was an Uber way before Uber.

    まずは100年ばかり 時を遡るところから始めましょう

  • And if it had survived,

    実はUberより ずっと以前に Uberがあったからです

  • the future of transportation would probably already be here.

    仮に それが存続していれば

  • So let me introduce you to the jitney.

    交通機関の未来は たぶん もう実現していたことでしょう

  • In 1914 it was created or invented

    皆さんに「ジットニー」を紹介します

  • by a guy named LP Draper.

    1914年に L・P・ドレイパーという男が 考案したものです

  • He was a car salesman from LA, and he had an idea.

    LAの自動車販売業者だった彼には あるアイデアがありました

  • Well, he was cruising around downtown Los Angeles, my hometown,

    私の故郷でもある LAの市街を

  • and he saw trolleys with long lines of people

    彼が運転していると

  • trying to get to where they wanted to go.

    市電が見えました

  • He said, well, why don't I just put a sign on my car

    そこには 目的地に向かう 人々の長い列がありました

  • that takes people wherever they want to go

    彼は こう思いました 「自分の車に看板を掲げて

  • for a jitney -- that was slang for a nickel.

    ジットニー1枚で目的地まで 乗せて行くのは どうだろう?」

  • And so people jumped on board,

    ジットニーとは 5セント硬貨の俗称です

  • and not just in Los Angeles but across the country.

    人々は先を争って乗りました

  • And within one year, by 1915,

    LAだけでなく アメリカ中いたる所でです

  • there were 50,000 rides per day in Seattle,

    1年後の

  • 45,000 rides per day in Kansas

    1915年には

  • and 150,000 rides per day in Los Angeles.

    シアトルで1日5万人

  • To give you some perspective,

    カンザスでは4万5千人

  • Uber in Los Angeles

    LAでは1日15万人が 利用していました

  • is doing 157,000 rides per day,

    比較して欲しいのですが

  • today ... 100 years later

    LAでは 現在

  • And so these are the trolley guys,

    1日15万7千人が Uberを利用しています

  • the existing transportation monopoly at the time.

    100年経っているのにです

  • They were clearly not happy about the jitney juggernaut.

    彼らは市電の乗務員です

  • And so they got to work

    当時 独占的な交通機関でした

  • and they went to cities across the country

    彼らはジットニーの大群には 明らかに不満でした

  • and got regulations put in place

    そこで運動を始めて

  • to slow down the growth of the jitney.

    国中の都市に出向き

  • And there were all kinds of regulations.

    ジットニーの発展を遅らせるために 規制を設けさせました

  • There were licenses -- often they were pricey.

    実に様々な規制がありました

  • In some cities, if you were a jitney driver,

    免許は 多くの場合 費用が高額でした

  • you were required to be in the jitney for 16 hours a day.

    一部の街では

  • In other cities, they required two jitney drivers for one jitney.

    ジットニーの運転手には

  • But there was a really interesting regulation

    1日16時間の乗車が 義務付けられていました

  • which was they had to put a backseat light --

    また いくつかの街では

  • install it in every Jitney --

    ジットニー1台につき 運転手が2人必要でした

  • to stop a new pernicious innovation which they called spooning.

    中には すごく面白い 規制もありました

  • All right. So what happened?

    後部座席に照明をつける というものです

  • Well, within a year this thing had taken off.

    ジットニー全部に設置して

  • But the jitney, by 1919,

    新種の有害行為 いちゃつきを防止するためです

  • was regulated completely out of existence.

    (笑)

  • That's unfortunate ...

    さて その結果どうなったでしょうか

  • because, well, when you can't share a car,

    ジットニーは1年で大流行しましたが

  • then you have to own one.

    1919年までには 規制の強化で 完全に消滅しました

  • And car ownership skyrocketed

    残念なことです

  • and it's no wonder that by 2007,

    なぜなら 車を共用できなければ 自分で持つしかなく

  • there was a car for every man, woman and child in the United States.

    自動車の所有率が急増したからです

  • And that phenomenon had gone global.

    2007年に米国には 男性も女性も子どもも含む

  • In China by 2011,

    全国民1人あたり1台の 自動車があったのも 不思議はありません

  • there were more car sales happening in China than in the US.

    この現象は地球規模で広がりました

  • Now, all this private ownership of course had a public cost.

    2011年には中国での 自動車販売台数が

  • In the US, we spend 7 billion hours a year,

    アメリカを抜きました

  • wasted, sitting in traffic.

    このような自動車の個人所有には 当然 社会的コストが伴いました

  • 160 billion dollars in lost productivity,

    アメリカでは 私たちは渋滞の中で 年に70億時間を

  • of course also sitting in traffic,

    無駄に過ごしています

  • and one-fifth of all of our carbon footprint

    渋滞に巻き込まれることで 1,600億ドル分の

  • is spewed out in the air by those cars that we're sitting in.

    生産性が失われ

  • Now, that's only four percent of our problem though.

    二酸化炭素排出量 全体の 5分の1は

  • Because if you have to own a car

    私たちが乗る車から 大気中に放出されています

  • then that means 96 percent of the time your car is sitting idle.

    ただ これは問題全体の わずか4%を占めるに過ぎません

  • And so, up to 30 percent of our land and our space

    車を個人で所有しても

  • is used storing these hunks of steel.

    96%の時間は 使っていないからです

  • We even have skyscrapers built for cars.

    結果として 私たちの土地や空間は 最大で3割もが

  • That's the world we live in today.

    この鉄の塊を収容するために 使われているのです

  • Now, cities have been dealing with this problem for decades.

    自動車だけのために作られた 高層ビルまであります

  • It's called mass transit.

    これが 今日 私たちの 暮らしている世界です

  • And even in a city like New York City,

    この問題には 多くの都市が 何十年も取り組んできました

  • one of the most densely populated in the world

    公共交通機関です

  • and one of the most sophisticated tremendous mass transit systems in the world,

    でも 世界有数の人口密集地帯である

  • there are still 2.5 million cars

    NYのような街では

  • that go over those bridges every day.

    世界的にも優れた 公共交通機関があるにもかかわらず

  • Why is that?

    毎日 250万台もの車が 橋を行き来しています

  • Well, it's because mass transit

    なぜでしょう

  • hasn't yet figured out how to get to everybody's doorstep.

    公共交通機関は 乗客みんなを家の前まで送り届ける方法を

  • And so back in San Francisco, where I live,

    まだ見出していないからです

  • the situation's much worse, in fact,

    私が住むサンフランシスコなんか

  • much worse around the world.

    状況は さらに深刻です

  • And so the beginning of Uber in 2010 was --

    というより世界中で深刻なのです

  • well, we just wanted to push a button and get a ride.

    2010年にUberを始めた時 目指していたのは

  • We didn't have any grand ambitions.

    ボタン一つで 車が呼べることでした

  • But it just turned out that lots of people

    壮大な計画が あったわけではありません

  • wanted to push a button and get a ride,

    でも実際やってみると

  • and ultimately what we started to see

    ボタン一つで車を呼びたい人は たくさんいて

  • was a lot of duplicate rides.

    さらに 経路がダブるケースが 多いことがわかりました

  • We saw a lot of people pushing the same button

    同じボタンを 同じ頃に押し

  • at the same time going essentially to the same place.

    ほぼ同じ場所へ 行こうとする人たちを

  • And so we started thinking about, well,

    たくさん目にしたのです

  • how do we make those two trips and turn them into one.

    そこで考え始めました

  • Because if we did,

    経路の重なる2つの賃走を 1つにまとめるには どうすればいいか

  • that ride would be a lot cheaper

    もし まとめられれば 運賃は相当 安くでき

  • up to 50 percent cheaper

    最大で5割くらい 下げられるでしょう

  • and of course for the city you've got

    もちろん 都市部なら

  • a lot more people and a lot fewer cars.

    多くの乗客を ずっと少ない台数で さばけるようになります

  • And so the big question for us was: would it work?

    ここで大きな疑問は

  • Could you have a cheaper ride

    うまくいくのか ということです

  • cheap enough that people would be willing to share it?

    みんなが進んで 相乗りしようとするほど

  • And the answer, fortunately, is a resounding yes.

    運賃を安くできるだろうか?

  • In San Francisco, before uberPOOL, we had

    幸い その答えは 圧倒的にイエスでした

  • -- well, everybody would take their car wherever the heck they wanted.

    サンフランシスコでは

  • And the bright colors is where we have the most cars.

    相乗りサービスuberPOOLが できる以前は

  • And once we introduced uberPOOL,

    どこへ行くのにも 誰もが自分の車で出かけていました

  • well, you see there's not as many bright colors.

    明るい色の部分は 車が密集している場所です

  • More people getting around the city in fewer cars,

    私たちがuberPOOLを開始すると

  • taking cars off the road.

    明るい部分は ほとんどなくなりました

  • It looks like uberPOOL is working.

    多くの人が 少ない台数で 街の中を移動することで

  • And so we rolled it out in Los Angeles eight months ago.

    道路から車が 減っているのです

  • And since then, we've taken 7.9 million miles off the roads

    uberPOOLは うまくいくようです

  • and we've taken 1.4 thousand metric tons of CO2 out of the air.

    それで LAにも展開しました

  • But the part that I'm really --

    8か月前のことです

  • But my favorite statistic

    私たちは それ以来 交通量を 走行距離にして1,270万キロ分減らし

  • remember, I'm from LA,

    大気中の二酸化炭素を 1,400トン削減しています

  • I spent years of my life

    ただ 私が本当に…

  • sitting behind the wheel,

    (拍手)

  • going, "How do we fix this?"

    私が気に入っている統計があります

  • my favorite part is that eight months later,

    いいですか 私はLA出身で

  • we have added 100,000 new people that are carpooling every week.

    何年もの間 ハンドルを握りながら

  • Now, in China everything is supersized,

    どうにか改善できないものか 考えてきたのです

  • and so we're doing 15 million uberPOOL trips per month,

    私が気に入っているのは この8か月で

  • that's 500,000 per day.

    相乗りを毎週利用するという人が 10万人増えている点です

  • And of course we're seeing that exponential growth happen.

    中国では すべてが超巨大で

  • In fact, we're seeing it in LA, too.

    uberPOOLの利用は 1か月当たり1,500万件

  • And when I talk to my team,

    1日だと50万件です

  • we don't talk about,

    確かに 私たちは今 急速に成長しています

  • "Hey, well, 100,000 people carpooling every week...

    実は 同じことがLAでも見られます

  • and we're done."

    だからと言って 私たちは会社で

  • How do we get that to a million?

    「毎週10万人が相乗りしているぞ 成功だ」などとは言いません

  • And in China,

    「どうすれば100万人にできるか?」 と考えています

  • well, that could be several million.

    中国なら数百万人にできるはずです

  • And so uberPOOL

    uberPOOLは 都市部での相乗りには かなり有効な解決策です

  • is a very great solution for urban carpooling.

    ただ郊外では どうでしょう?

  • But what about the suburbs?

    ここは 私が育ったLAにある通りで

  • This is the street where I grew up in Los Angeles,

    ノースリッジという

  • it's actually a suburb called Northridge, California,

    郊外の住宅街です

  • and, well -- look, those mailboxes,

    延々と郵便受けが並んでいます

  • they kind of just go on forever.

    毎朝 ほぼ同じ時間に

  • And every morning at about the same time,

    それぞれの家から 車が出てきます

  • cars roll of out their driveway,

    ほとんどは1人しか 乗っていません

  • most of them, one person in the car,

    そして みんな仕事しに 都市部へと向かいます

  • and they go to work,

    そこで考えたのは

  • they go to their place of work.

    どうすれば

  • So the question for us is:

    このたくさんの通勤する車を —

  • well, how do we turn all of these commuter cars --

    文字通り何千万台もあるんですが

  • and literally there's tens of millions of them --

    全部 相乗りに切り替え られるかということです

  • how do we turn all these commuter cars into shared cars?

    これにぴったりなのが 最近 開始したuberCOMMUTEです

  • Well, we have something for this that

    朝起きて 会社に行く準備をし コーヒーを飲んで

  • we recently launched called uberCOMMUTE.

    車に乗って

  • You get up in the morning,

    Uberアプリを立ち上げると

  • get ready for work,

    その瞬間に皆さんは

  • get your coffee,

    Uberドライバーに早変わりします

  • go to your car and you light up the Uber app,

    そしてUberが 通勤中の皆さんを

  • and all of a sudden,

    近所の人と組み合わせます

  • you become an Uber driver.

    実にすばらしい

  • And we'll match you up with one of your neighbors on your way to work

    ただ一つ問題があります

  • and it's a really great thing

    「規制」です

  • There's just one hitch ... it's called regulation.

    「1マイル54セント」 何だと思いますか?

  • So 54 cents a mile, what is that?

    これはアメリカ政府が決めた

  • Well, that is what the US government

    1マイル当たりの 自動車の所有コストです

  • has determined that the cost of owning a car is per mile.

    国内では誰でも自分の車に乗せて

  • You can pick up anybody in the United States

    どこにでも すぐ連れて行けますが

  • and take them wherever they want to go at a moment's notice,

    運賃は1マイル54セント以下で なければなりません

  • for 54 cents a mile or less.

    もし1マイル60セント請求すると 犯罪になるのです

  • But if you charge 60 cents a mile,

    でも もし1マイル60セントにすれば

  • you're a criminal.

    LAで 相乗りが50万人増えるとしたら どうでしょう?

  • But what if for 60 cents a mile

    1マイル60セントにすれば

  • we could get half a million more people carpooling in Los Angeles?

    アメリカ全体で 相乗りが5千万人増えるとしたら?

  • And what if at 60 cents a mile

    もし それが可能なら

  • we could get 50 million people carpooling in the United States?

    やったほうがいいに決まっています

  • If we could, it's obviously something we should do.

    ジットニーの教訓を振り返りましょう

  • And so it goes back to the lesson of the jitney.

    もしもジットニーが流行した1915年に

  • If by 1915 this thing was taking off,

    規制が行われず

  • imagine without the regulations that happened,

    そのまま成長し続けていたら

  • if that thing could just keep going.

    私たちの住む都市は 今頃どうなっていたでしょう?

  • How would our cities be different today?

    駐車場になっている場所は 公園だったかもしれません

  • Would we have parks in the place of parking lots?

    私たちはチャンスを逃したのです

  • Well, we lost that chance.

    でもテクノロジーによって 新たな機会を得ました

  • But technology has given us another opportunity.

    自動運転車には 私も期待していますが

  • Now, I'm as excited as anybody else

    本当に5年 10年 20年と 待たなければ

  • about self-driving cars

    新しい街は 実現できないのでしょうか?

  • but do we have to really wait

    今ポケットの中にある技術と

  • five, 10 or even 20 years to make our new cities a reality?

    より賢明な規制さえあれば

  • With the technology in our pockets today,

    車をすべて共用車に変え

  • and a little smart regulation,

    自分たちの街を取り戻せます しかも今日から

  • we can turn every car into a shared car,

    ありがとう

  • and we can reclaim our cities starting today.

    (拍手)

  • Thank you.

    クリス・アンダーソン:ありがとう

  • Travis, thank you.

    トラビス・カラニック:ありがとう

  • Thank you.

    クリス:あなたが作った会社は 本当に驚異的です

  • You know --

    今は そのごく一部 特に影響の大きな部分について

  • I mean the company you've built

    話していただきました

  • is absolutely astounding.

    自家用車を公共交通機関に変える というアイデアです

  • You only just talked about a small part of it here

    素晴らしいと思います

  • a powerful part

    ただ 2つほど質問させてください

  • the idea of turning cars into public transport like that,

    みんな知りたがっていることなので

  • it's cool.

    1つ目ですが 確か先週

  • But I've got a couple of questions

    スマホからUberを予約しようとしたら

  • because I know they're out there on people's minds.

    アプリが見つからなかったんですが

  • So first of all, last week I think it was,

    とても大胆で 思い切った 大幅なデザイン変更をしましたね

  • I switched on my phone and tried to book an Uber

    トラビス:ええ

  • and I couldn't find the app.

    クリス:どうでしたか

  • You had this very radical, very bold, brave redesign.

    その日 アプリを見つけられなかった人は いませんでした?

  • Sure.

    このデザインの変更で 人々を取り込めそうですか?

  • How did it go?

    トラビス:まず はじめに 言っておきたいのは

  • Did you notice other people not finding the app that day?

    私たちが何をしようと したのかです

  • Are you going to win people over for this redesign?

    この会社の歴史を 少し知っておいてもらうと

  • Well, first I should probably just say,

    わかりやすいと思います

  • well, what we were trying to accomplish.

    私たちは 最初は黒塗りの

  • And I think if you know a little bit about our history,

    高級車からスタートしました

  • it makes a lot more sense.

    ボタン一つで ベンツSクラスが やって来るというものです

  • Which is, when we first got started,

    私たちがやっていたのは

  • it was just black cars.

    未熟な高級ブランド とでも言うべきものだったので

  • It was literally you push a button and get an S-Class.

    高級車のエンブレム みたいにしたのです

  • And so what we did was almost what I would call

    その後 世界進出を果たして

  • an immature version of a luxury brand

    Sクラスから インドの三輪タクシーまで 拡大するにつれ

  • that looked like a badge on a luxury car.

    私たちにとって重要になってきたのは

  • And as we've gone worldwide

    もっと利用しやすくすること

  • and gone from S-Classes to auto rickshaws in India,

    もっと地元に密着すること

  • it became something that was important for us to go

    人々が暮らす街と 関わることでした

  • to be more accessible,

    それが あの模様や色に 込められています

  • to be more hyperlocal,

    象徴性も重要です

  • to be about the cities we were in

    「U」の文字は サンスクリット語でも

  • and that's what you see with the patterns and colors.

    中国語でも意味をなしません

  • And to be more iconic,

    これが 変更した意図の一部です

  • because a U doesn't mean anything in Sanskrit,

    それにしても こういうものを発表する時は

  • and a U doesn't mean anything in Mandarin.

    手は汗ばむし

  • And so that was a little bit what it was about.

    誰だって

  • Now, when you first roll out something like that,

    ちょっとは不安になるものです

  • I mean, your hands are sweating, you've got --

    しかし実際に目にしたのは

  • you know, you're a little worried.