Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • When ultraviolet sunlight hits our skin, it affects each of us a little differently.

    紫外線が私達の肌に当たると、その影響は人それぞれ、少しずつ異なります。

  • Depending on skin color, it will take only minutes of exposure to turn one person beetroot-pink, while another requires hours to experience the slightest change.

    肌の色にもよりますが、わずか数分さらされただけで真っ赤になる人もいれば、数時間かかってわずかな変化しかない人もいます。

  • So what's to account for that difference?

    では、この違いは何が原因なのでしょうか?

  • And how did our skin come to take on so many different hues to begin with?

    そもそも私達の肌はどのようにしてさまざまな色を持つようになったのでしょうか?

  • Whatever the color, our skin tells an epic tale of human intrepidness and adaptability, revealing its variance to be a function of biology.

    どのような色であれ、私達の肌が語るのは壮大なる人間の勇敢さと適応力の物語であり、その多様性は生物学の機能であることが明らかになっています。

  • It all centers around melanin, the pigment that gives skin and hair its color.

    それは肌や髪に色を与える色素であるメラニンを中心に展開します。

  • This ingredient comes from skin cells called melanocytes and takes two basic forms.

    この成分はメラノサイトと呼ばれる皮膚細胞に由来し、2 つの基本的な形を持っています。

  • There's eumelanin, which gives rise to a range of brown skin tones, as well as black, brown, and blond hair, and pheomelanin, which causes the reddish browns of freckles and red hair.

    黒髪、茶髪、金髪だけでなく褐色の肌を生み出すユーメラニンと、赤茶色のそばかすや赤髪を生み出すフェオメラニンです。

  • But humans weren't always like this.

    しかし、人間は昔からこのようなものではありませんでした。

  • Our varying skin tones were formed by an evolutionary process driven by the Sun.

    私達の様々な肌の色は、太陽によって引き起こされる進化のプロセスによって形成されました。

  • In began some 50,000 years ago when our ancestors migrated north from Africa and into Europe and Asia.

    それが始まったのは、約 5 万年前、人類の祖先がアフリカから北上してヨーロッパやアジアに移動したときでした。

  • These ancient humans lived between the Equator and the Tropic of Capricorn, a region saturated by the Sun's UV-carrying rays.

    古代の人間は赤道と南回帰線の間、つまり紫外線をもたらす太陽の光が多い地域に住んでいました。

  • When skin is exposed to UV for long periods of time, the UV light damages the DNA within our cells, and skin starts to burn.

    肌が長時間紫外線にさらされると、紫外線は細胞内の DNA にダメージを与え、皮膚がやけどし始めます。

  • If that damage is severe enough, the cells mutations can lead to melanoma, a deadly cancer that forms in the skin's melanocytes.

    その損傷が非常に深刻な場合は、細胞の突然変異が起こり、メラノーマ、つまり皮膚のメラニン細胞で形成される致命的ながんに発展する可能性があります。

  • Sunscreen as we know it today didn't exist 50,000 years ago.

    現代のような日焼け止めは、5 万年前には存在していませんでした。

  • So how did our ancestors cope with this onslaught of UV?

    では、私達の祖先はこの激しい紫外線にどうやって対処したのでしょうか?

  • The key to survival lay in their own personal sunscreen manufactured beneath the skin: melanin.

    生存の鍵は、皮膚の下に作られる個人的な日焼け止め、つまりメラニンにありました。

  • The type and amount of melanin in your skin determines whether you'll be more or less protected from the sun.

    肌に含まれるメラニンの種類と量によって、紫外線から肌を守ることができるかどうかが決まります。

  • This comes down to the skin's response as sunlight strikes it.

    これは、日光が当たるときの皮膚の反応によるものです。

  • When it's exposed to UV light, that triggers special light-sensitive receptors called rhodopsin, which stimulate the production of melanin to shield cells from damage.

    紫外線を浴びると、ロドプシンと呼ばれる特殊な光受容体を誘発し、細胞をダメージから守るためにメラニンの産出を刺激します。

  • For light-skin people, that extra melanin darkens their skin and produces a tan.

    肌の色が薄い人は、余分なメラニンが肌を黒くして日焼けしてしまいます。

  • Over the course of generations, humans living at the Sun-saturated latitudes in Africa adapted to have a higher melanin production threshold and more eumelanin, giving skin a darker tone.

    とより多くのユーメラニンを持つように適応し、肌が浅黒くなっていきました。

  • This built-in sun shield helped protect them from melanoma, likely making them evolutionarily fitter and capable of passing this useful trait on to new generations.

    彼らは生まれつき備わった日よけによってメラノーマから保護され、進化的に順応し、この有益な性質を新しい世代に受け継げるようになりました。

  • But soon, some of our Sun-adapted ancestors migrated northward out of the tropical zone, spreading far and wide across the Earth.

    しかし、すぐに、太陽に適応した祖先の中には熱帯地域から北上する人達もいて、世界中に遠く広範囲に広がっていきました。

  • The further north they traveled, the less direct sunshine they saw.

    北上すればするほど、直射日光は少なくなっていきました。

  • This was a problem because although UV light can damage skin, it also has an important parallel benefit.

    紫外線は肌にダメージを与えますが、同時に重要な恩恵もあるため、これは問題でした。

  • UV helps our bodies produce vitamin D, an ingredient that strengthens bones and lets us absorb vital minerals, like calcium, iron, magnesium, phosphate, and zinc.

    それがないと、人間は深刻な疲労を感じ、くる病として知られている骨が弱くなる状態を引き起こします。

  • Without it, humans experience serious fatigue and weakened bones that can cause a condition known as rickets.

    その浅黒い肌が効果的にいかなる日光をも遮断した人間にとっては、ビタミン D の欠乏は、北部では深刻な脅威を引き起こしたでしょう。

  • For humans whose dark skin effectively blocked whatever sunlight there was, vitamin D deficiency would have posed a serious threat in the north.

    しかし、メラニンの生成が少ない人達も偶然現れました。

  • But some of them happened to produce less melanin.

    しかし、メラニンの生成が少ない人達も偶然現れました。

  • They were exposed to small enough amounts of light that melanoma was less likely, and their lighter skin better absorbed the UV light.

    彼らがさらされたのは少量の光でありメラノーマが起こりにくく、その明るい色の肌が紫外線をより良く吸収しました。

  • So they benefited from vitamin D, developed strong bones, and survived well enough to produce healthy offspring.

    そのため、ビタミン D の恩恵を受け、丈夫な骨を発達させ、健康な子孫を残すために十分に生き延びたのです。

  • Over many generations of selection, skin color in those regions gradually lightened.

    そのため、ビタミン D の恩恵を受け、丈夫な骨を発達させ、健康な子孫を残すために十分に生き延びたのです。

  • As a result of our ancestor's adaptability, today the planet is full of people with a vast palette of skin colors, typically, darker eumelanin-rich skin in the hot, sunny band around the Equator, and increasingly lighter pheomelanin-rich skin shades fanning outwards as the sunshine dwindles.

    祖先の適応力の結果、今日の地球はさまざまな肌の色の人達がたくさんいて、通常は赤道付近の暑く日照が多い地帯ではユーメラニンを多く含む浅黒い肌で、日光が弱まるにつれてますます明るい色のフェオメラニンを多く含む肌が広がっていくのが一般的です。

  • Therefore, skin color is little more than an adaptive trait for living on a rock that orbits the Sun.

    したがって、肌の色は太陽の周りを回る岩の上で生活するための適応特性にすぎません。

  • It may absorb light, but it certainly does not reflect character.

    肌の色は光を吸収することはあっても、性格を反映するものではありません。

When ultraviolet sunlight hits our skin, it affects each of us a little differently.

紫外線が私達の肌に当たると、その影響は人それぞれ、少しずつ異なります。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed メラニン 皮膚 適応 日光 祖先

TED-ED】肌の色の科学-アンジェラ・コイネ・フリン (【TED-Ed】The science of skin color - Angela Koine Flynn)

  • 12745 650
    Sh, Gang (Aaron) に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語