Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • One of the odder phenomena of relationships

    恋愛関係に付いて回る、何とも変わった状況の1つに

  • is the immediate certainty that whenever things go wrong in our lives. It is first and foremost and quite obviously, our partner's fault.

    何か問題が生じた時に、何といってもそれは明らかに自分のパートナーのせいだと即座に決めつけてしまうことがあります。

  • We get furious with our partners.

    相手に対して猛烈に腹立たしくなるのですが、

  • because we assign them such a deep role in our lives.

    それは彼らが自分の人生において非常に深い所まで関わる存在となっているからです。

  • We have faith that a person who understands obscure parts of us, whose presence solves so many of our problems

    自分の厄介な性格すらも理解してくれて、そばにいるだけでたくさんの問題を解決してくれる存在ですから信頼を寄せていますが、

  • couldn't realistically also be someone who wouldn't be able to fix our whole lives

    だからと言って、現実的には人生に起こる全ての問題に上手に対処することができるわけではありません。

  • We exaggerate our partners' powers

    私たちは、パートナーの持つチカラを過大評価しがちですが

  • an exaggeration that's an echo heard in adult life down the decades of a child's or their parents'

    それは、自分が子供の頃に起こった事や、両親がしてくれたことを美化してなすりつけているだけのことです。

  • the partner inherits a little of that beautiful romantic dangerous unfair trust

    つまり、子どもの頃に両親が優しくしてくれた美しい思い出を、パートナーにも似たような形で再現して欲しいと期待するのですが、

  • that we as children once had in our parents

    それはフェアではないですし危険なことです。

  • at one level, the lover has learnt how to reassure the anxious child in us

    ある意味、誰かに恋する時には自分の中にある子供のような不安感を良しとする事を学ぶわけで

  • that's why we love them

    だからこそ恋に落ちるのです。

  • but that source of strength also brings with it some very serious problems

    ところが、そういった強さの源は同時に深刻な問題ももたらすことになるわけで

  • for the primitive part of us insists on trusting them a little too much believing that they actually control far more of existence than they possibly could

    私たちの幼稚な部分が、パートナーが実際に何とかできる範囲を超えてまで信頼を寄せるように、自分自身にけしかけてしまいがちです。

  • It's also to do with a permission that the partner's love gives us to moan in a way we cannot otherwise

    また、パートナーの愛があるがゆえに、普通はしないような形で文句を言うことができるというのもあります。

  • The world is constantly mean to us

    世の中は常に厳しいものです。

  • It rejects our creative endeavors. It overlooks us in promotions, it rewards idiots.

    クリエイティブに挑戦しようとする者を拒絶し、昇進すべき人をさせず、バカな人間に報います。

  • But usually we can't complain. We can't get angry with the people who are really to blame for hurting us

    しかしながら、そこで文句を言うことはできません。自分を傷つけている張本人に対して怒りの対象は向けられないのです。

  • So we get angry with those whom we can be sure will tolerate us for blaming them

    そこで、実際に怒りを向けたとしても我慢して聞いてくれるだろうと分かっている人間に対して発散させるのです。

  • We get angry with the very nicest, most sympathetic, most loyal people in our vicinity

    自分の身の回りにいるとても良い人で、情け深く、自分の事を大切に思ってくれている人に対して怒りの矛先を向けていきます。

  • The ones least likely to have harmed us but most likely to stick around.

    そういう人は最も自分の事を傷つける可能性が低くて、いつでも一緒にいてくれる可能性が最も高いのにも関わらず、です。

  • While we blame them furiously for having done so

    そうやって近くにいてくれる相手に対して、逆に思いっきり非難を浴びせてしまうのです。

  • the mean words and mad accusations we mutter to our lovers

    意地悪な言葉や、訳のわからない非難を愛すべき相手に口走るというのは

  • undoubtedly often sound horrible

    当然ながら酷いことですが、

  • but let's at least remember that they are a curious proof of intimacy, a symptom of love itself

    少なくとも、そうすることはそこに2人の近しい関係があるからこそという、何ともおかしな愛の証明にもなるのも確かなのです。

  • And in their own way, oddly romantic, a detail indirectly acknowledged by their frequently sexual conclusions

    そして、独特の形を取りながら、間接的に何とも変わったロマンチックな結末へと導かれていく事も多々あります。

  • We can tell any stranger something reasonable and polite

    私たちは、見ず知らずの人に礼儀正しく理性的な事をいうのは簡単です。

  • but only in the presence of someone we really trust can we dare to be properly irrational and truly unkind

    しかし、あえて不合理に本当に不親切な態度をとるのは、実は心から信頼を置ける人の前でだけです。

  • If we think of love as being in perfect agreement all the time,

    恋愛というものを常に「完全な契約」だと捉えるのであれば、

  • we will feel that getting into fights must mean that a relationship is winding down or starting to fall apart

    ケンカをするということは2人の関係が冷めていっている証拠で、別れに向けて進んでいると考えてしまうでしょう。

  • But crazy blame games are at heart just a symptom of an intensity of investment in another person

    しかし、お互いに非難し合うというのは、2人の関係を築き上げていく過程で現れてくる現象の1つに過ぎません。

  • We aren't simply nice with our partners because we're so close to them

    人間は、近しいからというだけで相手に優しくできるわけではありません。

  • They draw us into very private zones of turbulence and distress

    2人だけの人生の中で困難や問題に直面していくのですが

  • from which absolutely everyone else is excluded

    そういう時は他の人間は全く持って関わることができません。

  • that's one of the stranger, more unfortunate and yet from a calm angle almost flattering gifts of love

    これが、一見変わっていて残念でありながら、落ち着いて考えると実は喜ばしい愛の素晴らしさなのです。

One of the odder phenomena of relationships

恋愛関係に付いて回る、何とも変わった状況の1つに

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 パートナー 2人 非難 相手 怒り 対し

なぜ私たちはパートナーを非難するのが好きなのか (Why We Love to Blame Our Partners)

  • 74156 5968
    Mikae Wu に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語