Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • What often distinguishes fulfilled from unfulfilled lives is an ingredient that's not part of the educational curriculum, and that can sound vague, silly, and Californian in the bad sense.

    私たちはよく、人生が満たされているか満たされていないかを教育課程の一部でない要因によって区別しますが、それが曖昧で愚かで、悪い意味でのカリフォルニア人のように聞こえることがあります。

  • Confidence.

    自信。

  • It's humbling to realize just how many great achievements haven't been the result of superior talent or technical know-how, merely that strange buoyancy of the soul that we call confidence.

    優れた才能や技術的ノウハウの結果ではなく、私たちが自信と呼んでいる魂の不思議な浮揚感によって、どれだけ多くの偉大な業績が生まれたかを実感し、身が引き締まる思いがします。

  • Why is confidence so easy to lack?

    なぜ自信は喪失しやすいのでしょうか?

  • Partly, it's a hangover from the past.

    一部では、過去の遺物によるものとも言われています。

  • For thousands of years, for most of us, there simply were no opportunities for hope: We were serfs and slaves,

    何千年もの間、私たちのほとんどには希望の機会がありませんでした。私たちは農奴であり、奴隷だったのです。

  • and the central psychological survival skill was to keep our heads down and our expectations below.

    そして、心理的な生存本能によって、私たちは頭を下げ、期待を持たないようにしていました。

  • Each of us still carries a little of the legacy from that past, an attitude of inner serfdom that threatens our spirit deep into a democratic, technological, modern age.

    私たち一人一人が過去の遺産、民主主義的、技術的、現代の時代の奥底にある私たちの精神を脅かす内なる奴隷制の態度を少しずつ持ち歩いているのです。

  • Hope can feel dangerous.

    希望は危険を感じることもあります。

  • There might, in addition, have been parents who sent out subtle messages, "People like us don't." "Who do you take yourself for?"

    それに加えて "俺たちみたいな人間はダメだ "って ずるいメッセージを送る親もいたかもしれませんね "何様のつもりなの?"って。

  • We should feel compassionate about where those defensive parental messages came from; they were a protection, a survival strategy, and an escape from humiliation.

    私たちは、それらの防御的な親のメッセージがどこから来たのかについて同情的に感じるべきです;それらは保護であり、生存戦略であり、屈辱からの脱出であったのです。

  • School didn't necessarily help either; it wanted us to be good boys and girls, and taught us to trust in established authority.

    学校は必ずしも助けになるわけではありませんでした。学校は私たちが良い少年少女になることを望んでおり、確立された権威を信頼することを教えてくれました。

  • But we may, naively, have gone on too long, putting too much faith in existing institutions, and now suffer from doing whatever is asked of us a little too obediently.

    しかし、私たちは、世間知らずで、既存の制度に信頼を置きすぎて、長く続けすぎてしまったのかもしれないし、今では、頼まれたことは何でも少し従順に行うことに苦しんでいます。

  • Part of becoming an adult seems to be to embrace the painful realization that grown-ups don't actually have all the answers,

    大人になることの一部は、大人が実際にはすべての答えを持っていないという苦しい現実を受け入れることのようです。

  • and therefore, that we have every right, indeed a duty, to break certain rules and think things through independently.

    したがって、私たちには、ある種のルールを破って、独自に物事を考え抜く権利があり、確かに義務があります。

  • We need to learn a calculated form of disrespect, which can be a surprising thing after twenty years or so of enforced obedience.

    私たちは計算された形での敬意の欠如を学ぶ必要がありますが、それは20年ほどの強制的な服従の後では驚くべきことかもしれません。

  • We need to learn a constructive suspicion of authority: A path between total compliance on the one hand, and sullen skepticism on the other.

    権威に対する建設的な疑念を学ぶ必要があります。その一方で全面的なコンプライアンスと、他方では不愉快な懐疑心の間の道が。

  • In addition, confidence seems to involve a courage to accept imperfection.

    また、自信には、不完全さを受け入れる勇気が必要なようです。

  • It's tempting never to get going when everything has to be perfect, but that's a recipe for remaining under the bed,

    すべてが完璧でなければならないときは、決して進みたくない誘惑に駆られますが、それはベッドの下に残るためのレシピです。

  • And yet, how often so-called "great lives" have been riddled with errors, that nevertheless, didn't sink them.

    そしてまだ、いわゆる "偉大な人生 "は、それにもかかわらず常にそれらを沈めることはなく、エラーに満ちています。

  • Confidence begins with a capacity to forgive oneself the horrors of the first go.

    自信とは、最初に行ったときの恐怖を自分自身に許す能力から始まります。

  • Death is a necessary thought too.

    死は必要な思考でもあります。

  • We should use it not to further sadden us, but to scare us fruitfully, into taking some action.

    これ以上私たちを悲しませるのではなく、実りある行動を起こすように私たちを怖がらせるために使うべきです。

  • Our fear of messing up should give way to the only real danger there is: That of never trying.

    台無しにすることへの恐怖は、唯一の本当の危険性に道を譲るべきです。それは努力しないこと。

What often distinguishes fulfilled from unfulfilled lives is an ingredient that's not part of the educational curriculum, and that can sound vague, silly, and Californian in the bad sense.

私たちはよく、人生が満たされているか満たされていないかを教育課程の一部でない要因によって区別しますが、それが曖昧で愚かで、悪い意味でのカリフォルニア人のように聞こえることがあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 自信 満たさ 過去 生存 大人 ノウハウ

「自信」とは?人間が自信を失いやすい理由

  • 135201 3910
    Grovyle   に公開 2020 年 12 月 03 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す