Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • In the third millennium BCE,

    紀元前三千年紀には、

  • Mesopotamian kings recorded and interpreted their dreams on wax tablets.

    メソポタミアの王たちは自分が見た夢をロウで出来た板に記して記録していました。

  • A thousand years later,

    それから1000 年後、

  • Ancient Egyptians wrote a dream book

    古代エジプト人たちは夢に関する本を書いて

  • listing over a hundred common dreams and their meanings.

    100 種類以上の一般的な夢とその意味をリストアップしていきました。

  • And in the years since,

    そしてそれ以降もずっと、

  • we haven't paused in our quest to understand why we dream.

    私たちは、「人はどうして夢を見るのか」という謎に思いを巡らせてきているのです。

  • So, after a great deal of scientific research, technological advancement, and persistence,

    このようにして、科学的リサーチや技術的進歩に伴う粘り強い研究などを経てきましたが

  • we still don't have any definite answers, but we have some interesting theories.

    決定的な答えにはたどり着いていません。それでもいくつかの興味深い仮説は立てられています。

  • We dream to fulfill our wishes.

    夢は願望を満たすために見る

  • In the early 1900s,

    1900 年初頭に

  • Sigmund Freud proposed that while all of our dreams, including our nightmares,

    シグムンド・フルードが提唱したのは、私たちが見る夢というのは、悪夢を含めて全て

  • are a collection of images from our daily conscious lives,

    日々の意識下にある生活で得られるイメージ画像の集合体であると同時に、

  • they also have symbolic meanings,

    象徴的な意味も持つというものでした。

  • which relate to the fulfillment of our subconscious wishes.

    これによって、無意識下における願望が満たされることになるわけです。

  • Freud theorized that everything we remember when we wake up from a dream

    フルードは、夢から覚めた時に覚えているものは全て

  • is a symbolic representation

    何かしらの象徴的意味合いを持っている、という理論を打ち出しました。

  • of our unconscious primitive thoughts, urges, and desires.

    それは私たちの無意識における原始的な考えや、衝動、欲求に関連するものです。

  • Freud believed that by analyzing those remembered elements,

    フルードは、このように自分で覚えている要素を分析することで、

  • the unconscious content would be revealed to our conscious mind,

    無意識下におけるコンテンツが意識下の心において明らかにされ、

  • and psychological issues stemming from its repression

    抑圧された状態から派生する心理的な問題点に

  • could be addressed and resolved.

    直面して解決に導くことが可能になると考えました。

  • We dream to remember.

    夢は記憶するために見る

  • To increase performance on certain mental tasks,

    メンタルが関わるパフォーマンスの制度を向上させるためには、

  • sleep is good,

    睡眠は効果的ですが、

  • but dreaming while sleeping is better.

    睡眠中に夢を見るというのはさらに効果的です。

  • In 2010, researchers found

    2010 年に行われたある研究では、

  • that subjects were much better at getting through a complex 3-D maze

    複雑な3D 迷路から脱出しようとする際に、

  • if they had napped and dreamed of the maze prior to their second attempt.

    2 回目のチャレンジをする前に仮眠を取って迷路の夢を見ると、より効果的だということが分かりました。

  • In fact, they were up to ten times better at it

    事実、迷路の夢を見た被験者は 1 回目と 2 回目の間に

  • than those who only thought of the maze while awake between attempts,

    単に迷路の事を考えていただけの被験者や

  • and those who napped but did not dream about the maze.

    仮眠は取ったものの迷路の夢は見なかった被験者に比べて、10 倍も早く脱出に成功したのです。

  • Researchers theorize that certain memory processes

    研究者グループは、特定の記憶プロセスは

  • can happen only when we are asleep,

    私たちが睡眠中にのみ機能するので、

  • and our dreams are a signal that these processes are taking place.

    夢を見るというのはこのプロセスが実行されている証拠だと理論づけています。

  • We dream to forget.

    夢は物事を忘れるために見る。

  • There are about 10,000 trillion neural connections within the architecture of your brain.

    脳の構造内には天文学的な数字の量の神経結合が存在します。

  • They are created by everything you think and everything you do.

    これらは私たちが考えたり実行する全ての事を通して作り出されるのです。

  • A 1983 neurobiological theory of dreaming, called reverse learning,

    1983 年に発表された「逆転学習」と呼ばれる夢の神経生理学的理論によると、

  • holds that while sleeping, and mainly during REM sleep cycles,

    就寝中、特にレム睡眠サイクルの最中には、

  • your neocortex reviews these neural connections

    新皮質がこれらの神経結合を再検討して

  • and dumps the unnecessary ones.

    必要の無い物を削除してしまうのだと説明します。

  • Without this unlearning process, which results in your dreams,

    夢となって現れるこういった非学習プロセスが無ければ、

  • your brain could be overrun by useless connections

    私たちの脳は役に立たない結合によって圧倒されてしまい

  • and parasitic thoughts could disrupt the necessary thinking

    余計な思考が絡みついて、起きている間に必要な

  • you need to do while you're awake.

    本来の思考を妨げてしまいかねないというわけです。

  • We dream to keep our brains working.

    夢は脳の機能を維持させるために見る

  • The continual activation theory proposes that your dreams result

    継続活性化理論によると、夢を見るというのは

  • from your brain's need to constantly consolidate and create long-term memories

    脳が正常に機能するために

  • in order to function properly.

    定期的に長期記憶を作成または統合整理することの結果であるということになります。

  • So when external input falls below a certain level,

    ですから、外部からの情報があるレベル以下まで落ちた際に、

  • like when you're asleep,

    例えば睡眠中などですが、

  • your brain automatically triggers

    私たちの脳は自動的に

  • the generation of data from its memory storages,

    蓄積された記憶からデータを構築し、

  • which appear to you in the form of the thoughts and feelings you experience in your dreams

    それが私たちには、夢の中で経験する考えや感じ方となって現れてくるのです。

  • In other words,

    言葉を変えていうなら、

  • your dreams might be a random screen saver your brain turns on

    夢というのは脳におけるランダムなスクリーンセーバーのようなもので

  • so it doesn't completely shut down.

    脳は完全にはシャットダウンしないというわけです。

  • We dream to rehearse.

    夢は準備のために見る。

  • Dreams involving dangerous and threatening situations are very common,

    危険で恐ろしい状況の夢は誰でもよく見るものですが、

  • and the primitive instinct rehearsal theory

    原始的本能準備理論では、

  • holds that the content of a dream is significant to its purpose.

    夢の内容というのは、とても大切な目的があるとされます。

  • Whether it's an anxiety-filled night of being chased through the woods by a bear

    夜中に森の中をクマに追いかけられる夢だったり

  • or fighting off a ninja in a dark alley,

    暗い裏路地で忍者と闘う夢であっても

  • these dreams allow you to practice your fight or flight instincts

    こういった夢は実際にその状況に陥った時のための準備として機能し

  • and keep them sharp and dependable in case you'll need them in real life.

    闘うか逃げるかを判断する自律神経の働きを常に研ぎ澄まして信頼の置ける状況に保つための役割を持つのです。

  • But it doesn't always have to be unpleasant.

    それでも、いつも嫌な夢であるとは限りません。

  • For instance, dreams about your attractive neighbor

    例えば、ステキなお隣さんの夢などは

  • could actually give your reproductive instinct some practice, too.

    生殖本能に対してある種の練習をさせることにもなります。

  • We dream to heal.

    夢は癒しを得るために見る。

  • Stress neurotransmitters in the brain are much less active

    脳にあるストレスに関する神経伝達物質は

  • during the REM stage of sleep,

    レム段階の睡眠時には大幅に活動が少なくなります。

  • even during dreams of traumatic experiences, leading some researchers to theorize that one purpose of dreaming is to take the edge off painful experiences to allow for psychological healing.

    トラウマ的な経験の夢を見ている時であっても、この夢を見ることによってツラい経験の記憶を和らげ、心理的な癒しへと導かれていくのだとする専門家の意見もあるのです。

  • Reviewing traumatic events in your dreams with less mental stress

    トラウマ的な出来事を夢の中で精神的にストレスが少ない状態で振り返るというのは、

  • may grant you a clearer perspective

    より鮮明な観点を持つことができるだけでなく

  • and enhanced ability to process them in psychologically healthy ways.

    心理的に健全な方法で消化していく事も可能にします。

  • People with certain mood disorders and PTSD often have difficulty sleeping,

    気分障害や心的外傷後ストレス障害を抱える人というのは、往々にして睡眠がなかなか取れていないものですが、

  • leading some scientists to believe that lack of dreaming

    これを踏まえて、科学者の中には

  • may be a contributing factor to their illnesses.

    睡眠不足がこういった病状に影響を与えているのではないか、とする考え方を持つ人もいます。

  • We dream to solve problems.

    夢は問題を解決するために見る。

  • Unconstrained by reality and the rules of conventional logic,

    現実や一般的理論によって拘束されずに、

  • in your dreams, your mind can create limitless scenarios to help you grasp problems and formulate solutions that you may not consider while awake.

    夢の中においては無数のシナリオを作り上げて問題の本質を把握し、起きている間には考えつかない形で解決策を導き出すことも出来るのです。

  • John Steinbeck called it the committee of sleep,

    ジョン・スタインべックはこれを睡眠活動委員会と呼び、

  • and researcher has demonstrated

    研究者たちは実際に

  • the effectiveness of dreaming on problem solving.

    夢を見ることが問題解決にもたらす効果を示すことに成功しています。

  • It's also how renowned chemist August Kekule

    また、著名な化学者アウグスト・ケクレは

  • discovered the structure of the benzene molecule,

    ベンゼン分子の構造を発見しましたが、

  • and it's the reason that sometimes the best solution for a problem

    問題解決の一番の方法は、

  • is to sleep on it.

    睡眠を取ることだと話しています。

  • And those are just a few of the more prominent theories.

    これらはたくさんある中のほんのわずかな理論ですが、

  • As technology increases our capability for understanding the brain,

    テクノロジーが進歩して脳の働きに関する理解度が高まるにつれて、

  • it's possible that one day

    いつの日か

  • we will discover the definitive reason for them.

    私たちが夢を見る絶対的な理由について知る事ができるようになるでしょう。

  • But until that time arrives, we'll just have to keep on dreaming.

    しかし、今のところはその日が来るのをただ夢見続けるしかないですが。

In the third millennium BCE,

紀元前三千年紀には、

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 睡眠 迷路 理論 記憶 神経

【TED】なぜ私たちは夢を見るか? (【TED-Ed】Why do we dream? - Amy Adkins)

  • 276930 4357
    Hao-wei Huang に公開 2018 年 02 月 19 日
動画の中の単語