Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi friends Niharika here welcome back. Well, are you peckish or are you hungry? In today's

    こんにちは、Niharikaです。さて、お腹は空いていますか?今日の

  • lesson we are gonna look at the differences between the British and American English,

    レッスンでは、イギリス英語とアメリカ英語の違いを見ていきます。

  • specifically food related. So if you are travelling to any of these countries, it's important

    特に食べ物に関連したものです。ですから、これらの国のいずれかに旅行する場合、重要なのは

  • for you to know the difference, because if you walk into a restaurant and say something

    違いを知ってもらうためにも、レストランに入って何か言ったら

  • and if it's a British word, the Americans will have no clue what you saying. So use

    そしてそれがイギリスの言葉であれば アメリカ人は何を言っているのか分からないでしょうなので

  • the right words and this lesson will help you to do that.

    正しい言葉とこのレッスンでは、そのための手助けをしてくれます。

  • The very first one that I have for you here is a Biscuit.

    ここで紹介しているのは、とっても最初の1枚目のビスケットです。

  • Now biscuit is the sweet biscuit that we end up eating

    今ではビスケットといえば、つい食べてしまう甘いビスケット

  • with our tea or with our coffee. Now that's in British English, however when it comes

    お茶やコーヒーと一緒に今はイギリス英語ですが、しかし、それが

  • to Americans they don't call it as a biscuit. It's a cookie for them, now if you go to

    アメリカ人にはビスケットとは呼ばれませんそれは彼らにとってはクッキーです。

  • America and you say, I would like to have a biscuit for them biscuit is a complete different

    アメリカとあなたは言う、私は彼らのためにビスケットを持っていたいと思います ビスケットは完全に別のものです。

  • thing. Biscuit is a flour based baked food, so that's in America, but then in British

    のことです。ビスケットは小麦粉をベースにした焼き菓子なので アメリカではそうですが イギリスでは

  • English it's called a scone. So you got that difference? A sweet biscuit is biscuit

    英語ではスコーンって言うんだで、その違いは?甘いビスケットはビスケット

  • in British English, where as in for Americans its cookie, but a flour based baked food you

    イギリス英語では、アメリカ人にとってはクッキーですが、小麦粉をベースにした焼き菓子です。

  • know looks little round and its nice and fluffy in British English it's called a scone,

    イギリス英語ではスコーンと呼ばれています。

  • whereas it's a biscuit for the Americans. The next one we have is a Banger. Well, banger

    一方、アメリカ人にとってはビスケット。次にご紹介するのはバンガーですまあ、バンガー

  • is a ground meat, which is processed, so it is like cylindrical in shape so that's a

    はひき肉で、加工されているので、円筒形のような形をしているので、それは

  • banger. It's called as a sausage in America. Now even in Britain it's called a sausage,

    バンガー。アメリカではソーセージと呼ばれています今ではイギリスでも ソーセージと呼ばれています

  • but if we look at the old English, then it is called as a banger. So banger means sausage.

    しかし、古い英語を見てみると、バンガーと呼ばれています。バンガーはソーセージという意味なんですね

  • The next one minced meat. Now minced meat is crushed or meat which is chopped into real

    次はひき肉です。今、ひき肉は、粉砕されているか、または実際に刻んだ肉です。

  • tiny pieces, that's minced meat. We also call it as minced beef. Whereas in America

    細かく刻んだもの、それがひき肉です。牛肉のひき肉とも呼ばれていますアメリカでは

  • it is called as ground meat, so ground meat or ground beef. Meat which is crushed into

    ひき肉と呼ばれているので、ひき肉やひき肉と呼ばれています。に粉砕された肉。

  • pieces or it is chopped into very very tiny pieces. Then the sea food, the famous shell

    刻んだり、非常に細かく刻んだりしています。それから海の食べ物、有名な貝殻

  • fish, prawns. Ooh! I love prawns. So prawn is in British English, whereas shrim, its

    魚、エビ。おー!私はエビが大好きです。エビはイギリス英語ですが、シュリムは、その

  • shrimp. I'm sorry about that; it's not shrim, its shrimp. That's for the Americans.

    エビです。申し訳ありません、エビではなくてエビです。それはアメリカ人のためのものです。

  • The next one candy floss. Well, we all kids love to eat candy floss. They are in different

    次はキャンディーフロス。さて、私たちはすべての子供たちがキャンディーフロスを食べるのが大好きです。彼らは別の

  • colors pink, yellow and I think in peach as well, so its candy floss in British English.

    色はピンク、黄色と私は桃にも思うので、そのキャンディフロス英国英語で。

  • Whereas Americans don't call it as candy floss. They will have no clue what you talking

    アメリカ人はキャンディーフロスとは呼ばない。彼らはあなたが話しているものの手がかりを持っていないでしょう

  • about, so its cotton candy. I would like to have some cotton candy. So if you go to America

    綿菓子のことです私は綿菓子を食べたいと思っていますだからアメリカに行ったら

  • and probably if you are in an amusement park or you are in a zoo, where you spot someone

    そして、おそらく遊園地や動物園で誰かを見つけたら

  • selling cotton candy, you're gonna ask for cotton candy, you're not gonna say, I would

    綿あめを売っていると、綿あめが欲しいと言われても、言わないだろう、私なら

  • like to eat a candy floss. It is gonna be cotton candy. Then the next one chips. I would

    キャンディフロスを食べるのが好きです。綿あめになりそうですそして次はチップスです私なら

  • like to have some chips with my rice. Now chips is the French fries, the fries that

    ポテトチップスをご飯と一緒に食べるのが好きなんですさて、チップスとはフレンチフライのことです。

  • we get in Mc Donald's. Now it is chips in British English. If you go to Britain and you

    マック・ドナルドでは今はイギリス英語でチップスですイギリスに行って

  • go to McDonald's they also call it as chips, so chips is the French fries the potato fries.

    マクドナルドに行く彼らはまた、チップスとしてそれを呼び出すので、チップスはポテトフライです。

  • Whereas French fries is what Americans call it. Now if you go and ask for chips in America

    フライドポテトはアメリカ人が言うところの「フライドポテト」です。アメリカでチップスを頼もうとしたら

  • then for them chips is you know the Pringles or the Lays that we eat, you go to a gas station,

    チップスはプリングルズやレイを知っているだろうガソリンスタンドに行くんだ

  • you pick up little tiny packets of chips. So chips for them is like Pringles or Lays.

    チップスの小袋を拾うんだ彼らのためのチップスは プリングルズやレイズのようなものだ

  • But when it comes to British English they call it as crisps. I would like to go pick

    でもイギリス英語になるとクリスプと呼ぶんですよね。摘みに行きたいと思います。

  • up some crisps from the gas station. So crisps and chips. Got the difference? In British

    ガソリンスタンドからポテトチップスを買ってきたんだポテトチップスとチップスだ違いは分かるか?イギリスでは

  • English chips is Mc Donald's fries the potato deep fried chips, whereas it's called as

    イングリッシュチップスは、マクドナルドのポテト揚げチップスを揚げているのに対し、それはとして呼ばれています。

  • French fries in America. And crisps is the Lays or Pringle, whereas in America they just

    アメリカではフライドポテトそして、クリスプはレイズかプリングルスですが、アメリカではただの

  • call it chips. I would like to snack on some chips. And then the next one Ice lolly. Ice

    チップスと呼んでポテトチップスをおやつに食べたいですね。そして次はアイスロリーアイスの

  • lolly that's a cute word, ice lolly is a flavored water based frozen stick. The ones

    lolly......かわいい言葉ですね、アイスロリーは水をベースにしたフレーバー付きのフローズンスティックです。のものは

  • that we really love to lick in the summers. So when you go to Britain then it's gonna

    夏に舐めるのが大好きなんですだからイギリスに行った時には

  • be ice lolly. You go to a super market, you go to a store, you're gonna ask for ice

    アイスロリになるスーパーに行って氷を頼みに行くと

  • lolly. So you know we have orange sticks, we have pineapple, mango, so they are all

    ロリーオレンジのスティックもあるし パイナップルやマンゴーもあります 全部です

  • flavored one frozen ice sticks, but they are called as ice lollies. Whereas in America

    味付けされた1つの凍った氷の棒が、彼らは氷のロリーとして呼ばれています。アメリカでは

  • it's not called as ice lolly, it's called as Popsicle. I would like to eat a Popsicle;

    アイスロリーとは呼ばず、ポプシクルと呼ばれています。ポプシクルを食べてみたいと思います

  • I'm craving for a Popsicle. So it's really hot, I wanna go buy some Popsicles. So Popsicles

    アイスキャンディーが食べたくなってきた。暑いからアイスを買いに行きたいんだアイスキャンディー

  • are again the flavored ice sticks. And then the last one you go to a restaurant and you

    はまたしてもフレーバーアイススティックです。そして、最後の一本はレストランに行って

  • ask for jacket potato. That's gonna be when you are sitting in a nice pricy restaurant

    ジャケットポテトを頼むそれは、あなたが素敵な価格のレストランに座っているときになります。

  • in London. You are gonna ask for jacket potato and not baked potato, so jacket potato is

    ロンドンで。ベイクドポテトではなく、ジャケットポテトを頼むことになるので、ジャケットポテトは

  • baked potato of course with a skin with some sour cream and with some cheese on top of

    焼き芋はもちろん、皮にサワークリームとチーズをのせて焼きました。

  • it, that’s jacket potato. But in America or in American restaurants, it's called

    それはジャケット・ポテトですでも、アメリカでもアメリカのレストランでも、それは

  • as baked potato. That is just the same thing. So these are some differences, so it's not

    焼き芋のようにそれは同じことですだからこれらはいくつかの違いがあるので、それは

  • just you know when we talk about differences between British and American English. It's

    イギリス英語とアメリカ英語の違いを 話す時に知っていますか?それは

  • not just all about spellings. So certain things have complete different name to it and that's

    綴りだけが全てではありませんだから特定のものは完全に別の名前を持っていて、それは

  • how it is and it's important for you to know that, because if you are learning English,

    がどのようになっているのか、それを知っておくことは、英語を勉強している人にとっては重要なことです。

  • then it's better to know it all. So hope this lesson is helpful to you. Go enjoy if

    それはすべてを知っている方がいいということですこのレッスンがあなたのお役に立てれば幸いです楽しんできてください。

  • you're in a restaurant or if you are just hanging out with friends in Britain or in

    レストランでも、イギリスで友達とぶらぶらしていても

  • America, hope these words are useful to you.

    アメリカ、この言葉がお役に立てることを願っています。

  • I'll be back with a new lesson. Till then take care.

    また新しいレッスンに行ってきます。それまでお大事に。

Hi friends Niharika here welcome back. Well, are you peckish or are you hungry? In today's

こんにちは、Niharikaです。さて、お腹は空いていますか?今日の

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 チップス ポテト ビスケット アメリカ イギリス 英語

イギリス英語とアメリカ英語の違い(食用語彙) - 流暢な英語で話そう

  • 15299 2139
    jack に公開 2016 年 02 月 17 日
動画の中の単語