Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is shit

    これはクソだ

  • (Laughter)

    (笑)

  • or rather cow manure.

    というか、牛の糞尿。

  • One cow produces 25 tons of manure every year.

    1頭の牛が毎年25トンの糞尿を生産しています。

  • And that's great because manure is a fantastic organic fertilizer.

    そして、糞尿は素晴らしい有機肥料なので、それは素晴らしいことです。

  • It's chock-full of nutrients to grow our grains and vegetables.

    穀物や野菜を育てるための栄養素がぎっしり詰まっています。

  • Humans have been using animal dung as fertilizer for 10,000 years.

    人間は1万年前から動物の糞を肥料にしてきました。

  • Without it, agriculture would have never been possible.

    それがなければ農業は成り立たなかった。

  • And that was true until about 100 years ago

    100年くらい前まではそうだったんですが

  • when we started using petrochemical fertilizers like nitrogen.

    窒素などの石油化学肥料を使うようになってから

  • Soon after that, manure as a fertilizer started to become much less valuable.

    そのうち、肥料としての糞尿の価値がだいぶ下がってきました。

  • Today, manure looks more like this

    今日の糞尿はこんな感じです。

  • - this is a manure pit in Switzerland -

    - スイスの肥溜め

  • or like this: a manure lagoon in the United States.

    とかこんな感じ:アメリカの糞尿ラグーン。

  • Now, a lot of these farms

    さて、これらの農場の多くは

  • or let me call them what they are, animal feeding factories,

    動物飼料工場と呼ばせてくれ

  • don't grow the food for their animals themselves anymore.

    動物の餌を自分たちで育てなくなってしまった。

  • So to them, manure is not a precious fertilizer,

    だから、彼らにとって糞尿は貴重な肥料ではない。

  • instead it is just a problem that has to be managed.

    その代わりに、管理しなければならない問題でしかありません。

  • This is but one of many aspects of how our industrialized agriculture today

    これは、今日の私たちの工業化された農業の多くの側面の一つです。

  • has become so broken

    壊れてしまった

  • that many now believe that our only ethical response may be becoming vegan.

    多くの人が今、私たちの唯一の倫理的な反応は、ビーガンになるかもしれないと信じています。

  • I'm here to tell you:

    伝えに来ました。

  • please do keep eating meat and cheese.

    これからもお肉とチーズを食べ続けてください。

  • We need animals for a sustainable agriculture,

    持続可能な農業のためには動物が必要です。

  • but please stop eating

    食べるのはやめてください

  • meat and cheese from animals that were fed on human food

    人間の餌になった動物の肉やチーズ

  • like grains, and corn, and soybean.

    穀物やとうもろこし、大豆のように

  • Instead, only eat meat and cheese from cows that were fed on grass

    その代わり、牧草を食べた牛の肉やチーズだけを食べるようにしましょう。

  • like they were meant to.

    意図したように

  • I am going to tell you how that one choice is going to allow us

    その一つの選択がどのように私たちを許してくれるのかをお伝えします。

  • to tackle some of the greatest challenges we're facing today: climate change,

    今日私たちが直面している最大の課題である気候変動に取り組むために。

  • global soil degradation and world hunger.

    地球規模の土壌劣化と世界の飢餓

  • In Switzerland, farmers still tried to use manure

    スイスでは、農家はまだ糞尿を利用しようとしていた。

  • as an organic fertilizer as best they can.

    有機肥料として最善を尽くしています。

  • But in winter, pastures are covered with snow

    しかし、冬になると牧草地は雪に覆われます。

  • so the cows are being kept indoors.

    ということで、牛は室内で飼われています。

  • So the farmer has to store the manure in a manure pit

    そのため、農家は糞尿ピットに糞尿を貯めておく必要があります。

  • until he can bring it out in the springtime.

    春先に出せるようになるまでは

  • The problem is that, after a while, manure starts to rot,

    問題は、しばらくすると糞尿が腐り始めることです。

  • and all those precious nutrients start

    そして、すべての貴重な栄養素が始まる

  • to turn into toxic substances like ammonia and evaporate.

    をアンモニアなどの有害物質に変えて蒸発させる。

  • Puff! And all those precious nutrients are gone.

    パフ!貴重な栄養素が消えてしまう

  • In Germany alone, 600,000 tons of ammonia evaporate like this every year.

    ドイツだけでも毎年60万トンのアンモニアがこのように蒸発しています。

  • Standing next to one of those manure pools can feel like you're inhaling acid.

    糞尿プールの隣に立つと、酸を吸い込んでいるように感じることがあります。

  • And in fact ammonia causes acid rain.

    そして、実際にはアンモニアが酸性雨の原因になっています。

  • And when brought out to the field,

    そして、現場に持ち出されると

  • that manure seeps into our groundwater and rivers

    糞尿が地下水や河川に染み込んでいること

  • and causes massive greenhouse gas emissions.

    と大規模な温室効果ガスの排出を引き起こします。

  • Let me take a step back and tell you how I got mixed up in all this shit.

    俺がどうやってこんなことに巻き込まれたのか、一歩下がって話してみよう。

  • I originally studied economics in China where lived for three years

    私は元々中国で経済学を勉強していて、3年間住んでいました。

  • until I got dangerously ill from the food I was eating there.

    そこで食べていた食べ物で危険な病気になるまで。

  • I had to take a timeout

    タイムアウトしなければならなかった

  • and I was getting really paranoid about food,

    と、食べ物のことで頭がいっぱいになってきました。

  • so I decided to move

    ということで、引っ越すことにしました。

  • from a country with probably the lowest food safety standards

    食の安全基準が最も低い国から

  • to... well, here, Switzerland.

    ここはスイスだ

  • I went to work on an organic farm close to Bern

    ベルンの近くの有機農場で働きました。

  • and that was the first time that I got wind of this problem:

    と、この問題を知ったのは初めてでした。

  • organic fields being sprayed with half rotten manure.

    半分腐った糞尿を撒いている有機畑。

  • I always assumed that organic agriculture

    いつも思い込んでいた有機農業

  • is equal to sustainable agriculture.

    は持続可能な農業に等しい。

  • But spraying fields with half rotten manure

    しかし、半分腐った糞尿を畑に撒く

  • didn't fit into my idea of sustainable agriculture.

    持続可能な農業という私の考えには合わなかった。

  • And in fact, this whole manure business is not very sustainable at all.

    そして実際には、この糞尿ビジネスは、全く持続可能性がありません。

  • Let's put aside the fact that I came home smelling like shit,

    家に帰ってきた時の臭いは置いといて

  • and taking one shower wasn't enough to get that smell off me.

    シャワーを浴びるだけでは 臭いが取れなかった

  • That manure, when brought out to the field

    その糞尿は、畑に持ち出されると

  • is so aggressive it literally burns the plants,

    は攻撃的なので、文字通り植物を燃やしてしまいます。

  • and the soil takes a real beating as well.

    土にも打撃を与えています。

  • Earthworms, that are the backbone of a healthy fertile soil,

    健全な肥沃な土壌のバックボーンとなるミミズ。

  • come rushing to the surface suffocating,

    窒息するほどの勢いで押し寄せてくる。

  • only to be picked off by birds.

    鳥に拾われるだけ。

  • I thought there's got to be a better way to do this,

    もっと良い方法があるはずだと思っていました。

  • a better way than spraying our organic fields with half rotten manure

    半分腐った糞尿を有機畑に撒くより良い方法

  • so I did some research and I came across an interesting master thesis

    そこで調べてみたところ、興味深い修士論文に出会いました。

  • where I really thought this is something we ought to try out.

    これは試してみるべきだと思いました。

  • Oktoberfest is just behind us

    オクトーバーフェストはすぐそこまで来ている

  • so I'm sure you've all had a chance to eat some nice 'sauerkraut.'

    ということで、皆さんも美味しい "ザワークラウト "を食べる機会があったのではないでしょうか?

  • But have you ever wondered

    でも、疑問に思ったことはありませんか?

  • why everything in your fridge will go bad at some point,

    なぜ冷蔵庫の中のすべてのものがある時点で悪くなるのか。

  • but sauerkraut will stay good, basically forever?

    でもザワークラウトは基本的に永遠に美味しいままなんですよね?

  • (Laughter)

    (笑)

  • Well, the reason are these fantastic bacteria called lactic acid bacteria.

    さて、その理由は、乳酸菌と呼ばれるこれらの幻想的な細菌です。

  • They take the sugar in the 'kraut'

    クラウトの中の糖分を取るんだ

  • and convert it to lactic acid making the 'sauerkraut' sour,

    それを乳酸に変換して「ザワークラウト」を酸っぱいものにします。

  • and thus stopping all other rotting bacteria.

    その結果、他の腐った細菌を全て止めることができます。

  • In sauerkraut production, we end up with these leftover juices,

    ザワークラウトの製造では、このような汁が残ってしまいます。

  • sauerkraut juice, that is chock-full of lactic acid bacteria.

    乳酸菌がぎっしり詰まったザワークラウトジュース

  • Now, some people like to drink that.

    さて、それを飲むのが好きな人もいます。

  • It's supposed to be great for your digestion,

    消化にいいらしいですよ。

  • but let me tell you, I've tried it and I prefer a cold beer,

    でも言わせてもらうと、私は冷たいビールの方が好きなんです。

  • and so the most other people,

    といった感じで、他の人が一番多いです。

  • so this juice ends up as a waste product.

    このジュースは廃棄物になってしまいます。

  • Millions of liters of it in Switzerland alone.

    スイスだけで数百万リットル。

  • So I thought: why don't we take that sauerkraut juice

    そこで考えたのが、ザワークラウトジュースを飲もうと思ったことです。

  • and put it into the manure to conserve it,

    と肥料に入れて保存しておきます。

  • and stop all the nutrients from getting lost?

    養分が失われるのを止めるのか?

  • I told some friends about this idea and got them all excited about it.

    このアイデアを何人かの友人に話して、みんなで盛り上がってもらいました。

  • We met with some top scientists in Switzerland

    スイスのトップ科学者に会いました

  • and put together a concept to actually implement this.

    と実際に実施するためのコンセプトをまとめてみました。

  • So I called the CEO of the largest sauerkraut factory in Switzerland

    そこで私はスイス最大のザワークラウト工場のCEOに電話をかけました。

  • and told him about this idea,

    と、この考えを話してくれました。

  • and he was actually quite open to it.

    と、実際にはかなりオープンにしていました。

  • Now I just need to find a farmer who would be willing to join us on this.

    あとは一緒にやってくれる農家を探すだけだ

  • I ended up getting an invitation to give a pitch at the annual meeting

    結局、年に一度の会議で投球のお誘いを受けてしまいました。

  • of the Swiss Organic Pastor Beef Association.

    スイスオーガニックパストールビーフ協会の

  • I was all excited and told the group of farmers

    興奮して農家の人たちのグループに話したら

  • pretty much what I had just told you now,

    今、私が話したこととほとんど同じです。

  • and I asked them if anyone would be willing to join me on this.

    と聞いてきたので、誰か一緒にやってくれる人はいないかと聞いてみました。

  • And the room went silent.

    そして、部屋は静まり返った。

  • No one put up his hand.

    誰も手を挙げなかった。

  • It was not very encouraging at all.

    全く励みになりませんでした。

  • But after almost everyone else had left,

    しかし、ほとんどの人が帰ってしまった後

  • one courageous farmer from the Alpine region of St. Gallen,

    サンクトガレンのアルペン地方から来た勇気ある農民。

  • Mr. Pirmin Koller, came to me and said:

    ピルミン・コラーさんがやってきて言った。

  • "You know what, now that no one else is listening"

    "今は誰も聞いていない"

  • (Laughter)

    (笑)

  • "I'll give this a try with you."

    "あなたと一緒に試してみましょう"

  • So, together with the Zurich University Applied Sciences,

    そこで、チューリッヒ大学応用科学部と一緒に。

  • we put together some research parameters, and within a few weeks,

    いくつかの研究パラメータをまとめて、数週間以内に

  • we were pouring thousands of liters of sauerkraut juice into Pirmin's manure.

    私たちは何千リットルものザワークラウトジュースを ピルミンの糞尿に注いでいました。

  • And you know what? It worked!

    何を知ってる?うまくいった!

  • That manure didn't smell anymore,

    あの糞尿はもう臭わなかった。

  • and all those precious nutrients didn't turn into toxic substances

    貴重な栄養素が有害物質になることもなく

  • like ammonia anymore and evaporated.

    もはやアンモニアのようなもので、蒸発してしまいました。

  • And Pirmin's grass turned just a little greener as well,

    そして、ピルミンの草も少しだけ青々としてきました。

  • making his neighbor's little bit jealous

    隣人の嫉妬心を買う

  • - I guess sometimes the grass really is greener on the other side of the fence -

    - 時々、フェンスの向こう側には本当に草が生い茂っていると思います。

  • (Laughter)

    (笑)

  • so suddenly, this wasn't just a crazy idea anymore.

    突然、これはもうただのおかしな考えではなくなった。

  • A whole bunch of people got really excited about this.

    大勢で盛り上がっていました。

  • The World Wildlife Foundation awarded us a grant,

    世界野生生物財団から助成金をいただきました。

  • and at the Falling Walls conference in Berlin,

    とベルリンのFalling Wallsの会議で述べています。

  • we won the first prize out of 1,000 projects.

    1,000件の企画の中から1位を獲得しました。

  • And that caused quite some media attention;

    そして、それはかなりのメディアの注目を集めました。

  • Swiss and German TV did segments on us

    スイスとドイツのテレビは、私たちのことを取り上げています。

  • and we got a whole lot of coverage in Swiss and German newspapers as well.

    とスイスやドイツの新聞にも取り上げられました。

  • And that was great because after that,

    そして、それが良かったのは、そのあとだったからです。

  • farmers from all over Switzerland, all the way to America and Australia,

    スイス全土、アメリカ、オーストラリアなどの農家の方たちが

  • contacted me,

    と連絡がありました。

  • and within three months, we had six pilot projects up and running.

    そして、3ヶ月以内に6つのパイロットプロジェクトを立ち上げることができました。

  • But, as the results started to come in,

    しかし、結果が出始めると

  • we realized that manure has

    糞尿には、以下のような特徴があることに気付きました。

  • a much higher buffer capacity than we originally anticipated.

    当初の予想をはるかに上回るバッファ容量。

  • We needed about ten times the amount of sauerkraut juice

    ザワークラフトジュースの10倍くらいの量が必要でした

  • to conserve the manure over a six-month period.

    糞尿を半年間保存することができます。

  • Instead of a few thousand liters,

    数千リットルの代わりに

  • we now needed tens of thousands of liters.

    今では何万リットルも必要になりました。

  • And that's not great news because it's not Oktoberfest every day

    毎日のオクトーバーフェストではないので、良いニュースではありません。

  • so we don't have enough sauerkraut juice available to really scale this idea.

    ザワークラウトの汁が足りないので、このアイデアを実際にスケールアップさせるには

  • I realised that if I want to tackle this manure problem,

    この肥やし問題に取り組むならば、ということに気がつきました。

  • I'm going to have to understand farming from the ground up,

    農業を一から理解していかないといけませんね。

  • so I decided to become a farmer.

    ということで、農家になることにしました。

  • I'm now in my third year of a four-year vocational training program

    4年制の職業訓練を受けて3年目に入りました

  • to become an organic dynamic farmer living and working on a farm.

    農場で生活しながら有機的に活動するダイナミックな農家になるために

  • But not just any farm.

    しかし、ただの農場ではありません。

  • I work on an organic cattle farm

    有機牛の牧場で働いています

  • where they do something pretty special with their manure.

    糞尿で何か特別なことをしているところ。

  • They turn their manure into pure fertile compost.

    彼らは自分たちの糞尿を純粋に肥沃な堆肥に変えてしまうのです。

  • Now let me quickly explain to you how that happens

    それがどうやって起こるのか 説明しましょう

  • and how that is going to help save our climate and soils

    そして、それが気候と土壌を救うためにどのように役立つのか。

  • and help make the world's most disadvantaged regions

    世界で最も恵まれない地域を作るのに貢献する

  • food independent again.

    再び独立した食べ物。

  • I'm going to have to go back 3,000 years to the Indios of South America.

    南米のインディオに30000年前に遡って

  • South and Middle America was home to some highly advanced civilizations,

    南米と中米には、いくつかの高度に発達した文明が存在していました。

  • with cities as large as 300,000 people.

    30万人もの人口を抱える都市では

  • When we Europeans were still taking a dump in our backyards

    俺たちヨーロッパ人がまだ裏庭で糞をしていた頃

  • and dying of the plague,

    と疫病で死んでいく。

  • they had already figured out an intricate sanitary system.

    彼らはすでに複雑なサニタリーシステムを把握していました。

  • They would use clay pots as their toilets.

    土鍋をトイレ代わりにしてしまうのだ。

  • When they were done doing their business in the pot,

    壺の中で商売をしていた時に

  • they would sprinkle charcoal in the pot.

    彼らは鍋に炭を振りかけるだろう。

  • Now this charcoal - today we call it biochar -

    さて、この炭ですが、今日ではバイオ炭と呼んでいます。

  • is extremely absorbent.

    は非常に吸収性が高いです。

  • Like a sponge, it soaks up all the nutrients,

    スポンジのように栄養を吸い上げてくれます。

  • stopping them from getting lost.

    迷子にならないように

  • So when that pot was full,

    だから、その鍋が満杯になった時

  • they didn't just end up with a pot of poop,

    ウンコの鍋で終わらせたんじゃなくて

  • but an extremely fertile pot of poop.

    しかし、非常に肥沃なウンコ鍋。

  • They'd probably bring that out to their fields

    彼らはそれを自分の畑に持ち出すだろう

  • and plant some beans or corn and have fantastic yields.

    といくつかの豆やトウモロコシを植え、素晴らしい収量を持っています。

  • But what the Indios probably didn't know

    しかし、インディオスはおそらく知らなかっただろう

  • was that biochar has a negative carbon balance

    バイオ炭は負の炭素バランスを持っているということでした。

  • and it stays in the soil for thousands of years.

    そしてそれは何千年もの間、土の中に留まります。

  • So they ended up creating the world's most fertile soils:

    結局、彼らは世界で最も肥沃な土壌を作ることになったのです。

  • the Terra Preta.

    テラ・プレタ

  • And we marvel at them even today, [500] years later,

    そして私たちは、500年後の今日でもそれらに驚嘆しています。

  • So, at the farm work I'm at,

    だから、農作業の時には

  • the farmer has been implementing a system for the past 15 years

    農家は15年前からシステムを導入している

  • that mimics the Indio clay pot toilet.

    インディオの土鍋トイレを模した

  • He would make his cows

    彼は自分の牛を作るだろう

  • a clean bed of wood chips and biochar over the winter,

    冬の間、木片とバイオ炭のきれいなベッド。

  • instead of storing the manure in a manure pool.

    肥溜めに貯めておくのではなく

  • Those cows would live and sleep there every day,

    牛は毎日そこで生活して寝ているだろう。

  • and every second day he would add a new layer of wood chips and biochar,

    彼は毎日、木片とバイオ炭の新しい層を追加していました。

  • thus conserving the manure.

    このようにして、糞尿を保存しています。

  • In the springtime, we would take all that wood chip-biochar-manure

    春になると、木片・生炭・肥料を全部持っていきます。

  • out of the stables and compost it.

    厩舎から出して堆肥にするんだ

  • Now, composting is just a little bit like baking.

    さて、コンポストはパン作りと同じようなものです。

  • You have to take the right ingredients in the right amounts

    適量の食材を適量で摂る必要がある

  • and mix them up in just the right way.

    と適当に混ぜる。

  • So we take that wood chip-biochar-manure,

    だから、そのウッドチップ・バイオ炭の肥料を取るんだ。

  • and we add a layer of freshly cut grass,

    と、刈りたての草の層を追加しています。

  • and a little bit of finished compost, and a little bit of clay,

    と、出来上がった堆肥を少しだけ、粘土を少しだけ。

  • and we mix it all up, and that's when the magic happens:

    混ぜ合わせて魔法をかけるんだ

  • a whole army of microorganisms

    微生物大軍団

  • starts to take apart all that organic matter devouring it.

    有機物をむさぼるように分解し始めます。

  • That composting process turns really hot

    その堆肥化のプロセスは、本当に熱くなります

  • - over 70 degrees [Celsius] for three weeks -

    - 70度(摂氏)以上の気温が3週間続く。

  • And those microorganisms take apart all the organic matter

    そして、それらの微生物は有機物をすべて分解します。

  • including antibiotics and growth hormones,

    抗生物質や成長ホルモンを含む

  • and whatever other chemicals might be in there.

    他の化学物質が入っているかもしれない

  • And the heat sanitizes the manure from pathogen bacteria.

    そして、熱で病原菌の糞尿を除菌します。

  • When all that organic matter's broken down to its chemical building-blocks,

    有機物が分解されて化学的なビルディングブロックになると

  • a whole new army of microorganisms

    しんせいぶつぐん

  • takes those building blocks and puts them together to pure fertile soil.

    これらの構成要素を組み合わせて、純粋な肥沃な土壌を作ります。

  • In this form, all of the nutrients are locked up safely,

    この形態では、すべての栄養素が安全に閉じ込められています。

  • none of them evaporating or leaching into the groundwater.

    どれも地下水に蒸発したり浸出したりするものではありません。

  • I'm now involved in an EU project

    今はEUのプロジェクトに参加しています

  • where we're turning this concept large-scale on the farm with 1,500 cows.

    このコンセプトを、1500頭の牛を飼っている農場で大規模化しているところです。

  • So this concept is applicable on every scale.

    だから、この概念はあらゆる規模で適用可能なのです。

  • From the Indio clay pot toilets,

    インディオの土鍋トイレから

  • all the way to large-scale cattle farms.

    大規模な牧畜場まで

  • With this method, we may turn desolate soils fertile again.

    この方法で、荒涼とした土壌を再び肥沃にすることができるかもしれません。

  • People may grow food locally again

    人々は再び地元で食べ物を栽培するかもしれません。

  • where they have become dependent on food aid

    食い扶持に頼っているところ

  • or on multinational fertilizer companies.

    または多国籍肥料会社に

  • And by making soils fertile again,

    そして、土壌を再び肥沃にすることで

  • we may lock up billions of tons of carbon in the soil

    何十億トンもの炭素を土壌に封じ込めるかもしれない

  • reducing atmospheric CO2, and thus, global warming.

    大気中のCO2を減らすことで、地球温暖化を防ぐことができます。

  • Grass and clover grows on billions of hectares of land worldwide,

    草やクローバーは、世界中で何十億ヘクタールもの土地に生えています。