Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Alice: Hello and welcome to 6 Minute English. I'm Alice.

    アリス: こんにちは、6分間英語のページへようこそ。私はアリスです。

  • Neil: and I'm Neil. Hello.

    ニールです。こんにちは

  • Alice: Hello, Neil. Have you been shopping?

    アリス:こんにちは、ニール。お買い物してきたの?

  • Neil: Yes, I went a bit mad with my credit card actually.

    ニール:そうですね、実はクレジットカードの使い方がちょっとおかしくなってしまったんです。

  • Alice: Gosh, I can see that! But look at all those plastic bags. Why don't you use your own bags?

    アリスあら、それはわかるわよ!でも、このビニール袋を見てよ。でも、あのビニール袋を見てよ。自分のバッグを使えばいいじゃない。

  • Neil: You know what, I'm going to. Because they're now charging 5p per bag!

    Neil: あのね、僕は行くよ。だって、今は1袋5ポンドになったんだもん。

  • Alice: Don't you follow the news, Neil? It's a recent government initiative

    アリス。ニール、ニュースを見ないの?最近の政府の取り組みで

  • which means a new plan for dealing with something.

    何かに対処するための新しい計画を意味します。

  • In this case, to cut the number of thin plastic bags being given away in shops.

    この場合、店頭で配られている薄手のビニール袋の数を減らすこと。

  • And the environmental impact of plastic is the subject of today's show.

    そして、プラスチックの環境への影響は、今日のショーの主題です。

  • Neil: Is England the first country to charge for these bags, Alice?

    ニール:イギリスはこのバッグを有料化した最初の国なのかな、アリス?

  • Alice: No... other countries in the UK started charging a few years ago.

    アリスいや...イギリスの他の国は数年前から課金を始めたんだ。

  • And countries around the world including Bangladesh, South Africa, China

    また、バングラデシュ、南アフリカ、中国を含む世界各国の

  • and Italy have actually banned them altogether.

    とイタリアは実際にそれらを完全に禁止しています。

  • Neil: Interesting. But I don't throw my bags away, Alice.

    ニール:面白いね。でも僕は荷物を捨てたりしないよ、アリス。

  • I put them under the kitchen sink.

    台所のシンクの下に置いてみました。

  • Alice: Are you a hoarder, Neil? That means someone who collects large amounts of stuff

    アリス。あなたは買いだめ派なの ニール?それは大量に物を集める人のことよ

  • and can't throw things away.

    と捨てることができません。

  • Neil: Maybe I am... But seriously, with the 5p charge I'm definitely going to recycle my plastic bags.

    ニール:そうかもしれませんね...。でも真面目な話、5pチャージでレジ袋をリサイクルしようと思っています。

  • Alice: Good. Now let me ask you today's quiz question, Neil:

    アリスいいわよ。では、今日のクイズの問題を出そうかな、ニール。

  • How many tonnes of plastic rubbish from the UK is being sent to China each year for recycling?

    イギリスから中国にリサイクルのために毎年何トンのプラスチックごみが送られているのでしょうか?

  • Is it: a) 20,000? b) 200,000? or c) 2,000,000?

    A)2万ですか、B)20万ですか、C)200万ですか?

  • Neil: Well I think it's ... a) 20,000.

    ニール:そうですね......a)2万ですね。

  • Alice: We'll find out if you're right or wrong later on.

    アリスあなたが正しいか間違っているかは後で分かるわ。

  • But first, why are plastic bags bad for the environment?

    その前に、なぜレジ袋は環境に悪いのか?

  • Neil: Because they're too thin?

    ニール:痩せすぎだから?

  • And when they break all your shopping falls out? That must be it.

    壊れたら買い物が全部落ちてしまうの?そうに違いない

  • Alice: No. They take hundreds of years to decompose

    アリスいいえ、分解するのに何百年もかかるのよ

  • or break down by natural chemical processes.

    または自然の化学的プロセスによって分解されます。

  • And also people don't dispose of them properly.

    また、人々はそれらを適切に処分しません。

  • They litter our streets. They clogor blockdrains and sewers.

    道路にゴミを散らかしている。排水管や下水道を詰まらせたり、塞いだりする。

  • They spoil the countryside and damage wildlife.

    田舎を甘やかすし、野生動物にも被害を与える。

  • Neil: Well that's quite a list. So what's the solution then, Alice?

    ニール:そうか......かなりのリストだな。で、解決策は何なんだ、アリス?

  • Alice: Well to either recycle or stop using plastic bags.

    アリスリサイクルするか、レジ袋を使わないようにするかね。

  • But let's hear about the pharmaceutical company with another idea.

    しかし、別のアイデアを持った製薬会社の話を聞いてみましょう。

  • This is BBC reporter John Maguire.

    BBCのジョン・マグワイア記者です。

  • John Maguire: At this company laboratory in North London they're testing how bags made

    ジョン・マグワイア北ロンドンのこの会社の研究室では、彼らはバッグがどのように作られているかをテストしています。

  • with a special additive break down when exposed to sunlight, oxygen and heat.

    太陽光、酸素、熱にさらされたときに分解される特別な添加物と。

  • The technology was discovered by a British scientist in the 1970s

    この技術は1970年代にイギリスの科学者によって発見されました。

  • and is now sold to around half the world's countries.

    現在では世界の約半分の国で販売されています。

  • In some, biodegradable bags are backed by law.

    一部では、生分解性のバッグは法律に裏打ちされています。

  • Neil: And biodegradable means able to break down naturally in a way

    ニール:そして、生分解性というのは、自然に分解できるという意味です。

  • that isn't harmful to the environment.

    環境に害を与えないもの。

  • Alice: So adding small amounts of a chemical to the plastic

    アリスプラスチックに少量の化学物質を加えると

  • a special additiveallows the plastic to break down in the open air.

    特殊な添加剤は、屋外でプラスチックを分解することを可能にします。

  • But if the technology was discovered back in the 1970s,

    しかし、もしその技術が1970年代に発見されたとしたら

  • why aren't these biodegradable bags being used in every country by now?

    なぜ、この生分解性バッグは、今頃はどこの国でも使われていないのでしょうか?

  • Neil: I have no idea, Alice. Maybe they aren't as strong as non-biodegradable bags.

    ニール:わからないよ、アリス。たぶん、生分解性のない袋ほど強くないんじゃないかな。

  • I like a good strong bag, myself, you see.

    丈夫なバッグが好きなんだよ。

  • Alice: Alright. Well, just go and buy yourself some canvas bags, Neil!

    アリス分かったわ。じゃあ、自分で帆布のバッグを買ってきてね、ニール

  • In fact, I'll get you some for your birthday.

    実際、誕生日には何かプレゼントするよ。

  • Neil: Thank you.

    ニール:ありがとうございます。

  • Alice: You're very welcome. Now, moving on.

    アリスどういたしまして。さて、次に進みましょう。

  • Out of around 300 million tons of plastic produced every year,

    年間約3億トンのプラスチックを生産しています。

  • some goes in landfill ─ a place where our rubbish is buried under the earth

    埋立地に入るものもある。

  • but about 10% of plastic ends up in the sea.

    しかし、プラスチックの約10%は海で終わってしまいます。

  • Let's listen to Biologist Dr Pennie Lindeque from Plymouth Marine Laboratory talking about this.

    プリマス海洋研究所の生物学者ペニー・リンデク博士の話を聞いてみましょう。

  • Dr Pennie Lindeque: We're already finding that there's a lot of microplastics in the sea

    ペニー・リンデク博士海にはマイクロプラスチックがたくさんあることがわかってきました。

  • and that some of these microplastics are actually being ingested by the zooplankton

    そして、これらのマイクロプラスチックの一部は、実際に動物プランクトンに摂取されていることがわかった。

  • that live there. We're also concerned this could end up being passed up through the food

    そこに住んでいる私たちはまた、これが食品を介して渡されてしまう可能性があることを懸念しています

  • chain to food which is destined for human consumption so it could end up on your or my plate.

    人間が消費することを目的とした食品に連鎖しているので、あなたや私の皿の上で終わってしまう可能性があります。

  • Neil: What are microplastics, Alice?

    ニール:マイクロプラスチックって何だよ、アリス?

  • Alice: They're small plastic fragments less than 5mm in size.

    アリス5mm以下の小さなプラスチックの破片よ。

  • You find them in cosmetic products such as facial scrubs, shower gel, and toothpaste.

    スクラブ、シャワージェル、歯磨き粉などの化粧品に含まれています。

  • Neil: And I'm guessing that ingested means 'eaten'?

    ニール: そして、摂取されたということは、食べられたということでしょうか?

  • Alice: Yes, the zooplanktontiny little animals in the sea

    アリス「そう、動物プランクトン......海の中の小さな小さな動物たち。そう、動物プランクトンは海の中の小さな動物だよ。

  • mistake the microplastics for food and eat them.

    マイクロプラスチックを食べ物と勘違いして食べる

  • And because the zooplankton and humans are in the same food chain

    そして、動物プランクトンと人間は同じ食物連鎖の中にいるので

  • they're at the bottom and we're at the top... but we're still connected

    彼らは底辺で私たちは上にいる...でも私たちはまだつながっている

  • we may end up eating them and the microplastics inside them!

    私たちは、それらとその中のマイクロプラスチックを食べることになるかもしれません!

  • Neil: That doesn't sound very tasty!

    ニール:それは美味しそうには聞こえませんね。

  • Now a food chain, by the way, refers to a series of living things

    ところで食物連鎖とは、一連の生物のことを指します。

  • where each creature feeds on the one below it in the chain.

    各クリーチャーはその下のクリーチャーを食べています。

  • Alice: Indeed. OK. Remember my question from earlier? I asked:

    確かに。そうだね。さっきの私の質問を覚えていますか?私は尋ねた。

  • How many tonnes of plastic rubbish from the UK is being sent to China each year for recycling?

    イギリスから中国にリサイクルのために毎年何トンのプラスチックごみが送られているのでしょうか?

  • Is it... a) 20,000? b) 200,000? or c) 2,000,000?

    それは...a)2万か、b)20万か、c)200万か。

  • Neil: And I said a) 20,000.

    ニール:そして私はa)2万と言った。

  • Alice: Yes but you're wrong, I'm afraid. The answer is b) 200,000 tonnes.

    アリスはい、でも間違っています。答えはb)20万トンです。

  • And that statistic comes from the University of Cambridge in the UK.

    そして、その統計はイギリスのケンブリッジ大学から来ています。

  • Neil: That's a load of rubbish! Get itload of rubbish?

    ニール:そんなのゴミの山だよ。くだらないって?

  • Alice: Very good.

    アリスとてもいいわ

  • Neil: Can we hear today's words again please?

    ニール:今日の言葉をもう一度聞かせてもらえますか?

  • Alice: We certainly can. Here they are:

    アリス確かにできるわ彼らはここにいます。

  • initiative

    イニシアチブ

  • hoarder

    買いだめ

  • decompose

    腐る

  • clog

    詰まる

  • biodegradable

    せいぶんかいせい

  • additive

    加法

  • landfill

    埋立地

  • microplastics

    マイクロプラスチック

  • ingested

    摂取

  • zooplankton

    動物プランクトン

  • food chain

    しょくもつれん

  • Neil: Well, that brings us to the end of this 6 Minute English.

    ニール:それでは、この6分間の英語はこれで終わりにしましょう。

  • We hope you enjoyed today's environmentally-friendly programme.

    本日の環境に配慮したプログラムをお楽しみいただけたでしょうか。

  • Please do join us again soon.

    また近いうちに参加してくださいね。

  • Both: Bye.

    両者:さようなら。

Alice: Hello and welcome to 6 Minute English. I'm Alice.

アリス: こんにちは、6分間英語のページへようこそ。私はアリスです。

字幕と単語
自動翻訳

B1 中級 日本語 アリス ニール プラスチック 動物プランクトン 分解 バッグ

BBC 6 Minute English 2015年11月05日 - プラスチックの影響

  • 4525 87
    Adam Huang   に公開
動画の中の単語

前のバージョンに戻す