Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Antarctica! Home to the South Pole - s, penguins,

    南極大陸!そこには南極点が(何種類か)あって、ペンギンが住んでいて、

  • and about 5,000 people during the summers.

    夏の間は約5,000人が暮らしています。

  • But less than 1,000 during the ever-dark winter.

    でも、暗闇に閉ざされる冬にはその数は1,000人以下まで減ってしまうんです。

  • No one lives on the continent permanently.

    この大陸に定住している人はひとりもいません。

  • So, who owns Antarctica?

    ということは、南極大陸はどの国に属するのでしょうか?

  • Most stuff outside national borders -

    国境エリアを超えて存在する

  • the sea floor, the moon, really all of space,

    海底や月、ハッキリ言って宇宙全体は

  • is the Common Heritage of Mankind.

    人類の共同遺産となっています。

  • It belongs to none of us, and all of us -

    誰のものでもないけれど、同時にみんなのもので、

  • held in trust for future generations.

    未来の世代のために大切に守られているわけです。

  • Which is nice, if perhaps a bit presumptive, to say that

    まあ、宇宙全体が私たちみんなのものだという考え方は

  • the entire Universe is ours.

    なかなか良い感じですよね。

  • And maybe someone will have something to say about that eventually.

    そのうち誰かが何かその事について一言モノ申す、なんてことにもなりかねませんが。

  • (Story for another time)

    (それについてはまた今度ゆっくりと)

  • But still, well done humanity!

    でも、何だかんだ言って人類はうまいことやっていますよね!

  • Except... it's never that simple.

    と思いきや…これはそれほど簡単な話ではないんです。

  • Because the paperwork on Antarctica sort of saysCommon Heritage of Mankind”,

    というのは、南極大陸に関する書類には何となく「人類の共同遺産」ということに触れられていますが、

  • but it doesn't go all in.

    詳しく説明がされてはいません。

  • Here's why - explorers started landing in Antarctica in about the 1800's,

    その理由はこうです-探検家たちが南極大陸に足を踏み入れたのはだいたい1800年代のことでした。

  • planting flags and making claims.

    その際に国旗を立てて領土宣言をしたのですが、

  • But these claims were a bit hollow,

    その宣言はなんとも形式だけのものでした。

  • because, on the Civilisation tech tree,

    なぜなら、文明発達の歴史における植民地時代には

  • Antarctica wasn't colonisable.

    南極大陸は植民地化が不可能だったからです。

  • Nonetheless, like Monopoly, the optimal colonial strategy isClaim everything you land on”.

    それでも、モノポリーのゲームのように、究極の植民地化戦略というのは「足を踏み入れた場所は全部自分の領地だと宣言してしまう」ことです。

  • In the early 1900's, the UK toyed with claiming "all" of Antarctica,

    1900年代初期、イギリスは南極大陸全ての領地宣言を試みましたが、

  • before scaling back her ambitions to just

    後にその大きな野心を抑えて、

  • the coastal parts she had explored to the South Pole.

    南極点到達探検の際に通過した海岸沿いの一部だけを領地としました。

  • France also claimed coastal explorations to the Pole,

    フランスも同じく南極点に向けて海岸からの探検を行い、

  • followed by Norway, followed by the Nazis.

    ノルウェー、そしてナチスも後に続きました。

  • Mid century, Argentina and Chile claimed slices overlapping with the UK,

    1900年代中頃になると、アルゼンチンとチリがイギリスと重なる範囲の領地宣言をしましたが、

  • who they figured was rather too busy at the time to care,

    その時点ではイギリスは細かい事を気にするヒマの無いほど他の事で忙しいと目論んでのことでしたが、

  • but later she and her now independent colonies totally did.

    後にイギリスならびに独立した植民地諸国がしっかりと本腰を入れて関わるようになってきたのです。

  • This left the Antarctica a mess of competing claims,

    こうなると南極大陸は様々な国による領土宣言がぶつかり合う混乱状態に陥り、

  • at a bad time to have large territorial disputes.

    より大きな規模での領土問題が世界で展開される中、タイミングとしても最悪でした。

  • Complicating things, the United States and the Soviet Union gave themselves the right to make a claim on Antarctica,

    またややこしい事に、アメリカとソ連は自分たち自身に南極大陸の所有権を与えると言い出します。

  • not now, but maybe later.

    今じゃなくて、もうちょっと後になってからね

  • Given this, quite remarkably, in 1959, the US, and USSR, and ten other countries, Argentina, Australia, Belgium, Chile, France, Japan, New Zealand, Norway, South Africa, and the UK, made a treaty to ease the tensions, saying that on Antarctica, there would be - no military, no mining, and no nuclear exploding.

    こういった事を踏まえると、1959年にアメリカ、ソ連、その他10か国のアルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、チリ、フランス、日本、ニュージーランド、ノルウェー、南アフリカ、そしてイギリスがこのような緊張状態を緩和するため、南極大陸では軍事活動や採掘、そして核爆発は決して実施しないとのの条約を制定しました。

  • The Antarctican paperwork is the first Cold War disarmament treaty,

    南極を科学・自然調査のために保護するという内容でした。

  • and set aside the continent for science and nature.

    ところで、自然保護地域ということは、

  • By the way, because it's a nature preserve,

    「何も残していってはいけない」という、ゴミの取り扱いに関するルールも存在します。

  • there's a rule about garbage, "Leave nothing behind".

    夏に南極大陸にやって来たら、冬には自分のウンチと一緒に帰っていく、というわけです。

  • Nothing.

    本当に何も残さないのです。

  • Travel to Antarctica in the Summer, and you'll fly back with your poo in the Winter.

    このように、一見素晴らしいシステムで管理されているようですから、

  • So, this looks pretty great,

    共同遺産という点に関して一体何が問題なのでしょうか?

  • what's the problem with the line about common heritage?

    実は、南極大陸の領土宣言をした国は、どこもまだ宣言の撤回というものを実際にはしていないんです。

  • Well, no one actually gave up their claims on Antarctica,

    それは条約締結を実現させるためにはこの条項を盛り込むことが不可欠だったわけで、

  • because the only way to get everyone to sign was to include this clause,

    根本的な問題自体は避けて通る形を取っているからです。

  • which sidesteps the issue.

    基本的には、各国とも南極大陸は人類の共同遺産「かのような」意識で臨み、

  • Basically saying countries will act "as though" Antarctica is the Common Heritage of Mankind,

    どの国も領土宣言はしていない「かのような」対処をするということが定められています。

  • and "as though" they have no claims,

    しかし、法律上「本気で」権利を放棄しようとする国は無いわけで、

  • but they aren't legally "for realsies" giving up anything -

    そのため、南極大陸の地図には現在の領土宣言状況を示す線が入っている場合も多くあります。

  • which is why maps of Antarctica often include the current state of claim wedges.

    ちなみに、この空白箇所はどこも領土宣言していないので、

  • This blank spot, by the way, is nobody's,

    地球上でどの国も領土権利を宣言していない最大の地域となっています。

  • leaving it the largest territory unclaimed on earth by any nation,

    まあ、かなり離れたところにありますからね。

  • so far, anyway.

    さて、植民地時代とは違って、

  • Now, unlike the colonial days,

    各国とも、南極大陸に常時人員を配置しておくためのベースキャンプを建設するだけの技術を持ち合わせており、

  • countries have the tech to build permanently staffed bases on Antarctica,

    偶然かどうか、それぞれのベースは自国が領土宣言をした土地に建てられていて、

  • and it just so happens that countries build their bases in their own claims,

    この問題解決への道のりをより不透明なものとしています。

  • leaving no clear answer to this question.

    条約によると、南極大陸は全ての国に属することになっていますが、

  • According to the Treaty, Antarctica belongs to everyone,

    この条約そのものにあえて抜け道が作られているのです。

  • but the Treaty itself has an intentional hole.

    そういうわけで、南極大陸はこのような量子状態で存在しているので

  • So Antarctica exists in this quantum state

    各国の主張は本物であり本物で無いというのが実際のところです。

  • where the claims are real and unreal.

    「国境」の内側に建物を建設する国もあれば、

  • Some countries build within their "borders",

    中国の様に領土宣言をしていない国は、

  • and some countries without claims, like China,

    極大陸内のどこでも好きなところにベースを建設するケースもあります。

  • build their bases on the continent wherever,

    だって、南極はみんなのもの、ですからね?

  • because it belongs to everyone, right guys?

    こういった宣言は、2040年に

  • These claims don't really matter,

    採掘禁止について見直しが行われるまでは

  • until they do in the 2040's,

    特に大きな意味は持ちません。

  • when the mining ban comes up for review.

    まあ、南極には多くの石油が埋蔵されている可能性はあるんですけどね。

  • Oh, and there's possibly a lot of oil in Antarctica,

    全世界の飲み水の70%もこの地域にありますから、

  • not to mention 70% of the world's fresh water,

    将来的に資源価値は上昇する可能性はあります。

  • which could be the more valuable resource in the future.

    アメリカだとかソ連…じゃなくてロシアが

  • The US and the Soviet... er... Russia,

    以前ちらつかせた、「我が国がそう言えばそうなる」権利を再度持ち出してくることも考えられます。

  • might just yet dust off those "One-free-claim-because-I-say-so" tickets.

    しかし今のところは、南極大陸は条約が定める通りに

  • But for now Antarctica is as the Treaty intended -

    大陸規模で自然保護地域となっており、科学調査の楽園とも言えるでしょう。

  • a continental nature reserve, and scientific research haven.

    Squarespace は素敵なウェブサイトブログを作る上で最も簡単に使えるツールで、

Antarctica! Home to the South Pole - s, penguins,

南極大陸!そこには南極点が(何種類か)あって、ペンギンが住んでいて、

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 南極 大陸 領土 squarespace 条約 植民

[英語で聞いてみよう]南極はどこに属しているのか? (Who Owns Antarctica? (Bizarre Borders Part 3))

  • 13451 950
    Emily に公開 2019 年 03 月 26 日
動画の中の単語