Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Dear Daddy, I just wanted to thank you for looking after me so well, even though I'm not yet born.

    親愛なるお父さんへ、いつも私の面倒を見てくれてありがとう。私がまだ生まれていなくても、

  • I know you already try harder than Superman.

    お父さんがスーパーマンより精一杯私たちを見守ってくれたこと知っているよ。

  • You won't even let Mommy eat sushi.

    お母さんには、お寿司さえ食べさせない。

  • But I need to ask you a favor.

    でも、お父さんに一つのお願いがあります。

  • Warning: it's about boys.

    警告:男の子についてのこと。

  • Because, you see, I will be born a girl, which means, that by the time I'm 14, the boys in my class will have called me a whore, a bitch, a cunt, and many other things.

    女の子だから、将来14歳になる時に、ほら、私は女の子としてもうすぐ生まれるわ、私がクラスの男の子たちに売春婦、ビッチ、嫌な女、それ以上の悪い言葉で呼ばれる。

  • It's just for fun, of course.

    もちろん、彼らはただおもしろがっているだけ。

  • Something boys do.

    男の子が成長するためのプロセスだって知ってるわ。

  • So you won't worry.

    だから心配しないで。

  • And I understand that.

    理解できるから。

  • Perhaps you did the same when you were young, trying to impress some of the other boys.

    ほかの男の子たちに深い印象を与えるために、お父さんも若い頃に同じことをやったかもしれないけど、

  • I'm sure you didn't mean anything by it.

    そういうつもりじゃなかったってわかるよ。

  • Still, some of the people won't get the joke.

    でも、一部の人には冗談って思えないわ。

  • And funnily enough, it isn't any of the girls. It's some of the boys.

    おかしいのは、女の子は誰もしなくて、男の子たちってところ。

  • So by the time I turn 16, a couple of the boys will have snuck their hands down my pants while I'm so drunk I can't even stand straight.

    だから、私は16歳になると、一部の男の子たちが私のズボンに手を入れようとする辛い目に遭う。酔っぱらってちゃんと立てない時に。

  • And although I say no, they just laugh. It's funny, right?

    私がいやって言っても、彼らが笑うだけ。おかしいでしょ?

  • If you saw me, Daddy, you would be so ashamed.

    その時の私を見たら、お父さんは恥ずかしいと思うよね。

  • Because I'm wasted.

    私は自分の青春を無駄にしたから。

  • No wonder I'm raped when I'm 21.

    だから私は21歳の時にレイプされたんだ。

  • 21 and on my way home in a taxi driven by the son of a guy you went swimming with every Wednesday.

    21歳の時にタクシーで家に帰る途中でドライバーは毎週水曜日に一緒に水泳に行く男の息子。

  • The guy who always told insulting jokes but they were of course only jokes so you laughed.

    あのいつも性的な冗談を言っていた男の子だ。もちろんそれらはただの冗談。だからお父さんは笑った。

  • Had you known that his son would end up rapping me

    もしもお父さんが彼の息子が私をレイプすることを知っていたら、

  • you would've told him to get a grip.

    きっと彼を止めるでしょ。

  • But how could you know?

    でも、お父さんが知る由もないでしょ?

  • He was just a boy telling weird jokes, and in any case, it wasn't your business.

    彼はただの変な冗談を言う男の子。どんな場合でも、それはお父さんと関係がないの。

  • You were just being nice.

    お父さんはやさしくしてるつもりだけど、

  • But his son raised on these jokes becomes my business.

    彼の息子が言った冗談が私の悩みになってくる。

  • Then finally, I meet Mr. Perfect.

    最後に、私は完璧な男に出会うんだわ。

  • And you're so happy for me, Daddy, because he really adores me.

    お父さんもすごくうれしいだ。お父さん、彼は本当に私のことが好きだから。

  • And he's smart with a great job and all through the winter he goes cross country skiing three times a week just like you.

    彼は賢くて、良い仕事をしてる。冬には、毎週3回山を横断してそこでスキーするのよ。お父さんみたいに。

  • But one day, he stops being Mr. Perfect and I don't know why.

    でもいつの日か、彼は完璧な男性になるのをやめるようになるの。どうしてかわからない。

  • Wait, am I overreacting?

    待って、私が過剰に反応してるのかしら?

  • One thing I do know: I'm not the victim type.

    一つ知ってることは、私は被害者タイプじゃないってこと。

  • I'm raised to be a strong and independent woman.

    私は強くて独立な女性になるように育てられた。

  • But one night, it's just all too much for him.

    でもある夜、彼はもう限界になっちゃって、

  • With work, and the in-laws, and the wedding coming up.

    仕事、義理の両親、近づく結婚式のプレッシャーが凄くなってきて、

  • So he calls me a whore.

    私のことを売春婦と呼ぶようになる。

  • Just like you called a girl in middle school a whore once.

    お父さんが中学生の時に女の子に言ってたみたいに。

  • And then another day he hits me.

    そして、いつの日か彼が私を殴るようになる。

  • I mean, I'm way out of line.

    誰でも、私も気持ちを我慢できない時がある。

  • I can really be a bitch sometimes.

    時に私が嫌われることをしちゃうかもしれないけど、

  • But we're still the world's greatest couple and I'm so confused because I love him and I hate him and I'm not sure if I really did do something wrong.

    私たちは今でも世界で最も完璧なカップルでしょ。本当に困惑してる、彼を愛してるけど憎んでもいるから。何か悪いことをしたかどうか本当にわからない。

  • And then one day he almost kills me.

    ある日、私は彼に殺されそうになるほどに殴られて、

  • It all goes black.

    人生に闇がかかってくるようになる。

  • Even though I have a PhD, a fantastic job, I'm loved by my friends and family, I'm well brought up, and nobody saw this coming.

    私が博士の学位を持っても、素晴らしい仕事をしていても、友達と家族に愛されても、どうしてかわからない。ちゃんと育てられても、誰も私の今までの人生を知らない。

  • Dear Daddy, this is the favor I want to ask.

    親愛なるお父さんへ、これは私のお願いです。

  • One thing always leads to another.

    行先深く考えずに行動するといつも悪い事態につながる。

  • So please stop it before it gets the chance to begin.

    だから悪い事態を起きる前にやめてください。

  • Don't let my brothers call girls whores.

    私の兄弟に女の子のことを売春婦と呼ばせないで。

  • Because they're not.

    だって女の子はそうじゃないから。

  • And one day some little boy might think it's true.

    ある日、一部の男の子たちはそれが本当のことだと思うようになるかもしれない。

  • Don't accept insulting jokes from weird guys by the pool, or even friends.

    プールのそばにいる変な男たちに侮辱的な冗談を言わせないで。友達でさえも。

  • Because behind every joke, there is always some truth.

    その冗談の裏には、いつも一部の事実が含まれているから。

  • Dear Daddy, I know you will protect me from lions, tigers, guns, cars, and even sushi without even thinking about the danger to your own life.

    親愛なるお父さんへ、獅子、虎、銃、車、お寿司でさえもの攻撃からお父さんが自分の命を危険に晒しても、私を守ってくれることがわかるけど、

  • But dear Daddy, I will be born a girl.

    親愛なるお父さん、私は女の子としてもうすぐ生まれる。

  • Please do everything you can so that that won't stay the greatest danger of all.

    私が最悪の危険にさらされないように全力を尽くして私を守ってください。

Dear Daddy, I just wanted to thank you for looking after me so well, even though I'm not yet born.

親愛なるお父さんへ、いつも私の面倒を見てくれてありがとう。私がまだ生まれていなくても、

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 父さん 男の子 冗談 親愛 女の子 売春

#DearDaddy (#DearDaddy)

  • 49944 3551
    Loïc に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語