Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Naming of Clouds

    雲のネーミング

  • On a cold December evening in 1802,

    1802年12月の寒い夜に

  • a nervous young man named Luke Howard

    ルーク・ハワードという名の神経質な青年

  • stood before the assembled members of a London science club

    ロンドンの科学クラブのメンバーの前に立った

  • about to give a lecture that would change his life,

    彼の人生を変えるような講演をしようとしていました。

  • and go on to change humanity's understanding of the skies.

    と、人類の空の理解を変えるために進みます。

  • Luke Howard was a pharmacist by profession, but he was a meteorologist by inclination, having been obsessed by clouds and weather since childhood.

    ルーク・ハワードは薬剤師<a href="#post_comment_1"><strong>by profession</strong><i class="icon-star"></i></a>でしたが、彼は<a href="#post_comment_2"><strong>meteorologist</strong><i class="icon-star"></i></a>で、子供の頃から雲や天気に取り憑かれていました。

  • As a school boy, he spent hours staring out of the classroom window,

    小学生だった彼は、教室の窓の外を何時間も見つめていた。

  • gazing at the passing clouds.

    通り過ぎる雲を眺めながら

  • Like everyone else at the time, he had no idea how clouds formed,

    当時のみんなと同じように、彼も雲がどうやってできたのかは知らなかった。

  • or how they stayed aloft.

    あるいは、どうやって空中に留まったのか。

  • But he enjoyed observing their endless transformations.

    しかし、彼は彼らの<a href="#post_comment_3"><strong>エンドレス</strong><i class="icon-star"></i>変容を観察することを楽しんでいた。

  • By his own admission, Luke paid little attention to his lessons,

    自白したところでは、ルークは自分の授業にはほとんど注意を払っていなかった。

  • but fortunately for the future of meteorology,

    が、気象学の未来にとっては幸いなことに

  • he managed to pick up a good knowledge of Latin.

    彼は何とかラテン語の知識を身につけていました。

  • Compared to the other natural sciences,

    他の自然科学に比べて

  • meteorology, the study of weather, was a late developer,

    気象学(気象学)は、後発の開発者であった。

  • mainly because weather is elusive.

    主に天候がとらえどころのないものだからです。

  • You can't snap off a piece of rainbow or a section of cloud for convenient study.

    <a href="#post_comment_4"><strong>スナップオフ</strong><i class="icon-star"></i> 虹のかけらや雲の切れ端を便利な勉強のために使うことはできません。

  • You can, of course, collect rain water in calibrated containers,

    もちろん、目盛りのついた容器に雨水を集めることもできます。

  • but all you really end up with are buckets of water.

    でも結局は水の入ったバケツだけになってしまう。

  • Understanding clouds required a different approach,

    雲を理解するには、これまでとは異なるアプローチが必要でした。

  • which is where Luke Howard's idea came in.

    ルーク・ハワードのアイデアが出てきました。

  • His simple insight based on years of observation

    長年の観察に基づく彼のシンプルな洞察力

  • was that clouds have many individual shapes

    は、雲にも形があるということでした。

  • but they have few basic forms.

    が、基本的な形はほとんどありません。

  • In fact, all clouds belong to one of three principle types

    実際には、すべての雲は、3つの原則的なタイプのうちの1つに属しています。

  • to which Howard gave the names:

    ハワードが名前をつけた

  • Cirrus, Latin for tendril or hair,

    ラテン語でテンドリルや髪の毛を意味する「Cirrus」。

  • Cumulus, heap or pile,

    積雲、積もり、積み上げ。

  • and Stratus, layer or sheet.

    とストラタス、レイヤーまたはシート。

  • But that wasn't the clever part.

    でも、それは気の利いた部分ではありませんでした。

  • Clouds are constantly changing, merging, rising, falling, and spreading throughout the atmosphere,

    雲は常に変化し、合流し、上昇し、落下し、大気中に広がっています。

  • rarely maintaining the same shapes for more than a few minutes.

    数分以上同じ形を維持することはほとんどありません。

  • Any successful naming system had to accommodate this essential instability,

    成功したネーミングシステムは、この本質的な不安定さに対応しなければなりませんでした。

  • as Howard realized.

    ハワードが気づいたように

  • So, in addition to the three main cloud types,

    そこで、大きく分けて3種類のクラウドに加えて

  • he introduced a series of intermediate and compound types

    彼は、一連の中間型と複合型を紹介しました。

  • as a way of including the regular transitions that occur among clouds.

    雲の間で発生する規則的な遷移を含める方法として

  • A high, wispy cirrus cloud that descended and spread into a sheet was named cirrostratus,

    降りてきてシート状に広がっていく、高くてさざめくような環状の雲は、サーロストラタスと名付けられました。

  • while groups of fluffy cumulus clouds that joined up and spread were named stratocumulus.

    一方、ふわふわとした積乱雲が合流して広がっていく様子を地層積乱雲と呼んでいました。

  • Howard identified seven cloud types,

    ハワードは7つのクラウドタイプを確認した。

  • but these have since been expanded to ten,

    しかし、その後、これらは10に拡大されています。

  • cloud nine being the towering cumulonimbus thunder cloud,

    <a href="#post_comment_5"><strong>雲9</strong><i class="icon-star"></i>は、そびえ立つ積乱雲の雷雲です。

  • which is probably why being on cloud nine means to be on top of the world.

    だからこそ、クラウドナインにいるということは、世界の頂点に立つということなのでしょう。

  • Howard's classification had an immediate international impact.

    ハワードの分類はすぐに国際的な影響を与えました。

  • The German poet and scientist J.W. von Goethe wrote a series of poems in praise of Howard's clouds,

    ドイツの詩人で科学者のJ.W.フォン・ゲーテは、ハワードの雲を讃える詩を連作した。

  • which ended with the memorable lines,

    といった印象的なセリフで終わっています。

  • "As clouds ascend, are folded, scatter, fall,

    "雲が昇るように、折り畳まれ、散り、落ちる。

  • Let the world think of thee who taught it all,"

    "すべてを教えたあなたを世界に知らしめよう"

  • while Percy Shelley also wrote a poem "The Cloud,"

    一方、パーシー・シェリーは「雲」という詩を書いています。

  • in which each of Howard's seven cloud types was characterized in turn.

    は、ハワードの7つの雲のタイプのそれぞれが順番に特徴づけられていました。

  • But perhaps the most impressive response to the naming of clouds was by the painter John Constable,

    しかし、雲のネーミングに対する最も印象的な反応は、画家ジョン・コンスタブルによるものかもしれません。

  • who spent two summers on Hampstead Heath painting clouds in the open air.

    ハムステッド・ヒースで2度の夏を過ごし、野外で雲の絵を描いていました。

  • Once they had been named and classified,

    一旦は名前を挙げて分類していました。

  • clouds became easier to understand

    くもがわかりやすくなった

  • as the visible signs of otherwise invisible atmospheric processes.

    目に見えない大気のプロセスの目に見える兆候として。

  • Clouds write a kind of journal on the sky

    雲は空に日誌のようなものを書く

  • that allows us to understand the circulating patterns of weather and climate.

    天候や気候の循環パターンを理解することができます。

  • Perhaps the most important breakthrough in understanding clouds

    おそらく、雲を理解する上で最も重要なブレークスルー

  • was realizing that they are subject to the same physical laws as everything else on Earth.

    彼らは地球上の他のすべてのものと同じ物理法則に従うことに気づきました。

  • Clouds, for example, do not float,

    例えば、雲は浮かびません。

  • but fall slowly under the influence of gravity.

    が、重力の影響を受けてゆっくりと落ちていきます。

  • Some of them stay aloft due to upward convection from the sun-heated ground,

    太陽の熱で温められた地面からの対流によって空中に留まるものもあります。

  • but most are in a state of slow, balletic descent.

    が、ほとんどの場合は、ゆっくりとしたバレーのような下降状態になっています。

  • "Clouds are the patron goddesses of idle fellows,"

    "雲は怠け者の守護神である"

  • as the Greek dramatist Aristophanes wrote in 420 B.C.

    アリストファネスが紀元前420年に書いたように

  • and nephology, the study of clouds, remains a daydreamer's science,

    と雲の研究である腎臓学は、白昼夢の科学であることに変わりはありません。

  • aptly founded by a thoughtful young man

    思慮深い青年が創始した

  • whose favorite activity was staring out of the window at the sky.

    窓の外で空を見つめるのが好きだった人が

The Naming of Clouds

雲のネーミング

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed ハワード ルーク 気象 クラウド ラテン

TED-ED】雲の名前の由来は?- リチャード・ハンブリン

  • 14708 1378
    Ann に公開 2016 年 01 月 19 日
動画の中の単語