Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Next time you're caught cheating in school, just blame hormones.

    次は学校で浮気をして捕まったらホルモンのせいにしてください。

  • Hey everyone, Amy here on DNews.

    DNewsのエイミーです

  • Pretty much everyone has cheated on a test at some point in their lives.

    ほとんどの人が人生のどこかの時点でテストでカンニングしたことがあります。

  • And while it's generally frowned upon and I don't condone it, peeking at the names of the Great Lakes on a geography test when you're six years old doesn't mean you're going to grow up to be a horrible adult.

    そして、それは一般的に嫌われているし、私は<a href='#post_comment_1'>condone<i class="icon-star"></i>それをしないが、あなたが6歳のときに地理のテストで五大湖の名前を覗くことは、あなたが恐ろしい大人に成長することを意味するものではありません。

  • Some early psychological research into why kids cheat landed on moral development.

    子供がズルをする理由についてのいくつかの初期の心理学的研究は、道徳的発達に着地しました。

  • As we age, we become less egotistical and more moral, drawing us away from doing something we know is wrong.

    年齢を重ねるにつれて、私たちは<a href='#post_comment_2'>egotistical<i class="icon-star"></i>より道徳的になり、間違っているとわかっていることをすることから遠ざかるようになります。

  • Other studies have suggested cheating is the result of cost-benefit analysis:

    他の研究では、浮気は費用対効果の分析結果であることが示唆されています。

  • if the reward for cheating is greater than the outcome of getting caught, kids will take the risk.

    捕まった時の結果よりもズルをした時の報酬の方が大きければ、子供はリスクを負うだろう。

  • In either case, these rationales point to cheating as a subconscious decision.

    いずれにしても、これらの<a href='#post_comment_3'>rationales<i class="icon-star"></i>は、潜在意識的な判断としての不正行為を指摘しています。

  • But what if it's not a decision at all? New research published in the Journal of Experimental Psychology

    しかし、それが全く決定事項ではないとしたらどうでしょうか?実験心理学ジャーナル』誌に発表された新しい研究

  • says that those who cheat on tests do so because of hormones. Extra testosterone gives us the

    テストでごまかす人は ホルモンのせいでそうすると言います余分なテストステロンは私たちに

  • courage to cheat, and extra cortisol gives us the motivation.

    ズルをする勇気と、余分なコルチゾールがやる気を与えてくれます。

  • Researchers at the University of Texas at Austin asked a group of people to take a math

    テキサス大学オースティン校の研究者たちは、あるグループの人々に数学の授業を受けさせました。

  • test and grade it themselves, knowing that the more questions they answered correctly

    テストをして、自分で採点して、正しく答えた問題が多ければ多いほど、それを知っています。

  • would earn them more money.

    はより多くの収入を得ることができます。

  • They also took saliva samples before and after the test.

    また、検査前と検査後に唾液を採取しました。

  • The results showed that people with elevated levels of testosterone and cortisol were more likely to lie about the number of

    その結果、テストステロンとコルチゾールのレベルが高い人は、その数について嘘をつく可能性が高いことがわかりました。

  • questions they got right.

    彼らは正しい質問をした

  • Testosterone decreases fear of punishment and increases sensitivity to reward so that would explain why some cheated.

    テストステロンは罰の恐怖を減少させ、報酬に<a href='#post_comment_4'>sensitivity<i class="icon-star"></i></a>を増加させるので、いくつかの不正行為をした理由を説明するでしょう。

  • Elevated cortisol, meanwhile, is linked to a state of chronic

    コルチゾールの上昇は、一方では、慢性的な状態にリンクされています。

  • stress that can be almost debilitating, so that could be a powerful motivator in deciding to cheat.

    ストレスはほとんど衰弱することができますので、不正行為を決定する際の強力な動機となる可能性があります。

  • Those who cheated also showed lowered levels of cortisol after the test, consistent with

    カンニングをした人たちは、テスト後にコルチゾールのレベルが低下していた。

  • a reduction of emotional stress you might expect from having successfully cheated on a test.

    テストでカンニングに成功したことで期待するような感情的ストレスの軽減。

  • So that's good? Not really. The reduction of stress triggered a powerful stimulation

    それでいいの?そうでもないんです。ストレスが軽減されたことで、強力な刺激を受けて

  • in the reward centre of the brain, effectively reinforcing unethical behaviour.

    脳の報酬中枢で、非倫理的な行動を効果的に強化します。

  • The flip side is that people with lower levels of both testosterone and cortisol could be less prone to this unethical behavior.

    フリップサイドは、テストステロンとコルチゾールの両方の低レベルの人々は、<a href='#post_comment_5'>に<i class="icon-star"></i>この非倫理的な行動になりやすいということです。

  • But it's not like parents could remove testosterone from their children for the sake of better

    しかし、より良いものにするために親が子供からテストステロンを取り除くことができるようなものではありません。

  • test-taking behavior! Instead, there are ways to break that cycle of hormonal response

    受験行動!?代わりに、そのホルモン反応のサイクルを断ち切る方法があります。

  • reinforcing cheating. Research cited in the same study says that individuals rewarded

    不正行為を強化する同じ研究で引用された研究によると、個人が報酬を与えられたのは

  • in a group are less susceptible to the effects of testosterone on performance, and those

    のグループでは、テストステロンのパフォーマンスへの影響を受けにくく、それらの

  • who engage in stress-reducing activities like yoga were less moved to cheat due to

    ヨガのようなストレス解消のための活動をしている人の方が、ズルをしたいという気持ちが少なかった。

  • lower cortisol levels.

    コルチゾール値を下げる

  • So if you want to raise an ethical student, group yoga might help! At least, that's

    なので、倫理観のある生徒を育てたいなら、グループヨガが役立つかもしれませんね少なくとも、それは

  • my own thought, and if you're curious to know more of my own thoughts on other topics,

    私自身の考えや、他のトピックでの私の考えをもっと知りたい方は

  • namely space, be sure to check out my personal channel, Vintage Space.

    私の個人的なチャンネル、Vintage Spaceをチェックアウトしてください。

  • the starter cartridge in the Titan II burned for only about a second, and it came with this very distinctive noise that

    タイタンIIのスターターカートリッジが約1秒だけ燃焼し、この非常に特徴的なノイズと一緒に来ました。

  • now that I'm gonna make it right here, you're definitely gonna hear it in the launch.

    今ここで作るから間違いなく打ち上げで聞くことになるよね

  • It kinda sounds like a "bwooooop"

    "ブォーッ "って音がするけど

  • 3...2....1...0... bwoooop

    3...2...1...0...ブォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ

  • So, be honest, did you guys ever cheat on a test in grade school? Let us know in the comments below and don't forget to subscribe for more DNews everyday of the week!

    正直に言うと、お前ら小学生の時にテストでカンニングしたことあるか?下のコメント欄で教えてください。

Next time you're caught cheating in school, just blame hormones.

次は学校で浮気をして捕まったらホルモンのせいにしてください。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 テストステロン コルチゾール ズル 報酬 研究 ストレス

テストでカンニングする人の衝撃的な理由

動画の中の単語