Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Mr. and Mrs. Granger of London were proud to say that they had a witch for a daughter.

    ロンドンのグレンジャーご夫婦は魔女である娘を誇りに思っていました。

  • Proud, that is, until their daughter, Hermione wiped all trace of her existence from their memory.

    誇らしいと思いました。あのときまで。娘であるハーマイオニーが両親の記憶から自分の存在を消しました。

  • Hermione was in the midst of a war, and she was trying to protect her parents from the force she'd been fighting against for years: The Patriarchy.

    ハーマイオニーは戦いに参加、両親を守ろうとしていました。何年間戦ってきたあの勢力からの攻撃:「家父長制組織」。

  • Now, bitches gonna die.

    いま、意地悪い人が死ぬ。

  • Six years earlier, Hermione first boarded the Hogwarts Express, excited to make friends and finally be valued for her talents rather than teased for being different.

    6年前、ハーマイオニーが初めてホグワーツ特急に乗ったとき、友達が作れることと自分の才能がやっと認められることに楽しみしていました。他人と違うことでからかわれることはないです。

  • Hello, I'm Hermione Granger.

    こんにちは、私はハーマイオニー・グレンジャーです。

  • Is that seat taken?

    席空いてますか?

  • I'm Harry, Harry Potter. And sorry, this carriage is for boys only.

    僕はハリー、ハリー・ボッターです。ごめん、このコンパートメントは男子オンリー。

  • It was in that moment that Hermione first learned a valuable skill.

    そのときに、ハーマイオニーはあの大切なスキルを身につけました。

  • Throwing shade.

    「鋭い目つき必殺技」

  • I've read all the rules. There's no such thing as a boys-only carriage.

    全部のルールに目を通したけど、そんな男子オンリーのルールなんてないんだよ。

  • Do you know who that is? That's Harry Potter.

    彼を誰だと思ってるの?ハリー・ボッターだぞ。

  • The boy who lived.

    「生き残った男の子 」だぞ。

  • It's funny you should say that because I'm Hermione Granger.

    そんなこと言うのはおもしろいね。だって私はハーマイオニー・グレンジャーだよ。

  • The girl who gave literally zero fucks.

    何も気にしていない女の子。

  • Her badass antics attracted the boys' attention.

    男子たちはこの気の強い性格に惹かれました。

  • You are fierce and independent.

    あなたはこわくて、しかも自立してて、

  • That scares us.

    僕たちを怖がらせた。

  • Will you be in our gang please?

    お願い、僕たちのチームに入らない?

  • Despite their vaguely offensive ways, Hermione sensed that Ron and Harry weren't so bad.

    彼らの不快な言い方にも関わらず、ハーマイオニーはロンとハリーはそんなに悪い人ではないと思いました。

  • Over the course of the year, she saved them several times.

    一年を通して、彼らのことを何回も救ってました。

  • Without Hermione, the boy who lived would have been dead as shit.

    ハーマイオニーがいなかったら、「生き残った男の子 」はもう死んでしまったかもしれません。

  • Harry and Ron began to think of Hermione as a sister and felt protective toward her.

    ハリーとロンはハーマイオニーのことを妹として思って、守ってあげなければならないと思い始めました。

  • But she didn't need their protection, especially when Draco was involved.

    しかし、彼女は守られる必要なんてないのです。特にドラコに関わることには。

  • Nice hoodie. It'd look even better on the floor of the Slytherin dorms.

    いいパーカーじゃないか。それはスリザリン寮の床においたほうがもっといいと思う。

  • What did you say to me?

    なんですって?

  • Go on. Say that again.

    もう一度言ってごらん。

  • It was a compliment, I swear! It was just a compliment.

    それはほめ言葉だ、信じろ!ただのほめ言葉だ。

  • Oh, yeah? Well, so is this!

    そう?それならいい、これでもくらえば!

  • Oh!

    うお!

  • Twitter wasn't around in those days, but if it was, she'd have just invented the BOSSWITCH hashtag.

    ツイッターがまだ流行っていないときだったので、もしツイッターがあれば、ハーマイオニーは「#魔女のボス」と呼ばれるでしょう。

  • Fourth year brought with the Bulgarian bombshell Viktor Krum.

    4年生のときにブルガリアからのイケメンのビクトール・クラムがやってきました。

  • He had asked Hermione to the dance, and the pair looked resplendent.

    ハーマイオニーをダンスパーティーに誘いました。お二人はとてもお似合いでした。

  • Ron was more than a little jealous and asked Hermione to dance, but she didn't want to.

    ロンが嫉妬して、ハーマイオニーをダンスを誘いましたが、ハーマイオニーは断りました。

  • Why are you dressed like that if you don't want attention, eh?

    そんな格好して、本当は注目されたいでしょ?

  • Ron, you idiot!

    ロンのバカ!

  • How dare you? How fucking dare you?

    よくもそんなこと言えたね?よくもそんな口が聞けるね?

  • I didn't dress like this for Viktor, or for you, or for anyone.

    私こんな格好してるのはビクトールのためじゃない。あんたのためじゃないし、誰のためでもない。

  • I dressed up for me, so I could feel good.

    自分のためにおしゃれしたの。いい感じに思えるために。

  • And you ruined it.

    でもあんたがめちゃくちゃにしたの。

  • Trying to repair the damage, Harry apologized on Ron's behalf.

    二人の関係を修復しようと思い、ハリーがロンの代わりにハーマイオニーに謝りました。

  • Ron's a nice guy, not like Draco.

    ロンはいいやつだ、ドラコと違って。

  • He didn't mean to hurt you.

    わざと君を傷つけたわけじゃないんだ。

  • That's the problem, Harry.

    そこが問題なの、ハリー。

  • He did't think what he was saying was wrong.

    彼は自分が言ったことを悪いと思ってない。

  • And it's not just Ron and Draco I have to worry about.

    それに、心配事はロンとドラコだけじゃないの。

  • Not all witches feel that way though, surely.

    魔女のみんながそんな風に思ってるわけじゃないよ。

  • Yes, all witches.

    すべての魔女が思ってるの。

  • All witches have had to put up with comments like that and worse.

    すべての魔女がそんなコメント、もっと悪いコメントを耐えるしかない。

  • But that's, that's impossible.

    でもさ、それは不可能でしょ。

  • Herminoe was furious.

    ハーマイオニーがひどく腹を立てていました。

  • If she couldn't get Harry, her most reasonable supportive male friend to understand, then she may as well give up.

    もし理解力のある、支えてくれた男性友達のハリーもわかってくれなかったら、そのまま諦めなければならないかもしれません。

  • But then, the dark wizard Voldemort returned.

    しかし、そのとき、闇の魔法使い、ヴォルデモートが復活しました。

  • Surprise, bitches!

    サプライズ、ビッチ!

  • And summoned his Death Eaters, including Draco's dad to update him on their plan.

    死喰い人を集めて、ドラコの父親は彼らの進度を報告します。

  • We're not oppressing all witches quite yet, my lord, but soon.

    我が君、まだすべての魔女を圧迫していませんが、まもなくです。

  • Harry couldn't believe his ears. He managed to escape, but his world had changed forever.

    ハリーは自分の耳を信じられませんでした。逃げようとしていました。しかし、彼の世界はもう永遠に変わりました。

  • It's real. You were right. I'm so sorry. Yes, all witches!

    本当だ。あなたは正しかった。ごめんなさい。そう、すべての魔女!

  • Hermione forgave Ron, realizing he, too, was a victim of The Patriarchy.

    ハーマイオニーはロンのことを許しました。彼も「家父長制組織」の被害者だとわかりました。

  • When you grow up in a culture that allows wizards to speak to witches that way, how are you supposed to know that it's wrong?

    そんな文化の中で育てられたら、男の魔法使いが魔女にそんな話し方をする文化の中で育てられたら、それは間違いだと知る訳がないでしょう?

  • But do it again and I'll cut you.

    でも、もしまた同じ事をしたら、あんたを切るぞ。

  • The fight against The Patriarchy was beginning in earnest.

    「家父長制組織」との戦いが始まりました。

  • After months of wandering around forests, Hermione took charge.

    森の中で何ヶ月を過ごし、やっと支配することができました。

  • Let's go fuck up their shit.

    ぶっ飛ばしてやろうぜ。

  • Sensing this might be her last night on Earth, Hermione kissed Ron.

    地球にいる最後の夜だと思い、ハーマイオニーがロンにキスしました。

  • She didn't have time to explain that this was not a binding contract, guaranteeing a future of marriage and children.

    説明する時間はありませんでした。これは結婚と子どもを作る拘束力のある契約ではないこと。

  • Sometimes a kiss was just that.

    キスってこういうことです。

  • Draco was still trying to make this all about him.

    ドラコは依然すべてのことに関わりたいと思っていました。

  • Witches get a free ride. It's wizards like me who suffer.

    魔女は逃げることができたけど、俺みたいな魔法使いは苦しんでる。

  • Where's my special treatment?

    俺の特別治療はどこだ?

  • I deserve a kiss. It's misandry, I tell you!

    俺もキスを得るのは当然だ。教えてやる、これは男に対する偏見だぞ。

  • Don't misinterpret your feelings of inadequacy for the cultural, social, economic, and political oppression of an entire gender.

    誤解しないで、文化、社会、経済と政治的抑圧を性別のせいにする考え方は適切じゃない。

  • Draco didn't listen, so Hermione shut him down the best way she knew how:

    ドラコは聞いていませんでした。ハーマイオニーは仕方なく、得意のあれで黙らせました。

  • She set that bitch on fire.

    ビッチに火を付けました。

  • Outside, the battle of Hogwarts had begun.

    外では、ホグワーツの戦いはもう始まりました。

  • Hermione broke the bad news to Harry for the plan to work he'd have to die.

    ハーマイオニーがその悪い知らせをハリーに教えました。彼は死ななければならない計画。

  • Harry Potter is dead.

    ハリー・ポッターが死んだ。

  • Long live The Patriarchy.

    「家父長制組織」が永遠に続く。

  • But Hermione wasn't done yet.

  • Not so fast, cockface.

  • The girl who gave literally zero fucks, we meet at last.

  • You know I used to hate you, but now I pity you.

  • You don't hate witches, you hate yourself.

  • That's what this is really about.

  • Harry was alive the whole time.

  • So much privilege that boy, even death gave him a pass.

  • Hermione had figured out the source of Voldemort's power, his snake.

  • She'd given Neville the most important job, because good leadership is about good delegation.

  • And he arrived right on the schedule, cutting the head off Voldemort's snake.

  • Just the tip, really.

  • With his snake dismembered, Voldemort crumbled away to nothing and took his archaic notions of gender roles with him.

  • Does this mean The Patriarchy is over?

  • Unfortunately, no.

  • Their figure head is gone, yes, but the fight will continue.

  • We need to weed out and destroy sexism in all its forms.

  • Hermione did just that.

  • She dedicated her life to wiping out sexism in both the magic and muggle world.

  • All was well.

Mr. and Mrs. Granger of London were proud to say that they had a witch for a daughter.

ロンドンのグレンジャーご夫婦は魔女である娘を誇りに思っていました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 ハーマイオニー ハリー ロン 魔女 ドラコ 家父

もしも「ハリー・ポッター」シリーズの主人公がハーマイオニーだったら・・・ If Hermione Were The Main Character In Harry Potter

  • 246163 6448
    陳怡平   に公開 2018 年 12 月 20 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す