Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi. Welcome back to www.engvid.com. I'm Adam, and today's lesson: "Commonly Confused Words"

    こんにちは、www.engvid.com へようこそ。今日のレッスンは「よく混同される単語」です。

  • is very important for those of you trying to learn vocabulary, but especially for those

    は、語彙を学ぼうとしている人にとっては非常に重要ですが、特に

  • of you who need to write better. It's very important to write the correct word that you

    もっと上手に書く必要があるあなたのという正しい言葉を書くことがとても大切です。

  • mean, and sometimes, the only difference between words is one letter, and this one letter makes

    つまり、言葉と言葉の違いは一文字だけで、この一文字だけで

  • a huge difference. Okay? So we're going to look at six sets of commonly confused words.

    大きな違いだいいですか?そこで、6つの一般的に混同されている単語のセットを見てみましょう。

  • Now, we're going to start with "affect" and "effect", and the difference being the "a"

    さて、まずは「影響」と「効果」ですが、その違いは「ア

  • or the "e". Now, this is one of those pair of words that all teachers in every ESL school,

    または「e」です。さて、これはどこのESL学校でも教師なら誰もが知っている単語のペアの一つです。

  • in every ESL class always teach students, but they don't necessarily teach it completely,

    すべてのESLのクラスでは、常に学生を教えていますが、彼らは必ずしも完全にそれを教えているわけではありません。

  • so that's what we're going to look at today. "Affect", verb, in any situation you're looking

    ということで、今日はそれを見ていきましょう。"影響を与える "動詞、どんな状況でも

  • at it, but it basically has two different meanings. One is to have an influence or to

    でしたが 基本的には2つの異なる意味を持っています一つは影響力を持つことや

  • influence something, someone. It basically means to have some sort of power over something

    何か、誰かに影響を与える基本的には何かに対して何らかの力を持つことを意味します。

  • to make some sort of change. The noun, they go together, if something affects someone

    を使って何かしらの変化を起こすことができます。名詞、彼らは一緒に行く、何かが誰かに影響を与えれば

  • or something, then the result of that is the effect. Now, I'm stressing the "e" here just

    とか書いてある場合は、その結果としての効果です。今、私はここで "e "を強調しています ただ

  • so you hear it, but in reality, in spoken and natural spoken English: "affect", "effect",

    と聞いてしまうので、実際には、話し言葉や自然な口語では"影響を与える」「影響を与える

  • "affect", "effect". It sounds almost the same, so you have to be very careful. You especially

    "影響 "とか "効果 "とか。ほとんど同じように聞こえるので、注意が必要です。あなたは特に

  • have to think about the context. Okay? Context is very important in... With all these words,

    文脈を考える必要があるいいですか?文脈はとても重要です...これらの言葉を使って

  • to know which one is being used, because the situation that you hear or read the word in

    で聞いたり読んだりしている状況から、どちらが使われているかを知るためには

  • will tell you which meaning it is. So the context is everything that is around the word.

    を見ればどの意味なのかがわかります。つまり文脈とはその言葉の周りにあるすべてのものなのです

  • So "affect", to influence something; "effect" is the result or what that influence has done

    つまり、「影響」は何かに影響を与えることであり、「効果」はその影響がもたらした結果や結果であるということです。

  • to something or someone.

    にしてもいいでしょう。

  • "To affect" also means to move someone emotionally. So if you affect someone, it means you have

    "to affect "は感情的に誰かを動かすという意味もあります。つまり、誰かに影響を与えるということは、あなたが

  • an emotional... You create an emotional reaction in them. Okay? You can affect them to the

    感情的な...感情的な反応を起こすんだいいですか?彼らに影響を与えることができる

  • point of tears, means you're making them sad, you're making them so happy that they're crying.

    涙のツボ、というのは、相手を悲しませている、相手を泣かせるほど幸せにしている、という意味です。

  • Now, here's the surprising one that many people don't realize: "effect" can also be a verb.

    さて、ここで多くの人が気づいていない意外なことがあります。"effect "は動詞にもなるのです。

  • So most ESL teachers will tell you "affect" is a verb, "effect" is a noun, that's it.

    だから、ほとんどのESLの先生は、"affect "は動詞、"effect "は名詞、それだけだと教えてくれます。

  • But "effect" can also be a verb, it means to bring about.

    しかし、"effect "は動詞にもなります。"effect "は「もたらす」という意味です。

  • Okay? I'm actually going to write this down for you.

    いいですか?実はあなたのために書いておくわ

  • Now, we especially talk about change. So, for example, a new

    今は特に変化の話をしていますですから、例えば、新しい

  • manager comes into a department and he wants to effect a change, a corporate culture change.

    マネージャーが部署に入ってきて、企業文化を変えたいと思っています。

  • He wants to bring about or to cause a change. Now, this is a little bit of a formal word,

    変化をもたらしたい、あるいは変化を起こしたいと。さて、これは少し形式的な言葉ですが

  • it's a big of a high-end word. If you're writing the IELTS, or TOEFL, or SAT, this is a very

    というのは、かなりの高級ワードです。IELTSやTOEFL、SATを書いている人ならば、これは非常に

  • good word to use as a verb, but make sure that you know how to use it correctly before

    使える言葉

  • you try. Cause, bring about. So, that's these ones.

    試してみてください。原因は、もたらす。だから、それはこれらのものです。

  • Next, we have "principle" and "principal". They sound the same, but obviously, different

    次に「原則」と「プリンシパル」です。これらは同じように聞こえますが、明らかに違う

  • endings. This "principle" is basically a fundamental truth. Something... Like, for example, if

    エンディングである。この「原則」は基本的には根本的な真理です何かというとのように、例えば

  • you're talking about a scientific principle, this is the truth, and from this truth, we

    あなたは科学的な原理の話をしている これが真実であり この真実から我々は

  • can make other truths or we can have other investigations into other areas. It's a fundamental

    他の真実を作ることもできますし 他の分野の調査をすることもできますそれは根本的な

  • truth. Now, when a person says that he or she has principles, and something goes against

    の真実。さて、ある人が「自分には原則がある」と言って、何かがそれに反してしまうと

  • their principles, that means that they have a very, very strong belief, and they have

    それは、彼らが非常に、非常に強い信念を持っていることを意味します。

  • a very strong way of doing something or looking at things, and other people can't change that.

    ものの見方ややり方が非常に強く、他の人はそれを変えることができない。

  • Okay? So that is a principle.

    いいですか?それが原則なんですね。

  • But if we look at "principal" like this, we have three different meanings. One meaning,

    しかし、このように「プリンシパル」を見てみると、3つの意味があります。一つの意味です。

  • as a noun, is the head position of an organization. The most common use is at a school. The principal

    名詞としては、組織の長の役職。最も一般的に使われるのは学校である。校長は

  • at a school is the head of the school; he runs the school or she runs the school. Another

    は学校の長で、彼が学校を運営するか、彼女が学校を運営しています。別の

  • noun form... Another noun use...sorry...of "principal" is the money that you invest that brings you

    名詞の形...元本」のもう一つの名詞的用法...すみません...は、あなたが投資したお金があなたにもたらす

  • interest. Or if you take out a loan from the bank and you have to pay that money back,

    の利息が発生します。もしくは、銀行から借り入れをして、そのお金を返済しなければならない場合。

  • you will have to pay back the principal, which is the original money that they gave you,

    元金を返さなければなりませんが、それは元金であり、彼らからもらったお金です。

  • plus interest. So if you have a mortgage on your house and every month you're paying a

    プラス利息です。ですから、もしあなたの家に住宅ローンを組んでいて、毎月の支払いが

  • little bit, you're paying a little bit from the principal and a little bit of interest

    元金からちょこっと、利息からちょこっと

  • until you pay back the whole loan. As an adjective it means...sorry...primary or first. The principal

    ローンを全額返済するまで形容詞としては...ごめんなさい...第一、第一という意味です。元本の

  • character in a novel means the main character, or the first character, or the most important

    登場人物

  • character. Now, keep in mind, they will sound the same, but obviously you can see the difference

    の文字。さて、心に留めておくと、彼らは同じように聞こえるでしょうが、明らかにあなたは違いを見ることができます

  • in written English, so pay attention to that. Also, again, use context. Context will tell

    は書き言葉になるので、その点に注意しましょう。また、繰り返しになりますが、文脈を使いましょう。文脈から

  • you which meaning you're looking at.

    あなたはどちらの意味で見ているのでしょうか?

  • Next, we have "compliment" and "complement". Compliment, complement, they sound almost

    次に、「褒め言葉」と「補語」です。褒め言葉、補語、これらはほとんど

  • identical. Both can be a noun or a verb. "Compliment" means nice words said about something or someone,

    が同一であることを示しています。どちらも名詞にも動詞にもなります。"compliment "は、何かや誰かについて言われた素敵な言葉を意味します。

  • or to say nice things. So if you want to compliment me on my lovely shirt today, by all means,

    とか、いいことを言ってくれたりします。なので、今日は素敵なシャツを褒めてくれたら、ぜひ。

  • do so in the comments section at engVid. But if you don't want to compliment me, that's

    engVidのコメント欄に書いてください。しかし、もし私を褒めたくないのであれば、それは

  • okay, too. But you can compliment this lesson by giving people, your peers more examples.

    それもいいわでも、このレッスンを褒めるには、人や仲間にもっと多くの例を与えることです。

  • "To complement" means to complete or to add something to make the whole more complete.

    "to complement "とは、全体を完成させる、あるいは何かを加えて全体をより完成させるという意味です。

  • So, for example, if you go to a restaurant and you order a nice steak, the waiter will

    ですから、例えばレストランに行って、美味しいステーキを注文すると、ウェイターは

  • suggest a good wine to complement that steak. It means the wine flavour and the steak flavour

    ステーキを引き立てる良いワインを提案しますワインの風味と ステーキの風味を意味します

  • work together to have a complete, full flavour that you can enjoy. Okay? Compliment, complement.

    一緒に働くことで、完全な味わいを楽しむことができます。いいですか?褒めて、褒めて。

  • Let's look at a few more.

    もう少し見てみましょう。

  • Okay, so let's look at our next batch of words. Now, these three, they might seem like they're

    では次の単語を見てみましょうさて、この3つは、一見すると

  • not really problematic because you can see the differences quite clearly, you will also

    あなたは非常に明確に違いを見ることができるので、本当に問題はありませんが、あなたはまた

  • hear the differences, but surprisingly, these words are confused quite often, especially

    の違いを聞きますが、意外とこの言葉はよく混同されています。

  • these two. Now, this is "moral", this is "morale", and this is "mortal". Now, you think because

    この二つです。さて、これは「モラル」、これは「モラル」、これは「モラル」、これは「モラル」、これは「モラル」、これは「モラル」です。さて、あなたが考える理由は

  • of the "t" it should be no problem, but in natural speed English, that "t" is very, very

    の "t "は問題ありませんが、自然なスピードの英語では、その "t "は非常に、非常に

  • soft. "My mortal enemy." So that "t" is almost disappearing, and so it sounds like a little

    柔らかい"私の死すべき敵"その "t "はほとんど消えているので、それは少し

  • bit like "moral" as well. So, when you're... If you're listening to something, you might

    "道徳 "にも似ていますだから、あなたが何かの時に何かを聞いているときには

  • get that confused.

    混乱する

  • Now, what is a "moral"? As a noun, when you talk about a fable or a little... It sounds

    さて、「道徳」とは何でしょうか?名詞として、寓話やちょっとした話をすると聞こえるのですが

  • like a children's story, but it has a lesson to be learned. There's a lesson to be learned

    童話のようなものですが、学ぶべき教訓があります。学ぶべき教訓がある

  • from this story, so we call that lesson the moral. The moral of the story is: Be nice

    この物語から、私たちはその教訓を道徳と呼んでいます。この話の道徳はいい子にしなさい

  • to your neighbours, or whatever the moral is. As an... As an adjective, we can also

    隣人のために、あるいは道徳的なことなら何でもいい。形容詞として...形容詞としても

  • say "moral" when we're talking about the choice between good and bad. We talk about social

    善悪の選択について話しているときに「道徳的」と言います。私たちは社会的な

  • values, we talk about the choice between good and bad, good and evil if you want to call

    価値観では、善と悪、善と悪の選択について話しています。

  • it, then we're talking about moral, a moral choice. When we use the noun, it's usually

    それは道徳的なことを言っているんです 道徳的な選択をしているということです名詞を使うときは、通常は

  • "morals". We have to worry about our morals as a society; or when you go to church, they

    "モラル"私たちは社会としての「モラル」を気にしなければなりませんし、教会に行っても、彼らは

  • teach you morals; or when you're growing up, your parents teach you morals. They teach

    道徳を教えてくれたり 大人になると 親が道徳を教えてくれたりします教えてくれるのは

  • you what's good, what's bad, what's right, what's wrong. Okay? So that's "moral".

    何が良くて何が悪いのか、何が正しくて何が間違っているのかを教えてくれる。いいですか?それが「道徳」なんですね。

  • "Morale", a noun, is a basic feeling or attitude that is shared by a group. It could be a personal

    "Morale "は名詞で、集団で共有される基本的な感情や態度のことです。それは、個人的な

  • thing as well. So when you're talking about an office full of workers, a good manager

    こともあります。だから、労働者だらけのオフィスの話になると、良い経営者は

  • will make sure that the morale is high, that everybody's excited, everybody's passionate,

    士気が高く、みんなが興奮して、みんなが情熱的になるように。

  • everybody wants to be there and everybody wants to work. It's a general good feeling.

    誰もがそこにいたいと思っていて 誰もが働きたいと思っています全体的に良い感じです

  • So a high morale. If you have low morale, it means everybody's like dejected; nobody

    士気が高いということですね。士気が低いということは 皆が落ち込んでいるということです 誰もいないということです

  • wants to be there, nobody wants to work, everybody feels bad. You won't get much work done.

    そこにいたい、誰も仕事をしたくない、誰もが嫌な気分になる仕事ができなくなります

  • "Mortal" could be a noun or an adjective. A noun is basically a human being, because

    "Mortal "は名詞にも形容詞にもなります。名詞は基本的には人間です。

  • we're all going to die. Adjective "mortal" means something that can die. Okay? So my

    みんな死ぬんだ形容詞の "mortal "は死ぬことができるものを意味しますいいですか?だから私の

  • mortal enemy is my enemy that's going to kill me, or a mortal plant, or a mortal animal

    死すべき敵は死すべき植物や動物を殺す敵

  • can kill. So "mortal" has to do with death. Okay? So these three are often confused; be

    殺すことができる"死すべき者 "は死と関係があるのねいいですか?この3つはよく混同されています

  • careful about those.

    それらに注意してください。

  • These two, they look different, they sound different, but they're often mixed, they're

    この二つは、見た目も音も違うが、よく混ざっていて

  • often confused. "Personal". If you're talking about "personal", you're talking about yourself,

    よく混同されます。"個人的な""個人的な "ということは 自分のことを言っているということです

  • your private ideas, your private thoughts, your private choices or somebody else's private

    己の考え己の考え己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択己の選択

  • things. Right? So it's a personal decision. You shouldn't ask me if you should go or stay...

    ≪(渡真利)何かあるんじゃないの?だろ?個人の判断だから"行くべきか残るべきか "なんて 聞かない方が...

  • Stay or go. It's a personal decision. I can't tell you. It's for you to make. It's private.

    留まるか去るか個人の判断だ言えない君が決めることだ個人的なことだ

  • Here, this is "personnel". So, here, "personal", "personnel". "Personnel" basically... Basically

    ここでは、「人事」です。だから、ここでは、"個人"、"人事 "です。"人事 "は基本的に...基本的には

  • means staff. So the personnel in a company, we're talking about staff. All the employees

    とは、スタッフのことです。つまり会社の中の人員、つまりスタッフのことですね。社員全員のことです。

  • are the personnel. Basically, any group of people who are involved in something is the

    は人事です。基本的に、何かに関わる人たちの集団は

  • personnel. It doesn't have to be in a company, but that's where you'll most commonly see

    人事の方。会社ではなくてもいいのですが、そこでよく目にするのが

  • it used. So these two, you can't mix.

    使われていただからこの二つは、混ぜることはできません。

  • Now, before I continue, I just want to say one last... One more thing. You have to make

    さて、話を続ける前に、最後に一言だけ...もう一つだけあなたは

  • sure that you know the differences between all of these, especially for tests like IELTS

    特にIELTSのようなテストでは、これらのすべての違いを知っていることを確認してください。

  • where spelling counts. So you have one letter difference. One letter will cost you a point

    綴りが大事なところで一文字の違いで一文字の違いでポイントが減る

  • on the IELTS. Okay? So it's very important to know. In tests like SAT that want to check

    IELTSでいいですか?だから知っておくことはとても重要です。SATのようなテストでは

  • your vocabulary, they will make sure that you know the differences between certain words.

    あなたの語彙力を高めるために、特定の単語の違いを知っているかどうかを確認してくれます。

  • So, which brings us to the last batch: "censor", "sensor", "censure". The only difference is

    それで、最後のバッチを持ってきました"検閲"、"センサー"、"問責 "です唯一の違いは

  • this "h" sounds like an "sh". But again, in native speed, in native speakers' English,

    この "h "が "sh "に聞こえます。しかしまたしても ネイティブのスピードで ネイティブスピーカーの英語では

  • you won't hear that "sh": "censure". In a sentence, it'll sound the same as "censor".

    あなたはその "し "を聞くことはありません。"censure "です。文章にすると "censor" と同じように聞こえます。

  • So, what is a "censor"? It can be a noun. As a noun, it is a person who does the censoring.

    では、「検閲者」とは何か?それは名詞にもなります。名詞としては、検閲をする人のことです。

  • As a verb, "to censor" means to cut out or to stop from becoming publically available.

    動詞としての "to censor "は、公開されているものを切り取ったり、公開されないようにすることを意味します。

  • So when you're talking about news, the news you see... Or any news, for example, about

    だから、ニュースの話をするときに、あなたが目にするニュースはどんなニュースでも、例えば

  • the military, okay? The military censors all of the information, so any information that

    軍隊は全ての情報を検閲している軍は全ての情報を検閲しているので、どんな情報でも

  • they don't want the public to have, they will keep back. They will keep out of the media.

    彼らは国民に持っていて欲しくないと思っています 彼らは後退するでしょう彼らはメディアに出ないようにします

  • They will censor it. They will put a block. Okay?

    彼らはそれを検閲するでしょう。ブロックされるいいですか?

  • A "sensor" is something that detects. Okay? So, for example, you have a smoke detector,

    "センサー "とは、検知するものです。いいですか?だから例えば煙感知器があるとします。

  • it has a little sensor inside that feels the smoke and then starts making all the noise

    中に小さなセンサーがあり、煙を感知して全ての音を出し始めます。

  • that a smoke alarm does. In your camera or in your phone or in your anything, there's

    火災報知器がすることカメラでもスマホでも何でも、そこには

  • a light sensor. It sensors how much light there is or isn't. So, again, it comes from

    光センサーです光の有無をセンサーしますだから、またしても、それは

  • the word "sense", to feel or to detect because machines don't really feel. Right? So...

    "感覚 "という言葉を使っている 機械は実際には感じないので 感じたり検出したりしていますだろ?だから...

  • "Censure" is to express disappointment or anger at someone, but usually in a public

    "譴責

  • way. So, for example, if I'm the teacher and I have a bad student in my class, I may censure

    みたいな感じで。ですから、例えば、私が教師で、クラスに悪い生徒がいたら、私は叱責するかもしれません。

  • that student in front of all the other students. I will say, you know: "You're behaving badly,

    その生徒を他の生徒の前で私が言うのは"お前の態度が悪い。

  • and you shouldn't do that, and you're disturbing your peers", and not very good. So I will

    とか「そんなことをしてはいけないし、仲間に迷惑をかけている」とか、あまりいいことはありません。ということで、私は

  • censure the student. Now, for most of you, you're not going to use this word, you're

    生徒を問責するさて、ほとんどの人にとって、この言葉を使うのは

  • not going to hear it too often. If you're going to take an SAT test, for example, you

    はあまり聞きません。例えばSATのテストを受けようと思ったら

  • definitely need to know words like this.

    このような言葉を知っておく必要があります。

  • So, if you want to practice all... Your understanding of these words,

    だから、すべてを実践したいのであればあなたのこの言葉の理解度です。

  • go to www.engvid.com, there's a quiz.

    www.engvid.com に行くと、クイズがあります。

  • You can also ask me any questions in the comment section.

    また、コメント欄で質問してもいいですよ。

  • Don't forget to subscribe to my YouTube channel, and I'll see you again soon.

    YouTubeチャンネルの購読を忘れずに。

  • Bye.

    じゃあね

Hi. Welcome back to www.engvid.com. I'm Adam, and today's lesson: "Commonly Confused Words"

こんにちは、www.engvid.com へようこそ。今日のレッスンは「よく混同される単語」です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 選択 名詞 道徳 影響 検閲 意味

紛らわしい言葉 - 影響と効果、褒め言葉と補語など

  • 5100 477
    Matt に公開
動画の中の単語