Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 1965, 17 year-old high school student, Rendy Gardner,

    1965年、17歳の高校生レンディ・ガードナー。

  • stayed awake for 264 hours.

    264時間起きていた

  • That's 11 days to see how he'd cope without sleep.

    それは<a href="#post_comment_1"><strong>スコープ</strong><i class="icon-star"></i>寝ずに様子を見ていた11日間。

  • On the 2nd day, his eyes stopped focusing.

    2日目にして目の焦点が合わなくなった。

  • Next, he lost the ability to identify objects by touch.

    次に、触って物を識別する能力を失った。

  • By day 3, Gardner was moody and uncoordinated.

    3日目には、ガードナーは不機嫌で協調性に欠けるようになっていた。

  • At the end of the experiment, he was struggling to concentrate, had

    実験の最後には、彼は集中するのに苦労していました。

  • trouble with short term memory, became paranoid, and started hallucinating.

    短期記憶に問題があり、妄想的になり、幻覚を見始めました。

  • Although Gardner recovered without long term psychological or physical damage,

    ガードナーは長期的な精神的・物理的ダメージを受けずに回復したが

  • for others, losing shuteye can result in hormonal imbalance, illness,

    他の人のために、shuteyeを失うことができます<a href="#post_comment_2"><strong>result in</strong><i class="icon-star"></i>ホルモンの不均衡、病気。

  • and in extreme cases, death.

    そして、極端な場合は死に至ることもあります。

  • We're only beginning to understand why we sleep to begin with.

    そもそもなぜ眠るのか理解し始めたばかりです。

  • But we do know it's essential. Adults need 7 to 8 hours of sleep a night

    しかし、それが必要不可欠であることは分かっています。大人は一晩に7~8時間の睡眠が必要です。

  • and adolescents need about 10.

    と思春期の人は約10を必要とします。

  • We grow sleepy due to signals of our body telling our brain we are tired,

    私たちが眠くなるのは、疲れていることを脳に伝える体の信号が原因です。

  • and signals from the environment telling us it's dark outside.

    環境からの信号が外が暗いことを教えてくれます。

  • The rise in sleep inducing chemicals, like adenosine and melatonin,

    睡眠<a href="#post_comment_3"><strong>誘発</strong><i class="icon-star"></i>化学物質、アデノシンやメラトニンなどの上昇。

  • send us into a light doze that grows deeper,

    深くなっていく軽やかな居眠りの中に私たちを送り込んでください。

  • making our breathing and heart rate slow down and our muscles relax.

    呼吸と心拍数をゆっくりにして筋肉をリラックスさせます。

  • This non REM sleep is when DNA is repaired and our bodies replenish themselves

    このノンレム睡眠は、DNAが修復され、私たちの体<a href="#post_comment_4"><strong>補充</strong><i class="icon-star"></i>自分自身</a>が修復されるときです。

  • for the day ahead. In the USA, it's estimated that

    一日のためにアメリカでは

  • 30% of adults and 66% of adolescents are regularly sleep-deprived.

    成人の30%、青年の66%が定期的に睡眠不足に陥っている。

  • This isn't just a minor inconvenience. Staying awake can cause serious bodily harm.

    些細な不都合だけではありません。起きていると重大な身体的危害をもたらす可能性があります。

  • When we lose sleep, learning, memory, mood, and reaction time are affected.

    睡眠不足になると、学習、記憶、気分、反応時間などが影響してきます。

  • Sleeplessness may also cause inflammation, hallucinations, high blood pressure,

    また、不眠は炎症、<a href="#post_comment_5"><strong>幻覚</strong><i class="icon-star"></i>、高血圧の原因にもなります。

  • and it's even been linked to diabetes and obesity.

    糖尿病や肥満にもリンクしている。

  • In 2014, a devoted soccer fan died after staying awake for 48 hours to watch the world cup.

    2014年、熱心なサッカーファンが48時間起きてワールドカップを観戦した後に亡くなった。

  • While his untimely death was due to a stroke, studies show that

    彼の早すぎる死は脳卒中によるものでしたが、研究によると

  • chronically sleeping fewer than 6h a night increases stroke risk by 4.5 times

    慢性的に睡眠時間が6時間未満の場合、脳卒中リスクが4.5倍になる

  • compared to those getting a consistent 7 to 8 hours of shuteye.

    7~8時間の連続睡眠時間を確保している人と比較しても

  • For a handful of people on the planet who carry a rare inherited genetic mutation,

    地球上の一握りの人のために 稀な遺伝的変異を受け継いでいる

  • sleeplessness is a daily reality.

    不眠症は日常茶飯事です。

  • This condition, known as Fatal Familial Insomnia, places the body in a night mirror state of wakefulness,

    致命的な家族性不眠症として知られているこの状態は、身体をナイトミラー状態の覚醒状態に置きます。

  • forbidding it from entering the sanctuary of sleep.

    眠りの聖域に入ることを禁じた。

  • Within months or years, this progressively worsening condition leads to

    数ヶ月から数年の間に、この状態が徐々に悪化していくと、次のような状態になります。

  • dementia and death.

    認知症と死

  • How can sleep deprivation cause such immense suffering?

    睡眠不足はどうしてこのような計り知れない苦しみを引き起こすのでしょうか?

  • Scientists think the answer lies with the accumulation of waste products in the brain.

    科学者たちは、その答えは脳内の老廃物の蓄積にあると考えている。

  • During our waking hours, our cells are busy using up

    私たちが起きている間、私たちの細胞は忙しくて

  • our day's energy sources which get broken down into various byproducts

    エネルギー源

  • including adenosine. As adenosine builds up, it increases the urge to sleep,

    アデノシンを含むアデノシンが蓄積されると、睡眠衝動が高まります。

  • also known as sleep pressure.

    睡眠圧とも呼ばれています。

  • In fact, caffeine works by blocking adenosine's receptor pathways.

    実はカフェインはアデノシンの受容体経路をブロックすることで作用します。

  • Other waste products also build up in the brain, and if they're not cleared away,

    他の老廃物も脳内に溜まり、片付けられなければ

  • they collectively overload the brain

    脳に負荷がかかる

  • and are thought to lead to the many negative symptoms of sleep deprivation.

    と、睡眠不足の多くの否定的な症状につながると考えられています。

  • So, what's happening in our brain, when we sleep, to prevent this?

    では、これを防ぐために、睡眠時に脳内で何が起きているのか?

  • Scientists found something called the glymphatic system, a clean up mechanism

    科学者たちは、グリファ系と呼ばれるものを発見しました。

  • that removes this build up and is much more active when we're asleep.

    この蓄積を除去し、私たちが眠っているときにはるかにアクティブになります。

  • It works by using cerebrospinal fluid to flush away toxic byproducts that accumulate between cells.

    脳脊髄液を使って、細胞と細胞の間に溜まった有害な副産物を洗い流すことで機能します。

  • Lymphatic vessels, which serve as pathways for immune cells have recently been

    免疫細胞の経路となるリンパ管は、最近では

  • discovered in the brain, and they may also play a role

    脳内で発見され、その役割を果たしている可能性があります。

  • in clearing out the brain's daily waste products.

    脳の毎日の老廃物を一掃することで

  • While scientists continue exploring the restorative mechanisms behind sleep,

    科学者たちが睡眠の背後にある修復メカニズムの研究を続けている間に

  • we can be sure that sleeping into slumber is a necessity

    まどろみ寝は必需品

  • if we wanna maintain our health and our sanity.

    健康と正気を維持したいなら

In 1965, 17 year-old high school student, Rendy Gardner,

1965年、17歳の高校生レンディ・ガードナー。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 睡眠 アデノシン 不眠 脳内 不足

TED-ED】眠らなかったらどうなる?- クラウディア・アギーレ

  • 36806 3180
    echoke に公開 2016 年 01 月 05 日
動画の中の単語