Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Over the past few years, the United States and other western countries have seen a trend of teachers quitting their jobs.

    ここ何年かにわたり、アメリカやその他西洋諸国では、教師の離職が増えています。

  • Among their chief complaints is an overwhelming focus on standardized testing, and the feeling that their professional opinions are ignored.

    共通テストに圧倒的に焦点が置かれていたり、自分たちのプロとしての意見が無視されていると感じることが、教師たちの主な不満要因となっています。

  • Perhaps as a result, the United States was 29th in the most recent rankings of countries by education.

    教育に関する最近の国別順位で、アメリカが29位だったのは、それが原因なのかもしれません。

  • So we wanted to know, which countries have the best education, and what are they doing right?

    そこで私たちは知りたいのです。最高の教育を受けられるのはどの国か、そしてそういった国では、何が正しく行われているのでしょうか?

  • In 2015, the OECD released a report on Universal Basic Skills, including one of the largest global education rankings.

    2015年、OECDは、ユニバーサル・ベーシック・スキルに関する報告書を公表しました。そこには、世界最大級の教育ランキングも含まれます。

  • A substantial portion of the ranking is based on an international assessment of reading, mathematics, and science literacy, called PISA.

    このランキングの大部分は、PISAと呼ばれる、読解、算数、科学リテラシーに関する、国際的な調査に基づいて作成されています。

  • Now, since the year 2000, Finland has topped most international education lists, especially based on PISA scores.

    2000年以降、特にPISAスコアに基づいたほぼ全ての教育ランキングで、フィンランドがトップを記録しています。

  • But this year's ranking places Finland sixth worldwide.

    でも今年は、フィンランドは世界第6位でした。

  • And while that's partially the result of declining Finnish test scores, it is much more so because a number of East Asian countries have come to dominate the list.

    フィンランドのテスト点数が下がったのも原因の1つですが、東アジアの多くの国々がランクインするようになったことが、大きな理由です。

  • In fact, all top five countries are located in and around East Asia: Singapore, Hong Kong, South Korea, Japan, and Taiwan.

    実際、トップ5カ国は東アジアの国々です―シンガポール、香港、韓国、日本、そして台湾です。

  • And they're all relatively wealthy nations, who share similar views on education.

    これらは全て比較的裕福な国々で、教育に対する考え方も類似しています。

  • Succeeding in school is culturally stressed as a priority, and has an enormous impact on future prospects.

    文化的にも、学校で良い成績を収めることを優先するよう強調され、成績は将来の展望に非常に大きな影響を与えます。

  • This leads to intense competition, and subsequently higher overall scores.

    これにより激しい競争が起こり、結果、全体の点数が上がるのです。

  • But in contrast to less effective education systems, these top ranking countries heavily invest in their teachers.

    効果の低い教育システムとは違い、こういったランキングトップの国々では、教師に大きな投資をしています。

  • For example, number one ranked Singapore is known for providing bonuses to well performing teachers, and attracts qualified instructors with competitive salaries.

    例えば1位のシンガポールは、成果を出した教師にボーナスを支給したり、高い給料を払って有能な教師を集めたりしています。

  • And as a number of Asian countries continue to see rapid economic growth, having a strong education system is integral to future economic success.

    多くのアジア諸国が急速に経済発展する中、強固な教育システムを有することは、将来の経済的成功に不可欠です。

  • Looking at the far end of education rankings, Ghana had the lowest secondary school enrollment rate of countries surveyed, as well as the lowest PISA scores.

    教育ランキングの下位層を見てみると、調査参加国の中で高等教育への進学率が最低だったのは、ガーナでした。またガーナは、PISAのスコアも最低でした。

  • The OECD has predicted that if Ghana could meet universal basic skill goals,

    OECDの予想によると、ガーナがユニバーサル・ベーシック・スキルの目標値に達すれば

  • they could see their GDP rise 38 times higher over the lifetime of a child born today.

    今日誕生した子どもの一生涯の間で、ガーナのGDPは38倍に上がるだろうということです。

  • They also point out that when a nation’s population is uneducated, it equates to lost economic output, and can lead to a permanent economic recession as a result.

    OECDはまた、国民が教育を受けていないと、経済生産が失われ、その結果、永続的な不況につながる可能性があると指摘しています。

  • Additionally, in countries like the UK, one in five children finish school without a basic level of education.

    また、イギリスなどの国では、5人に1人の子どもが、基本的な教育レベルに達することなく卒業しています。

  • Similarly in the US, around two-thirds of nine and ten-year-olds cannot yet read at their grade level.

    同様にアメリカでは、9歳および10歳の子どもの約2/3に、学年相応の読解力がありません。

  • Some point to an emphasis on "repetitive rote learning" rather than an actual education.

    実際の教育ではなく、「繰り返しの暗記学習」が強調されている点を指摘する人もいます。

  • This is often the difference between hands on instruction, and standardized test-based goals.

    これは大抵の場合、実践的な指導と、共通テストに基づいた目標との違いです。

  • The latter has shown to fail both students and teachers.

    共通テストに基づいた目標だと、生徒も教師も失敗に終わってしまうのですね。

  • Education is one of the most important criteria for determining the present and future health of a nation.

    教育は、国の現在および将来の繁栄を定める、最も重要な基準の1つです。

  • And while not every country has the resources or cultural emphasis for successful modes of teaching, it is clear that governments should be treating education as an extremely high priority.

    全ての国に、効果的な教育方法を実践するような資力があるわけではないし、それが文化的に重要なわけでもありません。でも明確なのは、政府が教育を最重要視すべきだということです。

  • Sex education, on the other hand, is not always given priority by countries like the U.S.

    一方、アメリカなどの国では、常に性教育が優先されているわけではありません。

  • To find out which countries are actually teaching sex education right, check out our video now.

    性教育を正しく行えている国がどこなのか、私たちのビデオを見てみてください。

  • Thanks for tuning in to TestTube News!

    TestTube Newsをご覧いただき、ありがとうございました!

  • Don't forget to subscribe to our channel down below.

    下のリンクから、チャンネル登録をお忘れなく。

  • We'll see you soon guys.

    またお会いしましょう。

Over the past few years, the United States and other western countries have seen a trend of teachers quitting their jobs.

ここ何年かにわたり、アメリカやその他西洋諸国では、教師の離職が増えています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 教育 ランキング 教師 pisa ガーナ フィンランド

教育先進国はどこ?日本の順位とは?(Which Countries Have The Best Education?)

  • 1860 128
    richardwang   に公開 2019 年 08 月 26 日
重要英単語

前のバージョンに戻す