Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Cheating on your significant other is taboo in almost all cultures,

    <a href='#post_comment_2'> 重要な相手<i class="icon-star"></i>を浮気することは、ほとんどすべての文化でタブーとされています。

  • yet somehow adds flavor to the plot of movies and inspiration for countless songs about heartbreak.

    しかし、なぜか映画のプロットに味を加え、失恋をテーマにした無数の歌のインスピレーションになっています。

  • But why do people cheat in the first place? Is there a science behind it?

    しかし、そもそもなぜ人は<a href='#post_comment_1'>カンニング<i class="icon-star"></i>をするのでしょうか?その背景には科学があるのでしょうか?

  • Only about 3% of mammals are monogamous , meaning they stay with one partner their whole life

    哺乳類のうち、<a href='#post_comment_3'> 一夫多妻<i class="icon-star"></i></a>であるのは約3%だけで、生涯一人のパートナーと一緒にいることを意味する。

  • and humans fall into this category.

    と人間はこれに該当します。

  • From an evolutionary perspective, it creates an advantage

    進化の観点から見ると、それは優位性を生み出します。

  • where one partner can protect the younglings while the other searches for food and provides resources.

    ここでは、片方のパートナーが幼い子供たちを守り、もう片方のパートナーが食料を探し、資源を提供することができます。

  • But somehow, extra pair-mating or cheating is a fairly common human behavior.

    しかし、なぜか余計なペアリングや浮気は、かなり一般的な人間の行動です。

  • The gene coding for a dopamine receptor plays a key role in cheating for men and women.

    ドーパミン受容体をコードする<a href='#post_comment_4'>遺伝子<i class="icon-star"></i>は、男女の浮気に重要な役割を果たしています。

  • Sometimes called the "happy hormone", it's released after pleasurable activities like

    幸せホルモン」と呼ばれることもあります。

  • exercise, eating food, and orgasming.

    運動したり、食べ物を食べたり、オーガズムを感じたり。

  • And one study found that

    そしてある研究では、次のようなことがわかりました。

  • 50% of people who possess the long allele variant of this gene had cheated on their partner,

    この遺伝子の長い対立遺伝子変異を持っている人の50%がパートナーに浮気をしたことがある。

  • compared to only 22% of people who have the short allele.

    短い対立遺伝子を持つ人のわずか22%と比較しても。

  • The long allele participants also had a tendency to be risk-takers and succumb to addictive behaviors such as alcoholism.

    また、長い対立遺伝子の参加者は、リスクテイカーとなり、アルコール依存症などの中毒性行動に屈する傾向があった。

  • Perhaps the phrase once a cheater, always a cheater may have a basis in reality.

    もしかしたら、「once a cheater, always a cheater」という言葉には、現実に根拠があるのかもしれません。

  • Levels of the hormone vasopressin also play a role. Similar to oxytocin,

    バソプレシンというホルモンのレベルも役割を果たしています。オキシトシンに似ています。

  • which is sometimes called the "cuddle hormone" vasopressin can affect trust, empathy and social bonding.

    抱擁ホルモン」と呼ばれるバソプレシンは、信頼、共感、社会的結合に影響を与えることができます。

  • In fact, injecting vasopressin directly into a polygamous montane vole's reward center

    実際には、一夫多妻制のモモンガネズミの報酬センターに直接バソプレシンを注射しています。

  • increases the likelihood of it becoming monogamous!

    一夫一婦制になる可能性が高まる!

  • People with autism also have lower vasopressin levels,

    自閉症の人は、バソプレシンの値も低くなっています。

  • affecting their ability to understand social cues.

    社会的合図を理解する能力に影響を与える

  • And in 2014 a study involving over 7000 Finnish twins

    そして2014年には、7000人以上のフィンランド人の双子が参加した研究が行われました。

  • found that cheating women had a variant in the gene that codes for a vasopressin receptor

    バソプレシン受容体をコードする遺伝子に変異があることが判明しました。

  • further suggesting that low levels of vasopressin have an influence on cheating.

    さらに、低レベルのバソプレシンが不正行為に影響を与えていることを示唆しています。

  • Money may also be a factor;

    お金も要因になるかもしれません。

  • males who earn significantly more than their female counterpart are more likely to cheat.

    女性よりも圧倒的に稼いでいる男性の方が浮気をしやすい。

  • But they're also more likely to cheat on their wives if they are stay-at-home dads.

    でも、引きこもりのパパであれば、妻に浮気される可能性も高くなります。

  • Only when both partners have similar earning potential

    両方のパートナーが同じような収益性を持っている場合に限ります。

  • do the chances of either cheating decrease significantly.

    どちらかの浮気の可能性が大幅に減るのか。

  • Of course, many other life factors can lead to infidelity; from unresolved emotional issues,

    もちろん、他の多くの人生の要因が不倫につながる可能性があります。

  • baggage from past relationships and...excessive alcohol intoxication.

    過去の人間関係のお荷物と過度のアルコール依存症

  • Unfortunately same-sex partnerships have not been studied enough to gain any clear insights,

    残念ながら、同性パートナーシップは、明確な洞察を得るために十分に研究されていません。

  • highlighting how scientific research continues to exclude specific minority groups.

    科学的研究がいかに特定の少数派を排除し続けているかを浮き彫りにしている。

  • Either way, cheating is clearly based in biology and genetics for some of us, in spite of being a monogamous species.

    どちらにしても、一夫多妻制であるにもかかわらず、一部の人間にとって浮気は明らかに生物学や遺伝学に基づいている。

  • Special thanks to Audible for supporting this episode and giving you a free audiobook at audible.com/asap.

    このエピソードをご支援いただき、audible.com/asapで無料のオーディオブックを提供してくださったAudibleに感謝します。

  • This week we wanted to recommend the book "SuperBetter"

    今週は「SuperBetter」という本をお勧めしたいと思いました。

  • where author and game designer Jane McGonigal explains

    作家でありゲームデザイナーでもあるジェーン・マクゴニガル氏が説明しています。

  • how to cultivate greater resiliency in everyday life by using the mental strengths you apply to game-playing.

    ゲームで応用したメンタルの強さを使って、日常生活でより大きな回復力を養う方法

  • You can get a free copy at audible.com/asap

    無料のコピーはaudible.com/asapで手に入れることができます。

  • or any others of your choice from a massive selection!

    または、大規模なセレクションからお好きなものをお選びください。

  • We love them as they are great when you're on the go.

    外出先でも活躍してくれるので、とても気に入っています。

  • And subscribe for more weekly science videos!

    さらに毎週の科学の動画を購読しましょう

Cheating on your significant other is taboo in almost all cultures,

<a href='#post_comment_2'> 重要な相手<i class="icon-star"></i>を浮気することは、ほとんどすべての文化でタブーとされています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 浮気 遺伝 パートナー audible 対立 ホルモン

不正行為の科学

  • 28574 1362
    Emily に公開
動画の中の単語